タグ:翠松苑 ( 8 ) タグの人気記事




ひなまつり

a0202012_19121589.jpg
以前にちょうどこの時期に東からやってきた友人のおみやげの手ぬぐいを壁にかけてみました。彼女が「椿が粋でしょ。」と言ってましたっけ。うん、そうね。

a0202012_19124142.jpg
その前におひなさまを飾りました。母から受け継いだ古いおひな様は小さな桐の箱に収まっています。

a0202012_1913119.jpg
翠松苑の椿がふくよかさを放っています。

a0202012_1913369.jpg
枝垂れ梅はゴージャス!
a0202012_16505121.jpg
天満宮の梅林の枝垂れ梅です。

a0202012_1651239.jpg
白梅がさわやかに満開!

a0202012_16515446.jpg
春の空に向かって!

a0202012_7361083.jpg

[PR]



by makanaluon | 2017-02-28 17:04 | 日々のつれづれ | Comments(0)

ギャラリー遊へ

a0202012_13435986.jpg
花の絨毯のようになっているのは今のギャラリー遊の駐車場です。あまりにかわいいお花なので車を入れるのをためらってしまいます。

a0202012_13443010.jpg
ジューンのさなか、ジューンベリーが実りました。
a0202012_13445657.jpg
駐車場からギャラリーへ折々のお花たちや「何かいいもの」にも出会えるわくわくの小道です。

a0202012_141264.jpg
魅力的な柱ですね。
a0202012_13452832.jpg
違った模様でこんな風に3本立っているんですよ。

a0202012_13461021.jpg
階段の横にはすてきな入れ物にコケや他の植物たちがとっても自然にお迎えしてくれます。
a0202012_1347060.jpg
shunmeiさんの世界です。
a0202012_13472478.jpg
動物がいるだけで、「中古住宅」にいのちが吹き込まれます。
a0202012_1348029.jpg
mihoさんが描いた名刺サイズの綺麗な絵をこんな風に額にいれるとぐんと引き立ちますね。

a0202012_1348398.jpg
あちこちに活けてある花たちは自己主張をしすぎずにスペースをさりげなく彩っています。

a0202012_13491729.jpg
この一角はとても地味ですがその静かな存在感に心惹かれます。

a0202012_13494594.jpg
ドクダミのシンプルさがとても生きているし葉の形が美しいですよね。

a0202012_13502033.jpg
雨の日、見上げる天井も何となくいつもと違った気配です。
a0202012_13505425.jpg
たまたまやって来た友人たちと楽しく語らいながらなごやかな時間が流れて行きました。
a0202012_13512139.jpg
あちこちにビワがたわわに実る季節になりました。コレ自然な甘酸っぱさでとってもおいしい!
a0202012_1351521.jpg
ザクロの鮮やかな朱色と艶やかな緑色の葉と丸い石の心地よいハーモニー。

a0202012_13522099.jpg
ザクロは実の方が印象的だけど、花もいいですねぇ。

a0202012_15455110.jpg
と言うわけでビワと一緒にお持ち帰り~~。

a0202012_1353823.jpg
お部屋にチャーミングなアクセントを添えてくれています。

「ヒマラヤの旅 写真展」は6月9日~25日まで開催されます。写真家萩原壮平さんには今年初めに翠松苑でお会いした際にその素晴らしい写真を見せて頂きました。足を踏み入れたことのない遠い世界の風景とそこに生きる人々の姿に魅了されました。

個人的なお知らせ
スマホのアドレスもmakanaluon@gmail.comに変更になりました。尚電話番号は変わりませんので携帯でGmailを受信できない設定の方はSMSでお願いします。

(お知らせ)
SPACE SACRAオープン記念 川畑宜士日本画展(SPACE SACRA 今治市近見町3-4-43)
6月11日(土)~19日(日)11時~18時 (SPACE SACRA 今治市近見町3-4-43)
11日 4時半よりオープニングライアー演奏
季節柄、新曲「ほたるの舞」他を演奏致します。終了後、コーヒー、サンドイッチのオープニングパーティ(無料)を行います。

