タグ:雫 ( 15 ) タグの人気記事




3・11復興祈念コンサート

a0202012_1752172.jpg
五百亀記念館にて、3・11復興祈念コンサートを致しました。
a0202012_1761275.jpg
部屋の中からお壕と噴水を臨みます。
a0202012_1764051.jpg
下見に行った時に、五百亀氏の彫刻の並ぶここでも音の響きを試してみましたが、より響きのよかったこの奥のスペースで演奏をすることになりました。

a0202012_1771479.jpg
五百亀氏の作品をこうして設置してくださいました。今回の演奏にあたって、何か作品とコラボができたらと思い、事前に資料を調べて、タイトルの「水の精」とその作品に惹かれてこれを選んだのです。

これは五百亀記念館所蔵のものですが同じものを御船川緑道で見ることができます。
a0202012_1774580.jpg
「、、、今日は共に祈りを分かち合う日です。皆さんの思いを受けとめてライアーの音の雫にのせて放って行きたいと思います。、、、」
a0202012_178267.jpg
震災の年の7月に初めて西条のコンサートで訪れた時に水の美しさに感動して作曲した「川辺にて」をミニせせらっこと共に奏でている所です。
a0202012_1785879.jpg
格別な感覚が湧き上がりながら「水の精」を奏でました。清らかな水の流れがありますようにと祈りを込めて、、、。
a0202012_1793357.jpg
そして「森の精」の出て来る「もののけ姫」をディジュリドゥと共に演奏しました。東北の森も四国の森も健やかに息づいて行きますように。
a0202012_1710229.jpg
様々な私の体験や思いを語りながらプログラムが進めて、「花は咲く」では「花は花は花は咲く、、、」の部分を皆さんにも和して頂きました。そしてラストに「ふるさと」をご一緒にと思ったら、、、「えっ、えっ、何ですって??、、、ああ、水は清き西条と歌うのね、、、ではその歌詞が出て来る三番までしっかりと、、、」と言うわけでフィナーレを迎えました。

6年目のこの日、ナルと私にとってもですが、それぞれが感慨を持って受け止めてくれたひとときとなったことを感謝致します。

お知らせ)3月19日(日)2時より 下北沢ハーフムーンホール「春風ライアーコンサート」のチラシをご希望の方はmakanaluon@gmail.comへ。

[PR]



by makanaluon | 2017-03-13 14:10 | 演奏 | Comments(0)

初夏の庭先では

a0202012_1631108.jpg
昨年植えた球根が背高のっぽに伸びて、、、、遂に花開きました!この茎にもまだまだたくさん蕾もあるし、全部で11本あるのでこれからが楽しみです。

a0202012_18112599.jpg
翌日はこんな風にふ~ゎ~んとなりました。

a0202012_16313012.jpg
清らかに、強く、、、
a0202012_18142424.jpg
華やかに、、、
a0202012_16332181.jpg
毎日こうして次々と花開きます。
a0202012_16315274.jpg
梅雨の時期には花たちの雫を宿した表情がいいですね。
a0202012_16321356.jpg
咲き残りの小さな薔薇もかわいいですね。
a0202012_16324077.jpg
蝶々さんこんにちは~。ハーブの蜜はおいしいですか?
a0202012_16331688.jpg
サイドの羽の柄も綺麗ね。

a0202012_18164527.jpg
アジサイも次第に花が増えてゴージャスになって行きます。
a0202012_18183017.jpg
雨がちなのは風情があって似合うけど、光を受けたアジサイもいいですね。

a0202012_18201250.jpg
梅雨の合間にちょっとまぶしそう。

ユリもバラもハーブもアジサイもみ~んなみんな頂いたものばかりです。うちの庭は花も木も皆さんが持って来てくださったもので成り立っています。

でも裏庭に頂きものでないものが一本出現!

a0202012_1635619.jpg
ある日突然、植えた覚えのないヒマワリがひゅるる~~ん、ぐんぐんぐ~ん!風のおくりものでしょうか?でも花びらがくるりと細いままなのはナゼ??
[PR]



by makanaluon | 2016-06-22 05:33 | 日々のつれづれ | Comments(0)

