カテゴリ:演奏( 149 )




翠松苑にて

a0202012_17490919.jpg
久しぶりに翠松苑に行くと庭では花と虫がむんむんむん、、、。
a0202012_17494149.jpg
ほらっ、ここにも、、、
a0202012_17510581.jpg
そこにも、、、
a0202012_17513558.jpg
花の縁を昇っているのが見えるかな?
a0202012_17522654.jpg
この日の目的はオオヤマレンゲでした。何とすてきなんでしょう、、、うっとり、、、。
a0202012_17525872.jpg
カラーは東京では切り花としてしか知らなかったけど、愛媛に来てからその辺の道端や水辺でよく見かけます。
a0202012_17541841.jpg
今年もあでやかな姿を見せてくれてありがとう。
a0202012_09461184.jpg
あなたたちにもまた会えたわね~。
a0202012_17553760.jpg
クワの実もどんどん赤くなっています。
a0202012_17545111.jpg
ヤグルマソウたちにもご挨拶。ここの和室では二度コンサートをしましたが、その時にもヤグルマソウが咲いていました。
a0202012_09531038.jpg
これは4年前、庭や部屋に水琴窟を設置して行ったコンサートの後の写真です。4月だったので少しチューリップが残っていて、ヤグルマソウが咲き出していたと言う時期でした。
a0202012_09533246.jpg
その時にチェリストの近藤博隆さんをゲストとしてお招きしてコラボをしました。そして、このたび近藤さんのカフエ トークトークでライアーコンサートをさせて頂くことになりました。今治の2ndSTREETとゲオの向かい側の介護施設カインドハウスといまおか内科クリニックの間の道を入った右側にある店です。
6月22日(金)夕方6時半開演 ワンソフトドリンク付1500円(要予約)詳細は以下のチラシをご覧ください。なお、ご予約、お問い合わせはmakanaluon@gmail.comでも受付中。

a0202012_10015237.jpg




[PR]



by makanaluon | 2018-05-20 05:53 | 演奏 | Comments(0)

とっくに時期を逸してしまった写真だけど

a0202012_14340061.jpg
2月3日に行われた今治総合芸能祭の時の「迎春の詩」の演奏写真です。当日は一般の撮影は禁止されていたので、リハの時に舞台袖からの写真をアップしていました。市で撮ってくださったものは展示された上で出来上がって来たのは3月末でした。あまりに時期を逸してしまったのでためらったままでしたが、せっかくなのでアップすることにしました。
a0202012_14342781.jpg
いつもとは違った緊張感の中でディジュリドゥを吹いています。
a0202012_14345570.jpg
大きな舞台での空気感は独特のものがあります。
a0202012_14351959.jpg
能楽師大亀藤栄先生の舞に高らかに能管が響きます。80歳を超えた風格のあるお姿を今年も見事に見せてくださいました。
a0202012_14354605.jpg
バックには山田逸朗さんの美しい写真が次々と映し出されます。ライアーは色々な意味で一般の楽器ともコラボをしにくいです。いつもは自由に自分の呼吸で演奏しているので「形式のあるもの」、そして独特な響きの能管と和して行くのは正直、大変難しかったです。通常コラボはお互いに歩み寄って行くものですが、「変えられないもの」に対して一方的に寄り添って行かなくてはならず、試行錯誤のまま課題は残されましたが、ひとつの貴重な体験をさせて頂きました。あえて言えばライアーは「間」を大切にして行く楽器なのでその部分で通じて行く雰囲気は醸し出すことができたかもしれません。
a0202012_14361343.jpg
大亀先生のシルエットが映像に重なりながら凛として浮かび上がるのはシンプルな舞台に効果的に思えました。アンケートに「迎春の詩とってもすばらしかったです。まかな瑠音さんで何者なんですか」と書かれたのがあって、大亀先生と思わず吹き出してしまいましたが、、、一体ナニモノなんでしょうねぇ。今治市民であることはどうも間違いなさそうですよ。






[PR]



by makanaluon | 2018-04-28 09:50 | 演奏 | Comments(0)