近見町にある白い豪奢な建物です。(国道117号線を波方方面に向かって進み、近見小学校を右手に見て、次の信号を通り過ぎて右手の大谷たたみ店の看板と鎌田鉄工所の間の道を右折しながら斜めに上った所です。駐車場はあります。)お問い合わせ 090-3500-3025


a0202012_14241326.jpg
[PR]



by makanaluon | 2016-06-10 06:50 | 日々のつれづれ | Comments(2)

祭りの後で

a0202012_7201694.jpg
お祭りの片づけをしてほっとひと息、綱敷天満宮へも行きがてら翠松苑に寄ってみると白い花が見事に満開でした。「白雲木」というすてきな名前の大きな木です。
a0202012_7204223.jpg
まだらの木肌も雰囲気があります。
a0202012_721268.jpg
清々しいさわやかさにうっとりと高~い木を見上げながら、緩やかにお祭りの余韻を味わった午後でした。

a0202012_7212260.jpg
お庭をぐるりと周ると花たちが初夏の陽射しにまぶしそうです。

a0202012_7214298.jpg
花もさることながら緑の葉も気持ちいいですね。
a0202012_722317.jpg
すーっと首を伸ばしてシンケンそうな顔で何をみつめている?虫をみつけたかな?
a0202012_7222266.jpg
うちから運んだベンチに止まる雀。鳥も虫も花もそれぞれの5月です。
a0202012_7224167.jpg
色とりどりの花たちの中でマーガレットがはっとするほどの白さをくっきり見せています。
a0202012_7225919.jpg
しゃれた色合いのジャーマンアイリスです。
a0202012_7231960.jpg
燃えるようなツツジの季節もやがて終わって、さぁ、いよいよ夏ですね。

a0202012_8321217.jpg
[PR]



by makanaluon | 2015-05-09 05:51 | 日々のつれづれ | Comments(0)

ウォーキングのその先に

a0202012_1095391.jpg
ぶ~らぶらと気ままなウォーキングで寄り道しながら一時間程で翠松苑に到着するとカキツバタが綺麗です。
a0202012_1012034.jpg
滴翠荘の庭にも色々なお花たちでいっぱいです。十二単は町田の家にたくさんあって皆に分けてあげたのが懐かしいです。

a0202012_10123177.jpg
コデマリは両方の庭でたわわに満開です。
a0202012_10132440.jpg
これはアジサイだと思っていたけれどオオデマリなんですねぇ。

a0202012_10144825.jpg
ヒメカキツバタも葉陰にひっそりと、、、。
a0202012_1015168.jpg
綺麗な葉っぱはドクダミですって。
a0202012_10161685.jpg
少し前にナルが翠松苑を草刈りしながら古いカメラで撮っていた写真も追加してみますが、撮影者、カメラが違うと当然ながら雰囲気が変わりますね。

a0202012_1018115.jpg
メルヘンぽくてかわいい♪
a0202012_1019792.jpg
しーっ、フェアリーがひそんでいますよ。

a0202012_10193764.jpg
ほらっ、小人たちもかくれんぼしてる。

a0202012_1020412.jpg
この日、皆でお茶を分かち合った後にショウロのおつゆを頂きました。甘いものとお茶の後に?って思ったけど、これが意外となかなかで満足感のある贅沢な余韻でした。こちらに来てショウロというものを知ったけど、さすが高級珍味と言うだけあって、こりっとした食感とよい香りで実に美味。ショウロと言ったら東京では砂糖衣のついているショウロ型の和菓子しか知らなかったもの。おみやげにも頂いたのでまた夕食でもおいしいおつゆを味わえました。
a0202012_15435113.jpg
ところで、これはうちのシュンギクです。シュンギクは東京では、いえ、こっちに来てすらスーパーで鍋用に束になったものしか見たことなかったので花は初めてです。食用にぽちぽち使っているうちに現れ始めた蕾の巨大さにびっくりだったし、花も立派で綺麗なので食べるのはもったいなくなって観賞用にしちゃいました。野菜の花たちにも色々感動して来たけど、またひとつ「初めて出会ったもの」が増えました。

a0202012_8321217.jpg
[PR]



by makanaluon | 2015-05-03 05:22 | 日々のつれづれ | Comments(0)

