タグ:今治 ( 45 ) タグの人気記事




そば打ちの会

a0202012_08225471.jpg
そば打ちの会に誘われて西条に向かいました。コンビニで待ち合わせながら向こうに見る石鎚山です。角度によって全く違う形ですが、この辺まではやはり観音様が仰向いて寝ていらっしゃる姿に見えます。
a0202012_08232888.jpg
初参加の私たちもご夫妻は快く迎えてくださいました。

町田に住んでいた家の近くの一面のソバ畑も懐かしく思い出しました。東京ではソバが主流だったけど愛媛に来てからは圧倒的にうどんなのでこの日はとても嬉しい機会です。
a0202012_08240439.jpg
ナルはこねるのをちょっと試しています。私も一応エプロンを付けたけど全く出る幕はありません。
a0202012_08243725.jpg
すぐにご主人にタッチしてその見事な職人技を眺めます。
a0202012_08251269.jpg
きれいに薄くなりました。「ソバが風邪をひかないように」しっとりした状態を保つためにかなり手早くしなければなりません。乾いてひびが入った状態が「ソバの風邪ひき」なんですねぇ。
a0202012_08254729.jpg
棒を使いながらさらに薄くのして行きます。
a0202012_08262871.jpg
くるくるくる、、、
a0202012_08270425.jpg
反物のようにたたまれました。
a0202012_08273197.jpg
いよいよ細く切られて行きます。
a0202012_08280239.jpg
要領よくまとめる所作も美しい。
a0202012_08283543.jpg
私は二枚プラスちょっと、ナルは三枚もおいしい手打ちそばを堪能しました。昔むか~し、ナルがソバの打ち方を習いに行って出来上がって来たぼそぼそのソバのイメージとは全く違います。
a0202012_08290443.jpg
お庭から見える風景はのどかで、石鎚山の姿もいつも今治の方から見慣れているのとは少し違います。
a0202012_08293301.jpg
お腹いっぱいになった後は、お庭のみかんを採っていいと言ってくださって、みかんに目がない私としては嬉々として外に出ました。ああ、愛媛に来てよかったと思える季節の到来です。

さらに鈴なりのキウイと、おそばのおみやげまで頂いてにっこにこで帰り道に着きました。お腹も心も満たされる豊かな時間が過ごせたことに感謝です。

この日のことをご紹介くださったのはギャラリー伊万里さんなのですが、大切なお知らせがあります。

実は今年いっぱいでギャラリー伊万里は閉じられることになりました。最後の個展となる「川畑宜士展」(12月2日~10日)では作品のモチーフとなった人形やおおちゃも展示されます。

オープニング演奏(まかな瑠音、NALU)2日(土)17時から 演奏後サンドイッチ、コーヒー付きパーティがあります。 無料


[PR]



by makanaluon | 2017-11-16 17:56 | 日々のつれづれ | Comments(0)

芸術の秋

a0202012_08175158.jpg

芸術の秋にふさわしく美術展をあちこち巡っています。玉川近代美術館での「香月泰男美術館展」は画家が身近なものに注ぐ愛情が伝わって来る素晴らしい作品の数々を堪能しました。9月に「竹あかりライアーコンサート」を行った交流館での講演会「香月泰男の生涯と芸術」についての講演会も聞きました。壁には画家の様々な言葉も書かれていて興味深いです。


「一瞬に一生をかけることもある。一生が一瞬に思える時があるだろう。」


12月3日(日)まで開催しています。

a0202012_08182270.jpg

あれっ、ナルさん、何しているんでしょう??河野美術館での「セコイア展」に行ったのですが、、、まだ準備中でしたぁ。初日は午後からだった案内を見落としてました。今回は「立体」というテーマに沿ってそれぞれの作品を製作とのこと。川畑宜士先生はレコードのジャケットを切って立てる作業中でしたが、うまく立たないとのことでナルがちょっとお手伝いしました。

