タグ:東京 ( 15 ) タグの人気記事




その後の花たちとそして、、、

a0202012_14431321.jpg
九州の災害に胸の痛む日々が続きながら、過酷な暑さにますます心配がつのります。

庭の花たちはそれぞれの夏が進んで行きます。キキョウは同じ茎に突然薄いピンクの花も混ざってたけどやはり元々の白が主流で咲き誇っています。

a0202012_14433989.jpg
5種類の花を咲かせたユリの第6弾は真紅。
a0202012_14435621.jpg
三つ開いてパワー3倍。

a0202012_14444412.jpg
裏庭のブルーベリーのほんのりピンク色がかわいい。

a0202012_1445355.jpg
部屋のユリの5つの蕾が全開でゴージャス!

a0202012_14452182.jpg
グラジオラスは玄関の白い壁に似合います。
a0202012_1445399.jpg
あっ、ヤモリだ!目は大きいし結構存在感あるなぁ。
a0202012_14455572.jpg
うひょっ、お口の中は赤!「そのまま好きにさせてやって」と言うナルが、水を入れた小さな容器を玄関に置いている気遣いは役に立ってるかな。殆どはどっかに隠れているけど、時々部屋を歩き回っていて目が合う。でもね、キミを苦手な人もいるからお客様がいる時はそっと潜んでいてね、いい子だから。

車を走らせていると、よくカニが横切ります。大抵はササーーッと渡るけど、先日会ったちょっと大きめのアカテガニはなかなか動いてくれなくて仕方なく車を降りてお願いしてどいてもらいました。カメもノソノソ歩いていてちとアブナイ。東京では普通には出会わなかったようないきものたちに日常的に出くわします。
[PR]



by makanaluon | 2017-07-16 06:02 | 日々のつれづれ | Comments(0)

七夕に寄せて

a0202012_13281968.jpg
14年前、ドイツでこのライアーを買ったのは、たまたま七夕の日でした。

実は私が注文したのは同じ型のゴールドで、もう少し派手なイメージものでしたが、工房に着いた時に隅にあったこのライアーにふと目が止まりました。誰も購入することなく長いこと置かれたままで、弦も錆びかけていたくらいです。私が買うことは全く想定していなかったゲルトナー氏はあわてて、でも丁寧に調弦してくれた後試してみると何とも言えない柔らかく繊細な音色に魅了されました。そして弦が指に吸い付いてくるような感触はとてもふしぎな体験でした。これはひとつの「楽器との出会い」と言えることなのかもしれませんね。

a0202012_13284587.jpg
これはコンスタンツにあるゲルトナー工房のパンフです。HPのトップページにもあったこの写真を見た時に「かっこいい!」と思いました。ライアーの主流はやはり同じ工房の半月型のものですが、ちょっと変わったこの形に惹かれました。弦数も普及型の35弦より多い49弦です。工房に在庫を問い合わせた時に、送ってくれた一覧表の中に、なぜかこの写真のライアーはなかったのでした。

注文したものより1,5倍程の高価なものでしたがSA(スペシャルアーティスト)とされたこれを買うことを思い切って決断したのでした。

a0202012_1329856.jpg
パンフの色味が実際より薄く出ているのでわかりにくいですが、木目の模様は同じです。つまり、パンフに使用されたライアーを私が購入したわけです。磨く段階で木目が美しく出て来るものは「ファイアー」と言って貴重なものだそうです。

a0202012_13293277.jpg
そして、ライアーを買う以前から持っていたこのハープに織姫のベガという名が付けられていたことにも七夕のご縁を感じます。
a0202012_1471897.jpg
今は53弦のコンサートライアーを使っていますが、最初のライアーとも日本、海外へと一緒に旅をしました。ライアーのお蔭で様々なご縁が紡がれて日々が進んで行きました。そして私は今ここにいます。

この花束は先日の「愛らんどコンサート」で頂いたものですが、皆さんと一緒に「笹の葉さ~らさら~♪」と歌いました。東京から今治へと移り住んで、こんな日があることをドイツで購入した七夕の日には考えもしなかったことです。

皆さんの願いが天に届きますように。

[PR]



by makanaluon | 2017-07-07 05:20 | 日々のつれづれ | Comments(0)

