タグ:西条 ( 30 ) タグの人気記事




ラストのお花見へ

a0202012_07320992.jpg
我が家から目と鼻の先の、、、虎が鼻。こんな風景がすぐそこって贅沢よねぇ。上の方のピンクはツツジ。
a0202012_07344915.jpg
そのまま西条まで車を進めて八重桜を楽しみます。
a0202012_07353283.jpg
華やかに満開!
a0202012_07325303.jpg
黄緑色っぽい花びらの周りのほのかなピンクが何とも洒落ています。
a0202012_07361682.jpg
くっきり濃いピンクが青い空に映えます。
a0202012_07365002.jpg
様々なピンクの色合いの競演を楽しんだ後は新居浜の山の方へと進みます。
a0202012_07372896.jpg
ニリンソウが二つづつ仲良くひっそりと山道の横に、、、。
a0202012_07383066.jpg
アオキは昔東京の街のどこにでもあったものでした。赤い実が印象的だけどこうして花を見ることはあまりなかったなぁ。
a0202012_07391988.jpg
アケビがかわいいっ!アケビと言えばその昔大学生の時に岩手の僻地校へ教育実習に行ったことを思い出します。実習を終えて再訪した時に、一人の生徒がかごにいっぱいのアケビと共に迎えてくれたことが嬉しかった。都会っ子にとっては初めて見るその実の不思議な色合いを興味深く眺めたものでした。

そんな東北でのアケビの話をコンサートでした後で「懐かしい思い出の、、」と愛媛でアケビを頂いたことがありました。
a0202012_07395928.jpg
モミジの花と言うのも愛媛へ来てから初めて見ました。確か南楽園が最初だったかな。
a0202012_07404164.jpg
先日訪れた時の清滝はまだ桜は咲いてなかったので再訪。晴れが続いたので水量は少ないけれど桜とのコラボがさわやかです。ウグイスが聴き惚れる程美しく気持ちよさそうに囀っています。海辺のウグイスよりずっと上手に感じるのは、やはり緑豊かな環境の方がいいのかなぁぁぁ。
a0202012_07412830.jpg
もう少し上まで行ってみるとモクレンが見事!花を開くとどうしても茶色っぽくなるのでこの状態のまま綺麗な白を保っているのは温度が低いせいでしょうか。
a0202012_07421606.jpg
別嬪ぶりにうっとり、、、
a0202012_07425513.jpg
茶色の葉と共に咲くヤマザクラは遠くからみるとぼんやりくすんだ色だけどこれが本来の「桜色」らしい。桜の元祖ですものね。華やかではないけれど上品な色合いが山のそちこちに広がっています。

お知らせ)ギャラリーコンサート 4月28日(土)15時から 喫茶「珈壇」(松山市一番町3-5正和ビル1F 089-932-3624)
      ドリンク・ケーキ付2000円 30名まで お問い合わせ・申し込み mkanaluon@gmail.com




[PR]



by makanaluon | 2018-04-09 06:33 | 日々のつれづれ | Comments(0)

それぞれの春

a0202012_07440561.jpg
土から掘り出さないままだった球根から今年も咲いてくれてありがとう。
a0202012_07445776.jpg
チャイナカラーワンピースさんからのシラユキゲシもこんにちは~。
a0202012_07465786.jpg
少し日陰のせいか、遅めに咲いたモモ。
a0202012_07455932.jpg
ヤマブキは家の周りに自然に増えて明るい色を見せています。
a0202012_07480949.jpg
思いがけない所にふとスミレを見つけると嬉しい♪
a0202012_07491661.jpg
桜草ロードは健やかに全開!
a0202012_07500871.jpg
さて、春のぽかぽか陽気に出かけた西条のお堀です。鳥が水の中をもぐって泳いでいるのを眺めていたら魚を捕まえて顔を出した!
a0202012_07505499.jpg
ここは五百記念館の前です。昨年3・11復興祈念コンサートをさせて頂きましたが、あっと言う間に一年以上たってしまったことに驚きです。スタッフの方たちがにこやかにご挨拶しながら迎えてくださいました。

鯉がたくさん泳いでいますが、建物の中にもオモシロイ魚がいっぱいなんですよ。ギャラリー遊の高橋俊明さんと一色昇二さんの「おもしろアート二人展」を開催しています。ぎょ!ギョ!魚!陶人形 幻の島などの素晴らしい作品が並んでいてとても見応えがあります。いつも自由な発想で様々なものを創り出していらっしゃるお二人はアッパレなアーティストです。4月15日までですのでぜひご覧になってください。  