「ではまた午後来まーす。」と言うことで一旦ランチに出掛けました。すると、以前に川畑先生とお話していたお店にたまたま出くわしたので寄ってみることにしました。

ジブリ映画「風立ちぬ」にも登場した懐かしい昭和なお菓子シベリアのことを話した時に先生が「もしかしてあそこの店ならあるかも、、、」とおっしゃっていたのです。カステラの間に羊羹がはさんである三角形のお菓子は、昔はハイカラだったけどついぞ見かけなくなりました。

a0202012_08184882.jpg

昭和の雰囲気がぷんぷん匂う「カナリヤ」です。「カナリア」でなくて「カナリヤ」と言うのも尚更レトロっぽい。カナリヤという鳥も戦後のささやかな贅沢さのステイタスのようなものでもありました。当時は十姉妹や文鳥を飼ってる家庭が多い中で、カナリヤは黄金色に輝いていたわけです。隣のおじいちゃんが縁側で飼っていたカナリヤが実によく囀っていたことを思い出します。

さて、お店の中は雑多に色々な物が置かれていて、何のお店か一見わかりにくいですが、和菓子が専門のようです。くだんのシベリアはなかったけれど、どら焼き、吹雪、ロールケーキを購入。とっても安くてとってもおいしかった!シベリアが置いてあったら確かに似合いそうな店だけど、ロールケーキ一本550円も有難いお値段。生クリームではなくてうっすらジャムが入っている健やかな味でした。

a0202012_08194444.jpg

ランチの後、河野美術館へ戻る前におなじみのSPACE SACRAへ「智内兄助展」を見に行きました。今治市出身で国際的に活躍なさっている人気作家ですが、今回は市内で作品を愛蔵している方たちのものが出品されました。

a0202012_08200893.jpg
写真は撮ってもオーケーだと言うことでしたが、これは「雪の盆」と言うタイトルのかなり大きいリトグラフです。スペースいっぱいに広がるその独特な世界を味わいました。

さて河野美術館に戻りましょう。

a0202012_08203986.jpg
薦田登志夫先生の作品です。先生のギャラリー「ウッドブロック」では「クリスマスコンサート」をさせて頂いたことがあります。先程は準備中にも拘わらずにこやかに「歓迎です」と言ってくださったことにやさしさを感じました。

イタリアの風景からの版画も出品なさっていました、今回の「立体」のテーマに沿ってその版画の中の兵士が飛び出して立体作品の中に座っているという風に連携させたようです。パソコンの周りにあるものなどを利用して製作した見応えのある作品です。あっ、シルバーになったマウスも!


先生は以前の「セコイア展」のテーマが「響き」だった時に、「残響」と言うタイトルでライアーの音のイメージを版画にしてくださいました。その作品は音が森の中から木漏れ日に乗って響いて来るように感じたので「森の奥から」と題して作曲したのですが、まだ未発表です。そのうちに皆さんに聴いて頂ける機会があればと思います。


この後薦田先生は11月11日から18日までSPACE SACRAで木版画の展示会をなさるのでそれも楽しみです。

a0202012_08210459.jpg
ギャラリー「CHUCHU」の小野穎子さんの作品はいつも明るく楽しいです。そうそうこの日の前日、CHUCHUの展示会でたまたまお会いしたことがきっかけで演奏会を開催してくださった能楽師大亀藤栄先生が、来年二月の「今治総合芸能祭」のコラボの打ち合わせにいらっしゃいました。
a0202012_12080806.jpg
能とライアーの初コラボはどんな風になるでしょうか??普段は自分の呼吸で演奏しているので、能のタイミングと間合いに合わせるのが難しそうです。

芸術の秋はまだまだこの先SACRA、伊万里、遊などでも盛りだくさんに続いて行きます。演奏をしたり聴いたり、展示会にあちこち出掛けたりしながら芸術の秋は深まって行きます。あっ、11月22日からのアンフィールでの「川畑宜士展」にも行かなくては、、、。














[PR]



by makanaluon | 2017-11-09 06:15 | 日々のつれづれ | Comments(0)

