タグ:ピンク ( 29 ) タグの人気記事




ヒガンバナがいっぱい

a0202012_1344508.jpg
庭のあちこちにヒガンバナが咲いています。クリーム色は朱色とはまた違った良さがありますね。
a0202012_13454570.jpg
長いおひげがシュッシュッ!
a0202012_13461621.jpg
でもね、なぜかピンクがかって来ちゃった。去年まではこんなことなかったのになぁ。
a0202012_1347610.jpg
ほんのりピンクがいい感じ。
a0202012_13472996.jpg
ほんのりじゃないピンク!
a0202012_13475512.jpg
ピンク!
a0202012_1348178.jpg
おひげもピンク!
a0202012_13521528.jpg
これが姿を現すと9月だなぁって思います。この時期に来たジョン・ビリングが珍しがったからね。

a0202012_1353389.jpg
美しいラインの姿を毎朝うっとり眺めます。
[PR]



by makanaluon | 2017-09-24 10:48 | 日々のつれづれ | Comments(0)

「アート&クラフト暁」再訪

a0202012_7551777.jpg
「クラフト&アート暁」へ再訪しました。

「畑の森」へ入って行くと、二日前は夕方だったのでネムたちは皆おねむになっていましたが、この日は綺麗な姿を見せてくれて感激!
a0202012_756234.jpg
井川さんのインスタレーションも新たな角度から拝見。
a0202012_8102648.jpg
文字盤に見立ててその名が付けられたと言うトケイソウは個性的です。
a0202012_16365628.jpg
今日もあなたは別嬪さん!
a0202012_7571022.jpg
蝶たちが生き生きと飛び回っています。
a0202012_7575636.jpg
透明感のある羽が綺麗です。
a0202012_7581796.jpg
「畑の森」から「暁」の建物へ向かうと二羽の蝶が舞っています。

a0202012_7585063.jpg
フウセンカズラがかわいいです。でも二日前にその横に咲いていたピンクのサフランモドキはすっかりしぼんでいました。

a0202012_7591186.jpg
土間の高い天井を突き抜けたロープのその先には大きなトンボ。これはオーナー所有の物とのことですが、これを見た時にこのトンボとのコラボを思いついたそうです。先日河野美術館でのギャラリートークの際に井川さんは「自己完結するアーティストにならなかった」と言うお話をなさっていましたが、それもこういう所に現れていると感じました。

長崎にいらっしゃる井川さんならではの様々なお話、そして平和への思いを真摯に語ってくれました。私も2010年に世界の詩人たちと原爆忌に広島、長崎を周って「折鶴」他を演奏しました。長崎ではミュージアムでの演奏の翌日、原爆忌の式典に参列した後には佐賀城でも「平和への祈り」のコンサートをした話をしました。平和をテーマにしたアート作品も色々作られているようですが、チリトリに針で折った極小の折鶴をたくさん置いて「平和を集める」ということを表現したというものもあったそうです。古民家ならではのゆったりした雰囲気の中で、カステラとオーナーの入れてくださった大豆やゴマ入りのスペシャルにおいしいお茶を頂きながらゆっくりお話しができてよかったです。

オープニングの時に四国の風景から作曲した「田をわたる風」を演奏させて頂きましたが「タイトルがいいですね。風景をよく見てますね。イメージを描きながら聴かせて頂きました。」とアーティストらしい嬉しい感想を述べてくださいました。震災の後、関東以北は深い悲しみと痛みに満ちていましたが、四国へ渡ってその穏やかで平和な風景を別世界のように感じたものでした。美しい田んぼが日本の宝であることを感じながら、これが損なわれることがないようにと祈りを込めて作曲したものです。この時は愛媛へ引っ越すことは微塵も考えていなかったのですが、今年の夏も青々健やかに育った田んぼをしみじみ感慨を持って眺めました。

お知らせ
「竹あかりライアーコンサート」
9月2日(土)18時~19時 無料 要予約 0898-55-2211(玉川近代美術館)