たまにはウォーキング

a0202012_1228465.jpg
普段は車ばかりなので、たまにはウォーキングをすることにしました。行き着く先は翠松苑だけど、ナルは先に車で行ってしまったので私はジマングッズを並べて持ち前のジマン体質をのびのび(?)発揮して、自力で思う存分撮影。というわけでまずはシューズを選択。コレ、デザインも色もスグレモノでしょ。

a0202012_12291425.jpg
ワールドプラザでみっけたこのリュックはお気に入り。近くへのウォーキングには丁度よいサイズだし、洋服の草色に似合うじゃなな~い。
a0202012_1230117.jpg
靴下をこの日誰かに注目される可能性はまずゼロだが、そんなことには構わずシンケンに悩む。気持ちはピンクだが、やはりシューズの色からはブルー系でしょと決定!何事も「恰好から入るタイプ」なので自己満足バリバリで「コーディネートはこーでねぇと」と、先に現地到着のダジャレマンの代わりに呟いてしゅっぱーつ!

a0202012_12371510.jpg
天気もいいから、まずはマイビーチのご機嫌伺いよ。

a0202012_12381956.jpg
ビーチはご機嫌♪私もご機嫌♪♪

a0202012_12322844.jpg
マイビーチからのマイハウス。サッカー場はFC今治が来るようになってこの所にぎわってます。マイウィンドゥから素晴らしいサンライズを眺めるし、サッカーも観戦。

a0202012_12384949.jpg
道端の花たちにもカメラを向けてみます。皆さんが「なんぼでも増える、、」と言いそうな花だけど、これは本当に道々なんぼでもありましたぁ。

東京にいる時は切り花としてしか見たことなかったフリージァもこちらでは色々な種類が路地になんぼでも咲いています。フリージァって何となく、ハウスかどこかで「ちゃんと育てられている」イメージがあったんだけど、、、。フリージァはなんぼでもありすぎてわざわざカメラを向けそこなっちゃった。

a0202012_12391755.jpg
藤の季節になりましたね。これは藤棚ではなくてその辺に自然に咲いていたものです。
a0202012_12394394.jpg
いつもはあっと言う間に車で通りすぎてしまう場所にしばし立ち止まってみます。

a0202012_12411627.jpg
このお地蔵さんも車の中から横目で見るだけなので、ちゃんと手を合わせて「お蔭様で桜井に来てまもなく三年になります。これからもどうぞよろしく、、」とご挨拶しました。

a0202012_12414172.jpg
小さい港の風景は昔から何となく好きでした。 海外へ行っても港町にはなぜか心がざわついたものでした。初めて家を案内された時にここを通って胸がふるるっとなったことを思い出します。

カラオケは得意ではないし殆どその機会もないのだけど、東京にいた頃カラオケで歌うものと言ったら「漁火恋歌」でした。「だ~れに~も~言わずに~裏木戸抜けて~~♪海辺の坂道、、、、♪」と口ずさんでみました。今度ライアーで歌ってみようかなぁぁぁ。

ここはその昔、椀船の出た港です。最初聞いた時には「えーっ、一寸法師みたいな丸いお椀の舟??」って思ってしまったけど、、、漆器の歴史を持つ桜井の椀を載せた船でした。桜井は高い漆器を売るために考えた月賦販売発祥の地でもあるんですよね。ふむふむふむ、、。

さてここまで来たら翠松苑はまもなくだけど、次回に~~。

a0202012_8321217.jpg
[PR]



by makanaluon | 2015-05-01 05:10 | 日々のつれづれ | Comments(2)

丹原へ

a0202012_838262.jpg
何とのどかな風景でしょう。
a0202012_8383474.jpg
裏側にもこんな春の風景が、、。丹原のちろりん農園にやって来たのです。前回「西条へ行くついでに通りがかったその先のお話、、」と書いたのがコレでした。ようするに「通りがかった」浄明寺で水琴窟を見てから「その先」のここまで車を走らせたということです。

ここは丹原の来見(くるみ)。クルミと聞けばチロリンとすぐに思い浮かぶアナタ?それとも、えっ、ナニナニ?ワタクシはモチロン、、、??