虹の光

a0202012_16092537.jpg
お部屋に虹のかけらがいっぱーい!階段の壁にも、、、
a0202012_16095517.jpg
キッチンの壁にも、、、しあわせな午後の時間です。
a0202012_16103497.jpg
天井にも小さな虹が走る、走る!!!
a0202012_16111432.jpg
ほらっ、ハープにもこんな風にね。ぽろ~んぽろ~んと奏でる指にも虹の光が宿ります。
a0202012_16115692.jpg
楽譜にも、、、
a0202012_16122247.jpg
窓辺のサンキャッチャーがしあわせな虹の光を呼び込んでくれるのです。
a0202012_18214955.jpg
この虹の光は我が家ではありません。どこでしょう?
a0202012_18221322.jpg
くっきり綺麗ですねぇ。
a0202012_18224783.jpg
今治城が見える所ですよ。

ラヂバリ15周年交流会に参加するために「はーばりー」にやって来たのです。
a0202012_18232262.jpg
ラヂバリパーソナリティとしてもおなじみのちろりんさんです。開局半年後からと言う長寿番組を、収録ではなくて生放送で続けています。プログラムのトップで声高らかに歌い上げました。
a0202012_18255752.jpg
パーソナリティ名はほまーゆんの近藤さんです。ほまーゆんってどういう意味かと思ったらペルシャの旋法だったんですねぇ。番組は民族音楽が中心のようですがクラシック曲を美しく奏でました。
a0202012_18263181.jpg
元気よくダンスして歌うゆかさんの番組にも出演させて頂いたことがあります。大野夏織さんのヴァイオリンと共に生でライアーを弾いたのでした。

おいしいお料理の数々には、夢中になって食いしん坊ぶりを発揮したのみで写真はありませ~ん。お腹いっぱい食べてデザートもたっぷり味わったその後にも、メチャうまカレーをお代わり~!

[PR]



by makanaluon | 2017-11-06 07:15 | 日々のつれづれ | Comments(0)

はーばりーへ

a0202012_1463799.jpg
「はーばりー」の建物はいつも車の中から見てはいたけど降りてここまで来たのは初めてです。

a0202012_1472473.jpg
長~いですねぇ。
a0202012_1483810.jpg
反対側から船の形の全形を見てみましょう。

a0202012_1491157.jpg
フェリー乗り場です。天気がよかったので青い空と赤のコントラストがくっきり!
a0202012_1495177.jpg
モッチロン来島海峡大橋が見えますよ。

a0202012_14202693.jpg
何となくレトロな雰囲気。

a0202012_1411839.jpg
建物に入るとみきゃんツリーがお出迎え。
a0202012_14113624.jpg
この日はラヂバリ出演のためにやって来たのでした。「今治ブログウォーカー」のスマイルプレゼンター貴さんが呼んでくださいました。ラヂバリ出演は6回目ですが以前のスタジオだったのでこちらでは初めてなのです。予めブログを読んで選んでくださっていた、玉川近代美術館での「竹あかりライアーコンサート」とそしてラヂバリパーソナリティのちろりんさんたちと一緒に見に行った桜井の夏祭り「わら船渡御」について話しました。

スタジオにいらした方が「あっ、まかなさん、玉川のはとても好評のようでしたね。」と声をかけてくださいました。

放送時間は、9月18日(月)夕方5時からと20日(水)朝7時半からです。パソコンやスマホからも聞けます。

a0202012_1412362.jpg
収録の間ナルが待っていたのは、COFEE STAND「TERMINAL01」です。ナルの大好きなコーヒーと本が色々置いてあるのでもってこいの場所です。
[PR]



by makanaluon | 2017-09-14 12:30 | 日々のつれづれ | Comments(0)

