タグ:ピアノ ( 48 ) タグの人気記事




嬉しいギフトが届いた!

a0202012_1054625.jpg
御殿場コロニーからの織物ののれんの向こう側に美しいのれんが加わりました。福岡のお友達から送られて来たものです。以前におうちに伺った時に「すてきね!」と言ったので作ってくれたこの綺麗な色の布は何と蚊帳なんですよ。
a0202012_10545637.jpg
他にも嬉しいギフトをしのばせてくれました。これはお義父様作の小さな鳥かごですが横幅は6センチ程の長さです。
a0202012_1055325.jpg
これもお義父様作の箱です。篭も箱もとても手がこんでいてすばらしい職人技に驚かされます。
a0202012_10555810.jpg
そして、夜中に小人の靴やさんが作ったに違いないと思わせるかわいいおしゃれな靴はのれんと共にsatomiさん作。

a0202012_10562153.jpg
ストラップが付いているのは壁に下げました。
a0202012_1105528.jpg
ピアノの上の小さな世界に新しいギフトが仲間入りして楽しいです♪

余談ですが、こんなすてきなものをくださるこのおうちは、まるでミニ動物園。えーって思うような色々なイキモノたちがいます。物干し竿にもしぜ~んに蛇が巻きついていたりして。綺麗な模様でとぐろを巻いている蛇たちに直接触れたり手にのせたりしたのは人生初の画期的な出来事でありました。

でも、できれば手足は付いている方が好きなので、私のお気に入りは小さな恐竜みたいな子でした。

こちらに来てから色々なイキモノに出会うようになりました。ブログから「アカテガニだよ」とか、「僕の好きなオオミズアオ」と教えてくれたのはご主人のhiroshiさんです。佐賀で撮ったクモも「アシダカグモ」と教えてもらったわね。だけん、ここではもうなんぼでもおるけんね。タマゴを抱えたおかあさんに会った時は感動!

諸々オールファミリー元気かな?

[PR]



by makanaluon | 2017-03-23 07:34 | 日々のつれづれ | Comments(0)

元旦の風景から

a0202012_1485341.jpg
暖かく穏やかな元旦です。見上げた空が何と気持ちいいことでしょう♪
a0202012_1491780.jpg
コスモスも元気に年越ししてまだまだ蕾がありますよ。今年もよろしく!

a0202012_1494137.jpg
チューリップも早やぐんぐん。

a0202012_14104100.jpg
サクラソウにもおめでとー♪

a0202012_14121149.jpg
これから始まる桜草コーラスを楽しみにしているからね。

a0202012_14124699.jpg
裏庭に行ってみるとユリが咲いています。

a0202012_14131128.jpg
採りそこねたピーマンが綺麗に赤くなっちゃった。
a0202012_1422306.jpg
倉庫では、ナルさんが元旦早々から何やら作業を始めているけど、、、何ができるんでしょうね。

a0202012_14133722.jpg
私はハープとピアノとライアーにご挨拶。今年もどうぞよろしく!
a0202012_1414358.jpg
海にも挨拶しに行かなきゃね。
a0202012_14143348.jpg
ソテツ大明神はいまだ健在です。二礼二拍手一拝。
a0202012_14145774.jpg
浜辺を散歩しました。海水パンツ姿で泳いでいる人がいましたよ。

a0202012_14151994.jpg
桜貝を拾いました。と言う風にのどかに新しい年が始まりました。
[PR]



by makanaluon | 2017-01-04 06:00 | 日々のつれづれ | Comments(0)

