タグ:酒 ( 9 ) タグの人気記事




飲んで食べて歌って散歩して

a0202012_7584320.jpg
ちろりんさんとナルの「昼飲み会」は回数を重ねるうちに、しぜ~んに飲む人も飲まない人も参加するようになって、今回も新メンバーが増えて7人で集いました。当初はメイン二人の「日本酒情報交換」の色合いが濃かったけど、最近はワインもあれこれ並ぶようになりました。私もワインは味わいますよ~。
a0202012_7591728.jpg
しぜ~んに音楽が始まるのも嬉しいし、楽しくリズムが弾けます♪
a0202012_804939.jpg
アンパンマンとしまじろうはたびたび来てくれてすっかりおなじみだけど、ラッコちゃんはよーこそ初めまして!
a0202012_8482482.jpg
トンボ玉ですてきなアクセサリーを製作しているfusakoさんに、この所イヤーフックを作って頂いてますが、今回お願いして出来上がったのがコレ。ライアーと同じ雫型だし、模様も綺麗に入っていい感じ。今までコンサートのドレスの色に合わせていたけど、これならオールマイティね。
a0202012_8485642.jpg
はーい、ずら~り全員集合!

a0202012_9125463.jpg
fusakoさんの俳号でもある「ひなぎきょう」は浜辺でもうちの庭先でも愛らしい姿を見せてくれています。

a0202012_7593882.jpg
お腹を満たして、音楽で盛り上がった後は皆で海へ向かいます。ヒナギキョウたちにも会いに行かなきゃ。

a0202012_811324.jpg
お父さんにお供したのはラッコちゃん。暑いけど浜辺は気持ちいいでしょう?
a0202012_813553.jpg
あっ、これはこの日の前日のことです。今年初めてパラソルを立てました。

a0202012_81598.jpg
で、ナルは砂に潜ったというわけ。
a0202012_833114.jpg
ハマゴウの茎は砂を這うようにたくましく広がって行きます。蕾がまだたくさんあるので一面に咲いたらさぞかし美しいでしょうね。
a0202012_835225.jpg
我が家のデュランタもまだまだこれから夏を歌ってくれることでしょう。
[PR]



by makanaluon | 2017-07-19 05:15 | 日々のつれづれ | Comments(0)

東への旅 最終章

a0202012_112341.jpg
雪景色の中を走って西へと進んで諏訪湖に着きました。
a0202012_1125643.jpg
でも休んでいるうちにお天気は回復して来ました。

a0202012_1131767.jpg
当初はお留守番の予定だったけど、わーい、ロクも一緒に旅をすることになった!
a0202012_1135693.jpg
途中、奈良で一泊することにしてました。「春鹿酒造」でのきき酒は、5種類500円で綺麗なガラスのおちょこはお持ち帰りできます。

a0202012_1141878.jpg
「ゲストハウスたむら」は大正ロマンの香りのするレトロな宿です。宿泊代もリーズナブルだけど、自家製のお米と野菜を使った300円の朝食はとてもおいしくてかなり満足度がありました。箸を使いにくそうにしている外人さんに「あなたのお国ではまずスープを先に全部飲むでしょうが、味噌汁はご飯やおかずと一緒に少しづつね。」と教えてあげたら「ああ、ナルホドそれでいいのか、、、」と言ってました。以前に和食の店で最初に一気に味噌汁を飲み干してしまったウィーンのヴァイオリニスト、テリサを思い出すなぁ。
a0202012_1144829.jpg
のどかに鹿たちがくつろいでいる風景の中で朝の散歩です。
a0202012_1151264.jpg
もうとっくに終わりかと思っていた梅もまだ十分に楽しめて鹿と似合ってました。

a0202012_1154257.jpg
広々した若草山でロクは伸び伸び。鹿たちの興味津々の視線の先はロク。
a0202012_1164273.jpg
二月堂です。以前にオーストリアのダグマー、ビッキーと一緒にここに来ましたっけ。
a0202012_1162392.jpg
ここのわらび餅は絶品!

a0202012_11125935.jpg
はい、ここはもう今治ですよ~。早速ロクと土手を散歩しました。春の風景の中にロクがいることがとても嬉しい!