蝶の舞ひなまつりコンサート

a0202012_19425722.jpg
玉川での「蝶の舞ひなまつりコンサート」です。愛媛での6回目のひなまつりで私もようやく旧暦に慣れました。
a0202012_19534877.jpg
大きな窓の向こうにはのどかな景色が広がります。こんなすてきな風景をバックに奏でることができるとは何としあわせなことでしょう。
a0202012_19434609.jpg
天井が高くてとても気持ちのよい空間です。
a0202012_19453916.jpg
ウェルカムスィーツが皆様をお迎えします。
a0202012_19443433.jpg
春の曲をたくさん奏でました。
a0202012_19450825.jpg
ナルは愛媛に来てから何本も自分でディジュリドゥを作りましたが、これはオーストラリアからやって来たものです。私は最初、ドイツ製ライアーを使用していましたが、このコンサートライアーはオーストラリア製です。
a0202012_19471166.jpg
tomoさんが朗読する絵本「ちょうちょ」に合わせてライアーを即興で和して行った後、「童神」も一緒に歌いました。

こんな風にコラボができてtomoさんは感無量だったようです。数日前にはメールで、「数年前に家の所で二重の虹を見てきっとここでステキなことが待っている」と感じたことを伝えてくれました。私はこれまで家の前の海辺で虹を何度も見ましたが、tomoさんが見た二重の虹は、私が「七夕コンサート」の寸前に見たものと同じではないかと思います。

「虹を渡ってここへ来てくれてありがとう」とtomoさんからカードメッセージを頂きました。初めてお会いしたのは昨年の「竹あかりライアーコンサート」でしたが、こうして虹の光が繋いでくれたので、オリジナル「虹の環」と「Over the Rainbow」を感慨深く歌いました。そしてやはりその時に初めてお会いしたmishima先生から頂いたレインボースティックはこの日大活躍でしたよ。
a0202012_19485249.jpg
「しゃぼん玉」を歌いながらレインボースティックをクルクル。
a0202012_19480194.jpg
子供たちも3本あったのを交代で楽しそうに回しましたね。色々な楽器にも興味津々だった1才のreiya君は抱っこされながら嬉しそうにクルクル。2才のHinaちゃんもニコニコ。
a0202012_19492459.jpg
ナルは紙芝居をしました。「たどん」が出て来たけど若い人たちは知りませんでしたねぇ。「炭団」と書けばどんなものか想像つくでしょうか?お団子のように丸い炭です。コンサート後のパーティーで出た丸いおむすびは、ちょうどたどんを思わせる大きさでした。
a0202012_19500332.jpg
春らしい寿司、菜の花ごはん、つくしの卵とじにローストポーク、ピザ、のぼりガツオに実だくさん味噌汁など心づくしのおいしい手料理が盛り沢山!
a0202012_19505416.jpg
かわいいモッピーちゃんもライアーに長~い耳を傾けてくれたわね。
a0202012_19513020.jpg
クッキーの花束をありがとう♪皆さんと共にすてきな春のひとときを分かち合いました。

(お知らせ)南海放送「もぎたてテレビ」の桜井編の中で取材を受けました。4月1日(日)11時45分からオンエア









[PR]



by makanaluon | 2018-03-26 06:54 | 演奏 | Comments(0)

大亀藤栄先生句詩出版記念祝賀会

a0202012_17571340.jpg
久々、今治国際ホテルにやって来ました。
a0202012_17575385.jpg
能楽師大亀藤栄先生の句詩出版記念祝賀会にお招き頂きました。国際ホテルでは4度目の演奏になります。このローズの間では三度目となりますが、ハープとライアーの演奏をクリスタルホールのステージで演奏させて頂いたこともあります。。
a0202012_17583219.jpg
このたび先生からのご依頼で俳句を作曲させて頂きましたが、演奏に先だってその句を詠んでくださっています。
a0202012_18182893.jpg
春の句から4句選び、起承転結をイメージしながら作曲しました。お食事の後は、翌日お誕生日を迎えられる先生へ皆で「ハッピーバースデー」を合唱してから数曲演奏させて頂きました。
a0202012_18004885.jpg
皆さんからたくさんお花が渡されました。先生が「最大の支援者」とおっしゃるご主人がそばでやさしく見守っていらっしゃいます。
a0202012_18254671.jpg
窓辺に置かれたお花がガラス戸越しの背景に似合います。
a0202012_18083671.jpg
美しく品のある色合いの装丁が先生にふさわしく立派なご本です。「杜若(かきつばた)」と言うタイトルも素敵ですね。
a0202012_18015698.jpg
ラストは先生の朗々たるお声での謡曲をご披露くださり、華やかな宴はお開きになりました。
a0202012_18022848.jpg
この日ちょうど同じ階の真珠の間で「わたしと故郷今治」と言う特別対談があったのでそのまま移動して聞きに行きました。有本容子氏(日本画家)達川清氏(写真家)智内兄助氏(洋画家)の方たちの対談は、司会の川畑宜士先生独特のユーモアを交えた進行で楽しく聞くことができました。
a0202012_18025908.jpg
一週間前には大亀先生と今治総合芸能祭で初コラボをさせて頂きましたが、その時の進行役をなさっていた真鍋明紀子さんにこの日も再会しました。ハートの器に入ったクッキーをお心遣い頂いてほっこりと温かい気持ちになりました。

