人気ブログランキング |

お月見会で

a0202012_09243317.jpg
西条の夕暮れです。
a0202012_09251148.jpg
先日下見に来た龍神社です。緋毛氈が敷いてありますよ。
a0202012_09254942.jpg
カヌーを緩やかに楽しむ人たちがいます。
a0202012_09263780.jpg
お月見会らしい風情です。
a0202012_09274029.jpg
夕闇が迫る前に少し奏でてみます。
a0202012_09270849.jpg
ちょうちんに灯りがともって雰囲気が出て来ました。
a0202012_09282094.jpg
暗い中での演奏は弦が見にくいのでなかなか大変ですが、皆さんに楽しんで頂けたようで、それぞれの感動を伝えてくださいました。浄明手でのハープとライアーの演奏を聴いてくださった人たち、テレビを観てくださっていた人もいました。

終わった後、せせらっこはやはり人気で子供たちは興味深気に鳴らしていました。
a0202012_09285283.jpg
演奏が終わってから、すいとん入り具だくさんの芋炊きと栗入りの炊き込みご飯のおにぎりがふるまわれました。お茶の先生が煎れてくださったお抹茶は格別深い味わいでした。
a0202012_09292060.jpg
荷物をまとめていると、神社の木の葉越しに月が昇って来ました。
a0202012_09294580.jpg
月が満ちて、思いが満ちて、、、満月に見送られながら戻ります。ポツリポツリと雨が降り始めて今治へ着く頃には土砂降りとなりました。お天気のタイミングも不思議な程完璧で、すてきに分かち合えた時間に感謝でした。





# by makanaluon | 2019-09-15 12:11 | 演奏 | Comments(0)

今月の集い

a0202012_15391174.jpg
なごやかにひとときが始まりました。
a0202012_15394125.jpg
この日、ちろりん家から連れて来てもらった三人の真ん中はハロウィーンネコ。まだ来月が本番(?)だけどマントも付けて魔女の装い。初めまして~。
a0202012_15400845.jpg
クニ&ナルからミュージックの始まり~~!
a0202012_15404460.jpg
自然にコーラス隊が加わって、、、まかなさんもいるわっ。
a0202012_15410906.jpg
後から参加のshinoちゃんは皆の歌を聴きながらパクパク。
a0202012_15415054.jpg
「月の光」でナルさん、ドイツ語に初挑戦。ニュージーランドで出会ったドイツ人のシルビアの俳句を作曲したものです。私たちも行くたびに訪れたフォクストンの海辺の満月を詠んだものです。
a0202012_15440436.jpg
あまりに暑すぎて海は窓から眺めるだけだったので久々のお散歩。海も空も浜辺もとてもきれい。
a0202012_15450567.jpg
ハロウィーンネコもお父さんに連れ出してもらってご機嫌。
a0202012_15460792.jpg
それぞれに思い思いの時間を過ごして、、、やはり暑いから早めに家へ戻りました。





# by makanaluon | 2019-09-11 14:00 | 日々のつれづれ | Comments(0)

ギャラリー遊が始まりました

a0202012_08460921.jpg
ギャラリー遊の駐車場に到着!夏休みが長かったので久しぶりです。
a0202012_08464873.jpg
秋の風情です。今日はきっと入り口で「アレ」に再会できるに違いない、、、。
a0202012_08471606.jpg
ロシア語文字が遊らしくお洒落~。
a0202012_08475415.jpg
水を含んだ緑がしっとり迎えてくれます。「アレ」はコレではありません。
a0202012_08500609.jpg
コレ!匂いはなくとも煙は立っている。でも決して焦げることもありません。
a0202012_08505648.jpg
「卒寿を越え描き残した思い出の絵画」を開催しています。
a0202012_08514051.jpg
毎回、遊ならではのコーディネートが作品を生かしつつ場に調和をもたらします。
a0202012_08521009.jpg
shunmeiさん作のおなじみ「中古住宅」シリーズにもまた会えました。
a0202012_08524917.jpg
shunmeiさんは美しい鉄瓶で沸かしたお湯でコーヒーをお点前のように煎れてくれてますよ。
a0202012_08531804.jpg
愛らしいお花がすてきなガラス瓶にさりげなく挿してあります。
a0202012_08534676.jpg
ひとつひとつの作品については足をお運びの上じっくりご鑑賞ください。80歳の半ば頃から始められたという絵の中で卒寿を過ぎてからの作品を展示しています。年齢もさることながら、日々の中で大切にしていたものを記億の中から瑞々しく甦らせながら表現されている作品から差し出されて来るものに心を動かされます。作者のまなざしや愛おしく思うものが伝わって来る展示会です。後10月12日、13日、14日に開催されます。