音楽ワーク&コンサートin御殿場コロニー

a0202012_1841439.jpg
一年半ぶりの御殿場コロニーです。とても涼しい、、、いえ寒いくらいです。ここがいつも宿泊するゲストハウスです。ベンチには初めてお目にかかりましたが、なかなか雰囲気がありますね。
a0202012_18421242.jpg
コンサートをするチャペルです。

a0202012_18423837.jpg
当初はライアーコンサートを皆さんには聴いてもらうだけでしたが、前回より「なかまたちコンサート」として開催しています。私たちの友人やコロニーのなかまたち皆で創りあげていくひとときです。今年もかわいいポスターができました。
a0202012_18432172.jpg
アーチの薔薇まだたくさん蕾があるのでこれからたわわに咲くことでしょう。a0202012_18435020.jpg
あやめ寮の前のアーチの薔薇も咲き始めました。

a0202012_18442347.jpg
庭から富士山を臨みます。
a0202012_18445886.jpg
到着した日の音楽ワークの様子です。ギターを抱えた後姿はゴーシュさんですよ。あまりに久しぶりだったので参加者の皆はワークの感覚を忘れてしまったのではないかと思ったけど、全くそんな心配は無用でした。明るい表情と笑顔が弾けながらの楽しい時間となりました。

a0202012_18453524.jpg
翌日はチャペルでのコンサートです。三角の窓の向こう側に見える新緑が気持ちいいです。
a0202012_1847924.jpg
ゴーシュさんの参加は二回目ですが、今回チェロを持参してくれました。バッハのソロから始まり、「鳥の歌」はライアーでなくエレピと合わせてみました。

a0202012_18485094.jpg
最初の三曲ほどはチャペルにふさわしい曲から始めました。ナルと「Ave verm corpus」を歌っています。
a0202012_18501154.jpg
皆ステージの上や下でノリノリに歌ったり踊ったり♪コロニーならではの自由な雰囲気いっぱいのすてきなコンサートでした。今年もまたジャズピアノのセイ高橋さんと、ジャズヴォーカルのyokoさんが盛り上げてくれました。
a0202012_18515475.jpg
ピアノも次々とそれぞれ個性的な演奏を繰り広げてくれて、まるでピアノ発表会のようでもありました。
a0202012_18535189.jpg
お花とパントマイムの人たちが作ってくれたお菓子をありがとうございます。
a0202012_18543776.jpg
愛媛へ向かう朝、富士山がくっきりとした姿で盛りだくさんだった東への旅のフィナーレを美しく飾ってくれました。

おーーっと、カーテンコール!

a0202012_1553289.jpg
旅の間中愛らしさを振りまいてくれたロクが再登場!懐かしい方々との嬉しい再会、そして新しい出会いもありました。また皆さんにお会いできる日を楽しみにしています。ロクもまたね~~。

(お知らせ)
SPACE SACRAオープン記念 川畑宜士日本画展(SPACE SACRA 今治市近見町3-4-43)
6月11日(土)~19日(日)11時~18時 (SPACE SACRA 今治市近見町3-4-43)
11日 4時半よりオープニングライアー演奏
季節柄、新曲「ほたるの舞」他を演奏致します。終了後、コーヒー、サンドイッチのオープニングパーティ(無料)を行います。

近見町にある白い豪奢な建物です。(国道117号線を波方方面に向かって進み、近見小学校を右手に見て、次の信号を通り過ぎて右手の大谷たたみ店の看板と鎌田鉄工所の間の道を右折しながら斜めに上った所です。駐車場はあります。)お問い合わせ 090-3500-3025


a0202012_14241326.jpg
[PR]



by makanaluon | 2016-06-03 13:25 | ワークショップ | Comments(0)

shinちゃん来たる

a0202012_16491228.jpg
BusyBeeでランチをしていたら、お約束していたわけではなかったのに丁度shinちゃんたちもやって来ました。三ヶ月ぶりだったけど嬉しいことに「まかなさん、この前歌を歌ってくれたね」と覚えていてくれました。
a0202012_16494263.jpg
その日の夕方うちに来て、おばあちゃんの所で描いたばかりの絵を見せてくれました。4歳のshinちゃん、なっかなかの力作ではありませんか。本人的にも「すごいでしょ」と自信作のようです。