アート&クラフト暁にて

a0202012_10112496.jpg
趣きのある古民家はアート&クラフト暁です。井川惺亮さんの展示会「土間と畑の森」のオープニングに行きました。
a0202012_10124594.jpg
駐車場から始まりますよ。こんな風にカラフルなロープをインスタレーションとして施してあります。キノコもいい役割をしていますね。

a0202012_10132137.jpg
「世界一小さな森」と川畑先生から聞いていました。今回は「暁」のオーナーが丹精込められて育成している「畑の森」と井川さんのインスタレーションのコラボです。
a0202012_1014299.jpg
身体をかがめて通る所が幾つかありますが「くぐって行く」と言うのはわくわくするものです。
a0202012_10143313.jpg
緑とロープが歩みを先へといざないます。
a0202012_10145971.jpg
こんにちは~。花たちも笑顔で迎えてくれます。
a0202012_10154044.jpg
「森」を堪能して外へ出るとさっきは気が付かなかったザクロがいい表情を見せています。
a0202012_1016814.jpg
田んぼの横にはサフランモドキ(何ですってね)がやさしげです。
a0202012_10164487.jpg
戻る道々では何となく行きとは感覚や見方が変化したようで、花も虫もまるでインスタレーションのひとつにさえ見えて来ます。夥しい数のセミでした。
a0202012_1017121.jpg
あっ、小さな小さなカエルさん!

a0202012_101737100.jpg
ユリもあちこちそちこち我が家でもいっぱいの今日この頃です。
a0202012_1018222.jpg
さて、「畑の森」ともうひとつのテーマの「土間」から入って行きましょう。
a0202012_10183341.jpg
古い日本家屋にカラフルな作品が不思議と似合います。
a0202012_1018579.jpg
掛け軸も明るい色合いです。

a0202012_10192730.jpg
オーナーの心づくしのお料理が次々と並びます。
a0202012_10194894.jpg
お祝いにライアーを演奏させて頂きました。
a0202012_10201118.jpg
これはこの日にいらした絵本作家の長野ヒデ子さんの作品ですが、思いがけずプレゼントしてくださいました。実は前日にも長野さんと河野美術館でお会いしています。井川さんを含むギャラリートークを聞いていた時に後ろの席から、私とはわからずに「素敵なイヤリングをしている人がいる」と見てくれていたそうです。この所何種類も作ってもらって愛用しているイヤーフックのひとつでした。ご挨拶した時に誉めてくださったので差し上げたらそのお礼にと絵本をくださったのでした。

長野さんは神奈川にお住まいですが、実はナルが司書だった時に講演会をお願いしたり、資料を探すお手伝いをしたことがある方なのです。今治出身ということも知っていましたが、こちらへ引っ越してから長い年月を経て再会できたことは嬉しい驚きでした。今治での長野さんの講演会の際にライアー演奏もさせて頂いたこともあります。新しいご縁も様々に紡がれて行く一方で、こうした思いがけない再会のご縁にも深い感慨があります。

「1ぽんでもにんじん」はとても楽しい絵本で、最後まで行くとまたもう一度最初から読みたくなると言うふしぎな力を持っています。

彩り豊かな作品とおいしいお料理の数々にしあわせな気持ちになる展示会でしたが、絵本がさらにハッピーさを増してくれました。

お知らせ
「竹あかりライアーコンサート」
9月2日(土)18時~19時 無料 要予約 0898-55-2211(玉川近代美術館)

ワークショップや様々な出店もされます。17時30分から美過疎通り(ピカソ通り)に竹あかりが灯されるとバンブーナイトのオープニングです。コスプレのかぐや姫も登場するようですが、お姫様たちも大募集されるようなのでドレス姿で参加されたら楽しいと思います。

a0202012_7293410.jpg

[PR]



by makanaluon | 2017-08-16 06:45 | 演奏 | Comments(2)

カラムスのコンサート

a0202012_13144815.jpg
綱敷天満神社の松の木ですが、根元に何か置いてありますよ。

a0202012_13151487.jpg
翠松苑でカラムスのコンサートが行われるというお知らせボードです。
a0202012_13153552.jpg
松林を通って行くと翠松苑の入り口があります。
a0202012_13161532.jpg
こちらは裏口ですがここから入ります。
a0202012_13164153.jpg
花たちに迎えられながら小道を歩いて進みます。
a0202012_1317234.jpg
ここで行った二回のライアーコンサートに懐かしく思いを馳せながら庭をぐるりと散策しているとカラムスのお二人に出会ったのでご挨拶しました。

「こんにちは~。まかな瑠音です。」「ああ、お名前は伺ってました。いらして頂けるだけで嬉しいです。」とさわやかにおっしゃってくださいました。

「私、昔マリンバに憧れていたんです。でも選ばなかった理由は、立って演奏するより座って弾く楽器の方が年とってもできるかなと思ったんです。」と言ういきさつはホントウだけど、実は座って演奏するマリンバもできたと伺ってびっくり!

