タグ:山 ( 2 ) タグの人気記事




桜満開の中高知へ

a0202012_15142199.jpg
桜満開の中、高知へ向かいました。加茂川沿いから始まって、道々のピンクいっぱいに何度も歓声をあげながらドライブ。

まず佐川町の川べりの桜です。やはり桜と水は似合います。
a0202012_15191766.jpg
流れに浮かぶ花びらも美しい。
a0202012_1514495.jpg
そして桜百選にも選ばれたという牧野公園です。
a0202012_15151478.jpg
皆でソフトクリームを食べました。
a0202012_15154786.jpg
天気がよくてよかった!
a0202012_1517320.jpg
色々な桜があることにも驚かされたけれど、花びらの縁がほんのり濃いこの御殿場桜が大好き。
a0202012_15172560.jpg
牧野富太郎が愛したと言うセンダイヤもすてきです。

a0202012_15181176.jpg
山の桜を堪能して降りた所にある「青山文庫」でひろしさんの友人で写真家の篠原真弥さんの展示会を見に寄りました。田んぼコンサートでも「田んぼ八十八景」の写真を撮ってくださっています。

文庫と言っても図書館ではなくて博物館です。色々なイベントがなされているみたいですが、お祭りの時に琵琶の演奏を聴いたことがありました。影絵祭りの時にもこの建物に映し出されますが、お洒落な外観にとてもすてきな映像でうっとり夢のようでした。

お知らせ
ようなる春風ライアーコンサート 4月22日(土)午後2時(1時半開場) 1500円(飲み物、お菓子付き)
予約 090-3189-1094(ようなる 伊藤)

a0202012_924367.jpg

[PR]



by makanaluon | 2017-04-14 06:18 | 日々のつれづれ | Comments(0)

西条あちこちから新居浜へ

a0202012_1124449.jpg
何とな~く「亀」のご縁が続いていて縁起がいいかもです。夏前にすぐそこまでホタルを見に行った帰りに家の前の道を亀がゆ~~っくり歩いていて車が来たら危ないからと庭に入れたせいかしら??

大亀藤栄先生の主催する「縁亀の会」に国際ホテルで演奏した二日後、「五百亀記念館」へ行きました。大きな亀さんに次いで五百もの亀とは、、、そしてさらに遊ぶ亀さんへと続いて行くのですが、伊予銀行からの来年のカレンダーの絵は小倉遊亀さんの絵です。と言うわけで来年も亀さんが吉のご縁を導いてくれるでしょうか。

来年の3.11の復興祈念コンサートをとのことで打ち合わせのために行きました。昨年は神拝公民館で呼んでくださいましたが、またこの日に西条で演奏させて頂けることに感謝です。

ライアーを持参したので会場の様々な場所で弾きながら、館長さん始めスタッフの方々と位置を相談しました。とてもよい響きのスペースです。

3月11日(土)午後5時半から6時半まで 無料 申込みの必要はありません。
ご一緒に思いと祈りを分かち合いましょう。詳細はまた近くなったらお知らせします。

打ち合わせの後、水都市、ブックオフ、雨読堂などでお買い物をしてから次の場所へと向かいました。

a0202012_11251725.jpg
ヘルシーカフェ「ようなる」へ到着!オーナー伊藤さんとは今治のイオンでたまたまお会いしたのが最初でした。ちろりんさんとナルがワインの試飲をしている間にfusakoさんと行ったジュースコーナーに伊藤さんがいらしたのでご紹介頂きました。その時に「うちの二階で演奏して頂きたいです。」と言われて「一度ランチに伺いますね。」と言ったものの行けるタイミングがないままでした。