a0202012_1650325.jpg
入って来るとすぐに「歌って」とリクエストしてくれたので「大きな古時計」「君をのせて」を歌ったけど、とてもしっかり感じながら聴いてくれましたね。でもラピュタはまだ観ていなかったようだったので今度はトトロをピアノで弾いて一緒に歌いました。
a0202012_16502410.jpg
BusyBeeの壁に掛かっていたウクレレに興味を持っていたので、ここで初めて触れてみましたよ。
a0202012_1650443.jpg
この前はディジュリドゥの音にちょっと尻込みしていたけど、今回は楽しそうに挑戦していい音を出していましたね。公園で転んじゃったから目の上に絆創膏が貼ってあるけど、何だかそれすらもかわいいな。

a0202012_16512100.jpg
ジャンベもご機嫌に叩きます。

帰りがけに「また来るね~。明日遊ぼう」って言ったけど、うーん、明日はshinちゃんたちはもう桜井にいないから、また来てくれる時を楽しみにしているわね。
a0202012_16512474.jpg
この日皆さんに「綺麗ね」と言われたこの花は神拝公民館で3・11の追悼チャリティコンサートの時に頂いたものです。
a0202012_16514172.jpg
後から知りましたが、この花は何と「魔女の涙」と言うのです。グラデーションの色合いが特徴のようで「ティアシリーズ」として「女王の涙」「皇后の涙」もあるみたいです。ティアドロップコンサートライアーを弾いている私としてはとても親しみを感じます。このコンサートの際には「涙」という曲も弾きましたが、この日魔女も美しい涙を流してくれたんですね。
[PR]



by makanaluon | 2016-04-12 11:51 | 日々のつれづれ | Comments(0)

春だから、、、

a0202012_1723841.jpg
愛らんどでのコンサートで頂いた元気色の花束です。

a0202012_17233020.jpg
その中にこんな洒落た色合いの花たちが混ざっていたのでそれを取り出してテーブルに置いて今日のお客様たちを待ちます。

a0202012_17235648.jpg
三月の三つのコンサートがやっと終わった翌日、aonoご夫妻がチェロの手ほどき、、、レッスンワンよりもう少し前段階のきっかけを作りに来てくださいました。そこを鳴らせばその音が出る楽器しか知らなかったのでとーーーっても難しいです。でもドレミを弾くのはまだずーーっと先のこと。その前に、力まないで弓を持っての自然なボウイングの練習が必要です。

「力の抜き方」と言うのはどの楽器でも大切なことです。ピアノ、ハープ、ライアーは瞬間的に音を放った後は自然に任せる他ないけれど、弾いただけ音が伸びる楽器とはからだの感覚が違うので、慣れるのには相当時間がかかりそうです。

a0202012_17343842.jpg
ナルさんも挑戦!高さを調節してくださっています。

a0202012_17243373.jpg
そうこうしているうちに庭先のあちこちで春が動き始めています。

まだ寒~い時期に土の上に早くも顔を出したチューリップをそっと見守っていたけど、背丈がまだうんと低いまま今にも咲き出しそう、、、。

a0202012_13105576.jpg
今年一番に咲いたかわいいチューリップさん、こんにちは~。

a0202012_13112717.jpg
えーーっ、チューリップ??
a0202012_1312375.jpg
ローズマリーもぐんぐん成長して綺麗です。
a0202012_13123456.jpg
スミレが咲くといかにも春。
a0202012_17251935.jpg
ほぼ4か月も咲き続けてくれた桜草たちもそろそろ桜へとバトンタッチの時期です。
a0202012_17253935.jpg
最後まで目いっぱい元気にありがとう!
[PR]



by makanaluon | 2016-03-31 17:06 | 日々のつれづれ | Comments(2)

小さなふしぎな世界

a0202012_984560.jpg
小さな小さな世界です。でも大きさのチグハグなバランスを眺めていると脳がひゅる~んとたわんでふし~ぎな世界に迷い込んだような感覚に陥ります。