いずれにせよ幼い頃からずっと思いのあった楽器なので、この日をとても楽しみにしていました。
a0202012_13192477.jpg
自然で楽しいトークを交えながら息の合った熱演がパワフルに繰り広げられました。

途中小さなお子さんが、少し飽きてしまった様子を気遣いながらプログラムにはなかった「アンパンマンのマーチ」を軽やかに演奏してくれた配慮に温かさを感じました。ふつーのシンプルな曲をコンサートにふさわしくアレンジするのはなかなか難しくて、私がいつも悩む所です。元々ダイナミックに展開して行ける可能性のあるメロディーを持つ曲はそれだけでもサマになりますが、アンパンマンを子供っぽくもなく、鮮やかに聴かせてくれたお二人に、やさしさと共にホンモノの実力を感じました。
a0202012_13195377.jpg
太鼓も響かせながらエネルギッシュにリズミカルに空間が熱く弾けました。皆、惹き込まれるように耳を傾けながら、一曲ごとにまるでアンコールのような長い拍手が送られました。

友人たちもそれぞれに「誘ってくれて本当によかった。またぜひ聴きたい。」とのことで私も嬉しくなりました。
a0202012_13201788.jpg
あれーーっ??ふふふ、モチロン初めてですが、貴重な楽器に触れさせて頂けてありがとうございました。ビブラフォンは大雑把に捉えると、スチール弦で残音の長いライアーの響きにちょっと似ています。何となく「木漏れ日の路地」が似合うかなぁとポロ~ンポロ~ン♪
a0202012_13204325.jpg
そして憧れのマリンバ!5、6歳の頃木琴が大好きでした。いつもちょっと工夫あるものをプレゼントしてくれていた叔父がくれた木琴は折り畳み式でした。ピンクのケースに入っていて、そのままパタンと鍵盤を閉じると鞄のようになりました。今でこそ珍しいものではないでしょうが、はる~~か昔のことですからねぇ。

よく弾いてたのは「アメリカンパトロール」。イントロの「タララーンタララーン、、、、♪」ってのがかっこいいと思って得意になっていたものでした。でも半音は付いてなかったのでもどかしさを感じつつ半音は空で叩きながら、それでもご機嫌でした。

このマリンバはとても長いし、うっとり美しい音です。
a0202012_1455680.jpg
あれよあれよと言う間にこんな風に分解してコンパクトにしまって行くのを感心しつつ見とれてしまいました。それでもかなりの重量だし、あちこちへとたくさんのコンサートと、しかも場によって内容の違うプログラムで膨大な曲数を全力でこなして行くお二人はあっぱれ!!!
a0202012_13211265.jpg
そしてカラムスのお二人も含んで12名で南蛮亭でカンパーイ!焼き鳥は今治のソウルフードだけど今治風のジュッと鉄板で焼くのではなくて串焼きです。とてもさっぱりしていて実に美味。素晴らしいコンサートの余韻の中でなごやかなひとときを分かち合えました。

[PR]



by makanaluon | 2017-07-01 06:30 | 日々のつれづれ | Comments(0)

済生会での演奏

a0202012_13402441.jpg
腎友会の30周年記念ということで今治の済生会病院で演奏させて頂きました。

「皆さんこんにちは~。5年前の丁度今頃、今治へ引っ越して来ました。ウグイスたちに歓迎されて、今の時期は家の真正面の位置に太陽が来ているので窓から見る海のサンライズに感動でした。色々な場所で演奏させて頂きながらたくさんの方たちと出会うことができました。」
a0202012_13405194.jpg
皆さんと一緒に「花は咲く」「瀬戸の花嫁」を歌いました。
a0202012_13411632.jpg
「本当に音の雫という感じの音色ですね。」と言われました。

a0202012_13414351.jpg
たくさんのご縁を頂きながらここまで来られたことに改めて感謝です。六年目に入る今治での日々はどんな風に展開されて行くのでしょうか?今後ともよろしくお願い致します。