# by makanaluon | 2019-09-07 16:08 | 日々のつれづれ | Comments(0)

西条で

a0202012_10132276.jpg
この日はこんな場所にライアーが待機しています。ダンサーの渡邊栄子先生の指導するスタジオ108の皆さんと共に「今治芸能祭」でコラボするのでその練習のために来ました。 

「七夕コンサート」には数名が参加してくれて、ハープによる、オリジナル「貝の夢」をコラボしました。その後、桜井の海辺でサンライズの中で行ったライアーとのコラボは掛け替えのないすてきなひとときとなりました。

この日再会したお母様からも「何か浄化されたようで調子よくなり、あの後、主人も私もとても元気になりました。」と伝えてくださいました。
a0202012_10140127.jpg
窓からはボルダリングのできる所が見えるスポーツコミュニティセンターです。
a0202012_10142701.jpg
子供たちは先生の号令なしでも自分たちで柔軟体操をしています。練習を一通り終えてから先生に誘われて次の場所へ向かいます。
a0202012_10150177.jpg
砂浜のない海は桜井とは全く違う様相です。
a0202012_10161124.jpg
海側から下を眺めると見えるのは龍神社です。東京から来て今治の家を決めた日に最初に連れて来てもらったのがここでした。
a0202012_10173493.jpg
神社は乙女川のほとりに位置します。龍と乙女と聞くと、乙姫様を想像してしまいます。
a0202012_10182337.jpg
そして次の目的場所へ行くために、車を止めてから少し歩きます。
a0202012_10192638.jpg
普通の溝のような所でも水に透明感がある、さすが「水の都」西条です。
a0202012_10195725.jpg
嘉母神社です。
a0202012_10202690.jpg
栄子先生に誘われて、利き水日本一になったことのあるこのお水を頂きに来たのでした。

初めて西条を訪れた時に、皆さんがこうしてあちこちの湧き水を汲んでいる姿を見て、とても新鮮に感じ、羨ましくさえ思ったものでした。

東京から西条のコンサートに来たのは、8年前の7月末でしたが、水辺に美しい紫陽花がまだ咲いてました。しかも、あまりの巨大さに驚き、それは水がきれいだとこれほど健やかになるものかと思ったのでした。









# by makanaluon | 2019-09-06 15:50 | 日々のつれづれ | Comments(0)

新曲披露

a0202012_09594638.jpg
庭をぐるっと見回しても今はお花がない時なので咲き残りのユリを集めてお客様たちを迎えます。
a0202012_10002181.jpg
テーブルにはハーブを置いて、、、さて、今日はどんなひとときになるでしょう??
a0202012_10010597.jpg
すぎもとれいこさんの童謡詩の中から、ライアーの世界に似合うと思えた「かくれんぼ」を選んで作曲させて頂きました。
a0202012_10014652.jpg
初披露♪いつかどこかで皆さんにも聴いて頂けることでしょう。
a0202012_10021177.jpg
この日、こんなお品書きのものも届きました。ラストの「愛」と言うのがいいですね。ありがとう!





# by makanaluon | 2019-09-01 16:03 | 演奏 | Comments(0)

今治へ戻る日

a0202012_15211308.jpg
昨日綺麗に咲いていたホテイアオイはもうしぼんでしまって、違う鉢の花が咲いているのをカマキリが観賞(?)しています。
a0202012_15173991.jpg
珍しいものではないけれど、やはりこれはひろしさん宅だなぁと言う感じがします。
a0202012_15190634.jpg
窓ガラスに綺麗な蛾が止まっています。これもひろしさんちっぽい。
a0202012_15063814.jpg
今回はここでも、牧野植物園でも薄紫色の花たちにたくさん出会えて嬉しかったわ。
a0202012_15200144.jpg
家の横には爽やかにユリたちが咲いています。
a0202012_08153813.jpg
ハグロトンボがあちこち飛んでいます。胴体の色が美しい。
a0202012_15180527.jpg
ひろしさんは田植え後、忙しくて一度も見ていないと言うので、朝、田んぼの様子を見に行きました。さて、今年の「田んぼコンサート」(10月13日(日))の時にはどうかな??
a0202012_15074005.jpg
子供たちはいきものを追いかけまわしては見せてくれます。かわいいカナヘビの赤ちゃん。
a0202012_15183549.jpg
楽しかったわね。また、10月になったら「田んぼコンサート」の時に会おうね。バイバーイ!