ギャラリー遊では一色さんのスケッチ画展が14日までの木金土で開催中。軽やかなスケッチのパックに柔らかい色あいの板が使用されていて、とてもすてきなハーモニーを醸し出しています。

お知らせ)ギャラリーコンサート 4月28日(土)15時から 喫茶「珈壇」(松山市一番町3-5正和ビル1F 089-932-3624)
      ドリンク・ケーキ付2000円 30名まで お問い合わせ・申し込み mkanaluon@gmail.com



[PR]



by makanaluon | 2018-04-06 12:04 | 日々のつれづれ | Comments(0)

のどかなドライブ その1

a0202012_20031194.jpg
のどかな春のドライブへ出発!西条の川べりは春のムードがいっぱい♪
a0202012_20035642.jpg
な~らんだ、な~らんだ~ツクシがな~らんだ♪
a0202012_20044048.jpg
禎瑞の土手はこれからが本番で、芝桜が様々な彩りを見せてくれるでしょう。
a0202012_20051646.jpg
利き水日本一になったことのある嘉母神社の湧水です。やわらかくてほんのり甘ささえ感じる水でした。この後は四国中央の方から新居浜へと向かいます。
a0202012_20055276.jpg
別子山へ行く途中の展望台でお弁当を食べます。
a0202012_20063470.jpg
水ヶ滝です。優しい雰囲気の清らかで心地よい滝です。
a0202012_20070221.jpg
滝の横にあったミツマタがかわいいっ!
a0202012_20073558.jpg
ゆらぎの森に着きました。このパーゴラに藤がいっぱいに咲いたらさぞかし見事なことでしょうね。
a0202012_20080853.jpg
本日の目的はコレ!春の妖精たちの舞をたっぷり楽しみました。
a0202012_20084372.jpg
シクラメンの原種も実に愛らしい。
a0202012_20091122.jpg
クリスマスローズたちはいつどこで見てもチャーミング!
a0202012_20101824.jpg
ミズバショウは夏の花だと思ったけれど、、、。奥の方にくねくねってしているのはヘビではありません。
a0202012_20094356.jpg
ウッヒョー!カエルの卵だ、、、既に孵っているのはデッカイぞ。
a0202012_20104833.jpg
ワサビがフレッシュ!
a0202012_20112479.jpg
「私のことも見て!」とスミレが小さな声で呼び留めてくれました。さてこの日の旅はもう少し続きます。

(お知らせ)南海放送「もぎたてテレビ」の桜井編の中で取材を受けました。4月1日(日)11時45分からオンエア







[PR]



by makanaluon | 2018-03-30 19:14 | 日々のつれづれ | Comments(4)

お花見とそして祈りの日に

a0202012_10510699.jpg
西条へ向かいながら国民休暇村の河津桜が見頃ではないかと寄ってみました。
a0202012_10514749.jpg
ピンク全開!青い空が似合います。
a0202012_10545373.jpg
ここの海辺もいつ来ても気持ちよくて大好き。
a0202012_10525718.jpg
たっぷりと堪能してからまだこの先お花見は続きます。
a0202012_10555987.jpg
宮田鐵工所の椿寒桜も満開!
a0202012_10564330.jpg
花はぎっしり密集していて甘い香りを放ちます。
a0202012_10572020.jpg
シキビも愛媛へ来てから知ったものだけど、花を見たのは初めてです。
a0202012_10574907.jpg
次の目的地へ向かいながら、途中車を降りてカモたちの群れを眺めます。まもなく北へと飛び立つのね。
a0202012_10595151.jpg
八堂山の市民の森の梅林です。梅と菜の花と水仙の色合いのハーモニーがすてきです。
a0202012_11005506.jpg
加茂川沿いも菜の花がいっぱいののどかな春の風景です。
a0202012_11013290.jpg
メロディ橋を渡りながらこの鉄琴を鳴らしてみたかったけどバチ入れはからっぽ。他のもので叩くのは気が引けるので諦めてそのまま進みます。
a0202012_11021148.jpg
西條神社に到着するとコーラスのリハをしています。3・11の鎮魂のための献燈があるとのことでやって来たのです。指揮をしているのは一月にうちに遊びにいらしてくれた秋川暢宏先生です。「おお、来てくれたの、、、」と嬉しそうにしてくださいました。
a0202012_11024516.jpg
神社の裏手の椿が綺麗です。
a0202012_11031646.jpg
本番では皆さん正装に着替えて、「花は咲く」「ふるさと」の二曲が献歌されました。
a0202012_11035156.jpg
灯りがともる光の道の先には「心」と言う文字に蝋燭が置かれています。昨年は「五百記念館」、一昨年は「神拝公民館」で「復興祈念コンサート」として呼んでくださったのでライアーを奏でながら参加者の皆さんと共に祈りを分かち合いましたが、今年はここで祈りを捧げました。
a0202012_11042949.jpg
夕闇に浮かぶのは「考古歴史館」です。東日本大震災の年の夏、東京から西条へ来てコンサートをした翌年にこちらに住むことになるとは考えてもいなかったことでした。