お知らせ
ようなる春風ライアーコンサート 4月22日(土)午後2時(1時半開場) 1500円(飲み物、お菓子付き)
予約 090-3189-1094(ようなる 伊藤)

a0202012_924367.jpg

[PR]



by makanaluon | 2017-04-07 05:07 | ライアーとの旅(日本) | Comments(0)

縁亀の会にて

a0202012_7291386.jpg
また国際ホテルにやって来ました。先月ここに来た時はハープのお供だったライアーにとっては今年三回目になります。
a0202012_7295451.jpg
お客様たちを待つ準備がなされています。5月にライアー演奏で来た時と同じローズの間です。

能楽師大亀藤栄先生の主催なさる縁亀の会に呼んで頂きました。毎回テーマを決めて季節ごとに集っていらっしゃるようですが今回はずばり「宴」でした。

10月に先生と出会った後、うちでライアーを聴いて頂いた時に「これは私一人で聴いているのはもったいないし皆さんにご紹介したいです。その場とイメージが湧いて来ました。」とおっしゃって企画してくださったのでした。

a0202012_7303147.jpg
先月クリスタルホールの舞台にも金屏風が設置されていましたが、今回も置いてくださいました。
a0202012_731829.jpg
お部屋の窓から外を見るとこんな風景でした。ライアーの音に風の音が重なってとてもよかったと話してくださった方がいました。時々外での演奏の時に風や光、鳥の声が和してギフトのようなライアー的な時間が流れることがあります。室内では外の風の音が聞こえることは今まで殆どなかったのですが、この日は思わぬ効果でした。

先月、今治芸能祭で大亀先生のグループの方たちの謡曲と舞を拝見した所でした。その時々にあった短歌をライアーのメロディに乗せて歌うことがあるのですが、今回は謡曲に出て来るものをと思ってその時に耳に残った「天津風雲の通い路吹き閉じよ乙女の姿しばしとどめん」を演奏しました。ちょうどその演目をなさった方はとても感激してくださいました。
a0202012_7315040.jpg
ゴージャスなお食事を頂きながら皆さんがライアーに興味を持ってたくさん質問してくださったのは嬉しいことでした。和服姿の方も多かったので改めてそのよさを感じた日でもありました。

大亀先生がお開きのご挨拶と共に謡曲をご披露してくださいました。朗々としたお声に引き込まれながら、これこそ「宴」のラストにふさわしいと感じました。

a0202012_7322098.jpg
大亀先生が「ずーっと好きでいてください」とおっしゃって渡してくださったので「???」でしたが、お酒の名前だったんですね。梅錦の関係の方がいらしていたのでお酒を分かち合いましたが、車の運転をするために飲めなかったナルへのご配慮でした。

お蔭様で今年の演奏のよい締めくくりとなったことを感謝致します。
[PR]



by makanaluon | 2016-12-17 17:00 | 日々のつれづれ | Comments(0)

イオンへ行ったわけ

a0202012_9312120.jpg
またここへやって来ました。イオンのワイン試飲コーナーです。何だかこの人とばかり遊んでいるみたいですよねぇ。もちろん色々な方たちとの交流はあるけれど、ちろりんさんのブログ登場回数の多さは「芸名」を持つ「芸能人」(?)だからってことで。
a0202012_9315239.jpg
二人がワインを試飲している間、fusakoさんと私はジュースを飲んでからそれぞれぶらぶら、、、。
a0202012_9321951.jpg
6時を過ぎたイオンの駐車場から見上げた空には三日月が浮かんでいました。ここにこんな時間に来るのはとても珍しいけれど、ウィークデイの夕方にワインの試飲が100円になるという時間帯を目指したからでした。