お知らせ
a0202012_14374486.jpg

[PR]



by makanaluon | 2017-05-15 14:36 | 演奏 | Comments(0)

佐田岬へ

a0202012_11325296.jpg
ロクが今治にいる間にもう少し一緒に旅を続けます。サイドミラーに写るロク、ふふふ、オモシロイ。
a0202012_11332291.jpg
ふたみシーサイド公園の静かな朝です。ここはまだ東京在住の頃来たことがありました。松山の人の運転する車で、皆で三崎からフェリーで大分に渡り、その後南阿蘇の幣立神宮でライアーを奉納演奏すると言う算段を整えていてくれたのでした。

「夕陽が綺麗な所」と聞きながら「見たいけどまた来られることがあるかしら、、」と思ったけれど、その後思いもかけず愛媛に来て、その美しい夕陽を見た時にはとても感慨深かったです。
a0202012_11334580.jpg
長浜大橋、通称赤橋を通ります。東京で馴染みの深かった可動橋と言えば勝鬨橋だけどもう動いていません。これは現在も動いている橋の中では日本最古の橋なんですね。

a0202012_1134768.jpg
本日の目的は佐田岬へのドライブをして四国最西端へ行ってみようというわけで日本一長い半島をひた走ります。あちこちそちこち菜の花が満開!以前にゴーシュさんが来た時は一面の山桜が見事だったようだけど、今回はその季節とは違ってこんな桜が道々咲いてました。
a0202012_11342942.jpg
ピンクの色がとても綺麗です。
a0202012_1135175.jpg
駐車場から灯台までの道はこんな風に整備されているけれど、1.8キロと長いし、アップダウンがあるのでハードです。

a0202012_11352673.jpg
途中、展望台から下を眺めます。
a0202012_11382436.jpg
風に吹かれているロク。
a0202012_11384770.jpg
灯台まではまだまだ、、、。
a0202012_1139769.jpg
遂に四国最西端!後で知ったことだけど、いつもハープを運んでくださるmurakamiさんのお爺さんが何とここの燈台守だったそうな。

半島の先っぽに立つのは格別な思いが沸き上がるものです。初めて房総半島で関東最南端の先っぽに立った時も不思議な感動があったけど、愛媛最北端の大角鼻に立つ時だっていつもワクワクします。こうなったら、そう、四国最南端足摺岬にも行かなきゃね~。
a0202012_11395929.jpg
お腹を満たしてから再びふたみシーサイド公園に戻ると、朝よりも海が青々していました。

a0202012_11411747.jpg
さてゴーシュさん&ロクの歓迎会の始まりです。前日に声かけして10名が集い、あっと言う間にこんなにゴージャスなごちそうが並びました。

a0202012_11414110.jpg
tomikoさんがお庭から採って来てくださったお花が、場とひとときを彩ってくれました。

お知らせ
ようなる春風ライアーコンサート 4月22日(土)午後2時(1時半開場) 1500円(飲み物、お菓子付き)
予約 090-3189-1094(ようなる 伊藤)

a0202012_924367.jpg

[PR]



by makanaluon | 2017-04-08 06:10 | 日々のつれづれ | Comments(0)

西条あちこちから新居浜へ

a0202012_1124449.jpg
何とな~く「亀」のご縁が続いていて縁起がいいかもです。夏前にすぐそこまでホタルを見に行った帰りに家の前の道を亀がゆ~~っくり歩いていて車が来たら危ないからと庭に入れたせいかしら??