小さなおうちには入りそうもない椅子。蓄音機はグランドピアノよりも若干大きくて、現実には一番小さいかと思えるチューリップが一番巨大なのです。

a0202012_99786.jpg
背高のっぽの家は「こんなもんでインテリアアートかい展」の時にギャラリー遊のshunmeiさんご自身の製作で「中古住宅」と題して展示されていたものですが心惹かれたので我が家へ移築させてもらいました。

a0202012_992588.jpg
こちらの小さい家も魅力的です。

a0202012_994530.jpg
裏側の木目が綺麗ですね。

a0202012_9102176.jpg
この小さな家の作品もやはりshunmeiさんによるもので、後ろの彫刻はmitsukoさんの作品です。
a0202012_9105489.jpg
海の向こうの世界を彷彿とさせてくれます。
a0202012_9113193.jpg
小さなふしぎな世界に足を踏み入れた巨人?? オーストリアの友人が編んでくれた靴下がとてもいい色なのでお気に入り。
a0202012_9115416.jpg
これもすてきな色合いでしょ。300ナンボで買ったと巨人は得意げ♪
a0202012_97487.jpg
これは現在行われているギャラリー遊での「みんなで描いた名刺サイズの作品展」(3月12日まで各木金土 今治市国分3-10-8  0898-48-3036)に展示されているshunmeiさんの作品の一部ですが、続けて見てみると色やトーンの変化からメロデイやリズムが聴こえてきて楽しいのでずらーーっと並べてみます。私たちが20年間音楽ワークを続けて来た御殿場コロニーの「魅惑の織物」展をしてくださった時の織物の切れ端などを使っています。
a0202012_9101027.jpg

a0202012_9104052.jpg

a0202012_911102.jpg

a0202012_9145731.jpg

a0202012_9154273.jpg
a0202012_9161014.jpg
身近なものを利用してこんな風に新鮮にひとつの世界を表現できるということを見せてくれています。小さなサイズのスペースに繰り広げられる様々な世界はそれぞれの個性が溢れていてとてもすてき、、、と巨人も言ってるので皆さんもぜひ足を踏み入れてみてください。
[PR]



by makanaluon | 2016-02-12 20:54 | 日々のつれづれ | Comments(2)

まぁるく輪と和

a0202012_16563818.jpg
まぁるくまぁるく、、、
a0202012_16565818.jpg
まぁるく輪になって、、、

a0202012_1657262.jpg
まぁるいテーブルの大きいのと小さいのともうひとつ。

新年会です。「えっ、この間のは??」って?はい、つい先日のは「新春の集い」でありまして、今回は「新年会」なのですよ。
a0202012_1795340.jpg
ギャラリー遊さんのお持ちになるものはさすがにとってもお洒落~~。
a0202012_17101962.jpg
どうです?このゴージャスさ。東や九州からやって来たと言う贅沢な頂きものがそのまま私たちの所へと言う素晴らしくしあわせな環境にあるのです。

a0202012_16594745.jpg
バックミュージックでハープをぽろ~~ん♪そう、ピアノやハープってバックミュージックになり得るけれど、ライアーってそれができないなぁって思いますね。音のヴォリュームの違いもあるけれど、やはりその質感でしょうか?ある環境の中で耳を澄ませて聴いてもらう必要があるんですよね。弾くのも集中しながらどんなにささやかでもひとつの世界を表現するという感じでしょうか。場の中で何となく音が流れていると言うのにふさわしいようには思えません。

この写真はギャラリー遊さんのブログから拝借したものです。2月4日からの名刺画展の作品は続々集まって来ているようです。私は三枚目を描いた所ですが皆さんも参加してくださったら楽しいと思います。名刺サイズの作品でプロアマ問わずどなたでも参加できます。詳細はコチラをご覧になってください。まかな作の絵も出てきます。

「まかなさんの絵はいかにもまかなさんが描いたというのがわかる、、、」とおっしゃいますが、、、そうですねぇ、それはそれでふふふっですが、、、一方「えっ、こんな絵を描くの?」と言われてみたい気もしますデス。もう少しシャキッとつぉーーい感じで描いてみましょうわいと思っとっても、やはりふぅわ~~んってなってしまうけんね。