ハッピーバレンタインズデー♪








[PR]



by makanaluon | 2018-02-13 07:29 | 演奏 | Comments(0)

今治総合芸能祭を終えて

a0202012_20150291.jpg
今治総合芸能祭に初出演しました。
a0202012_20153817.jpg
緞帳はまだ閉まっています。
a0202012_20164861.jpg
ナルさん、開園前にディジュリドゥの調子を見ています。
a0202012_20161779.jpg
ライアーは楽屋で待機中。
a0202012_20172309.jpeg
本番は撮影禁止なのでこれはリハの時のものです。山田逸朗さんの美しい映像が次々とバックに映し出されます。凛とした姿の大亀藤栄先生、そして写真では見えませんが能管の一宮教伸さんが背後に座っています。
a0202012_20175053.jpeg
本番の前日、ゲネプロの時のです。大亀先生のシルエットが映像に重なって素敵です。リハ、ゲネプロ、そして本番と三回に渡ってスタッフの方々たちは心地よく対応してくださりありがとうございました。
a0202012_20185503.jpg
ギャラリー遊さんが前日に撮影なさった虹をお借りしました。ビッグな演奏の前にはいつも現れて祝福のサインを送ってくれる虹ですが、今回私が実際に見ることはなくとも、こうして海に美しく姿を見せてくれたようです。山田さんの写真のラストも虹でした。

自分の呼吸とタイミングでできるコンサートとは違うので不安はありましたが、お蔭様で無事に終えることができました。演奏終了後、何人もの方たちが「よかったー!」と駆け寄って来てくれました。大亀先生の品格ある舞を損ねてしまってはいけないと気がかりでしたが、お弟子さんたちが大変喜んでくださったのでほっとしました。

今度コンサートを主催してくれる方が「リハも見たんですが、やはり本番の方がすてきでした。」とおっしってました。今回はシンプルだし、同じようにやってそんなに差異はないはずなのだけど本番のエネルギーは濃密なものが流れます。うまく言えませんが、全員での動きがうねって重なりながら「あっ」とはじける瞬間の感覚を体験しました。これがコラボと本番の醍醐味でしょうか。
a0202012_20192435.jpg
合間に珈琲道場でランチをしました。
a0202012_20195442.jpg
ランチもおいしかったけれど、プルプル系が大好きな私はデザートの豆乳プリンが気に入って二日連続で行ってしまいました。

今治の人になったなぁとしみじみ感慨にふけりながら眺める窓の向こうには小雪がちらついていました。寒い寒い立春でしたね。

さて、大亀先生をお送りするために会場に戻ります。ナルが駐車場から車を回して、、、あっ、来た、、、「先生~、早く早く、、、」で、勢いよく車のドアを開けたら、、、ありゃー、運転席にいるのはナルじゃなくて、、、笑われちゃいました。色は同じでもどこかビミョーな違和感はあったんだけどね。「まさか、まさかがまたかまたかの連続、、、」とナルに言われるようにこの日もまさかまたかまかなを更新しました。

さあ、いよいよギャラリー遊の「名刺サイズの作品展」が8日(木)から始まりますよ。ナルと私は三点ずつ出品しました。毎回オーナーの素晴らしいディスプレイも見所のひとつなので楽しみです。