うちのチューリップたち

a0202012_18461022.jpg
朝一番にチューリップに会いに行くと雫を宿している表情によく出会えるのでそれが楽しみです。

a0202012_18462710.jpg
シャーベットのような綺麗な色と風合いですね。

a0202012_1847160.jpg
花びらの先がツンツンと細いチューリップたちの中にとってもとっても小さいのがありました。

a0202012_18472998.jpg
10センチ程の高さです。

a0202012_18483933.jpg
お母さんチューリップに寄り添う赤ちゃんチューリップ。

a0202012_1849957.jpg
こちらには丸っぽくて花びらがたくさんのチューリップたちがにぎやかです。

a0202012_18502385.jpg
何と一本の茎から二本出ている双子のチューリップだけどこんなのは初めて見たのでびっくり!
a0202012_18504366.jpg
まるでカーネーションみたいですね。

a0202012_1851365.jpg
これもチューリップとは思えない華やかさだけど実はこれらは昨年頂いた球根だったので花を開くまでどんなのかはわからなかったのです。チューリップにも色々な品種と個性があることをしみじみ感じた春です。やはりその時に一緒に頂いたユリの球根も立派にぐんぐん成長して出番の準備中です。
a0202012_14413183.jpg
熊本地震の甚大な被害にに大変胸がいたみつつ、お見舞い申し上げます。相次ぐ余震と阿蘇、大分など他の地域への被害の拡大もあって不安と心配な状態が続いていますができるだけ早く平穏に戻ることを心から祈ります。
[PR]



by makanaluon | 2016-04-16 13:07 | 日々のつれづれ | Comments(0)

愛らんどにて

a0202012_854043.jpg
今治市自閉症協会主催でのコンサートを企画してくださいました。

この布は町田に住んでいた時の近くの作業所の方たちが製作してくれたものですが、いつもコンサートの場所をやわらかい雰囲気に彩ってくれています。
a0202012_8545357.jpg
ライアーを聴いてくださるのは数人を除いて殆どが初めての方たちです。演奏前に、東京から今治に移り住んだいきさつ、障がいを持つ方たちとの今までの関わり合いなどについて話しています。
a0202012_855347.jpg
今回もライアーの音の雫は皆さんの涙を引き起こしたようですが、「こういう涙ならいいなと思った、、、」という感想を心地よく受け止めました。新しい出会いに感謝です。

演奏の後はおいしいランチと有意義な語らいがなごやかに進んで、次回はお子さんたちも一緒の交わりのひとときをとのことで楽しみです。

障がいを持って助力を必要とする人たち、、、いえ、私自身も助力を必要で、たくさんの方たちにお世話になりながらやっとここまで来ました。その時々にそれぞれができることを差し出しながら助け合って行けたらと思います。
[PR]



by makanaluon | 2015-11-19 07:53 | 演奏 | Comments(0)

「御殿場コロニー魅惑の織物」展 最終日に

a0202012_7285336.jpg
ギャラリー遊の駐車場で車を降りると傍らの花たちには雫がいっぱいでした。何回も通った展示会でしたが、最終日に私も大きな雫(6キロ)ひとつぶを持参しています。雫型ライアーにちなんでCD「銀河の岸」のジャケットは竹浪明さんが撮影なさった雫の写真にさせて頂きましたが同じ花かと思います。

はるばる御殿場からコロニーの理事長さんも訪れてくれることになってスペシャルな最終日となりました。

a0202012_7291950.jpg
ギャラリーへの小道を歩くたびに何か新しいものに目がとまります。こんな小鳥さんがいますよ。
a0202012_7294485.jpg
表側から見る建物の姿もすてきです。

a0202012_7301462.jpg
入り口の扉への階段をトントン上る時は「今日は何に出会えるかな」とわくわくします。
a0202012_7342719.jpg
今日は花瓶いっぱいの水仙が華やかな顔を向けてくれました。

a0202012_7345622.jpg
そちこちにさりげなく置かれている花たちの表情に出会うことも楽しみのひとつです。

a0202012_7353026.jpg
これはキブシだそうですが、ここへ来るたびに花の名前を覚えます。

a0202012_73665.jpg
オーナーの高橋さんが作品について解説をしている所です。きちっと要点を抑えながらも自然な感じで伝えてくださるのがとてもよかったです。