a0202012_839191.jpg
母屋とは別に「第二縁開所と名付けられたこのスペースでは様々なご縁が紡がれてきたようです。

ちろりんさんご夫婦とは昨年末、浄明寺でのコンサートで出会ってからうちにいらしてくださったり、パーソナリティをつとめるラヂバリゲストとして呼んでくださったりでしたが、この日は「ナルさんと昼飲み」というテーマ(?)でお呼ばれ、、、ってことは帰りは私の危なっかしい運転、、運天で、、、この細い田舎道を無事帰って行けるのか??

囲炉裏を囲みながら緩やかになごやかに純米酒の好きな二人の会話は弾んで行きます。新鮮な野菜のサラダはそれだけでごちそう、ニンジンスープはやさしい味わいでした。

この日バックミュージックをつとめてくれたのはこのユニークな楽団。なっかなかのソレっぽい雰囲気で楽器を奏でるのです。
a0202012_839287.jpg
わぁ、綺麗な虹色♪

a0202012_8395986.jpg
奥さまは蜻蛉玉のアクセサリーを作っていらっしゃいます。ガラスが火で温められるとまるで飴みたいで、いきもののように形を変化させて行きます。

a0202012_8402550.jpg
これはうちにいらした時にくださったストラップです。
a0202012_8415640.jpg
ちろりん農園を訪れた二日後、丹原でイベントがあると言うので出向いてみました。

a0202012_8424737.jpg
ほらっ、ちろりんさんが歌っています。

a0202012_8431381.jpg
おっ、ナルさんじゃないですか。いつもライブではキンチョウぎみの(まかなさんがコワイから??)ナルさんですが、ちろりんさんのくつろぎ加減(?)に同調しているみたいです。

a0202012_8434630.jpg
これこれ、ちろりんさんの得意のパフォーマンス。これでウクレレを数十曲弾いちゃうんです。どうぶつのパフォーマーたちは何人もいるのでちろりんさんの気分での(?)出番を待ってます。どっかに忘れて来られちゃった子もいるみたいで、嗚呼かわいそう。

パーソナリティをつとめるラヂバリでは一番ゆる~い番組らしく、しかもCDのかけマチガエの率も極めて高いと言うのも何だかうなづけちゃいます。前回、私のCDももれなく間違えてくださいましたよ。次回は5月28日(木)20時にゲストで呼んで頂きました。こうして、ゆるゆる新ユニットも組まれたことだし、今度はナルさんにも登場してもらいましょう。

a0202012_8441566.jpg
あれっ、も、もしかして、先回「カヌーだけでなくブログの色々な場面に登場、、」と書いたあの方ではないですか??そうです、この力の抜け方、リラックスぶりはゴーシュさんにマチガイないようですね。

この日嬉しい再会や出会いがありました。昨年、ジョン・ビリングとの「二台のコンサートライアーの調べ」の時に絨毯コーナーで愛くるしさをいっぱいに振りまきながら聴いてくれたasukaちゃん(まもなく2歳)に思いがけず再会できました。お母様はウクレレを通じてちろりんさんと出会ってらしたようでした。

そして何とゴーシュさんが職場で机を並べていらっしゃるという方のご家族もたまたまいらしていて、お嬢さんがハープに興味があるというのでそのまま我が家へ皆で移動して楽しいひとときがおまけつきの日となりました。

ゴーシュさんはイベント会場でシイタケの榾木を4本買い求めました。我が家と翠松苑に二本づつです。これはギフトではなくて「置かせて欲しい」のだそうです。来年の秋にシイタケが収穫できる予定です。えーっ、今年じゃないの??