[PR]



by makanaluon | 2018-02-05 09:10 | 演奏 | Comments(0)

今治総合芸能祭

a0202012_15323135.jpg
今治総合芸能祭のお知らせです。「異なる芸術のコラボレーション」ということで11回目となります。
a0202012_15403798.jpg
プログラム一番に出演します。
a0202012_15443402.jpg
仕舞(大亀藤栄)能管(一宮教伸)写真(山田逸朗)にライアーとナルのパーカッションが和して行く初コラボです。
a0202012_15415996.jpg
石鎚山の鎖です。大亀先生も私もそれぞれ別の時ですが、石鎚神社で奉納舞、演奏をしたことがあります。
a0202012_15412312.jpg
「迎春の詩(うた)」と題して、春を迎えるよろこびがテーマです。15分程ですが、かなり濃密な時間が流れることを既に練習で実感しています。自分の呼吸とタイミングで演奏をしながら進めて行くいつものコンサートとはまた違った世界が繰り広げられて行きます。

西洋生まれのライアーですが、和のものでは尺八、獅子舞とコラボした時に、「間(ま)」は通ずるものがあるように感じました。

山田さんの素晴らしい写真も背景を彩りながら春の息吹きを伝えてくれることでしょう。もしよろしかったらいらしてください。

[PR]



by makanaluon | 2018-01-19 19:45 | 演奏 | Comments(0)

第6回愛らんどコンサート

a0202012_08113938.jpg
愛らんどでのコンサート(自閉症協会主催)はもう6回目を迎えました。キーボードの横もクリスマスムードがいっぱい!
a0202012_08125630.jpg
脚立に乗りながら布を貼っているのはshinoちゃんです。私たちが今治へ引っ越して最初のコンサートからずーーっと聴き続けてくれています。今回はshinoちゃんの方からお手伝いがてらの参加を申し出てくれました。
a0202012_08134698.jpg
カーテン部分も華やかに彩られました。
a0202012_08144961.jpg
ハンドベルのカラフルさが楽しいですね。
a0202012_08160136.jpg
もちろん、クリスマスソングなどを中心に奏でました。
a0202012_08174162.jpg
足元もクリスマスですよ~。
a0202012_08170011.jpg
shinoちゃんが嬉しそうに登場!コンサートで大人気のレインボースティックは既にshinoちゃんも購入していて「ぜひクルクルさせてください」と事前に申し出がありました。今回も皆さんにとても興味を持ってもらいましたが、新居浜の子育てサポート 世界の玩具と絵本の店「KoKoRo」で入手できます。
a0202012_08183483.jpg
さあ、皆の出番です。s君のギター姿はばっちり決まっていますね。
a0202012_08191936.jpg
k君が朗読をしてくれました。とっても個性的に、リズミカルによく響く声で皆を惹き込みました。もしかして誰かが読んでくれるといいな~と思いつつ絵本を3冊持参したのだけど、皆さんにお渡しした歌詞のプリントをk君が読む声が聞こえたので「これはどう?」と聞いてみたら、すんなり三冊も読んでくれました。人前では初めてのことだったそうでお母様も驚きつつ喜んでいらっしゃいました。
a0202012_08195438.jpg
今まで会場に来ても中には入らず外の椅子に座っていたi君が、初めてずっと中にいて楽器を持って参加してくれたことも嬉しかったです。この日を楽しみにしてくれている人たちも増えました。それぞれの中に秘められている可能性に毎回出会いながら時が豊かに膨らんで行きます。

shinoちゃんもいつものコンサートとは違った感動を新鮮に体験できたようです。
a0202012_08202265.jpg
きれいなお花をありがとうございます。これからも一緒によい時間を重ねて行けますように。


[PR]



by makanaluon | 2017-12-20 09:25 | 演奏 | Comments(0)