コロニーの人たちに見せたいという理事長さんのご希望があったので、新居浜のakiraさんにお願いして撮影を行いました。長年のビデオ歴を発揮して見事な編集で仕上げてくれました。

a0202012_7363636.jpg
高橋さんのアイディアでビデオのためにライアーも奏でました。事前の予告はしませんでしたが、先週は職場の先輩たちといらしてくれたチャイナカラーワンピースさんがこの日は従妹さんたちをお連れくださったので丁度聴いて頂けました。
a0202012_7371160.jpg
御殿場コロニーの元先生たちがたまたま愛媛にご縁があって四国中央の施設にいらっしゃいます。私が音楽ワークを始めた20年前には既にコロニーを支えていらした方たちですが、次々と遥か遠い愛媛へ移って行かれることに寂しさを覚えたものでした。

引っ越して来る前の西条コンサートにいらしてくれたり、こちらへ来てから最初の頃の「にじのわライブ」に施設の方たちをお連れくださったり、ふるさと美術古墳館での最初のコンサートにご家族でいらしてくれたことがとても嬉しく励みにもなりました。その時に小さなwakaちゃんをステージに呼んで一緒に「ぞうさん」を歌いましたが、今回のビデオのためにも再度熱演(?)してくれました。

理事長さんを前に皆さんでテーブルを囲んでいらっしゃる風景をここで見ることになるとはふしぎな面持ちながら感無量です。

理事長さん初め素晴らしい展示に皆さん感激されていました。今治で同じように織物をされている施設の方たちや新居浜の支援学校の先生たちもお見えになったとのことで、今回期せずして大きな輪の広がりがあったことも嬉しいことでした。クリエイティブな場をおおらかに開いてくださったギャラリー遊さん、連日足を運んでくださったたくさんの皆様に改めて感謝致します。
[PR]



by makanaluon | 2015-04-08 06:50 | 演奏 | Comments(8)

ジョン・ビリングが今治にやって来る!

a0202012_13114492.jpg
世界で活躍中のライアー奏者のジョン・ビリングは私と同じティアドロップコンサートライアーを使用しています。ジョンがこのライアーを世界で4番目に入手して、私が5番目で日本では初輸入でした。

光栄にもジョンが私とのコラボを望んでくれて、このたび今治で実現できることになりました。

9月28日(日) 14時から(開場13時半) ふるさと美術古墳館
入場料 1600円 中高生 800円 小学生500円

a0202012_1311190.jpg
ジョンと初めて会った場所は東久留米の自動販売機の前です。

一般的なライアーより大きい響きのあるライアーが欲しいと思い、製作者マリー・ライト氏に直接コンタクトをとりました。その時点ではソプラノライアーを注文したのですが、やり取りをしているうちに「マカナは色々音楽をやって来ているみたいだからコンサートライアーはどうか」と提案してくれたのでした。

まだホームページにも掲載されていなかったので私はそのライアーの存在を知りませんでした。直接送ってくれた写真を見て、その美しい雫型のライアーの姿に一目惚れしてしまい、まだ音色を聴いたこともないままに即注文したのです。

丁度その一か月前にジョンがそれを購入したということも後で知りました。ジョンはその新しいライアーを持って来日するので、その時に弾かせてもらったらどうかとマリー・ライトが言ってくれました。もちろんジョンの名前は知っていましたが、あまりにビッグな方なのでそんな風なことがかなうのかもわからず、畏れ多いと思っていたのですが、、マリー・ライトは「僕の親友だし、言っておくから大丈夫だよ。」とのことでした。

ワークショップの会場に向かうとジョンが自動販売機の前で飲み物を買っている所でした。ちょっとドキドキしながらも目が合ったので思い切って声をかけると「マカナのことは聞いているよ。今日のワークショップの間は僕のライアーをずっと使っていいから。」と気軽に言ってくれて、ジョンが私のライアーを使ってワークをしてくれたのです。

こうして「自動販売機の前での出会い」が今治でのコラボへと繋がりました。このひとつのエピソードだけでもきっとジョンの人柄を感じて頂けると思います。

a0202012_13322875.jpg
こちらがチラシです。

4月に翠松苑で開催した「春の調べへのいざない」に次いで、中村洞水さんがステージに水琴窟をひとつ設置してくださることになりました。前回とはまた違ったものを考えてくださっています。水琴窟の音色と共にジョンと即興コラボをする予定です。

素晴らしい機会を与えられたことに感謝しつつ、たくさんの皆さんにお越し頂けることを願っています。
[PR]



by makanaluon | 2014-08-19 04:55 | 演奏 | Comments(0)