大亀藤栄先生の主催する「縁亀の会」に国際ホテルで演奏した二日後、「五百亀記念館」へ行きました。大きな亀さんに次いで五百もの亀とは、、、そしてさらに遊ぶ亀さんへと続いて行くのですが、伊予銀行からの来年のカレンダーの絵は小倉遊亀さんの絵です。と言うわけで来年も亀さんが吉のご縁を導いてくれるでしょうか。

来年の3.11の復興祈念コンサートをとのことで打ち合わせのために行きました。昨年は神拝公民館で呼んでくださいましたが、またこの日に西条で演奏させて頂けることに感謝です。

ライアーを持参したので会場の様々な場所で弾きながら、館長さん始めスタッフの方々と位置を相談しました。とてもよい響きのスペースです。

3月11日(土)午後5時半から6時半まで 無料 申込みの必要はありません。
ご一緒に思いと祈りを分かち合いましょう。詳細はまた近くなったらお知らせします。

打ち合わせの後、水都市、ブックオフ、雨読堂などでお買い物をしてから次の場所へと向かいました。

a0202012_11251725.jpg
ヘルシーカフェ「ようなる」へ到着!オーナー伊藤さんとは今治のイオンでたまたまお会いしたのが最初でした。ちろりんさんとナルがワインの試飲をしている間にfusakoさんと行ったジュースコーナーに伊藤さんがいらしたのでご紹介頂きました。その時に「うちの二階で演奏して頂きたいです。」と言われて「一度ランチに伺いますね。」と言ったものの行けるタイミングがないままでした。

一度夏にお電話したのですが、ブルーベリー農園も営んでいらっしゃるのでその季節はカフェはお休みでした。「ようなる」とは実がようなるの意味を込めてと言うことですが、漢字にすると「瑤成」で、瑤は美しい玉のことなのでその名を付けられたようです。

a0202012_11255533.jpg
カフェの周りはハーブや、色々な実もなっていてとても自然で気持ちいいです。
a0202012_11492381.jpg
釡の向こうにはレモンがたわわに実ってました。
a0202012_11263443.jpg
納屋を改造してスペースを作られたようですが、二階もあってたっぷりの広さです。明るく溌剌としたものを放つ伊藤さんは、まさに太陽のような女性ですが、ひとりで切り盛りなさっています。
a0202012_11271164.jpg
私たちは窓辺でお食事を頂くことにしました。ゆったりとした心地よい時間が流れて行きます。
a0202012_1129796.jpg
自家製ドレッシングのフレッシュサラダの後、このオードブルが運ばれてきました。クリスマスのイメージでとおっしゃってましたが、とても綺麗ですね。この後メインのプレートにさらにもう一皿魚もあってとても充実したランチです。オーガニックのすっきりした味のコーヒー付きで1280円ですが、300円プラスでデザートが付くとのことでモッチロンお願いしました。絶妙な程よい甘さのふくよかなロールケーキにフルーツが数種類添えられていました。お料理の品数も多く、ひとつひとつ手の込んだもので味わい深かったです。マクロビオティックはヘルシーな分少し地味目かと予想していたけど、まるでフレンチのコースを贅沢に味わったかのようで、かなりの満足度がありました。カフェは水曜から土曜の12時から3時にオープンですが、完全予約制です。

さてお勘定をすませながら「では春にできるよう演奏の機会を考えましょうね。」と立ち去ろうとしましたが、、、思わぬ展開に、、、。
a0202012_1211433.jpg
一階は私たちだけでしたが、二階はグループでいらしてる方たちもあって賑わっている様子でした。伊藤さんは上へとお食事を運んだ際に、既に私たちのことを皆さんにお話もしていらしたようでした。普段は持ち歩かないライアーをこの日はたまたま車に積んでたこともあって、せっかくだからとスペースと響きを見るために二階へと行くことになりました。そして皆さんに演奏を聴いて頂くという流れが自然に生まれたのは思いがけないことでしたが大変喜んで頂けてよかったです。伊藤さんはライアーの音色に涙を流して感激してくださいました。

帰りがけに「だんみかん」をた~~くさん頂きました。石鎚神社のふもとで作られているみかんのようですが、小ぶりでもとっても濃い味でそのおいしさににっこにこ♪
a0202012_11274938.jpg
この後「木星舎」まで車を走らせました。