年が明けて3月の初めにこの家を見たその日に仮契約を済ませた後、西条でお世話になった方たちがこの考古歴史館へ連れて来てくれたことを思い出します。その時も梅が咲いていました。月日の巡りをしみじみ感じます。









[PR]



by makanaluon | 2018-03-14 07:31 | 日々のつれづれ | Comments(0)

春先のドライブは、、、

a0202012_08434895.jpg
西条から高知へ向かって到着したのはここ、大豊町です。なだらかな山道を進んで行くと静かな集落があります。
a0202012_08452244.jpg
本日の目的地福寿草の里で早速愛らしい福寿草にこんにちは~。
a0202012_08460533.jpg
前日は雨だったので雫が宿っています。
a0202012_08495689.jpg
水辺にフキノトウが顔を出しています。
a0202012_08465098.jpg
緩やかな坂道に添ってたくさんの福寿草が春の光を受けて輝いています。
a0202012_08473648.jpg
こんなに一面の福寿草を見たのは初めてなので感激!
a0202012_08482282.jpg
目一杯に開いて明るいお顔を見せています。
a0202012_08520327.jpg
まぁ、綺麗なビーズの石が、、、と思ったら、、、
a0202012_08524482.jpg
まるでラピスラズリのようなリュウノヒゲです。
a0202012_08490687.jpg
なだらかな遊歩道を登って行った上の方にある蛇躰神社です。日向ぼっこをしながらここでランチ。外で食べるサンドイッチやおむすびはおいしい!

まだこの先にも福寿草はありますよ。
a0202012_08512076.jpg
先の道を行くととってもかわいい豆芝ナナちゃんに会ったのでしばし交流。旅の嬉しいギフトの一コマとなりました。
a0202012_08532352.jpg
鳥も春を歌っています。
a0202012_08540778.jpg
所々に少し雪が残っていました。雪と福寿草は似合います。福と寿のしあわせをたくさん分けてもらって向かった後先は、、、
a0202012_08573299.jpg
同じ大豊町の八坂神社です。
a0202012_08550789.jpg
おーーーっ!!!日本一と言われている大杉です。あまりに大き過ぎてカメラには到底収まりません。二本が根本で一緒になっています。
a0202012_08563839.jpg
樹齢3000年の圧倒的な迫力は言葉を失う程です。
a0202012_08581424.jpg
この地は美空ひばりさんが9歳頃にバスの転落事故に会って九死に一生を得て、この大杉に「日本一の歌手になれるように」と祈願をして夢をかなえたと言うことから遺影碑があります。横には「川の流れのように」の歌詞と楽譜が書かれたものがありました。ひばりさんの曲では「リンゴ追分」をライアーで歌っていますが、「川の流れのように」もそのうちに~。
a0202012_08585179.jpg
行きは西条からでしたが、帰りは四国中央からと車を走らせたら、、、あれ~っ、いつのまにか徳島だ。土讃線をアンパンマン列車が走っています。
a0202012_08593290.jpg
仁淀ブルーはもちろん素晴らしいけど吉野グリーンもステキ!大歩危の道の駅です。と言うことは大杉までは祖谷のかづら橋からそう遠くないのでこの辺りに行ったらぜひいらしてみてください。一見の価値大ありの杉ですよ。写真ではナマの息吹きは伝わりません。
a0202012_09001696.jpg
四国中央に入って見晴らしのよい所から海を眺めます。
a0202012_09004958.jpg
久々、新居浜の「みんなのコーヒー」で一休み。オーナーが「随分久しぶりですねぇ。カヌーに乗ってますか?」と覚えていてくれました。さて夕陽の沈む中、今治へと向かいます。