一度夏にお電話したのですが、ブルーベリー農園も営んでいらっしゃるのでその季節はカフェはお休みでした。「ようなる」とは実がようなるの意味を込めてと言うことですが、漢字にすると「瑤成」で、瑤は美しい玉のことなのでその名を付けられたようです。

a0202012_11255533.jpg
カフェの周りはハーブや、色々な実もなっていてとても自然で気持ちいいです。
a0202012_11492381.jpg
釡の向こうにはレモンがたわわに実ってました。
a0202012_11263443.jpg
納屋を改造してスペースを作られたようですが、二階もあってたっぷりの広さです。明るく溌剌としたものを放つ伊藤さんは、まさに太陽のような女性ですが、ひとりで切り盛りなさっています。
a0202012_11271164.jpg
私たちは窓辺でお食事を頂くことにしました。ゆったりとした心地よい時間が流れて行きます。
a0202012_1129796.jpg
自家製ドレッシングのフレッシュサラダの後、このオードブルが運ばれてきました。クリスマスのイメージでとおっしゃってましたが、とても綺麗ですね。この後メインのプレートにさらにもう一皿魚もあってとても充実したランチです。オーガニックのすっきりした味のコーヒー付きで1280円ですが、300円プラスでデザートが付くとのことでモッチロンお願いしました。絶妙な程よい甘さのふくよかなロールケーキにフルーツが数種類添えられていました。お料理の品数も多く、ひとつひとつ手の込んだもので味わい深かったです。マクロビオティックはヘルシーな分少し地味目かと予想していたけど、まるでフレンチのコースを贅沢に味わったかのようで、かなりの満足度がありました。カフェは水曜から土曜の12時から3時にオープンですが、完全予約制です。

さてお勘定をすませながら「では春にできるよう演奏の機会を考えましょうね。」と立ち去ろうとしましたが、、、思わぬ展開に、、、。
a0202012_1211433.jpg
一階は私たちだけでしたが、二階はグループでいらしてる方たちもあって賑わっている様子でした。伊藤さんは上へとお食事を運んだ際に、既に私たちのことを皆さんにお話もしていらしたようでした。普段は持ち歩かないライアーをこの日はたまたま車に積んでたこともあって、せっかくだからとスペースと響きを見るために二階へと行くことになりました。そして皆さんに演奏を聴いて頂くという流れが自然に生まれたのは思いがけないことでしたが大変喜んで頂けてよかったです。伊藤さんはライアーの音色に涙を流して感激してくださいました。

帰りがけに「だんみかん」をた~~くさん頂きました。石鎚神社のふもとで作られているみかんのようですが、小ぶりでもとっても濃い味でそのおいしさににっこにこ♪
a0202012_11274938.jpg
この後「木星舎」まで車を走らせました。

朝9時過ぎに出た時は午前中の光がまぶしかったのに、帰りにはもう夕陽の時間になりました。幾重にも重なる山並みの美しさは初めて西条を訪れた時に、ナルも私も素晴らしいと思いましたが、何度見ても感動です。このことを時々コンサートでもお話すると、皆さんにとってはあまりに見慣れた風景なので格別に感じたことはなかったと不思議そうな面持ちでおっしゃいます。先日の国際ホテルでの演奏の際にもたまたまその話が出ましたが「当たり前に思っていた、、、」と感慨深げになさってました。

この日の山並みは光の具合のせいかいつもに増して幻想的で美しかったです。

この週は、シェ・タチバナ、今治国際ホテル、ようなると三カ所もでそれぞれ違ったおいしいものを味わいましたが、どこでも「地元のものを使ってます」と言うのが、地方の良さで豊かさですね。ああ、しあわせ~~♪

[PR]



by makanaluon | 2016-12-20 17:00 | 日々のつれづれ | Comments(0)

ライアー奏者のつれづれ
by makanaluon

プロフィール&リンク

最新のコメント

最新のトラックバック

whilelimitle..
from whilelimitless..
http://www.v..
from http://www.val..
ガウディとグエルが夢見た..
from dezire_photo &..
ライアー奏者・作曲家・ま..
from La Dolce Vita ..
"Keep our Ho..
from La Dolce Vita ..
新しいCD『銀河の岸』完..
from La Dolce Vita ..

検索

ファン

ブログジャンル