ワールドプラザへ

a0202012_7454325.jpg
ちろりんさんに誘われてワールドプラザへやって来ました。毎年父の日に開催されているイベントです。ちろりん&ナルが行くので何のイベントなのか想像はつくけど早速ここから入ってみましょう。
a0202012_7461246.jpg
ほら、やっぱりねぇ。二人はお酒の試飲です。

a0202012_7464275.jpg
お父さんを待つためにスペースの隅っこで待っていたのよね。私はこうして待つわけにいかないのでぶら~り。そのおかげで洋服と靴を買ってしまい思わぬ出費。ワープラに来る時はいつもは生活のものしか買ったことないのでこうしてゆっくり見ることはなかったなぁ。実は昨年は私だけ梅酒ブースに入ったのだけど今年はパスしたのでヒマだったのです。
a0202012_747968.jpg
ぐる~り周って来ると二人ともご機嫌そう。
a0202012_7473880.jpg
ステージでは「愛の葉ガールズ」のライブです。日本のおいしい安全な食を推進するために独特の活動をしているとは知らなかったわ。元気全開で、音量はライアーの100倍はあるかも。
a0202012_748161.jpg
つまみを買ってしばらくステージを鑑賞。ライブを終えたガールズは観客席に降りてそれぞれのテーブルにいちいち「ありがとうございました」とご挨拶。頑張ってますねぇ。
a0202012_7482427.jpg
家へ戻ってまたちょい飲み、ちょい食べのし直し。
a0202012_7484985.jpg
デイゴの花が南国っぽいですね。
a0202012_7492218.jpg
海辺を散歩。アツーイ!!!
a0202012_7494655.jpg
このビーチサンダルは何と25年くらい前に茅ヶ崎に住む友人からのバースデープレゼントでした。東京では使うことがなかったのでハワイ、ニュージーランドでしか履いたことがなかったけど、ここでこんな風に活かされることになるとは、、、。「shonan」と書いてあるんですよ。懐かしい~~。
[PR]



by makanaluon | 2017-06-19 08:34 | 日々のつれづれ | Comments(0)

六月のあれこれ

a0202012_12103992.jpg
綺麗な模様の蝶がしっかり虫を捉えています。
a0202012_12111623.jpg
羽を開いたり閉じたりしながら柿の葉に随分長いこといました。柿の実がたくさんついているので今年はきっと豊作ね。
a0202012_12132846.jpg
こんにちは~、トカゲさん。いきものたちが活発に動き出していますよ。
a0202012_12113543.jpg
家のすぐ横の溝にはカニたちがずら~り。様々ないきものたちが風景を生き生きとさせてくれますね。

a0202012_12115771.jpg
両手で抱える程大きくて立派な花瓶が思いもかけずやって来た六月。紫陽花が似合いそうと思いながら、とりあえずハーブをさしてみました。今までハーブ類は小さな花瓶にちょこっと入れるだけだったけど、背丈の長いままと言うのは何と気持ちいいことでしょう。季節を彩ってくれるコーナーができました。

皆で6月のお誕生会ランチに行った日、ギャラリー遊さんの「ギョ+33/60お楽しみ展」でのくじ引きでびっくり大当たり!ギョたちもそれぞれ個性豊かに悠々、、、いや遊々とスペースを泳いで(?)いました。
a0202012_12122148.jpg
深い味わいのある素晴らしい大作を提供してくださった作家さん、魅力的な展示会の中で大らかなくじ引きを企画してくださった遊さんに感謝です。ビッグなギフトのお蔭でよいお誕生月になりました。
a0202012_1452164.jpg
例年よりビワが鈴なりになっている風景をあちこちで見かけます。うちの裏庭のも周りから頂くものもそれぞれ味わいが違います。

ビワが6月に実ると言うのは実は愛媛に来て知ったこと。「び~わの実~が、ゆ~れるよ~~♪」と歌うその情景は見たことなかったですもの。東京では結構高い贅沢品だったし、「値段の割には種が大きいしなぁ。」と思ったりしたものだったけど、今では惜しげもなくポイポイ食べられて幸せ~♪

いよいよアジサイの季節なので6月の色あいをたっぷり楽しみたいです。

[PR]



by makanaluon | 2017-06-10 06:10 | 日々のつれづれ | Comments(0)