川畑宜士展でのオープニング演奏

a0202012_14002875.jpg
ギャラリー伊万里での川畑宜士展のオープニングの日です。今年一杯でギャラリーを閉じることになったのでラストの展示会、演奏となりました。
a0202012_14011071.jpg
これは川畑先生の飼い猫ピックです。
a0202012_14014852.jpg
こちらも飼い猫リオ。二匹の猫の名前からわかるようにリオのオリンピックの年から先生の所で暮らすことになった幸運な猫たちです。実は先生宅には既に22歳になる猫ニャニャコがいるのですが、二匹とも先生にいのちを救われたのです。リオは交通事故に会っていて、ピックは先生のご自宅の倉庫の隅にいたのを引き取ったのでした。二匹ともかなり危ない状態で獣医も無理と言っていたのに驚異的に回復したのです。ふたつの日本画はとても味わいがあって惹きつけられます。私も含めて猫を飼ったことのある人はこれらの絵から何となくかつての自分の猫との日々をじんわり思い出させるような不思議な力もあります。
a0202012_14025398.jpg
伊万里のtetsujiさんと川畑先生には様々な形でお世話になって来ました。演奏の機会を頂くばかりでなく日常的にも温かさをたくさん頂いています。もちろんお二人とのご縁はまだこれからも続いて行くでしょうが、これまでの感謝とそして先月92歳で天に召された伊万里のおばあ様への追悼の祈りも込めて奏でさせて頂きました。
a0202012_14035245.jpg
すっかり大きくなったkaito君です。伊万里のキッズコーナーに貼ってあったkaito君の詩「そっとうた」に目がとまって作曲させてもらってから3年以上もの月日が過ぎました。

(そっとうた)
そっとそっと大事なものをこわさぬように
そっとそっときれいな花をふまないように
そっとそっとできたてプリンをこわさぬように
そっとそっと寝ている赤ちゃん起こさぬように

kaito君のやさしさが伝わって来る詩ですね。折々のコンサートで演奏して来ましたが、皆さんの心に響いて残るようです。
a0202012_14043833.jpg
弟君たちと一番前で聴いてくれました。詩のラストの「寝ている赤ちゃん、、、」のseiha君はもう赤ちゃんではありません。
a0202012_14062802.jpg
tetsujiさんと先生に初めてお会いした日に海の虹を目の前の海で見ました。その後何度も海の虹を見て、「海の虹」を作曲しました。虹の祝福と共にご縁ができたお二人にちなんでこの曲を演奏しました。

ナルが持っているものはレインボースティックです。9月に玉川近代美術館での「竹あかりライアーコンサート」にいらした方からプレゼントされたものです。新居浜の「子育てサポート 世界の玩具と絵本の店 KOKORO」のオーナーで、頂いたのはもう少し小さいものでしたが、とても綺麗なのでその後お店に行ってこれを購入しました。

くるくる回すとしゃぼん玉のように美しいです。皆さんも一緒に自然に「しゃぼん玉」を歌ってくれました。
a0202012_14054175.jpg
突然ですがこれは朝倉のひまわり畑です。映画ファンのtetsujiさんから数年前にリクエストされた「ひまわり」をこの日も演奏しました。夏の花だと思っていたけれど、愛媛へ来てから周ちゃん広場では秋のひまわり、そして冬のひまわりもあることを知って驚きです。
a0202012_14070801.jpg
ずっと演奏を聴き続けてくれているチャイナカラーワンピースさんが「まかなさんと初めて会ったのはここだったわね。」とお手製の甘酒をくださいました。「そう、私もそのことを思い出したのでいらしてくれるといいなと考えてたの。ブログで見てたから甘酒大好きな私はいいなぁ飲みたいなぁって思ってたのよ、ありがとう。」と言うとチャイナさんが「あらぁ、、、」と笑ったのにはワケがあります。「ありがとう」のイントネーションがすっかりエヒメになっとったけん。「ありがとう」は東京では「り」、愛媛では「と」にアクセント。他に自分でも笑っちゃうくらいうまいかも~と思えるのは「なんでぇ?」。「な」ではなくて「で」が一番高く、「ぇ」で微妙に半音程下げる。全音下げたら低すぎよ。

サンドイッチパーティではmasaoka先生が皆さんへおいしい珈琲をいれてくださってなごやかな時が弾みました。

このワンチャンも川畑先生の絵の題材です。今回は描かれたものが絵の下に並べてあって、絵を購入された方にプレゼントしてくださることになっています。展示会は10日(日)までです。あったかい気持ちになれる作品が並んでいます。
a0202012_14074343.jpg
お花をありがとうございます。家に帰ってから二つに分けてみました。
a0202012_14081432.jpg
カーネーションはこちらの花瓶に、、、
a0202012_14084159.jpg
ドライフラワーになりそうなものはこちらに入れてみました。