a0202012_9332294.jpg
しまじろうやコアラちゃんはすっかりおなじみになったけど本日のお父さんのお供はいつもと違ったお子さんたちです。ようこそ、初めまして~~。
a0202012_9341685.jpg
シンケンに二人で見ているのは日本酒の情報が書いてある本です。
a0202012_935752.jpg
この日は「芸能人」のバースデーパーティでもあったわけです。ナルが作ったケーキの旗の裏側には「酒」「歌」と書いてあります。
a0202012_9353454.jpg
いつもはFC今治の試合日程に合わせてやって来て、ちょい昼飲みしながらのサッカー観戦というパターンが多かったけど、この日の夜はshinoちゃんも参加して皆で楽しく盛り上がりました♪

a0202012_9444739.jpg
ちろりん農園から分けてもらったハーブに蝶がやって来ます。

a0202012_9451762.jpg
羽の裏側はヒョウ柄??綺麗ですねぇ。

a0202012_95461.jpg
a0202012_9543135.jpg

[PR]



by makanaluon | 2016-10-10 12:37 | 日々のつれづれ | Comments(0)

鳥居のその先に見えたっ!

a0202012_9354372.jpg
鈍川でのピザ釡開きでおいしいピザを堪能した翌日は夕方から翠松苑からのお誘いがありました。到着すると始まりまでにはまだまだ時間がありそうだったので、一人でぷら~っと海へ出てみました。

綱敷天満宮の海へ向かう鳥居の向こうに、、、見えたっ!虹色の光!!!
a0202012_9361222.jpg
久しく雨が降らない桜井なので虹が見えるとは考えてもみませんでした。

a0202012_9363978.jpg
虹の光の柱はかなり太いです。
a0202012_937378.jpg
船が虹を背景に通り過ぎて行きます。

虹ははかなくすぐ消えるはずなのに、この虹は私が見た時間だけでも何と一時間くらいそのままそこにありました。以前にハワイで一時間半というのを見たことがあって驚いたことがあったけどそれに迫るのではないかしら。この日私が見た6時過ぎは、現れた直後だったのか少したってからかはわかりません。
a0202012_937255.jpg
砂浜に座って、思いがけない海からのギフトに感動しながら暮れなずむ夕暮れの中に虹の光がすっかり溶けて行くまで眺めていました。
a0202012_9375045.jpg
7時過ぎでもまだ空は青いです。さぁ、そろそろ翠松苑に戻りましょうか。
a0202012_10524220.jpg
綺麗にごちそうが並びました。前日の鈍川往復は皆さんのドライバーでノンアルだったナルだけど、この日はワイン、日本酒、焼酎を楽しんで、、、桜井の夜は楽しく更けて行きました。さぁてと、私の「運天」で帰ります。

a0202012_12183085.jpg
[PR]



by makanaluon | 2016-08-26 07:39 | 日々のつれづれ | Comments(0)

みかん狩りへ

a0202012_15293659.jpg
青空の気持ちの良い日、うきうきみかん狩りです。昨年、3月に最後のハッサク採りに行って以来久しぶりにここへやって来ました。

a0202012_1530879.jpg
ハッサクもいい感じではあるけれどもう少し置いた方がよさそう。
a0202012_15303613.jpg
みかんの木の方への小道はちょっとメルヘンチック。
a0202012_1531881.jpg
おー、たわわたわわ。
a0202012_15313268.jpg
あちゃー、こんな風になってしまった木が二本。鳥たちがすっかりたいらげちゃったのね。
a0202012_15315612.jpg
この日、こんなものも頂きました。綺麗に並んだコレは何でしょう?