まもなく~

a0202012_8591075.jpg
ナルが筍堀りに誘われて行きました。青い竹がすっくと気持ちいいですね~。

a0202012_90094.jpg
にょっき、にょっき。あっ、しばらくニョッキを作ってなかったけど、そろそろ食べたくなったなぁ。

a0202012_904490.jpg
おおっ、採れましたねぇ。

a0202012_912467.jpg
車の荷台いっぱいっ!もう既に筍料理は色々食べていたからどうしようかなぁと思ったけど、塩麹にしばらく漬けてから焼いたらうま~。しいたけと一緒に炒めてしょうゆ麹でってのもうま~。この辺のしいたけはでかくて肉厚でまるでステーキみたいだしね。両方共酒のつまみにいいよ。

a0202012_93869.jpg
お庭の花たちも順調で~す♪これは「観音様お手植え」のワイルドストロベリー。

a0202012_943884.jpg
これも観音様からのシラユキゲシ。みつめていると心が洗われるような気がします。この日、エゴノキやら名前も知らないようなものやら色々植えてくれましたぁ。

ある日家に帰ると有難いことに観音様からのお花の肥料がそっと置いてありました。また新緑をドライブした日にも、新玉ねぎと、、、そしてハ、ハ、ハスラーのパンフも一緒に!うぅぅ、やっぱ、かわいいっ♪ナルは「ピンクじゃボク乗れないよ。」ほうなん?男子がピンクだってええよぉ。

a0202012_961296.jpg
筍堀りやみかん狩りへ誘ってくれたmasaoka先生も次から次へとプランターのお花や野菜を運んで来てくれましたが、皆さんのお蔭で花いっぱいの嬉しい春でした。

a0202012_97154.jpg
引っ越しの年にyoshikoさんがくださったライラックは今年初めて咲いたし、芽を出すのを楽しみにしていたmiyukiさんからのスズランも今とてもかわいいです。

鶯のさえずりもひときわ声高く綺麗になって来たけどナルが「近見山の鶯より鳴くのが上手。」だなんて。山の方が寒いからまだ未熟で鳴き方が上手になるのに時間がかかるのかしら?この頃蛙もようけ鳴きよる。

a0202012_21565916.jpg
ここはどこの森かと思ってしまうけど我が家の一角です。昨年までは葉だけで今年初めて花をつけたものが幾つもあって嬉しいです。これもその一つジャーマンアイリスが花開きました。

a0202012_185499.jpg
さくらんぼが実っている所を見るのは初めてのこと。みかん、筍ばかりでなくさくらんぼまで好きなだけ採ってもいいと言われるなんて、、。小さいけどとってもおいしい。採るのはナルに任せて私はその場でぽいぽい食べ続け~~。

店頭でしか見たことなかった野菜や果物がなってる姿やその花を見る時は感動です。ハワイで「パイナップルって木になるんじゃなかったのぉ?」と言った都会っ子ですが、、、これは問題外ですか??やがてびわもあちこちでたわわたわわの風景になるでしょう。たぶんうちの裏庭でも。

えっと、、、どーしようかなぁ、、衝撃の告白をしてしまおうか、、、ここまで来たら大サービスで、えーい、ばらしちゃえ~。つい先日の会話です。「へぇーっ、筍って伸びると竹になるのぉ?竹の実かと思った。」ま、これが竹林で色々な高さになった筍を見ていたらきっとそんなことを思うわけないねと言う理由が成り立つ範疇かどーか??魚の絵で切り身を描くと言う都会の子供たちを嘆いてなんかいられないね。笑う以前に言葉を失いましたか?呆れてもいいですからこれからもどーぞ気長にお付き合いくださいませ。

a0202012_974947.jpg
まもなく海にもしばし「ごきげんよう」なので浜辺に出てみました。ああ、気持ちのいい青、、。浜まで行かなくてもいつでもオーシャンビューの家とは何と贅沢なこと。

サンライズビューでもあるので、刻々変って行く朝焼けの素晴らしさに息を呑みながら、海から太陽が顔を覗かせた瞬間から次第に丸くなって行くのに毎朝感動しています。サンライズ、海の虹、、、と作曲のテーマが広がります。

連休中も千客万来でしたが、まもなく東へ向かうので、こぴっと頑張りまーす♪

(五月のコンサート)
5月10日(土)午前の部10時半から 午後の部14時から 五月の薔薇コンサート(ギャラリー・イグレック 川之江)1500円(お茶菓子付き) 要予約