ワークショップや様々な出店もされます。17時30分から美過疎通り(ピカソ通り)に竹あかりが灯されるとバンブーナイトのオープニングです。コスプレのかぐや姫も登場するようですが、お姫様たちも大募集されるようなのでドレス姿で参加されたら楽しいと思います。

a0202012_7293410.jpg

[PR]



by makanaluon | 2017-08-19 05:28 | 日々のつれづれ | Comments(0)

蓮の花たち

a0202012_7185464.jpg
近くなのに何となく見に行きそびれていた本性寺の蓮は、今年はもう遅いかなと思いつつ行ってみると、やはり大半は咲き終わった後だったけど、小ぶりでもフレッシュな姿の蓮がありました。
a0202012_7192459.jpg
うっとり、、、
a0202012_7194689.jpg
うっとり、、、溜息、、、

a0202012_7201217.jpg
まもなく散りそうなのもひとつ。こうしてかろうじて残りながら美しい姿を見せてくれた蓮たちに感謝。

a0202012_7204280.jpg
くるるんとまわった枝ぶりの松。
a0202012_7222087.jpg
同じ日、これは蒼社川近くの蓮田の白い蓮。

a0202012_7224398.jpg
蕾は薄いピンクでも花が開くと白になるのかな、たぶん、、、。

さて我が家のピンクと白は、、、
a0202012_723110.jpg
6種類の色合いの大きなユリたちがひとしきり咲き誇った後は小ぶりだけれどいかにもピンクという感じの花が咲きました。
a0202012_7232555.jpg
そしてトリにふさわしくシンプルに美しい純白。と言うわけで8種類のユリたちが次々と個性豊かに華やかだった後は、自然に増え続けているふつーのユリたちがうちの庭でも周りでもたくさん咲くことでしょう。
a0202012_7445173.jpg
さて蛇腰池のサギソウは残念ながら年々減り続けてこの日は小さいのを二つだけしか見つけられなかったとはあまりにも寂しい。
a0202012_7451238.jpg
チョウトンボが数羽綺麗な青を輝かせながらひらひら飛んでいたけどなかなかカメラに収まらないし、近くにとまってくれません。かなり遠かったので見にくいけど左の方の小さな小さなブルーが、うーん、わかるかな??パソコンなら何とか見えてもスマホだとムズカシイかも~。モネの庭で初めて見て感動して、昨年ここでも見られて喜んだけど数が増えているようなのは嬉しい。
[PR]



by makanaluon | 2017-07-22 05:10 | 日々のつれづれ | Comments(0)

その後の花たちとそして、、、

a0202012_14431321.jpg
九州の災害に胸の痛む日々が続きながら、過酷な暑さにますます心配がつのります。

庭の花たちはそれぞれの夏が進んで行きます。キキョウは同じ茎に突然薄いピンクの花も混ざってたけどやはり元々の白が主流で咲き誇っています。

a0202012_14433989.jpg
5種類の花を咲かせたユリの第6弾は真紅。
a0202012_14435621.jpg
三つ開いてパワー3倍。

a0202012_14444412.jpg
裏庭のブルーベリーのほんのりピンク色がかわいい。

a0202012_1445355.jpg
部屋のユリの5つの蕾が全開でゴージャス!

a0202012_14452182.jpg
グラジオラスは玄関の白い壁に似合います。
a0202012_1445399.jpg
あっ、ヤモリだ!目は大きいし結構存在感あるなぁ。
a0202012_14455572.jpg
うひょっ、お口の中は赤!「そのまま好きにさせてやって」と言うナルが、水を入れた小さな容器を玄関に置いている気遣いは役に立ってるかな。殆どはどっかに隠れているけど、時々部屋を歩き回っていて目が合う。でもね、キミを苦手な人もいるからお客様がいる時はそっと潜んでいてね、いい子だから。