a0202012_15322014.jpg
トントン叩いて骨をつぶして、あぶって、、、酒飲みにはたまらないホンショウガレイです。

さて収穫したみかんの量は一般家庭の許容範囲を遥かに超えている。どこの家庭も待ち足りている愛媛で「欲しいわ」と言う人は少ないから、これはもう東方面に送るしかないのでせっせと箱詰めをして干し柿と一緒にあちこち配送。愛媛でも何となくもらってくれそうな人たちにはコトのついでに一方的に渡して、、、それでもまだまだまだまだ、、、、。鳥さんにも少し分けてあげよう。

かつてみかん好きで結成した「オレンジシスターズ」の中で消費量、速度共にトップを誇っていた実力をどれだけ発揮できるかにかかっている。ペペンペンペン、嗚呼みかん三昧~~♪

川畑宜士展のオープニング演奏 ギャラリー伊万里
1月17日(土)18時から パーティ参加費1000円
演奏は二階の和室で、パーティはギャラリーです。

先生の日本画からイメージして作曲したものを初披露致します。かいと君の詩による「そっとうた」に次いで、かいと君の工作から作詞作曲したものも合わせて演奏致します。
[PR]



by makanaluon | 2015-01-13 07:58 | 日々のつれづれ | Comments(0)

海辺へのお客様たち

a0202012_14551439.jpg
Nちゃん(4年生)がシーカヤックに乗りに来ました。今まで西条のお堀、松山の池でのカヌー体験はあったようだけど、いよいよ初めて海へ漕ぎ出だすのです。ゴーシュさんとkatoさんがNちゃんをサポートするために新居浜からやって来てくれて早くから準備して待っていてくれましたよ。

まずゴーシュさんがパドリングを指導していますが、でもNちゃんはこれはもう既によくできていますね。
a0202012_1456121.jpg
katoさんと一緒に出発するのをゴーシュさんが手伝います。
a0202012_14571640.jpg
この日は空も海もこんな風に青かったけど、海にプカプカ浮かびながらイカ泳ぎをしたNちゃん。10月も末だったけど水は「あったかかった」そうな。

a0202012_14583996.jpg
その三日後、東京からハーレーでやって来たのはkenちゃんです。まず伊勢から紀伊半島に行って、徳島に上陸してから今治へ到着、イェーイ!

こっから荷物を取り外すのには思ったよりずっと時間がかかります。色々説明してくれながら「これ、タンクの蓋に鍵が付いてないんだよねぇ、、」「あっ、これ、アブナイ、、私ポップギャルってのに乗ってたことあるんだけど蓋を盗まれてがっかりだったの、、、タンクとマフラーが付いているのが欲しくてね、、全体的には赤と黒でお洒落、、蓋はギザギザのお花みたいな形していてかわいいの、、、」と熱弁を振るうが殆ど興味なしの様子。専用のエナメルっぽい赤いバッグも付いていてホントニかわいかったんだからぁ。嗚呼、遥か昔のお話ですが、たまプラーザから向ヶ丘遊園辺りまで結構な距離を走りまくってたものでした。
a0202012_14592634.jpg
ハーレーはもちろんかっこいいけど、この渋いオレンジ色がいいなぁ。
a0202012_1501529.jpg
到着してからすぐに海へ~。

「ふ~ん」と私の姿を眺めるから「これね、ヒマラヤで買った山ガール用よ」と言ったら、すかさず「引退したんじゃなかったの?」。あちゃー。瓶が森があまりに大変だったので「山ガールから野原ガールへ転向しまーす!」とアップしたばかりのをもう読んだんだ。

「やっぱりピンク買いたくなっちゃうの?」って聞くから「そういうわけではないけど、、」って答えたら、すかさず「そういうわけでしょ。」だってさ。くぅぅ。この日はたまたま上下ともピンクだったのよ。あっ、すかさず「たまたまじゃないでしょ」って声が聞こえてきそう。「お母さんも影響されて、、」って言ってたけど、いいえ、影響以前にお母様はとーーってもピンクな方でしたよ。今でも十分にね。ピンクの車が欲しいって言ってたし、、あれーっ、どっかで似たような話が、、、ピンクのハスラーに乗りたいなんて言ってたのは、、、へへへ、、。

a0202012_1505127.jpg
この日の参加者、ken、ナル、まかなの姿が浜辺に影を落としています。
a0202012_1514639.jpg
まず、ken&まかな。