[PR]



by makanaluon | 2018-03-02 18:21 | 日々のつれづれ | Comments(0)

晩秋から初冬へ

a0202012_15525326.jpg
翠松苑の白雲木です。5月初めの満開は見事だけどこの季節の風情もいいですね。幹と枝ぶりの雰囲気がすてきです。
a0202012_15521269.jpg
しっとりふっくら。
a0202012_15532420.jpg
我が家にも別嬪さんがさわやかにひとつ花開きました。蕾はいっぱいあるのでこれからが楽しみだわ。
a0202012_15501080.jpg
開きかけのバラは本当に美しい、、、
a0202012_15541349.jpg
まぁ、こんにちは~。大分寒くなったわよねぇ。
a0202012_15544009.jpg
いつまでも夏のエネルギーを放っていたハイビスカスもいよいよラストかなぁ。
a0202012_15550838.jpg
皇帝ダリアはあちこちそちこち満開だけど、うちのはまだこれからのようです。裏庭はぽっかり暖かいので季節の足が遅いのです。中島からやって来たイチョウが色づくのもまだもう少し。
a0202012_15492515.jpg
ユリもぽちぽちと咲きながら、まだ開きそうな蕾もあります。
a0202012_15504354.jpg
「干し柿作り」が私たちの日常に入って来るなんてことは東京にいた頃は考えもしなかったことです。西条の親久爺ちゃんが引っ越した年に植えてくれた時に「おくりものなのになぜ甘柿じゃなくて渋柿??」ってふしぎに思ったくらいでした。そして皆さんに「東京では干し柿は贅沢品で買えなかったわ。」と言うと全然意味がわからない表情をされたものでした。

毎年大きくなって、表側の木には今年は70個程実がなったので、とりあえずそれを収穫。
a0202012_15514115.jpg
倉庫に干しました~。これは第一弾でまだもう少し干し柿作りは続くかな、、たぶん、、、。

お知らせ
12月2日(土)17時より ギャラリー伊万里にて 川畑宜士展オープニング演奏 終了後サンドイッチとコーヒー付きパーティ 無料


[PR]



by makanaluon | 2017-11-19 17:08 | 日々のつれづれ | Comments(0)

竹あかりライアーコンサートを終えて

a0202012_958161.jpg
玉川近代美術館の交流館に到着すると入り口でこんなオブジェが迎えてくれました。

a0202012_9584966.jpg
バンブーナイトにはまだ早い時間です。
a0202012_10481674.jpg
前回この会場で演奏させて頂いたのは展示作品の中での「平和への祈り」でしたが、今回は展示がなかったのでこのようにディスプレイしました。

「竹あかりライアーコンサート」と墨の文字が似合いそうな風情のあるタイトルを付けてくださったので、書家の和葉さんにお願いして書いて頂きました。「竹林の風がそよぐ感じで、、」などと難しい注文をしてしまったけど快く引き受けてくれました。

プログラムナンバーの曲をユーチューブで聴いたりしながらイメージを広げて何枚も書いてくれたのです。すてきな書のおかげで場がぐっと引き締まりました。

時と場に応じてコンサートに心地よい彩りを添えてくれる虹染めの布に笹もアクセントに留めてみました。
a0202012_1002092.jpg
ゆかた姿で来てくれた和葉さんにブログ登場のお伺いをしてみたら「かまん、かまん」とのことだったので、どうぞよろしく~。「字遊会」として活動中です。