# by makanaluon | 2019-08-30 18:19 | 日々のつれづれ | Comments(0)

牧野植物園へ

a0202012_15030743.jpg
朝、hiro君が「ホテイアオイが咲いたよ」と教えてくれました。何と美しいのでしょう、、、。
a0202012_15084406.jpg
ずっとずっと行ってみたいと思っていた「牧野植物園」に連れて行ってくれました。遂に思いが叶ってとても嬉しい。
a0202012_15091127.jpg
こんにちは~。何となくメルヘンチック!立派なアゲハチョウになるかな??
a0202012_15100308.jpg
美しい睡蓮たちに迎えられました。
a0202012_15114086.jpg
うっとり、、、
a0202012_15120649.jpg
溜息、、、
a0202012_15131471.jpg
水に映る姿も上品です。
a0202012_15124626.jpg
4歳になったharu君はジーンズの似合う坊やになって。土佐弁も達者です。
a0202012_15135059.jpg
大体はピンクだと思っていたのだけど朱赤のネムノキの花。
a0202012_15150550.jpg
「食虫植物展」も開催中でした。以前に「私、あまり自分からは動かないタイプなのよ。すると色々なモノや人が向こうからやって来てそこから始まるの。でもその出会いのタイミングは外さないし、ちゃんと捉えるわ、、、」と話した時に「まかなさんて食虫植物みたい」だな~んて言われたことあったっけ。
a0202012_15110099.jpg
「ひなあられ」と名付けられた愛らしい薔薇は、確かにそんな感じです。植物の名前はカタカナで表記されるのが一般的だけど、これはひらがな。「ヒナアラレ」ではちょっと雰囲気出ませんね。入り口の睡蓮は「紫式部」と漢字でした。
a0202012_15171033.jpg
広い園内も堪能しつつ、建物も中も多彩です。これはおしゃれな灯りですね。

「牧野富太郎」を知ったのは小学校低学年の時、近くに住んでいた方からその名前を聞きました。クマと言う名の大きい犬を飼っていたので「クマのおばちゃん」と呼んでましたが、植物のことをたくさん教えてくれたのでした。牧野氏との関係の詳細は明らかではないけれど、氏がおばちゃんの植物の知識に驚愕したというのは本当の話です。

東京に住んでいた幼い頃、私は肩からドウランを下げて植物採集に夢中になっていたことがありました。おばちゃんが「今に牧野富太郎の本を全部あげるわね」と言ってくれたのですが、体の弱かったおばちゃんはそれを実行してくれる前に逝ってしまいました。私がクマの背中に乗ってもクマは静かに受け入れてくれました。いつも着物姿だったおばちゃんの「クマ~」と呼ぶ声が甦って、昭和30年代の日々の思い出がぐゎ~んと揺れます。

小学生の時、土曜日に「科学教室」というものがあって参加していました。ある夏、塩原に行った時に「モウセンゴケ」に興味を持って「苔の研究」をしようと思い立ち、「自由研究」としてまとめたものを先生たちも応援してくれたものでした。ドウラン少女はその後、キュリー夫人にも憧れて、ビーカー、フラスコ、試験管、シャーレ、アルコールランプなどの実験道具も一通り買い集めて、中学生では化学部に所属さえしたけれど、、、やはり「研究」より「鍵盤」の方が好きだったのでドウラン少女もビーカー少女もそれ以上続きはしませんでした。

この日、モウセンゴケや壁に掛けてあるドウランを眺めながらしみじみ感慨に浸りました。余談ですが、クマのおばちゃんのご主人はその後、ずーーーと後になって再婚なさいましたが、そのお相手は何と私のピアノの先生だったと言うご縁も不思議でした。
a0202012_15153295.jpg
スケールのある自然の中にある様々な植物たち、そして建物の中にも色々展示されているものも見応えがありました。植物の成り立ちや牧野氏の精密な絵なども編集されているものもシアターで楽しみました。

さて、帰り道に「屋根の上のガチョウ」というおしゃれなカフェに寄って一休みです。
a0202012_15155842.jpg
窓の外には緑がいっぱい。
a0202012_15164428.jpg
おいしいケーキを頂いて、、、さぁ、おうちへ戻ります。この日は皆でプレートを囲んで焼肉と焼きそばの夕食で盛り上がりました。次へ続きます。










# by makanaluon | 2019-08-28 07:35 | 日々のつれづれ | Comments(0)

ライアー奏者のつれづれ
by makanaluon
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

プロフィール&リンク

最新のコメント

最新のトラックバック

whilelimitle..
from whilelimitless..
http://www.v..
from http://www.val..
ガウディとグエルが夢見た..
from dezire_photo &..
ライアー奏者・作曲家・ま..
from La Dolce Vita ..
"Keep our Ho..
from La Dolce Vita ..
新しいCD『銀河の岸』完..
from La Dolce Vita ..

検索

ファン

ブログジャンル