タグ:光 ( 12 ) タグの人気記事




花たち

a0202012_08013434.jpg
華やかな色合いが部屋に明るさをもたらしてくれます。
a0202012_08021338.jpg
ガーベラだけ集めてみるのもすてき!
a0202012_08024055.jpg
一輪だけでも十分存在感がありますね。
a0202012_08040250.jpg
和の風情のシュウメイギクは障子に似合います。
a0202012_08031185.jpg
ウィンターコスモスは寒さに強いのでしょうね。
a0202012_08050037.jpg
夏の花のテッセンもまだくっきりと美しい色を見せています。
a0202012_08062159.jpg
庭では夏の名残りのハイビスカスが元気色。
a0202012_08070404.jpg
ミニバラたちもまだかわいらしい姿を色とりどりに見せてくれるでしょう。
a0202012_08073649.jpg
裏庭では秋の光を宿したツワブキが満開。
a0202012_08080373.jpg
さていよいよ干し柿作りが始まります。


[PR]



by makanaluon | 2017-11-04 06:40 | 日々のつれづれ | Comments(0)

五月の空の下に

a0202012_1456258.jpg
ジャーマンアイリスが、お洒落なドレスを纏ったように咲いています。

a0202012_14565241.jpg
まるで不思議ないきもののようでもあります。

a0202012_14572377.jpg
イエローのアイリスは五月の光がまぶしそう。
a0202012_14575495.jpg
これはあちこちで見かけるけど、どこから来たのかうちのはたった一本だけど毎年律儀に花開いてくれます。

a0202012_14582066.jpg
他の仲間たちはとっくに去った後、こんなかわいいピンクの姿をもう一度見せてくれてありがとう。
a0202012_14584839.jpg
裏庭のハーブも元気いっぱい。

ところでうちのアマリリスはどれどれ、、、うーん、まだまだ、、、毎年何も世話しないままでごめんね、せめて植木鉢を日向に、、、って鉢の周りの雑草を取り除いたその翌日。

車を降りたナルから「アマリリスもらったよ~」の声。

a0202012_14591486.jpg
どひゃーっ!!!三つも大きなお顔を向けたアマリリスが突然やって来たっ!

a0202012_125141.jpg
モッコウバラもあちこちでたわわの季節ですね。

a0202012_1459404.jpg
五月の空の下でそれぞれの花たちが次の季節へ向かいます。
[PR]



by makanaluon | 2017-05-12 17:20 | 日々のつれづれ | Comments(0)

2017新春

a0202012_13385733.jpg
明けましておめでとうございます。
a0202012_13392194.jpg
東から華やかにクジャクヅルが飛んで来ました。
a0202012_13394482.jpg
何やら新春ツル会談??何を相談しているのでしょうね。
a0202012_1344930.jpg
それぞれがそれぞれの地へ明るい光を届けるために飛び立つようです。

a0202012_1340753.jpg
穏やかで平和な年でありますように。

a0202012_13402629.jpg
水仙が少しまぶしげに新春のうたを歌っています。

今年もどうぞよろしくお願いします。
 まかな&ナル
[PR]



by makanaluon | 2017-01-01 13:47 | 日々のつれづれ | Comments(0)

夏の終わりの睡蓮

a0202012_1123233.jpg
5月から咲いていたこの池の睡蓮は夏一杯楽しませてくれました。
a0202012_11233144.jpg
まだこんなに綺麗です。

a0202012_11235210.jpg
葉裏の茶色が目立って来てはいるけれどその中で様々な表情を見せています。

a0202012_11243977.jpg
水に映る姿もすてきです。

a0202012_11251159.jpg
睡蓮は英語ではウォーターリリーだから水蓮と書くのかと思いきや睡蓮なんですね。でもこの方がずっと詩的です。

a0202012_11254432.jpg
つややかな葉陰に射す光が少しづつ変化しています。

a0202012_1126738.jpg
8月31日の姿だけど、まだたくさん咲いています。三ヶ月以上も見せてくれてありがとう。
a0202012_11263379.jpg
また来年も元気に会えたらいいなぁ。

a0202012_11411881.jpg
[PR]



by makanaluon | 2016-09-01 11:45 | 日々のつれづれ | Comments(0)