ゴーシュさんのカヌーは当初翠松苑に「置かせて欲しい」とそうしてたのですが、今はうちにあって、さらに長いシーカヤック二艇もうちにあります。というわけでシイタケもカヌーもシーカヤックもオーナーはゴーシュさんです。シイタケ管理人はナルとmitsukoさんで、さて食べるのはダレ??

a0202012_8321217.jpg
[PR]



by makanaluon | 2015-04-18 06:44 | 日々のつれづれ | Comments(2)

昼から夜まで~

a0202012_1915955.jpg
ナルがペンキでお色直しをした翠松苑の入り口です。でももう少し模様を入れたいそうな。

a0202012_19155755.jpg
横のドアはこんな模様になりました。
a0202012_19162681.jpg
内側は緑と白ですっきり!

a0202012_1919464.jpg
お向かいの翠松苑のいもうと(?)滴翠荘の入り口にはいつもすてきに鉢が置かれています。クリスマスローズが洒落た色合いですね。

a0202012_19194296.jpg
翠松苑の庭は梅が綺麗なピンクで満開♪
a0202012_19201255.jpg
枝垂れ梅はもう一息。
a0202012_19205072.jpg
あっ、フキノトウだ!庭の片隅の草陰に春をみーーっけた!

a0202012_19212334.jpg
「昼から夜まで~」と言うタイトルは、「ライアーを弾き続け~」ではなくて、「食べ続け~」の意味です。

餃子、長崎ちゃんぽん、牛丼など手作りのおいしいランチを楽しく分かち合った後、、、地域の方々が次々といらして満席になりました。お茶とお菓子を頂きながらのライアーのひととき、、、「今日はラッキーだった」「ごほうびを頂いたみたい」と皆さんが喜んでくださいましたが、お庭の梅も充分に楽しめましたね。「梅の小枝でうぐいすが、、、♪」他一緒に春の歌を歌いました。

一旦は「またね~」だったけど、、、結局我が家へ移動した人たちと今度は夕食の分かち合いの始まり~。採れたてのイカのおいしかったこと♪綺麗な鯛もやって来た♪♪

こちらに来てからプチ宴会がしょっちゅうあるんですよね。おいしい手作り料理があっと言う間に集まって、おまけに新鮮な魚貝が加わります。この日、夕食の後、又三日後のプチ宴会のお約束。「台湾のイカスミがあるから、、、」「それってカラスミじゃない??」と言うわけでまたまた食べ続けまーす。

春のコンサートのお知らせ
4月5日(日)14時から ぎゃらりー・アンフィール3周年記念コンサート「春風にのせて
1500円(コーヒーor紅茶+お菓子付) 要予約

ギャラリー伊万里での川畑宜士展で初披露した(コチラ)「緑の木の葉隠れに」(川畑氏の作品から作曲)も再演します。素晴らしい原画と共にその他の作品も合わせてご覧ください。

春の詩の朗読とのコラボも行います。ぎゃらりー・アンフィールを訪れた時のコチラもご覧ください。

*フジグラン重信から歩けますが、わかりにくかったら電話してください。089-904-6939
[PR]



by makanaluon | 2015-02-27 07:41 | 演奏 | Comments(0)

年の瀬に

a0202012_13393243.jpg
一人用の火鉢の炭が赤く燃えています。
a0202012_13408100.jpg
炭は「すだち」の番頭さんが作った竹炭で火鉢は翠松苑から頂いた桜井漆器です。

a0202012_13403941.jpg
薬草を入れたやかんがゆっくりと温められて行きます。

a0202012_13413388.jpg
今年もたくさんの方がSpace Makana&Naluを訪れてくれました。

お喋りして、笑って、歌って、時には自然に演奏が始まって、、、食べたり飲んだり、、、、豊かな時間が広がりました。

東京では体験できなかったようなこと、初めての海の幸、山の幸なども盛りだくさんでした。感謝と共に、さぁ次の年を迎えましょう。
[PR]



by makanaluon | 2014-12-29 08:03 | 日々のつれづれ | Comments(0)

ライアー奏者のつれづれ
by makanaluon
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

プロフィール&リンク

最新のコメント

最新のトラックバック

whilelimitle..
from whilelimitless..
http://www.v..
from http://www.val..
ガウディとグエルが夢見た..
from dezire_photo &..
ライアー奏者・作曲家・ま..
from La Dolce Vita ..
"Keep our Ho..
from La Dolce Vita ..
新しいCD『銀河の岸』完..
from La Dolce Vita ..

検索

ファン

ブログジャンル