チャイナさんからの甘酒は甘さが程よくて、爽やかで健やかな味です。グイーッ、うまーい!「一週間以内に、、、」とのことだけどそんなにかからないわよ。皆さんから手作りシフォンケーキや上質なお茶も頂いたりでありがとうございました。



[PR]



by makanaluon | 2017-12-04 19:33 | 演奏 | Comments(0)

第五回田んぼコンサート

a0202012_14445731.jpg
雨の中どれだけの方たちがいらしてくださるのか心配でしたが、会場いっぱいのお客様たちになってひろしさんも感激の様子。皆さんへのご挨拶をギター片手に歌いながら喋り、また歌うと言う心地よい間合いと雰囲気に引き込まれながらなごやかさが広がります。

a0202012_1446653.jpg
初めてパーカッショニストの紫光さんに二曲入って頂きました。今まで、ドラムとのコラボは到底無理と思っていましたが、小さな音でセッティングしてくれてとてもいい感じで贅沢気分でした。

a0202012_14463514.jpg
自分のことはさておいて、演奏家の表情ってとてもすてきだと思うので私はそれを見るのが大好きです。目をつぶって音に集中して聴くあり方もひとつでしょうが、私はバッチリ目をあけて演奏家の姿と放つものをしっかり見て感じます。だからソロか、それぞれがくっきり伝わって来る小編成の演奏を聴くのが、どちらかと言うと好みです。

a0202012_14495811.jpg
さて、演奏家ナルさんの表情はいかがでしょう。
a0202012_14513131.jpg
ジャズナンバーの「スターダスト」はやはり何となくサックスも入れたくなってミッキーさんにお願いしました。ミュートでライアーのヴォリュームと違和感なく奏でてくれました。
a0202012_1452036.jpg
お昼休みのサプライズゲストとして、hamaokaさんが歌声をいっぱいに響かせてくれました。
a0202012_14571483.jpg
hiro君もピアノの発表会で演奏した「聖者の行進」を披露しましたよ。

a0202012_14525776.jpg
とっても真剣な表情です。バックのコルトレーンのポスターがいいですねぇ。
a0202012_14575141.jpg
収穫したばかりの新米のおにぎりとsakikoさん心尽くしのおいしい豚汁を頂きながらのお昼休憩の後の第二部はフェアリーピッタの皆さんから始まりました。ラストの「情熱大陸」は観客の手拍子と共に熱く盛り上がりました。
a0202012_14581467.jpg
今回もマハロサクラのフラが華やかさを添えてくれました。
a0202012_14584467.jpg
すべてのプログラムを終えて、またひろしさんのボロ~ン&トーク。実にさわやかで晴れやかないい顔ですね。

a0202012_1459716.jpg
93歳のsumikoさんが今年もお元気に参加してくださったのは嬉しいことでした。昨年は田んぼに大きな「迎え華」を、今年は入り口に小ぶりに活けてくださいました。
a0202012_14593663.jpg
恒例となったhiro君の描いたいきものの絵はラミネートのしおりにして皆さんへのおみやげになります。私は何のお手伝いもできず、しおりにリボンを付けるくらいでしたが、咲子さんはこれまでの準備もさることながら、当日の夜明け前の3時から豚汁を何と100人分も一人で用意したと言うことに頭が下がります。出演者も増えて、そのお子さんたちやスタッフの分も入れるとかなりの人数になるのですよね。

ひろしさんのご苦労も言い尽くせませんが、今回もあっぱれなオーガナイザーぶりを発揮してくれました。子育て真っ最中のお二人なのに決して手抜きをせず、皆さんへの様々な配慮と心意気を見せてくれたことに感服しながら胸が熱くなります。オリジナリティと手作り感いっぱいのコンサートなのです。
a0202012_1513100.jpg
綺麗なお花をありがとうございます。皆さんとよい時間を過ごせてとても幸せでした。

a0202012_14595986.jpg
ナルおじちゃんはいつも前と後ろから、あるいは上と下からのサンドイッチ状態。たくさんたくさん遊んで楽しかったわねぇ。次はいつ会えるかな?またね~~。
[PR]



by makanaluon | 2017-10-28 18:40 | 演奏 | Comments(0)