山のツツジ

a0202012_9553677.jpg
新居浜の山へとナルが誘われました。お花は見たいけどかなりの山歩きらしいので私はパス。70代80代の方たちの健脚ぶりと気持ちの元気さには驚きます。「まかなさんも行って下で待っていてもいいし、、」なんて気遣ってくれたけど、、、えーっ、この駐車場近辺でいつ帰るともわからない御一行様を、ど、どーやって待つのかしらぁ??ただですら何事も「待てない」体質です。

a0202012_9560100.jpg
気持ちのよい新緑の山道です。
a0202012_9562468.jpg
光がキラキラ。

a0202012_1002287.jpg
ヒカゲツツジの淡いクリーム色がすてきです。
a0202012_9571992.jpg
ミツバツツジは葉が三枚づつになっているんですね。
a0202012_9574123.jpg
うっすらピンクになっているのは兜山。
a0202012_958371.jpg
山の中にお墓があるのは昔はこの辺りにも民家があったからのようです。

a0202012_958286.jpg
西山から見たお山らしいです。

a0202012_9584734.jpg
わぁ、何と綺麗なピンク!
a0202012_10212180.jpg
これがウワサのアケボノツツジ。
a0202012_959735.jpg
マツの緑が何とフレッシュ!
a0202012_12501117.jpg
往復8時間の登山だったようです。マツ、、、いえ、決して待てないから、もし行ったら「歩いてみるわ」って言い出したに違いないので、ナルは帰って来て第一声「ああ、連れて行かなくてよかった、、、かなり歩いて大変だったよ、、、」だからぁ、行きませんてばぁ。これからも私にはどーぞお構いなくナルを誘ってやってくださいまし。なだらかな所をちょいとを歩くとか、おいしいもん食べに行く時は混ぜてくださーい。

(お知らせ)
玉川万葉の森でのイベントの受け付け締め切りは5月13日(金)までと延長されました。
a0202012_14511235.jpg
[PR]



by makanaluon | 2016-05-04 11:55 | 日々のつれづれ | Comments(2)

ティータイム

a0202012_18535520.jpg
久しぶりに翠松苑へ行きました。
a0202012_18542143.jpg
紅梅が咲き始めています。
a0202012_18544189.jpg
例年より早いですね。さてティータイムは、、、
a0202012_18592714.jpg
mihoさんがおいしいコーヒーを入れてくれました。丁寧に煮詰められた金柑が花びらのようでかわいいですね。器とよく似合ってすてきです。しばしの「美術談義(??)」が弾んだなごやかなひとときでした。

a0202012_1855518.jpg
水仙たちは爽やかな顔を向けています。

a0202012_18553166.jpg
茎が途中で折れてしまったのでテーブルに置いた我が家の水仙は窓から射し込む冬の光を受けながらすべての花が開きました。
a0202012_18555673.jpg
マメの花も愛らしいですね。
[PR]



by makanaluon | 2016-01-20 08:19 | 日々のつれづれ | Comments(2)

織りなす色

a0202012_15585469.jpg
窓辺に下げた織物を透かして光が差し込む。

a0202012_15592642.jpg
角度を変えて見上げてみると色も光も変わる。

a0202012_15595978.jpg
長年音楽ワークを続けてきた障がい者の施設「御殿場コロニー」で織られた織物だ。

販売するためではなく、ただ「織る」というだけの作業のもとに作られて行くので、一本はマフラーにするとしたら一体何本できるだろうかという位とてもとても長い。「織姫」というハタ織り機で織っているというご縁から、七夕コンサートの時にステージのディスプレイに使わせてもらった。

そしてその長いものを切ってカーテンに仕立ててみたのだ。

a0202012_1602968.jpg
このように三階への階段を上がった窓辺に吊るしてみた。

a0202012_161175.jpg
そしてこの部屋の窓にも、、。

a0202012_1613175.jpg
こちらの部屋にも、、、。

光が織りなしていく僅かづつの色合いの変化と共に次の季節へと移ろっていく。

春のコンサート
3月2日(日)13時半から カラオケ喫茶ガール(今治市共栄町3-2-25 1F 0898-32-6785) 1000円(コーヒー付き)

4月19日(土) 20日(日)翠松苑(今治市桜井6-1-5) 春の調べへのいざない
14時半から ライアー、チェロ、水琴窟 1500円(水琴窟体験、茶菓子代を含む) 小学生以下無料
  ★コンサートの前に5種類の水琴窟の音色、お茶席、庭をご自由にお楽しみください。(11時開場 水琴窟、茶菓子のみの場合は500円)