夏に向かって

a0202012_9363494.jpg
アマリリスがひとしきり華やかさを見せてくれた後、隣の茎からもぐんぐんたくましく花芽が伸びて来ました。

a0202012_937659.jpg
まもなく全開の花の他にもまだ3つも花芽があります。アマリリスのように花芽が大きいものが伸びて行く様には目を見張ってしまうしワクワクが大きく膨らんで行きす。

a0202012_9372874.jpg
ヤッホ~!
a0202012_9375924.jpg
チャイナカラーワンピースさんが植えてくれた苺も毎年収穫してます。ああ、かわいい!あの日、ワイルドストロベリー模様のカップでお茶にしたわね。
a0202012_9381920.jpg
裏庭のビワは小さいけど甘酸っぱくておいしい。
a0202012_9384171.jpg
東京にいた頃は鍋の材料としてしか知らなかったけど、シュンギクはこんなに綺麗な花を咲かせるのね。

a0202012_93985.jpg
花も虫もそれぞれ夏に向かっています。

お知らせ
a0202012_14374486.jpg

[PR]



by makanaluon | 2017-05-28 06:30 | 日々のつれづれ | Comments(0)

桜井綱敷天満宮春祭り

a0202012_793559.jpg
繋敷天満宮の春祭りだけど夏のように暑い。
a0202012_710622.jpg
えっ、東京ケーキって??思わず近寄ってみたけど、たこ焼きみたいな形の丸いカステラって感じかな?浅草とか東京のお祭りにもあるかもね。

ごく普通の長ネギのことを皆さんが東京ネギと言ってるのにも最初は驚きだった。でもその東京ネギなるものは引っ越した頃はどこにもなかったのよ。分葱のように細いものばかりなので不思議だったけどやっとここ2年程前から普通に出回るようになったわ。
a0202012_71040100.jpg
あっ、天狗に引かれて獅子たちが出て来たっ!
a0202012_715873.jpg
この明るくて楽しい獅子舞が私は大好き。東京では緑色の布をかぶった獅子で子供の頃から何だか怖かった。ライアーと獅子舞の即興コラボをしたこともあったけど雰囲気違うし、この獅子たちとライアーは、、、うーん、無理っ。
a0202012_7154274.jpg
子供神輿がエンヤ―エンヤ―!結構なスピードで走っています。鳥居が4方向にあるので境内を駆け巡る感じです。
a0202012_7162444.jpg
大人神輿もエンヤ―エンヤ―!!
a0202012_7165575.jpg
子供たちのあまりの愛らしさにうるっ。

a0202012_7184589.jpg
さぁ、いよいよ継ぎ獅子の始まり~!

a0202012_7195331.jpg
いいぞっ!
a0202012_720532.jpg
皆揃ってアッパレ!この感動の瞬間にもうるうる。三継ぎでも十分うるうるだけどさらにうるうるは続きます。四継ぎのために万が一に備えてかマットが敷かれます。

a0202012_722463.jpg
ヤッター!!!もう一人分高くなった上に肩じゃなくて頭の上に立つのだから、小さいボクにはとってもとっても高いよね。ようけがんばりよったけん、うるうるうる、、、。

a0202012_1058111.jpg
クラッカーを鳴らして無事フィナーレ!かたずを呑んで見守る私たちもここまで来るとほっと一息で拍手喝采!!!

a0202012_7225426.jpg
おかめ、ひよっとこが出て来て紙吹雪を撒いた後、餅とグミが飛んで来てしっかりゲット。
a0202012_7231990.jpg
引っ越してから最初のお祭りの時は神社で見たけれど、ここ数年は地域に周って来るのを見るだけでした。もちろんどれも簡略化されたものばかりだったけど、近所の道端で行うのどかさを楽しんでいました。でもやはり神社での方がぐっと盛り上がってオモシロイので今年はたっぷりお祭りを満喫できました。
[PR]



by makanaluon | 2017-05-06 16:05 | 日々のつれづれ | Comments(0)