5月17日(土)14時から 光と緑のライアーコンサート(光と緑の美術館 相模原 042-757-7151)
1800円 ペアチケット3400円  要予約
[PR]



by makanaluon | 2014-05-08 19:42 | 日々のつれづれ | Comments(0)

喫茶「ガール」にて

a0202012_2033373.jpg
「今日も張り切ってイキマッショイ!」と朝一で嬉しい激励のメールを送ってくれたのは新居浜のakiraさん。先日チャリでここまでやって来て綱敷天満神社の観梅会に一緒に行ったけど、今日は西条の梅まつりに行くとのこと。

私の雫型のライアーにちなんでこんなにすてきな雫の写真を送ってくれたのです。

a0202012_204183.jpg
何と綺麗なピンクでしょう、、。今日の「ひなまつりコンサート」にふさわしい色合いがこうして朝から届けられました。

a0202012_2043755.jpg
私の雫は6キロです。カラオケ喫茶「ガール」では昨年のクリスマスコンサートに次いで二回目です。

a0202012_205211.jpg
私も今日はやはりピンクだと思ってこんな風なものを身に付けています。yukiさんのブログでは新しく購入したストロボ効果でピンクの色がもっとずっと綺麗に出ています。

a0202012_2055396.jpg
これは、チロル地方などにある民族衣装です。ジャンパースカートの胸の部分には紐が幾重にもクロスしていて、エプロンが付いているというものですが、この色合いで地方がわかるようです。そもそもジャンパースカートと言うものが大好きだった私はコレが着たくてしょうがない時期がありました。ところがホンマモンの民族衣装はエラク高いのです。

ある時、ザルツブルクのディジュリドゥ奏者クラウスがチロルの民族衣装を着ていました。短いズボンにサスペンダーが付いているアレです。彼が買ったという店は、民族衣装をカジュアルな形にして安く売っているということを聞いたので早速そこへ言って入手したわけです。

一緒に行ってくれた友人ダグマーが後で皆に「マカナったら、店に入るなり何も他のを見ないでまっすぐにこの洋服の所に行って買ったの。後で幾らだったのか聞いても知らないって言うんで本当に呆れたわ。」と言ってたっけ。一目で気に入ってしまったからだけど、そう言えば値段も聞かないでカードでサインしちゃった。アブナイアブナイ。

皆がナルに男性用のを薦めたけど、、、ふふふ乗りませんでしたねえ、残念ながら。ソレを着てアルペンホルンを吹いたらオモシロイと思うけどなぁ。

私が前回「観音様」と書いたチャイナカラーワンピースさんは今回はオトモダチ「女神様」二人と来てくれて、有難く御利益三倍です。

a0202012_2062752.jpg
片づけも終えて帰ろうとしたら、オーナーが「カラオケ一曲いかがですか?」とyukiさんに薦めてくれて、「千の風になって」をナルも加わって一緒に歌うことになりました。yukiさん熱唱、ナルはちょっぴり控え目。でも何だかお互い譲り合う風がいい感じだったなぁ。

a0202012_2065871.jpg
チェリスト近藤博隆さんも歌うことになって、、、わぁ、懐かしい、ジリオラ・チンクエッティ!思わず「私も~」と出ないわけがない。イタリア語の歌詞を博隆さんは完璧に覚えていて、私は「La Pioggia~♪」の所しか知らないけど、エーイ何でもかまわん、画面見ながらやるさっさっさー。ただですら暗くて焦点が合わないのに踊りまくってることもあって写真はぶれぶれ~。でも翠松苑でのライアー&チェロのコラボの前に思いがけなく実現したせっかくの「ユメノキョウエン」なんで雰囲気だけでも。マイクで歌うなんてすっごく久しぶりで、ああ、楽しかった~♪観音様、女神様たち、惜しい、オモロイもん見る機会逃したね。

a0202012_20463492.jpg
帰る途中「お疲れ~」とまたakiraさんから写真とメールが届きました。まんまる雫がかわいいなぁ。

a0202012_2072236.jpg
雫の中に小枝が写っています。

a0202012_20471416.jpg
雫のイノチが膨らんで光を受けて、、、周りのイノチに溶け込んでいく寸前の瞬間。

この日のギフトはまだありました。本当は来てくださるつもりだった音楽アドバイザーのchizukoさんがお赤飯を夜届けてくださったのです。あずきがいっぱい入っていてもっちりとして、とってもおいしかった♪水仙の球根もたくさん頂きました。