(その他)
「ひとり語りの会」 辻邦生「アネモネ」 語り さかもとふみこ

2月28日(金) 昼の部 14時から 夜の部 19時から 2000円(浄明寺 サマディーホール)夜のみ会食参加費500円

★語りのバックでライアーを演奏致します
[PR]



by makanaluon | 2014-02-21 16:57 | 日々のつれづれ | Comments(4)

近くの池

a0202012_15514838.jpg
東への出発寸前に近くの睡蓮の池に行った。スイレンは、「水蓮」ではなくて「睡蓮」であることに何とも詩情をそそられる。

a0202012_15524051.jpg
水に姿を映しながらくっきりと美しい。

a0202012_15532799.jpg
ピンク色の波の音が聴こえる、、

a0202012_15541675.jpg
近くの湿地「蛇越池」にも行った。これはミソハギ。

a0202012_15565161.jpg
サギソウが愛らしい。

a0202012_155529.jpg
羽を大きく広げて、、、

a0202012_1555478.jpg
朝の光の中に舞う。

a0202012_1611550.jpg
突然ですがぁ、、家では毎度おなじみのこんな訪問者たちがなごませてくれる。

a0202012_1623224.jpg
チャーミングなおめめでしょ。

a0202012_1631254.jpg
ふっくらなおてて、、えっと、、はさみ。

a0202012_165484.jpg
ダンスだって踊っちゃう♪イェーイ♪

a0202012_1863447.jpg
東の「ゆりりーの庭」から西の「ゆりりーの庭」へただいま~。東リポートはまたいずれ。
[PR]



by makanaluon | 2013-09-02 21:39 | 日々のつれづれ | Comments(2)

ライアーの音の雫

a0202012_11262296.jpg
お蔭様で七夕コンサートを無事に終えることができました。様々な地域から本当に多くの方たちがいらしてくださいました。準備、当日共に皆さんからたくさんのお力添えも頂きました。

言い尽くせぬ思いでいっぱいの今ですので、写真と共に改めてリポート致しますが、心からの感謝の気持ちに添えて当日お配りした挨拶文に記載した「ライアーの音の雫」を加えさせて頂きます。

    「ライアーの音の雫」
ライアーの音の雫と響きは他の楽器にはない独特のものがあります。一音を空間に放つと音の粒子が空気を伝わって次の音を呼び覚ましながら、静かに「音の旅」を始めます。この不思議な「静けさ」は今までピアノやハープなど様々な楽器を体験してきた私には、初めての「音体験」でした。もしかすると、自然界の中に潜む静けさの時間にも似ているような気もします。

ライアーの演奏を聴いてくださる方たちが時々「懐かしい・・・」という表現をなさるように、誰の中にもある「ふるさと」の感覚に繋がる響きなのかもしれません。

そして、作曲する時も演奏する時も、私が音を創り出していくというより、音の源からやって来たものがイノチを帯びて「生まれて来る」のです。

「静かに耳をすませる」ということの少なくなった世の中に、この澄んだライアーの響きが、ひとりひとりの胸に沁み込むように届きながら、そのことの大切さを思い起こさせてくれることでしょう。光が射し込み、水が流れ、風がわたるように、ライアーの音の雫と共に、ささやかながら少しでもそのことにお役に立てるなら幸いです。
[PR]



by makanaluon | 2013-07-08 09:41 | ライアー | Comments(2)

ひふみ祝詞

a0202012_11433696.jpg
引っ越してまもなくのこと、西条にお住いの片桐啓子さんから「ひふみ祝詞を作曲なさいね」と言われながらも、これは今までの作曲とは違ったものであると思い、いささかためらいがありました。

数年前、瞑想をしていると突然まばゆい光と共にメロディと言葉が流れて来て、その後少ししてから伊勢へ赴くご縁を頂きました。その時に遥かからやって来たメロディと言葉のままにまとめたのが「祝福の時」(
CD「Listen to the Wind」に収録)で、それは私の中ではひとつの「祝詞」のように位置しています。

その後、南阿蘇の幣立神宮へとご縁が繋がり、「祝福の時」を奉納演奏させて頂きました。その時に私のライアーを持って神社への階段を昇ってくれたのが今回の引っ越しに際して大変お世話になったmasatoさんです。

ひふみ祝詞」が幣立神宮の石に刻まれていることも知って、大いなる流れの道筋がここへと続いていることを思い、作曲させて頂く決心を致しましたが、それでも通常のようにライアーを持って五線紙を目の前に置くという姿勢には、なぜか、なかなかなりませんでした。