何事も形に向かって行けないタイプです。一応構想は持っても絵も作曲と同じでペンを持ったら自然に変化しながら動いて行きます。ま、お料理も同じでレシピもなく計ることもなく、、、ですね。
a0202012_1731247.jpg
さて、ひとしきりおいしいもので満腹になって一段落しても、これで終わらない所がエヒメの底力のスゴさ。

ピンポ~ン♪ほら来たーーーっっ!年末に頂いたひと箱は年内も持たずにとーーっくになくなってたけどドーンとやって来ましたよ。これにさらにデッカイ米袋にもみかんがいーーっぱい!今日いらしたみなさんはそれぞれおうちにもあるようなので東に送りました。
[PR]



by makanaluon | 2016-01-14 07:23 | 演奏 | Comments(2)

ウッドブロッククリスマスライブ

a0202012_204989.jpg
ウッドブロックに到着すると入り口はハッピーなクリスマスムードです。

a0202012_204372.jpg
椅子も綺麗に並べられています。

a0202012_20122138.jpg
ガラス窓の向こうの庭先にはかわいいツリーが見えます。その昔、イギリスの友人宅でパチパチ燃える暖炉の炎からイメージしてピアノで作曲したものを今回初めてライアーでアレンジして演奏しました。

「イングランドの風」と題して5曲(ぶらんこ 池 マグパイ 炎 夜明け)をピアノ組曲にしたものですが、ぶらんこについてはギャラリー遊での「こんなもんでインテリアアートかい展」(後17日18日19日まで)にナルのぶらんこを出展させて頂いたことに繋げてコチラに書いたのでご覧ください。

古いCDの中に、曲名を織り込みながらジュディスの家の情景を綴りました。今回の「炎」の演奏前に、炎が立ち上って行く雰囲気でナルにディジュリドゥを吹いてもらいながらそれを朗読しました。

300年近く経つレンガの家の庭には 
リスたちが遊ぶ大きな樫の木にぶらんこが揺れている
にはアヒルの親子が泳ぎ
そのかたわらをキツネのカップルが通り過ぎて行く
水はやわらかな光を反射しながら
過去と現在を揺らめく
マグパイは黒い翼に白のラインをきっぱりと見せて餌をついばみ
やがて曇天の彼方へと羽ばたいて行く
暖炉のは遥かな記憶を呼び覚まし
魔女の血を引いた女の子の瞳に太古の儀式を映し出す
イングランドの冬の夜明けは遅い
精霊たちの囁きがすこしづつ遠ざかりながら
時がまろやかに熟して行く

友人ジュディスは「魔女の血を引いた女の子って誰?」って言ってましたっけ。深い意味はなくてイメージ的な感覚なのですが、あえて言うと、暖炉の炎から広げてそこの庭で行ったキャンプファイヤー、日本で見て大好きだった映画「ミツバチのささやき」をたまたまジュディスの家でも見たのでその中に出て来る女の子たちが焚火の周りで少女時代の独特の感性を見せながら魔女の儀式のように飛び回っている情景を何となくだぶらせたのでした。

a0202012_205911.jpg
会場いっぱいのお客様が静かに耳を傾けてくださっている中で、クリスマスならではのナンバーを進めて行きました。
a0202012_2053332.jpg
今回は二ヵ月前に40席の予約が満席と言う状況の中で迎えたこの日です。愛媛へ来て3年半の思いがしみじみ湧き上がりながらたくさんの感謝と共に今年ラストのライブを終えました。

a0202012_206472.jpg
この方がオーナーの薦田さんです。版画家としてご活躍中ですが、後ろの壁の作品は「残響」と言うタイトルで、ライアーの音をイメージして製作されたものなのです。ライブの後で薦田さんの歌が披露されましたが、とても温かみのある歌声と心地よいリズムのうねりでいい雰囲気を醸し出していました。二曲だけでしたがもっともっと聴きたかったです。
a0202012_2063554.jpg
薦田さんは素晴らしいシェフでもいらっしゃいますが、この日の打ち上げのメニューは実に盛りだくさんでした。スープ、サラダ、前菜の数々、、、ピザ、グラタン、、、煮込みハンバーグ、、、まだまだ次から次へと運ばれて来て、、、どれもこれも絶品で味わい深く、いちいち感動しながらのしあわせな時間でした。