その時、その場にいて共に過ごせる人たちがある一方、その場にいなくてもお互いを思いやりつつ、やはり「共に過ごせる」のですよね。「分かち合い」の形、あり方は色々あるものです。例えコンサートに来られなくても、自分の場所から応援していてくださる方たちの思いも含めて「その日がある」ということに改めて感謝です。

a0202012_2075877.jpg
皆さんと分かち合う雫は次は翠松苑、、、の前に大阪です。関西でのライアー交流会に参加します。様々なライアーが奏でられるのをどなたでも無料で聴いて頂けます。私は午後の部の一番ラストに2曲演奏します。

イギリスのライアー奏者ジョン・ビリングも来日します。ジョンは世界で4人目にマリー・ライト製作のティアドロップコンサートライアーを入手して、私が5人目で日本では初めてでした。今回は当日「Hi!」と挨拶するつもりで事前に連絡はしなかったのですが、ジョンから「Hi」というタイトルで大阪で会えるかとの嬉しいメールが思いがけなく届いた所です。

3月21日(金 祝)午前の部 10:30~12:30 午後の部14:00~16:00
サクラ ファミリア(大阪梅田教会)3F 聖堂


4月19日(土) 20日(日)翠松苑(今治市桜井6-1-5) 春の調べへのいざない
14時半から ライアー、チェロ、水琴窟 1500円(水琴窟体験、茶菓子代を含む) 小学生以下無料
  ★コンサートの前に5種類の水琴窟の音色、お茶席、庭をご自由にお楽しみください。(11時開場 水琴窟、茶菓子のみの場合は500円)
[PR]



by makanaluon | 2014-03-08 06:05 | 演奏 | Comments(6)

ライアーライアーライアー

a0202012_152231.jpg
それぞれ違った形と音のライアー90台程が、日本全国から集まって響き合う一年一度のひととき。

窓を伝わる雨粒のように弦に沿って指を滑らせながら雫がぽつんぽつんと放たれてゆく。見えない彼方の響きのふるさとからやってきてた音が静けさの空間に生まれてゆくといのちの流れが呼吸を始める。せせらぎのようにさわやかに、、波のようにたゆたい、、、風のざわめきのように大きく小さく揺れて、、、。

ある時、コンサートにいらしてくださった方が「ライアーって音と音の間で聴かせていく楽器なんですね、、。」としみじみ語ってくれたことを思い出す。

今年は、世界から震災に寄せられたライアー曲も皆で祈りを合わせながら弾いた。その中に私のティアドロップ・コンサートライアーの製作者、マリー・ライトの届けてくれた曲もあったが、彼の温かい人柄を現わす優しい曲だった。

世界から差し出されてくるものに感覚を開いて耳をすませながら新しい季節の光を受け止める。秋の空が高い。
[PR]



by makanaluon | 2011-09-19 07:59 | ライアー | Comments(0)

雫との旅へ

a0202012_84444100.jpg
暑い中、昨日のアートイマジンイベントへお越しくださった皆様有難うございました。飛び入りで即興ダンスを踊ってくださったダンサーの方たちもひとときを盛り上げてくれました。アーティストたちの交差点のような場を緩やかに解放してくださっているアートイマジンさんにも感謝です。皆様から頂いた入場料からの義捐金も既に赤十字に送ってくださったとのことです。コラボさせて頂いた竹浪明さんのブログで写真などご覧頂けます。

さて、岡山、四国の皆さん、まもなくお会いできますことを楽しみにしています。あっ、私の持参する雫一粒は6キロもあるので運ぶの手伝ってくださいね~。雫の旅のお話は又いずれ、、、。では、、、ヨイショ、、うっ、重い~っ、、。
[PR]



by makanaluon | 2011-07-25 09:06 | 日々のつれづれ | Comments(4)

ライアー奏者のつれづれ
by makanaluon

プロフィール&リンク

最新のコメント

最新のトラックバック

whilelimitle..
from whilelimitless..
http://www.v..
from http://www.val..
ガウディとグエルが夢見た..
from dezire_photo &..
ライアー奏者・作曲家・ま..
from La Dolce Vita ..
"Keep our Ho..
from La Dolce Vita ..
新しいCD『銀河の岸』完..
from La Dolce Vita ..

検索

ファン

ブログジャンル