暑い夏が過ぎて秋風が吹く頃、ある日突然メロディが訪れたので、ライアーを膝の上に置いてみると「ひふみ祝詞」は自然に生まれたのでした。

a0202012_114479.jpg
その後「ひふみ祝詞」をコンサートで演奏させて頂くたびに、YouTubeやCDでぜひとの声が思いがけずも多く寄せられました。ある日、CDを購入したいと、わざわざ我が家にいらしてくれた方が「ひふみ祝詞の入ったCDをください、、」とおっしゃったことにも驚きました。その時点では作曲したばかりでしたので、もちろん何も形になっていませんでした。

片桐さんのお話によると、「ひふみ祝詞は自然の流れに戻す。気血の巡りをよくする。」とのことです。

そこで竹浪明さんに映像をお願いすると快諾してくださり、すぐに東京での撮影を始めてくださいました。その後、愛媛へいらしてくださることになり、「にじのわライブ」でコラボをした際に、こちらでも多伎神社仙遊寺法華寺桜井の浜辺などで撮影を続けてくださって大変美しい映像が出来上がりました。

一方、私は12月に上京した時に、今までCDの製作をお願いして来た パル音楽産業のスタジオで録音をすることができて、このような流れの上に、「ひふみ祝詞」がYouTubeにアップされる運びになりました。きっかけを与えてくださった片桐啓子さん、そして多くの皆様方のお気持ち、それを見事に具体化してくださった竹浪明さん、「少しでもまかなさんの気持ちになって整音しました。」とおっしゃったサウンドクリエーターの中村純一さん他、たくさんの方々のご支援とお力添えに言い尽くせぬ感謝の思いが込み上げます。

透明な水や光などがきらきらと揺らめき反射して行くとても綺麗な映像です。水車、かざぐるま、貝、クリスタルなどが廻りながら、いのち、魂のめぐりも感じさせてくれます。

そしてこの写真の多伎神社で、2013年0時より「祝福の時」と「ひふみ祝詞」を奉納演奏させて頂くという素晴らしい幕開けとなりました。

YouTubeはコチラ

新春ライアーコンサート 1月20日(日)14時~  朝倉ふるさと美術古墳館
  大人 1000円  小学生 500円

新しい春に「祝福の時」「ひふみ祝詞」を平安への祈りを込めて奏でたいと思います。

a0202012_12303281.jpg
既に「ひふみ祝詞」をYouTubeでご覧頂いている方たちからは音楽、映像共に大変ご好評を頂いています。海外の友人たちも日本的な情緒の映像と共にとても喜んでくれています。有難いことにCDのリクエストもたくさん頂いているのですが、前回のCD「しあわせの岸」の完成からまだ半年ですので、次のお約束はしきれない状況です。しかしこれは通常の楽曲とは違った所に位置すると思われますので、できれば一曲だけのものにしたいと考えましたが、今はシングル盤というものがないそうです。そこでやむなく、手作りで一曲だけ収めてこのように製作したものを、ご希望の方にはワンコインでお分けさせて頂くように致しましたので、あしからずご了承ください。

2月7日(木) 14:30~ 石鎚神社 本社 御本殿にて、「ひふみ祝詞」他を奉納演奏させて頂きます。そのために一連の儀式をきちんとしてくださるようです。もしよろしかったらご参列ください。
[PR]



by makanaluon | 2013-01-14 19:09 | 演奏 | Comments(0)

ライアー奏者のつれづれ
by makanaluon
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

プロフィール&リンク

最新のコメント

agrifishさん で..
by makanaluon at 07:09
咲子です。 はるくんの..
by agrifishx at 12:24
遊さん 貴重な展示会をあ..
by makanaluon at 19:11
PR有難うございます 昨..
by ギャラリー遊 at 08:14
チャイナカラーワンピース..
by makanaluon at 13:16
おはようございます~ ..
by チャイナカラーワンピース at 09:27
hamano-akiさん..
by makanaluon at 05:35
agrifishさん ナ..
by makanaluon at 06:35
花を愛でる暇もなく、どん..
by agrifishx at 10:55
agrifishさん あ..
by makanaluon at 05:32

最新のトラックバック

whilelimitle..
from whilelimitless..
http://www.v..
from http://www.val..
ガウディとグエルが夢見た..
from dezire_photo &..
ライアー奏者・作曲家・ま..
from La Dolce Vita ..
"Keep our Ho..
from La Dolce Vita ..
新しいCD『銀河の岸』完..
from La Dolce Vita ..

検索

ファン

ブログジャンル