私たちのコンサートが初めての方たちにとっては、せせらぎの音がするせせらっこと共にアボリジニの楽器、ディジュリドゥに大変興味を持たれたようでした。息を吸いながら吐いて行く循環呼吸と言う奏法でディジュリドゥを吹き続けることに対してかなり注目してくださって話題沸騰でした。
a0202012_207146.jpg
森の中からライアーの音が聴こえて来るイメージとのことです。タイトルの「残響」通りにライアーはとても長く長く残音を響かせるのが特徴です。ライアーにとって間(ま)や余白はとても重要です。残響の中にライアーの音のいのちが蠢いているのでその「音の雫」に耳を澄ませながら音楽の流れを作って、、、いえ、流れは自然に生まれて行きます。「自然との調和」「静けさからの始まり」をコンセプトとするライアーの音の源が奥行のある風景の向こう側に感じられます。一音を放つ時に「見えている世界の向こう側」にあるものに出会ってそこから紡ぎ出して行くと言うライアーにとって大切な原点をもう一度思い出させてもらえる素晴らしい作品です。

そして帰りがけにこれを壁からささーっとはずして手渡してくださったのですが、思いがけないビッグなギフトに大感激しながら胸がいっぱいになって、、、ハグしちゃいましたぁ。次へ繋げる思いをお互いに了解し合えたことが嬉しかったです。「残響」は大切な宝物としてこれからもきっとインスピレーションを促してくれることでしょう。

準備から打ち上げまで、薦田夫妻とスタッフの方たち、そして周りのご友人も含めて気持ちよく対応して頂けて、豊かな時を分かち合えたことに感謝です。

そして心もお腹も満たされての帰り道、、、あれっ、タヌキ、、、あそこにも、、、あっちにもいる、、、家に着くまで5匹に出会いましたとさ。
[PR]



by makanaluon | 2015-12-16 00:30 | 演奏 | Comments(2)

ぶらんこ

a0202012_1323742.jpg
ぶらんこに乗ったかわいい女の子が東からの荷物に添えられてやって来ました。カードに書かれたこの子のメッセージがすてきです。「幸福を感じる時はいつでも、新しいアイディアのインスピレーションが生まれます」ふーーむ、ナルホド、、、そうよねぇ。
a0202012_13234493.jpg
300年以上も前に建ったと言うレンガの家はイギリスの友人ジュディスの家です。右端にぶらんこが下がっているのが見えるでしょう。ぶらんこの揺れる大きな樫の木にはリスたちが遊び、ボート漕ぎのできる池にはカモたちが泳ぎ、傍らをキツネのカップルが通り過ぎて行きます。

イギリスの絵本に出て来る風景がそのままそこにあるようなここを私は大好きで10数回も訪れたものでした。そしてこのぶらんこが大のお気に入りでいつも楽しんでいたのです。
a0202012_13241296.jpg
樫の木はこんなに太いんです。ここでの日々の中から「The Wind of England」として「ぶらんこ」を含む組曲をその昔、ピアノで作曲しました。

ジュディスを始め皆さんが「ぶらんこ」の曲を好きだと言ってくれました。人形劇をしている友人は、人形が踊る場面でいまだにこの曲を使っているとのことです。

コラボを続けて来た竹浪明さんもこの曲をいいと言ってくださったことがきっかけでライアー用にアレンジした際に竹浪さんはぶらんこに寄せての俳句を二句詠んでくださいました。