先日、ふぅふぅ登ったばかりの瓶が森を感慨深くしみじみ眺めて、、、石鎚山はこちらから見ると観音様が天を仰いでいる寝姿、そして我が家も、、、どれも地上から見るのとは何とな~く違った感覚です。
a0202012_1521479.jpg
続いてken&ナル。「こういうコトって準備もかかるし大変なはずなのにこんなに簡単に楽しめるなんて、、、」とkenちゃんはしきりに感心していました。

そうねぇ、普通は車の屋根にカヌーを積み込んだりして出かけて行くのに、手で持ってあっと言う間に海へ運べちゃうのですものね。こんなことが日常なんて贅沢なおはなしです。

この日、マルトモでのヴォリュームたっぷりの海鮮丼にkenちゃんも満足感でいっぱいの様子。帰りに、お酒の種類がとっても豊富な壬生川の「村上酒店」で二種類選んでまた家で飲みなおし~。ギャラリー「伊万里」から頂いた巨大シイタケに「誰もシイタケだなんて思わない」ですって。私たちも引っ越した頃、さいさいきて屋でシイタケの大きさ、安さに驚いたものよ。ただしょうゆ麹で炒めるだけなんだけど、東京からのお客様に出すと「ステーキみたい」と感動してくれます。マルトモでお腹いっぱいになっちゃったから、どうかなぁと思いながらチキンのハーブ焼き他ちょこちょこっと並べてみたら結構食べてくれて、、、うーむ、若いなぁ。
a0202012_1525385.jpg
翌朝、まだ薄暗いうちからkenちゃんが何やらゴソゴソガタガタ、、あれっ、ドアをパタンパタン、、そのうち下に降りて行ってどうやら玄関のドアも開けた気配が、、、ハーレーが心配になって見に行った??、、ではなくて海辺へ出て日の出を見に行ったのでした。

朝食はパン。引っ越し前にネットで調べたら「今治の人がうらやましい」と書いてあったFUKUSUKEのドイツコッペや塩味風味のクロワッサンはやはりkenちゃんもとてもおいしかったみたい。バジルペーストや梅サワージャムも楽しんでくれてよかったわ。

これは帰り支度をしている所だけどバイクに荷物を取り付けたり、ウェアを着こんだりはカヌーの準備よりも時間がかかります。
a0202012_1531652.jpg
タオル美術館へは行けなかったけど「タオルが好き」というkenちゃんなのでまた来なくちゃねぇ。今回はうちにあった今治タオル認定印のついたタオルがおみやげです。

行きは淡路からだったけど、帰りはしまなみを通ってのコースです。バイバーイ、気を付けてね~。

kenちゃんからのおみやげの「がもう」のうどんはさすが下調べしただけのことはあってナルも「うまい!」を連発しながら頂きましたよ。うどん県バンザイ♪

花鳥風月コンサート
         ~ライアーの調べにのせて~
11月8日(土)18時から 泰峰堂(新居浜) 2000円(抹茶又はコーヒー、お菓子付)
チケット、お問い合わせは0897-41-6752(泰峰堂)

チケットは以下の協賛各社でもお求め頂けます。
ダスキン新居浜支店 41-6616
そなみ玄匠 32-3976
[PR]



by makanaluon | 2014-10-31 06:43 | 日々のつれづれ | Comments(0)