車を走らせていると、よくカニが横切ります。大抵はササーーッと渡るけど、先日会ったちょっと大きめのアカテガニはなかなか動いてくれなくて仕方なく車を降りてお願いしてどいてもらいました。カメもノソノソ歩いていてちとアブナイ。東京では普通には出会わなかったようないきものたちに日常的に出くわします。
[PR]



by makanaluon | 2017-07-16 06:02 | 日々のつれづれ | Comments(0)

梅雨明けはまもなくかな

a0202012_17262039.jpg
キキョウが次々と開き始めました。ピンクの筋が入ってエレガントです。

a0202012_1727541.jpg
うつ向き加減の横顔も上品です。でもこのキキョウ、去年までは純白だったはずなんだけどと思ったら、、、
a0202012_17273384.jpg
同じ茎から白も咲き始めました。
a0202012_1141125.jpg
そして、茎は違うけど紫のキキョウまで突然出現。
a0202012_17281332.jpg
一方、小さな小さなヒナギキョウは「そこの浜辺のように増えるといいなぁ」との思いが通じて少しずつ広がっていて嬉しい。でも5ミリくらいの小ささなので集合写真を撮ると周りの草に紛れて見えなくなってしまうのでワンショットのみ。

a0202012_17284140.jpg
ピンクのユリがひとしきり咲き誇った後の第二弾はワインレッド。
a0202012_1729940.jpg
第三弾のイエローの密をしきりに吸うのはかわいいバッタ。
a0202012_17315416.jpg
第四弾は、おー、パワフル!

a0202012_11432544.jpg
第五弾はぽっきり折れてしまったので家の中で蕾が開きました。ギャラリー遊さんでのイベントの時にくじ引きで当たった花瓶によく似合います。
a0202012_11454291.jpg
花びらにピンクの点々、、、
a0202012_17322528.jpg
アジサイたちも季節の終わりまで精一杯ありがとう!

a0202012_17324985.jpg
同じ木からこんなにも違う色が見られます。色が変化したわけでなく、初めから青とピンクでした。
a0202012_17331921.jpg
また来年も綺麗な姿を見せてね~~。

a0202012_17335556.jpg
梅雨の合間にナルが作った苔玉が涼しげです。

a0202012_17342085.jpg
グラジオラスが華やかに本格的な夏を呼び込みながらまもなく梅雨が明けるでしょう。
[PR]



by makanaluon | 2017-07-10 06:20 | 日々のつれづれ | Comments(2)

カラムスのコンサート

a0202012_13144815.jpg
綱敷天満神社の松の木ですが、根元に何か置いてありますよ。

a0202012_13151487.jpg
翠松苑でカラムスのコンサートが行われるというお知らせボードです。
a0202012_13153552.jpg
松林を通って行くと翠松苑の入り口があります。
a0202012_13161532.jpg
こちらは裏口ですがここから入ります。
a0202012_13164153.jpg
花たちに迎えられながら小道を歩いて進みます。
a0202012_1317234.jpg
ここで行った二回のライアーコンサートに懐かしく思いを馳せながら庭をぐるりと散策しているとカラムスのお二人に出会ったのでご挨拶しました。

「こんにちは~。まかな瑠音です。」「ああ、お名前は伺ってました。いらして頂けるだけで嬉しいです。」とさわやかにおっしゃってくださいました。

「私、昔マリンバに憧れていたんです。でも選ばなかった理由は、立って演奏するより座って弾く楽器の方が年とってもできるかなと思ったんです。」と言ういきさつはホントウだけど、実は座って演奏するマリンバもできたと伺ってびっくり!