朝9時過ぎに出た時は午前中の光がまぶしかったのに、帰りにはもう夕陽の時間になりました。幾重にも重なる山並みの美しさは初めて西条を訪れた時に、ナルも私も素晴らしいと思いましたが、何度見ても感動です。このことを時々コンサートでもお話すると、皆さんにとってはあまりに見慣れた風景なので格別に感じたことはなかったと不思議そうな面持ちでおっしゃいます。先日の国際ホテルでの演奏の際にもたまたまその話が出ましたが「当たり前に思っていた、、、」と感慨深げになさってました。

この日の山並みは光の具合のせいかいつもに増して幻想的で美しかったです。

この週は、シェ・タチバナ、今治国際ホテル、ようなると三カ所もでそれぞれ違ったおいしいものを味わいましたが、どこでも「地元のものを使ってます」と言うのが、地方の良さで豊かさですね。ああ、しあわせ~~♪

[PR]



by makanaluon | 2016-12-20 17:00 | 日々のつれづれ | Comments(0)

のどかなお出かけ

a0202012_89212.jpg
shinoちゃんに誘ってもらってちょうど一年ぶりにやって来たシェ・タチバナです。とても心地よい木造の建物です。

a0202012_862027.jpg
瀬戸内は海を見ながらお食事ができるレストランがあちこちにあるからいいですね。かけがえのない豊かな時間がゆったりと流れて行きます。

もう一人shinoちゃんのお友達もご一緒でしたがこの二人はこちらでの最初のライブから来てくれています。「4年半たったのね、、、」「もう10年くらいいるみたいよね。」「そうね、盛りだくさんさは10年分くらいの感じはあるけど、、、まだ4年半かと言うのと、もう4年半たったかの両方の思いがあるわ。」
a0202012_8253356.jpg
美しいオードブルから始まって、アンネイイモのスープ、ふっくらな鯛、伊予牛とどれも絶品の味わいに大満足。
a0202012_895663.jpg
さて、一旦今治に戻って一休みしてからもう一か所お出かけした所は、、、丹原は来見ののどかな風景です。
a0202012_81037100.jpg
shinoちゃんが行ってみたかった場所は、、、
a0202012_8295358.jpg
ちろりん農園です。先日うちで、ちろりんさんがほろ酔い加減で歌った時に忘れて行った楽譜などがあるので届けがてらに来たのです。
a0202012_8112417.jpg
こちらの小屋にいるウコッケイはもうかなりおばあさんになって卵を産まないので残飯処理役になっているようです。でもまだ十分かっこいいし来年はあなたたちの年だから頑張って!

a0202012_812135.jpg
ポインセチアの赤が鮮やかですね。
a0202012_8323468.jpg
とても広くて気持ちの良い畑です。こうして地道に仕事をこなしている姿にじかに触れたり、田んぼコンサートを主催してくれている佐川町のひろしさんの米作りの苦労を知ると、食べ物を感謝して大切に頂かなければと改めて思います。

海を眺めてから山並みの美しい丹原へとのどかな一日でした。
[PR]



by makanaluon | 2016-12-14 17:12 | 日々のつれづれ | Comments(0)

ライアー奏者のつれづれ
by makanaluon
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

プロフィール&リンク

最新のコメント

agrifishさん で..
by makanaluon at 07:09
咲子です。 はるくんの..
by agrifishx at 12:24
遊さん 貴重な展示会をあ..
by makanaluon at 19:11
PR有難うございます 昨..
by ギャラリー遊 at 08:14
チャイナカラーワンピース..
by makanaluon at 13:16
おはようございます~ ..
by チャイナカラーワンピース at 09:27
hamano-akiさん..
by makanaluon at 05:35
agrifishさん ナ..
by makanaluon at 06:35
花を愛でる暇もなく、どん..
by agrifishx at 10:55
agrifishさん あ..
by makanaluon at 05:32

最新のトラックバック

whilelimitle..
from whilelimitless..
http://www.v..
from http://www.val..
ガウディとグエルが夢見た..
from dezire_photo &..
ライアー奏者・作曲家・ま..
from La Dolce Vita ..
"Keep our Ho..
from La Dolce Vita ..
新しいCD『銀河の岸』完..
from La Dolce Vita ..

検索

ファン

ブログジャンル