毎日新聞の取材記事より

a0202012_1301765.jpg
5年前の3月の初めにこの家を初めて見に来た時に、庭でこのさくらんぼの桜が迎えてくれたのでこれが花開くたびにしみじみ感慨が湧き上がります。

a0202012_12593286.jpg
毎日新聞さんが、3・11復興祈念コンサートについて取材してくれたものが8日に掲載されました。
a0202012_1314529.jpg
6年前はまだ東京在住でしたが、3月11日はライアーと共にニュージーランドを訪問していた時で、マオリの人からそのことを聞かされました。もし東京にいてもきっと怖い思いをしたと思いますが、海外で知ったというのは大変なショックでした。繰り返される津波の映像とごくわずかの断片的なニュースのみで細かいことはわからなかっただけに大きな恐れと不安の中にありました。ニュージーランドやヨーロッパからの人たちからやさしい労りを見せてもらいながらも、深い悲しみのまま残りの日々を過ごして重い心を携えて帰国したのでした。

そして、その年の夏に訪れた西条でのコンサートがきっかけで、翌年思いもかけず今治へ引っ越すと言う流れが生まれました。
a0202012_1321963.jpg
尊いいのちを一瞬で奪われてしまった人たち、そして今もなお大きな悲しみと共に懸命に生きている人たちに思いを寄せながら祈りの時を分かち合いたいと思います。

a0202012_132405.jpg
[PR]



by makanaluon | 2017-03-10 14:20 | 演奏 | Comments(2)

佐川町へ向かう

a0202012_18275981.jpg
「田んぼコンサート」のために佐川町へ向かう朝、家のぐるりを周ります。表側の朝顔はとても小さいのに裏庭の方に咲いているのはずっと大きいです。日当たりはどちらもそう変わらないように思えるけど土のせいかな??
a0202012_18283358.jpg
先残りのユリに出発を見送られるとは思いませんでした。
a0202012_1829470.jpg
えっ、「ボクたちも忘れないで! 」って?ダイジョウブよ、佐川町にもクモ族はた~くさんいるから忘れないわ。
a0202012_18293699.jpg
佐川町へ着くとダリアたちが迎えてくれました。

a0202012_183011.jpg
色々なお顔をしたダリアたちに、「しばらくの間よろしくね~」とご挨拶。

a0202012_1830399.jpg
ここが当日の駐車場になります。こんなイギリスっぽい門を通った先に田んぼがあるのかって思いますよね。あるんです!

a0202012_18311475.jpg
コンサートに合わせて1000もの種を撒いたけど発芽率は1~2%とひろしさんが言っていた通り、残念ながらコスモスは寂しい状態です。先日、翠松苑もギャラリー伊万里も、我が家も今年のコスモスはイマイチと書いたけど、やはりここでも、うーむ、、、。

a0202012_18325365.jpg
田んぼは小さい秋。
a0202012_18545141.jpg
クリスマスリース作りに使うカラスウリをゲット。
a0202012_18333068.jpg
クツワムシかな?
a0202012_18335980.jpg
hiro君、shin君、haru君は小学校と保育園へ行っていたので珍しく喫茶店でティータイムを過ごしました。
a0202012_18374990.jpg
この日はここへ来ることが目的でした。
a0202012_18581671.jpg
佐川町立の桜座です。「ああ、、、ここがあの、、、」と思ったのにはワケがあります。まだ東京に住んでいた5年前の夏、岡山、西条でのコンサートを終えた後、初めて佐川町を訪れることになっていた時に、突然役場の方から電話がありました。

「ライアー奏者の方が佐川町に行くからぜひコンサートを企画するようにってとても熱心に言われたんですが、、、」。岡山の方が、何と役場へ連絡なさったと言うことでびっくりでした。役場の観光課の方はとまどいつつも興味を持って何度か電話をくださって、「今回は急なことで無理ですが、桜座というのがあるのでもしかしたら年間スケジュールで企画できるかもしれない」と言うお話をしてくださいました。

その後、思いがけず愛媛へ引っ越す展開になり、ひろしさんの心意気とオリジナリティあふれる「田んぼコンサート」を企画してくれることになった次第です。
a0202012_18381993.jpg
この日は地域のイベントの演奏を聴きに来たのです。
a0202012_18392749.jpg
あっ、田んぼコンサートの主催者のひろしさんがサックスを持っていますよ。

さぁ、急いで戻って田んぼコンサートの準備です。
[PR]



by makanaluon | 2016-10-17 08:53 | 日々のつれづれ | Comments(2)