いずれにせよ幼い頃からずっと思いのあった楽器なので、この日をとても楽しみにしていました。
a0202012_13192477.jpg
自然で楽しいトークを交えながら息の合った熱演がパワフルに繰り広げられました。

途中小さなお子さんが、少し飽きてしまった様子を気遣いながらプログラムにはなかった「アンパンマンのマーチ」を軽やかに演奏してくれた配慮に温かさを感じました。ふつーのシンプルな曲をコンサートにふさわしくアレンジするのはなかなか難しくて、私がいつも悩む所です。元々ダイナミックに展開して行ける可能性のあるメロディーを持つ曲はそれだけでもサマになりますが、アンパンマンを子供っぽくもなく、鮮やかに聴かせてくれたお二人に、やさしさと共にホンモノの実力を感じました。
a0202012_13195377.jpg
太鼓も響かせながらエネルギッシュにリズミカルに空間が熱く弾けました。皆、惹き込まれるように耳を傾けながら、一曲ごとにまるでアンコールのような長い拍手が送られました。

友人たちもそれぞれに「誘ってくれて本当によかった。またぜひ聴きたい。」とのことで私も嬉しくなりました。
a0202012_13201788.jpg
あれーーっ??ふふふ、モチロン初めてですが、貴重な楽器に触れさせて頂けてありがとうございました。ビブラフォンは大雑把に捉えると、スチール弦で残音の長いライアーの響きにちょっと似ています。何となく「木漏れ日の路地」が似合うかなぁとポロ~ンポロ~ン♪
a0202012_13204325.jpg
そして憧れのマリンバ!5、6歳の頃木琴が大好きでした。いつもちょっと工夫あるものをプレゼントしてくれていた叔父がくれた木琴は折り畳み式でした。ピンクのケースに入っていて、そのままパタンと鍵盤を閉じると鞄のようになりました。今でこそ珍しいものではないでしょうが、はる~~か昔のことですからねぇ。

よく弾いてたのは「アメリカンパトロール」。イントロの「タララーンタララーン、、、、♪」ってのがかっこいいと思って得意になっていたものでした。でも半音は付いてなかったのでもどかしさを感じつつ半音は空で叩きながら、それでもご機嫌でした。

このマリンバはとても長いし、うっとり美しい音です。
a0202012_1455680.jpg
あれよあれよと言う間にこんな風に分解してコンパクトにしまって行くのを感心しつつ見とれてしまいました。それでもかなりの重量だし、あちこちへとたくさんのコンサートと、しかも場によって内容の違うプログラムで膨大な曲数を全力でこなして行くお二人はあっぱれ!!!
a0202012_13211265.jpg
そしてカラムスのお二人も含んで12名で南蛮亭でカンパーイ!焼き鳥は今治のソウルフードだけど今治風のジュッと鉄板で焼くのではなくて串焼きです。とてもさっぱりしていて実に美味。素晴らしいコンサートの余韻の中でなごやかなひとときを分かち合えました。

[PR]



by makanaluon | 2017-07-01 06:30 | 日々のつれづれ | Comments(0)

庭の花たち

a0202012_836372.jpg
ヒナギキョウさん、我が家の庭へようこそ!!とっても嬉しいわ。ナルが「よく気づいたね。」と言うように5ミリ程の小さな小さな花。毎日そちこちでぽつりぽつりとお顔を見せてくれるけど、よーく見ないとわからない。浜辺には薄紫色の小さな世界が一面に広がっているのでうちにも増えるといいなぁ。
a0202012_14582148.jpg
これも何と愛らしいピンク隊でしょう。
a0202012_8373773.jpg
ビオラも光に顔を向けています。
a0202012_838725.jpg
マジョラムにとまる綺麗な蝶。
a0202012_14593439.jpg
集団を構成しているひとつひとつも個性的ですよ。コレ、全体的にはもう少しピンクっぽかったはずなんだけどね。小さなクモが動いているけどあまりにも小さ過ぎて写らないなぁ。
a0202012_839102.jpg
「水無月ライアー&ハープコンサート」の時に岡山のライアーグループから頂いたアジサイ。皆さんライアーを楽しんでいるかしら?
a0202012_8394419.jpg
やはり同じ時に、高知のひろしさんのファミリーから頂いた、葉が斑入りのアジサイもすてきです。あのコンサートの時、生後三ヶ月で来てくれたharu君はきかん坊の二歳になりました。ひろしさんの田んぼや畑も着々の様子。

a0202012_1501946.jpg
ユリも咲き始めました。これ、一本の茎に13もの蕾があるんですよ。こんな風に虫がいつも花びらにずっとずーーーっといるので一日中「はろー♪」と何度も挨拶しています。
a0202012_841225.jpg
本格的な夏はこれからだけど、既にもうこんな風に秋の色も所々に混ざっています。
[PR]



by makanaluon | 2017-06-22 05:00 | 日々のつれづれ | Comments(0)