あんずに梅に魚に、、、

a0202012_12565644.jpg
久しぶりに翠松苑に行ってみたら色々な実がいっぱいです。

a0202012_12574474.jpg
今日はあんずを採りの日。

a0202012_12575112.jpg
このアヤシゲなおじさんはダ~レ??朝8時に着いたら早起きのyukiさんはもう既にかなり採っていました。昨年蚊にやられまくった反省から今回は万全の装備ですねぇ。

a0202012_1258302.jpg
私は手軽に届くユスラウメをちょいちょい。長袖を着ていたけど、それでも蚊にめげて、さっさと退散することにしてぼちぼち歩き始めたら親切なyukiさんが車で追いかけて来て送ってくれました。

a0202012_1321180.jpg
この後、ナルは梅もたくさん採って持って帰ったので、高知で採ったのと合わせて梅ジュースの瓶がずら~り。飲めるようになるまでにはまだまだだなぁ。倉庫にはカリン、ユスラウメ、キウイ、アンズ、ウメなどの果実酒が並びましたよ。

天神さんの梅も一般に解禁になった折りにまたまたいっぱい採ったので、この後さらに瓶が増えちゃいました。

この日、朝からピンポ~ンギフトが盛りだくさんの日でもありました。まず最初のピンポ~ンで野菜がどっさり!次にはサヤインゲンやかぼちゃの苗とグラジオラスの球根がた~くさん!!何と10本の魚釣り道具までどどーーん!!!

そして頂いたエビや野菜で夕食の支度をしているとまたピンポ~ン♪おーーっ、捕りたてのタイとイカだぁ!!!

a0202012_1325184.jpg
そして二日後、ナルはmasaokaセンセイと一緒にすぐそこの「虎ヶ鼻」へと出掛けて行きました。梅雨の合間の曇りの朝か夕がいいらしいけど、この日は魚を釣るよりやり方を学ぶという目的で 昼過ぎに出発。

へ~、こんな風にたくさん釣竿を並べるんですねぇ。元教師のセンセイはもちろん教え方はとっても上手。

a0202012_16017.jpg
構えて、、、

a0202012_1603826.jpg
そーれっ!

a0202012_133234.jpg
まるで空に向かってピュ~ンと飛ばしているようですが、50メートルくらいは投げる必要があるらしい。

a0202012_1612121.jpg
曇りの日の海は青くはないけど静かでいいですねぇ。ほらっ、かかった! この日の収穫キス5匹とメバル1匹の内訳はセンセイ4匹、ナル2匹。セイト曰く「一番大きいのはボク」。センセイ曰く「まだ一人では無理だからもう少しレッスンしてから魚がもっと釣れる場所で、、」

塩麹にちょっとつけて焼いて、、ああ美味しかった~♪

後日、セイトは海へ自習しに出かけたけどあっと言う間に帰って来てしまいました。釣り竿を投げた途端にボッチャーンとオモリが落ちてしまったそうな。でも同じ日、ギャラリー伊万里からアジを二匹頂いて、めでたし、ありがたし。

そして明日のランチは翠松苑に集まってタコめしと刺身を皆で頂くことになっていてウキウキ♪
[PR]



by makanaluon | 2014-06-16 20:11 | 日々のつれづれ | Comments(2)

蓮の花

a0202012_1644422.jpg
桜井の住宅街の一角にある本性寺に蓮の花が咲くと言うので朝早く訪れてみた。

a0202012_1645183.jpg
庭の小さな池に咲くピンク色の蓮は既に殆ど咲き終わっていたが、たったひとつだけ小さな花がひっそりとそこに待っていてくれた。

a0202012_16461599.jpg
その蓮の横顔を見ながら「やっと会えたね」と呟く。

二年前に西条でのコンサートにいらしてくれて初めてお会いした翠松苑のmitsukoさんが、その後に「近所の蓮の花、、」という絵手紙をくださったのだ。その「近所の蓮」に昨年は出会える機会はなかったのだが、こうしてこんなに近くであったことを知った。蓮の花もこの地へとご縁を繋いでくれたひとつだったと感じる。

a0202012_16493297.jpg
以前住んでいた町田の家の近くの薬師池公園は蓮の花で有名だ。大きな蓮田には毎年今頃になると見事に咲き揃い、「観蓮会」が8月の初めに行われて、蓮の葉に注いだお酒、お茶を茎を通して飲む「荷葉酒」「荷葉茶」がふるまわれる。