ブランコの雲の影越え青空へ
ブランコの思いは今も揺れ止まず

ライアーでの「ぶらんこ」はこの俳句の朗読と共にCD「銀河の岸」に収録してあります。CDのジャケットも竹浪さんの写真です。
a0202012_13243973.jpg
ところで、ナルさんが倉庫で何やら作っていますが、どうやらコレはぶらんこになるようです。

a0202012_13251165.jpg
ギャラリー遊さんがナルに次の展示会への参加のお誘いをしてくださいました。「寄せ鍋みたいに、、、皆で楽しく遊ぶ、、、」と言うことなのでナルも気軽にお受けしたようです。色々な作品が集まるようですが、ナルはぶらんこ3点とマオリ風とハワイ風の魔法の杖(??)のようなものを2点出展しますので、よかったら遊さんへ足を運んでみてください。コーヒーと紅茶は350円(お菓子付)。
こんなもんでインテリアアートかい展」 11月26日~12月19日 木金土のみ(ギャラリー遊)
  今治市国分3丁目10-8  Tel 0898-48-3036
*国分部落会場(国分寺裏側)から夢ヶ丘・唐子台団地方向へ坂道を約250m上った所です

あっ、この女の子はギャラリー遊ではなくてSpace Makana&Naluでゆ~らりと揺れています。
[PR]



by makanaluon | 2015-11-24 20:59 | 日々のつれづれ | Comments(2)

薔薇に寄す

a0202012_1559874.jpg
薄い黄緑色がかったちょっと不思議な色合いのバラです。
a0202012_15593581.jpg
このバラはコンサートの時に松岡芽ぶきさんから頂いて、その後ライアーによる「薔薇に寄す」の曲が生まれました。

そしてCD「しあわせの岸」のジャケットとしてこのバラを芽ぶきさんが描いてくださいました。

a0202012_1615647.jpg
私の作曲は基本的には演奏楽器でしますが、特にライアーはピアノやハープの曲をライアーで弾くというのはアレンジしてもかなり難しくなります。今までピアノで作曲した「ぶらんこ」、「聖なる波」とハープで作曲した「セカンドバスケット」をライアー用にアレンジしましたが演奏はたやすくはありません。そしてライアーで作曲したものをピアノやハープでというのも通常はないのですが、「薔薇に寄す」をハープで弾いてみました。ハープならではの和音をもう少し加えて豊かさを出してみたら、ライアーとはまた違った趣きです。

ちなみに、ピアノとハープは楽譜を共通にすることはありますが、ハープは7本のペダル操作があるのでかなりやっかいです。例えばピアノの楽譜から「トロイメライ」をハープで弾くと、たった2小節でペダルを10回も動かさなくてはならない箇所があります。ライアーでも「トロイメライ」は時々弾きますが、右手左手が入り乱れながらアクロバティックな動きをしないとなりません。

a0202012_10451641.jpg
しばらくこのバラを楽しんでみた後、ドライフラワー用に壁に掛けてみましたがなかなか雰囲気があります。

(お知らせ
田んぼコンサート」10月17日(土)3時から 高知県佐川町の田んぼ
コンサートを企画してくれるひろしさんの「どっこい田んぼのジャージーデー」には田んぼの様子が綴ってあります。

西条方面からだと寒風山トンネルを越えて633美を過ぎて越知まで行けばまもなくなので、よかったら秋のドライブがてらいらしてください。

チラシと地図は以下です。
a0202012_1158532.jpg

a0202012_11593827.jpg

[PR]



by makanaluon | 2015-10-04 20:00 | 楽器 | Comments(0)

ライアー奏者のつれづれ
by makanaluon
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

プロフィール&リンク

最新のコメント

最新のトラックバック

whilelimitle..
from whilelimitless..
http://www.v..
from http://www.val..
ガウディとグエルが夢見た..
from dezire_photo &..
ライアー奏者・作曲家・ま..
from La Dolce Vita ..
"Keep our Ho..
from La Dolce Vita ..
新しいCD『銀河の岸』完..
from La Dolce Vita ..

検索

ファン

ブログジャンル