嬉しいご縁が広がります

a0202012_1393067.jpg
ニュージーランドからのネイトと今治に住むsayakaさんを迎えての集いです。愛媛に来てからの外国人のお客様は、ドイツ人3人、アメリカ人、イギリス人、オーストラリア人に次いで七人目です。WELCOME!
a0202012_1395882.jpg
ちろりん家は子だくさんだけど、いつも違った顔ぶれで三人までは連れて来てもらえます。

a0202012_13103492.jpg
ディジュリドゥをあれこれ試しているところです。グリーンのマットは私たちがニュージーランドに行った時にマオリ族の人から頂いたものです。
a0202012_1311157.jpg
ちろりんさん、ハッピーバースデー♪

a0202012_13113014.jpg
ニュージーランドの思い出として作曲した「PAUA」はマオリ語であわび貝のことだけど、ニュージーランドではパウアで通用するのでネイトにもそのまま通じました。マオリの子守歌「Hine e Hine」も歌いました。
a0202012_1312485.jpg
やはりニュージーランドの思い出からハープで作曲した「グリーンストーン」などを弾きました。ネイトは近くに来て真剣に聴いてくれました。

a0202012_13141581.jpg
ネイトは初挑戦ながら、なかなか自然でいい感じ。

a0202012_13144018.jpg
もちろんライアーにも触れてみますよ。

a0202012_1315618.jpg
スパニッシュギターをとてもすてきに奏でてくれました。ギタリストは弦に直接触れることになれているので、ハープやライアーの弦にもあまり抵抗なく触れるようです。

a0202012_13153290.jpg
英語とマオリ語の歌詞になっている曲を披露してくれました。マオリ語の響きが懐かしい、、、。

a0202012_13155548.jpg
海への散歩に出掛けます。ネイトは背が高~い。

a0202012_13161920.jpg
サンダルを脱いで波打ち際へ。ニュージーランドの海は夏でもとても水が冷たいわよね。
a0202012_13164216.jpg
このヒトデはまだ生々しいなぁ。

a0202012_1317493.jpg
帰ったら今度はピアノで多彩ぶりを発揮してくれました。ハービー、shingyouさんもだけど、ここでピアノを弾いてくれる人が増えたので、きっとピアノも喜んでいることでしょう。

皆もそれぞれの楽器で加わって「カントリーロード」で盛り上がりました。
a0202012_13172446.jpg
7回訪れたニュージーランドの思い出が一気に甦って来て話は尽きず、楽しい嬉しいひとときでした。ここに、ただこうしているだけで次々と色々な人たちがやって来てくれて自然とご縁が紡がれて行くとは何と幸せなことでしょう。

キンモクセイが香るとお祭り、、、と皆さんがおっしゃいますね。二階のキッチンの窓から甘い香りが漂って来ます。

お知らせ
a0202012_742826.jpg
a0202012_75584.jpg

[PR]



by makanaluon | 2017-10-11 06:12 | 演奏 | Comments(0)

ライアー奏者のつれづれ
by makanaluon
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール&リンク

最新のコメント

まいんどさん 私も長いこ..
by makanaluon at 05:56
東京の京急電鉄と相模鉄道..
by まいんど at 20:52
hamano-akiさん..
by makanaluon at 12:38
hamano-akiさん..
by makanaluon at 05:14
遊さん さすがのお二人の..
by makanaluon at 05:12
今日はわざわざ西条までお..
by 遊 at 20:29
hamano-akiさん..
by makanaluon at 05:41
hamano-akiさん..
by makanaluon at 05:37
kyonちゃん ステキな..
by makanaluon at 06:44
るおんさん、申し込みあり..
by kyon at 10:10

最新のトラックバック

whilelimitle..
from whilelimitless..
http://www.v..
from http://www.val..
ガウディとグエルが夢見た..
from dezire_photo &..
ライアー奏者・作曲家・ま..
from La Dolce Vita ..
"Keep our Ho..
from La Dolce Vita ..
新しいCD『銀河の岸』完..
from La Dolce Vita ..

検索

ファン

ブログジャンル