町田の家を決めて引っ越してから、その前に「蓮の咲く公園」の近くに住む夢を見ていたことを思い出した。

a0202012_1718015.jpg
竹浪明さんが製作してくださったyouTube「花の揺り籠」は映像を見た方たちから、「外国で撮影したのですか?」とよく聞かれるのだが、実は町田の家の周囲にあった「ダリア園」「ぼたん園」「薬師池公園」を巡って撮影したのだった。

蓮池の映像も入っていますのでご覧ください。コチラ

a0202012_16453875.jpg
その年はとりわけ蓮が美しかったが、その蓮の季節も過ぎて、ソファにぼんやりと横になっていた時に、ふと言葉がやって来たので起き上がって、それをを書き留めてライアーを手にすると、メロディが自然に生まれて出来上がった曲が「ピンクロータス」だ。

薄桃色の花びらが朝露帯びて香り仄かに
ふくよかな時が開かれて行く
遥かな光の声がひそやかに降り立ち
天の響き 地のざわめき
ゆらるゆらゆら波が明日の祈りを歌う

ニュージーランドの彫刻家デイブに蓮の花の形のペンダントを作ってもらったが、海外の友人たちが「Makanaはこのペンダントだけでパーフェクトで他のペンダントは必要ないのでは、、。」と言われる程に私の大切な宝物だ。

a0202012_1745273.jpg
本性寺のすぐ近くのギャラリーブロッサムのサマーアート展のオープニングで、デイブ作のロータスのペンダントを下げて「ピンクロータス」他を演奏をさせて頂いた。

聴流荘での飛び入り演奏をたまたま聴いてくださってからブログでこの日のことを知って新居浜からバイクでいらしてくださった方、やはりブログからコンサートのたびにいらしてくださる方たちには本当に有難く嬉しさがひとしおだ。

a0202012_17231070.jpg
法華寺に近い予讃線沿いの蓮田には白い蓮が咲いている。

a0202012_17272451.jpg
天の光と気を受けながら、花びらを開く。

a0202012_1728538.jpg
蓮の葉は天の雫を受け止める。

a0202012_17284412.jpg
淡路島の諭鶴羽神社へ行った時に、大日如来様の子宮をシンボルした蓮の花の蕾がまつられてあったがこんな風だった。

a0202012_17292587.jpg
花は大きな葉に自らの影を落とす。

a0202012_1730399.jpg
花びらの凛とした美しさが清々しい。

a0202012_17305433.jpg
まもなく開花を待つ蕾の仄かなピンク色の縁取りが、つつましくやさしさを放つ。
[PR]



by makanaluon | 2013-07-29 04:37 | 日々のつれづれ | Comments(2)

ライアー奏者のつれづれ
by makanaluon
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール&リンク

最新のコメント

遊さん 貴重な展示会をあ..
by makanaluon at 19:11
PR有難うございます 昨..
by ギャラリー遊 at 08:14
チャイナカラーワンピース..
by makanaluon at 13:16
おはようございます~ ..
by チャイナカラーワンピース at 09:27
hamano-akiさん..
by makanaluon at 05:35
agrifishさん ナ..
by makanaluon at 06:35
花を愛でる暇もなく、どん..
by agrifishx at 10:55
agrifishさん あ..
by makanaluon at 05:32
お誕生日おめでとうござい..
by agrifishx at 00:33
便利な面と不便な面とだわ..
by makanaluon at 05:47

最新のトラックバック

whilelimitle..
from whilelimitless..
http://www.v..
from http://www.val..
ガウディとグエルが夢見た..
from dezire_photo &..
ライアー奏者・作曲家・ま..
from La Dolce Vita ..
"Keep our Ho..
from La Dolce Vita ..
新しいCD『銀河の岸』完..
from La Dolce Vita ..

検索

ファン

ブログジャンル