展示会の季節

a0202012_199999.jpg
ギャラリー遊の長い夏休みの後、この日から始まった「加藤美津子彫刻展」を見に行きました。車を止めてギャラリーへと続く道でヤマボウシの赤い実が迎えてくれました。
a0202012_1994610.jpg
はっきりしない天気が続いていたけど、やっと秋晴れ、、、でもこの日は真夏に戻ったかのような暑さです。

a0202012_19104365.jpg
敷地内にはこんな小屋がありますが、こちら側の角度から見ることはあまりありませんね。

a0202012_1913344.jpg
こんなドラム缶さえ、そして穴ぼこや傷ですらここにあるとまるでアートに見えてしまって、次に続く「こんなもんでインテリアアートかい展」に何だかふさわしいような、、、??。うーむ、このビミョーなオレンジの色味もなっかなかではないですかぁ。

a0202012_19165591.jpg
毎回それぞれの展示物がぐんと引き立つようにディスプレイなさるオーナーshunmeiさんのワザを今回も楽しみにしていましたが、さすがにお見事です。素晴らしい作品の数々は写真では伝えきれませんので、お時間ある方はどうぞ足をお運びください。10月22日(土)までの各木金土です。
a0202012_19172480.jpg
さて、この日はもうひとつの展示会「小野穎子 油絵展」を見にCHUCHUへ行きました。

a0202012_19175186.jpg
いつも様々な展示会で、独特の個性を放つ現代アートを出品なさっていらしたので、今回の作品には意外な感じを受けましたが、自然な作風のものが並んでいました。
a0202012_19181847.jpg
これは少し前にギャラリー伊万里で行われていた「越智壮一 絵画・工芸展」で購入した器です。お抹茶でなくても、カフェオレをたっぷりもいいなぁ、、、煮物やスープにも使ってみたいかも、、、。秋は展示会の季節ですね。東京にいた頃よりこうして美術展を身近で気軽に楽しむようになりました。美術家の方々とのたくさんのご縁も頂いています。

さて、来週末はいよいよ田んぼコンサートです。どうか、晴れますように!

a0202012_19481295.jpg

a0202012_19494129.jpg

[PR]



by makanaluon | 2016-10-07 10:59 | 日々のつれづれ | Comments(2)

日常の中でふと、、、

a0202012_16143684.jpg
窓の外に見えるのは、、、部屋の電灯。

a0202012_12545994.jpg
緑の木立の中に浮かび上がる明かりはふし~ぎな世界に誘ってくれます。

a0202012_16151383.jpg
壁に掛けてあるfumihikoさんの作品にも明かりがくっきり映し出されています。

a0202012_16154278.jpg
ハートの手前にキノコが、、、。かわいいのでこのまましばらく成長を見ることにします。
a0202012_16161530.jpg
これはあまりにも日常の風景だけど、日常的には車ばかりで電車には乗らないし、一時間に一本のタイミングに出くわすことはなかなかないのです。踏切がカンカンカンと鳴って「おっ、珍しいね。」「どっち側から来るんだろう?」なんて言いながら、東京では決してあり得なかったドキドキワクワクの気持ちで電車を待って、思わず車の助手席の窓を開けてカメラを構えてしまうのです。

a0202012_1629166.jpg

a0202012_16294078.jpg

[PR]



by makanaluon | 2016-10-04 06:28 | 日々のつれづれ | Comments(0)

ライアー奏者のつれづれ
by makanaluon
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

プロフィール&リンク

最新のコメント

チャイナカラーワンピース..
by makanaluon at 13:16
おはようございます~ ..
by チャイナカラーワンピース at 09:27
hamano-akiさん..
by makanaluon at 05:35
agrifishさん ナ..
by makanaluon at 06:35
花を愛でる暇もなく、どん..
by agrifishx at 10:55
agrifishさん あ..
by makanaluon at 05:32
お誕生日おめでとうござい..
by agrifishx at 00:33
便利な面と不便な面とだわ..
by makanaluon at 05:47
スマホで投稿してみました..
by agrifishx at 08:31
遊さん 本当にすてきな展..
by makanaluon at 06:17

最新のトラックバック

whilelimitle..
from whilelimitless..
http://www.v..
from http://www.val..
ガウディとグエルが夢見た..
from dezire_photo &..
ライアー奏者・作曲家・ま..
from La Dolce Vita ..
"Keep our Ho..
from La Dolce Vita ..
新しいCD『銀河の岸』完..
from La Dolce Vita ..

検索

ファン

ブログジャンル