夏の風物詩

a0202012_10482192.jpg
近くの蓮池に早くも睡蓮が美しい姿を見せています。しかも花は例年より幾分大きめに感じます。
a0202012_10485028.jpg
薄いピンクや濃いめのピンクのハーモニー♪
a0202012_10491653.jpg
もう既にたくさん咲いているんです。
a0202012_10493613.jpg
随分早い気がするけど例年のように8月頃まで次々と咲き続けてくれるかな?
a0202012_10495753.jpg
睡蓮を見に行った、、、と言うより周ちゃん広場へ行く通り掛けに見たその日の夜、睡蓮の池の近くへホタルに会いに行きました。幻想的に舞にうっとり夢心地になりながらも、残念ながらカメラに収めることはできません。

このこが留まっているのは、ナルの靴です。何だかかわいい。随分長いことピカピカしながら一緒に歩いていました。光った様子を採ろうとしたら、あっ、カメラに飛び移ってしまった!

「ほたるの舞」を作曲して演奏したのは昨年6月にSpaceSacraがオープンした時に開催された「川畑宜士展」でした。

今年も同じようにライブを行います。
6月10日(土)4時半 無料 終了後、サンドイッチ、コーヒー、紅茶にてオープニングパーティがあります。

a0202012_14374486.jpg

[PR]



by makanaluon | 2017-05-31 05:10 | 日々のつれづれ | Comments(0)

五月の空の下に

a0202012_1456258.jpg
ジャーマンアイリスが、お洒落なドレスを纏ったように咲いています。

a0202012_14565241.jpg
まるで不思議ないきもののようでもあります。

a0202012_14572377.jpg
イエローのアイリスは五月の光がまぶしそう。
a0202012_14575495.jpg
これはあちこちで見かけるけど、どこから来たのかうちのはたった一本だけど毎年律儀に花開いてくれます。

a0202012_14582066.jpg
他の仲間たちはとっくに去った後、こんなかわいいピンクの姿をもう一度見せてくれてありがとう。
a0202012_14584839.jpg
裏庭のハーブも元気いっぱい。

ところでうちのアマリリスはどれどれ、、、うーん、まだまだ、、、毎年何も世話しないままでごめんね、せめて植木鉢を日向に、、、って鉢の周りの雑草を取り除いたその翌日。

車を降りたナルから「アマリリスもらったよ~」の声。

a0202012_14591486.jpg
どひゃーっ!!!三つも大きなお顔を向けたアマリリスが突然やって来たっ!

a0202012_125141.jpg
モッコウバラもあちこちでたわわの季節ですね。

a0202012_1459404.jpg
五月の空の下でそれぞれの花たちが次の季節へ向かいます。
[PR]



by makanaluon | 2017-05-12 17:20 | 日々のつれづれ | Comments(0)

ようなる春風ライアーコンサート

a0202012_8264435.jpg
ヘルシーカフェ「ようなる」でコンサートが行われました。
a0202012_8271436.jpg
手作り感いっぱいのお菓子がお客様のために用意されていて、これにクッキーと生八つ橋もセットで添えられました。
a0202012_83832.jpg
控室には伊藤さんが今まで学んで来られたお料理本がぎっしり!あるイベントでお子さんのアレルギーの話を聞いたことがきっかけでマクロビオティッククッキングを学ぶようになられたようです。普段のカフェでも子供さんたちを大切に受け入れていらっしゃるので二階は子連れのママさんたちがランチをしているようですが、子供用のいつもの遊び道具はここに隠れてくれていてコンサート用のスペースができていました。
a0202012_8275894.jpg
「皆さんこんにちは~。今日はお子さんたちも一緒の『ようなる』らしいコンサートで嬉しいです。」。普段ママさんたちは子連れでのコンサートはなかなか行けないと思うので貴重なひとときです。