足もとは写っていないけどスニーカー履いとるけんね。「ど、どうしたん?」「これはわざわざおしゃれ」。ほ~なん。

実は、和葉さんとは東京で知り合ったご縁です。西条にご実家があることも伺っていましたが、思いがけず私たちが愛媛に引っ越した後、彼女もご実家の近くへ来られたので再びお付き合いが始まったのです。

a0202012_10493072.jpg
竹にちなんだ曲と共に、色々な竹の楽器もナルに演奏してもらったので皆さんとても興味深く聴いてくださったようです。
a0202012_1054383.jpg
100名を超えるたくさんのお客様が耳を傾けてくれました。
a0202012_1055270.jpg
片づけを終えて外へ出ると入り口のオブジェが点灯されていました。
a0202012_10552961.jpg
昼間のワークショップで子供たちが作った灯篭にも明かりが灯っています。
a0202012_10564977.jpg
美過疎通りの出店を歩くと「まかなさーん」と声をかけてもらえました。この日、外で動く方たちにはコンサートを聴いて頂けなかったし、私も店じまい寸前にしか来られなかったけど、それぞれの場でのバンブーナイトを同時に共有できたことを思うと何となくほっこりします。芋炊きを食べて、おでん、プリン、くるみパンをおみやげにしました。
a0202012_10573690.jpg
大きな竹の作品がバンブーナイトの雰囲気をさらに盛り立てています。

お世話になった玉川サイコーの皆さん、美術館のスタッフの方々に心から感謝いたします。

[PR]



by makanaluon | 2017-09-04 13:45 | 演奏 | Comments(0)

竹の作品

a0202012_13342758.jpg
まもなく「竹あかりライアーコンサート」なので竹にちなんだ作品を並べてみようと思います。

これらは渡部親久さんが竹で製作されたものです。ナルと私にとってはお名前を呼ぶより親しみを込めて「爺ちゃん」と呼ばせて頂きたい存在です。東京では「お爺ちゃん」と「お」を付けて呼びますが、この「爺ちゃん」という言い方は都会育ちの私たちにとっては、ある意味新鮮でもあり、地方に住む一員になれた感じがあって何となくほっこりするのです。

実は引っ越した年に、「Space Makana&Nalu」で数回だけライブを行いましたが、爺ちゃんの様々な作品を展示しながらと言うこともありました。余談ですが、その時に初めて出会ったゴーシュさんとは今でもお付き合いが続いています。そして翌月のライブには、先日四国カルストに連れて行ってくれたりカヌー遊びをしたgoda夫妻、そして何と、今回「竹あかりライアーコンサート」の会場となる玉川近代美術館の学芸員さんもいらしてくれていたことに驚きます。その時の来客名簿を見て、今でも嬉しいご縁のある皆さんがいらしてくれていたことを後から知ったのでした。

爺ちゃんの作品とのコラボは10月だったので、この写真の竹の筒にはススキを入れました。

a0202012_13345062.jpg
こちらにもやはりススキを入れてこの二つの作品はステージの両側に置いたものでした。

a0202012_13351486.jpg
秋の気配が漂う作品です。

a0202012_1335404.jpg
おやっ、もう一匹虫がいますよ。とても繊細な竹細工です。

a0202012_133652.jpg
トンボが微妙なバランスでとまっています。

a0202012_1336553.jpg
この鳥たちはとても懐かしいです。東京から西条にコンサートに来て初めて爺ちゃんに会った時にプレゼントしてくれたものです。その後も数々の作品を頂いてますが、爺ちゃんはト音記号や八分音符を作品のモチーフにすることも多いのです。初めて会った時に82歳だった爺ちゃんは88歳になりましたが、これからもお元気でいて欲しいです。

お知らせ
「竹あかりライアーコンサート」
9月2日(土)18時~19時 無料 要予約 0898-55-2211(玉川近代美術館)

ワークショップや様々な出店もされます。17時30分から美過疎通り(ピカソ通り)に竹あかりが灯されるとバンブーナイトのオープニングです。コスプレのかぐや姫も登場するようですが、お姫様たちも大募集されるようなのでドレス姿で参加されたら楽しいと思います。

a0202012_7293410.jpg

[PR]



by makanaluon | 2017-08-29 19:15 | 日々のつれづれ | Comments(0)

今更だけど今治城へ

a0202012_1152848.jpg
お友達に誘われてBUONOでランチ。お城は目の前なので、せっかくだからと行ってみることにしました。
a0202012_11524293.jpg
まだ東京に住んでいた6年前に、西条でのコンサートの翌日、初めて会ったmitsukoさんが今治へ招いてくれて車の中から「あれが今治城」と指さしてくれた時のことを懐かしく思い出します。こちらに来てから二回コンサートもしたり関わりが深くなる翠松苑にも行きましたが、その時はこの街へ住むことになろうとは想像だにしなかったことです。