a0202012_8283724.jpg
40名ほどの大人のお客様たちに子どもたちも加わってライアーに耳を傾けてくれました。
a0202012_8294970.jpg
ディジュボーンを使ってぞうさんの鼻のように揺らしたり、ブォーーッと吹いての「ぞうさん」は子供たちには大受けです。絵本「おれさまはネコだぞ!」を読んで「猫ふんじゃった」も弾きましたよ。
a0202012_830474.jpg
この日のために「ようなる」の曲を作りました。、、、と言うよりある日突然、ことばとメロディーが同時に生まれたと言った方がいいかもしれません。新登場のパーカッションと共に歌います。かわいい坊やも興味津々。

「ようなるのうた」 詞曲 まかな瑠音
ようなるようなるなるなる実がなるなるなるまぁるい実がなるようなる
おひさまきらきら降り注ぎ 両手にいっぱい ポケットいっぱい まんまるいっぱい笑顔がいっぱい
だ~れにあげようあの子にあげよう やさしい風の子守歌 あしたのいのちが膨らんで
ようなるようなるなるなる実がなるなるなるまぁるい実がなるようなる
だ~れにあげよう みんなで分けよう

さて、ブルーベリー農園「瑤成(ようなる)」では夏には健やかに実がなるでしょうか??
a0202012_831930.jpg
いつも記念撮影は撮ったことはなかったのですが、この日写真を撮ってくださるようお願いしていたgodaさんが促してくださいました。

a0202012_8313663.jpg
伊藤さんと初めてお会いしたのはたまたま出かけた今治のイオンモールのジュース売場でした。ちろりん&ナルがワインの試飲をしている時にちろりん奥さんfusakoさんと私はジュース売場に行って出会ったご縁でした。その時に「うちの二階でコンサートを」とおっしゃってくださったことがこうして実現しました。

トンボ玉アクセサリーを作るfusakoさんに、この所イヤーフックを作って頂いてます。この日はピンクでお願いしましたが、ピアスをしない私には片耳に掛けるだけのコレが有難いのです。

a0202012_9164324.jpg
打ち上げ用にも思いがけなくたくさんのごちそうをご用意くださって感激でした。この後も次々と色々なものが並べられましたがパンもジャムもドレッシングもそれぞれ味わい深い手作りです。ピザも何種類も焼いてくださってマクロビオティックの健やかな味をたっぷり堪能させて頂きました。

うららかな春の日にすてきな時間を分かち合えたことに、伊藤家の皆さん、いらしてくださった皆さんに心から感謝です。
[PR]



by makanaluon | 2017-04-24 16:20 | 演奏 | Comments(0)

ライアー奏者のつれづれ
by makanaluon
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール&リンク

最新のコメント

遊さん 貴重な展示会をあ..
by makanaluon at 19:11
PR有難うございます 昨..
by ギャラリー遊 at 08:14
チャイナカラーワンピース..
by makanaluon at 13:16
おはようございます~ ..
by チャイナカラーワンピース at 09:27
hamano-akiさん..
by makanaluon at 05:35
agrifishさん ナ..
by makanaluon at 06:35
花を愛でる暇もなく、どん..
by agrifishx at 10:55
agrifishさん あ..
by makanaluon at 05:32
お誕生日おめでとうござい..
by agrifishx at 00:33
便利な面と不便な面とだわ..
by makanaluon at 05:47

最新のトラックバック

whilelimitle..
from whilelimitless..
http://www.v..
from http://www.val..
ガウディとグエルが夢見た..
from dezire_photo &..
ライアー奏者・作曲家・ま..
from La Dolce Vita ..
"Keep our Ho..
from La Dolce Vita ..
新しいCD『銀河の岸』完..
from La Dolce Vita ..

検索

ファン

ブログジャンル