mitsukoさんも翠松苑も同じ桜井ですぐ近くだということは家を決めてから知りました。

a0202012_11531645.jpg
今までは庭をぐるりと巡るだけでしたが、今回初めて建物の中にも入ってみることにしました。入り口の城壁に大きな石がありますよ。
a0202012_1153524.jpg
築城奉行と伝わる渡辺勘兵衛に因んで「勘兵衛石」と呼ばれています。城主の権威を示すために目立つ入り口に据えられているようです。この石垣は400年前のままだそうですが、どこのお城もバラバラの大きさの自然の石を実にうまく組み立てていることには驚かされますね。

a0202012_11542417.jpg
小ぶりだけれど綺麗なお城だと思います。ジョン・ビリングとのコラボコンサートの時に彼を案内したら気に入って二度も見に来たのでした。
a0202012_11545850.jpg
天守閣から今治の街と海を臨みます。
a0202012_1216266.jpg
我が街のランドマークの今治国際ホテルです。この屋根の形が何となくメルヘンチック。
a0202012_11553063.jpg
上から眺める屋根は美しいですね。お城の中に色々展示されているものはなかなか興味深かったです。

[PR]



by makanaluon | 2017-07-13 06:32 | 日々のつれづれ | Comments(0)

バースデーに

a0202012_8151456.jpg
魅力的でリーズナブルなカフェも増えて来ました。あるいはせっかくだからバースデーランチはちょっと贅沢にとも考えたけど、あえてそうゆうのは外して今治っぽいのがいいかなぁと来島海峡大橋を眺めながらココへやって来ました。
a0202012_8154099.jpg
浜の台所「潮里」です。
a0202012_816649.jpg
選んだのは穴子の天麩羅のお魚ランチ。

a0202012_8162939.jpg
お目当てのサバまんは8月いっぱいまでお休みだし穴子丼も食べたいから、バリィさんまたね~~。お持ち帰り用にした来島鯛めしはとってもおいしかったわ。
a0202012_8165254.jpg
家に帰ると、思いがけず美しい手作りケーキとピザを持って西条からやって来てくれたのはwatanabe夫妻。お二人にお世話になったコンサートがきっかけで今私たちはここにいます。

ささやかに過ごすつもりだったこの日が膨らんで行きながら、びっくりはまだ続きます。

a0202012_8171443.jpg
おいしいケーキとピザを頂いて話も弾んでいたさなかに、東からすてきな花束が届きました。夏らしいアレンジで見ているだけで元気が出ます。メッセージカードには「自然と音楽にかこまれながら穏やかで楽しい日々となりますように。」とありました。

引っ越した後すぐにatsumiさんが「愛媛の自然をテーマにしたワルツを」とリクエストしてくれたことから生まれた「そらのワルツ」はこれからも大切に演奏して行きますよ。

フランスからやって来たピアノはこんな風に上の蓋が開いておしゃれでしょ。たまにはピアノを深呼吸させてあげようと思って、上に置いてあった物たちにはちょっとお休みしてもらってますが、大きく響いて気持ちいいです。
a0202012_8173797.jpg
綺麗なカード、そしてドイツやオーストリアからも嬉しいメールが届いてハッピーハッピーバースデー♪

[PR]



by makanaluon | 2017-06-16 05:08 | 日々のつれづれ | Comments(2)

ライアー奏者のつれづれ
by makanaluon
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

プロフィール&リンク

最新のコメント

hamano-akiさん..
by makanaluon at 12:38
hamano-akiさん..
by makanaluon at 05:14
遊さん さすがのお二人の..
by makanaluon at 05:12
今日はわざわざ西条までお..
by 遊 at 20:29
hamano-akiさん..
by makanaluon at 05:41
hamano-akiさん..
by makanaluon at 05:37
kyonちゃん ステキな..
by makanaluon at 06:44
るおんさん、申し込みあり..
by kyon at 10:10
遊さん やはりスペシャル..
by makanaluon at 07:21
hamano-akiさん..
by makanaluon at 07:56

最新のトラックバック

whilelimitle..
from whilelimitless..
http://www.v..
from http://www.val..
ガウディとグエルが夢見た..
from dezire_photo &..
ライアー奏者・作曲家・ま..
from La Dolce Vita ..
"Keep our Ho..
from La Dolce Vita ..
新しいCD『銀河の岸』完..
from La Dolce Vita ..

検索

ファン

ブログジャンル