タグ:ハープ ( 86 ) タグの人気記事




わいわいフェスタ

a0202012_15162649.jpg
昨年ライアーとハープの演奏をさせて頂いた「わいわいフェスタ」(サン・アビリティーズ)へ今年はふらっと出かけてみました。
a0202012_15165710.jpg
おんまくにも出ている、「ふれあい太鼓絆」のメンバーの力強いパフォーマンスでオープニングです。リズム、掛け声、動きを覚えて揃えることはどれだけ大変なことでしょう。以前にこのメンバーの練習を見学しに行ったことがありますが、その時よりずっと上達していて見事でした。

a0202012_15172462.jpg
あっ、いたいた!

a0202012_15175049.jpg
まもなく愛媛国体なのでみきゃんは今とっても忙しいようです。
a0202012_15181730.jpg
「ころころダンスクラブ」のメンバーと一緒にみきゃんも踊りました。皆とても楽しそうでしたね。
a0202012_15184333.jpg
マッサージコーナーでマッサージを受けて、友近やっくんの音楽ライブをちょっと覗いて、焼きそばを食べて、おいなりさんとパンとクッキーを買って、、、帰りがけにフリマをやっている友人たちの所へ寄ってから帰りました。
[PR]



by makanaluon | 2017-09-12 11:35 | 日々のつれづれ | Comments(0)

皆でわら船渡御を見に行きました

a0202012_8485340.jpg
皆がわら船渡御を見に行きたいと言ったので、、、と言うより私が宣伝したからだけど、、、いつもの昼の集いが今回は夜の部。
a0202012_8493136.jpg
モッチロン音楽は自然に始まります。わら船渡御の宮島さんは、毎年広島の厳島神社での管絃祭の日に行われます。ここでは管はないけど絃ならず弦とパーカッションで盛り上がります。私も毎回この集いで何らかの楽器で混ざるけど、ほろ酔いさんはカメラを向ける余裕はないのでいつも演奏画像はありません。今回はピアノとハープも弾いたけどね。
a0202012_8495693.jpg
ほろ酔いでもコーヒーはいれますよ。
a0202012_8503413.jpg
綱敷天満宮に到着。灯篭を載せた小さなわら船が並んでいます。
a0202012_8511926.jpg
それぞれの家族が船をかついで運んで来ます。
a0202012_8514090.jpg
出店も夏祭りに風情を添えます。
a0202012_8534349.jpg
お父さんは水の中に入って船を送り出します。
a0202012_854639.jpg
神主さんが乗る大きな船が見守ります。
a0202012_8542941.jpg
デコレーションが施されたわら船がきらきら綺麗です。
a0202012_8545790.jpg
三つ仲良く並んで波に乗って進んで行きます。

a0202012_8551794.jpg
しまじろうは今日は出番がなかったね。
a0202012_8553835.jpg
いつもだと海に映る満月の光とわら船のコラボが美しいのだけど、この日は雲が厚くて月はなかなか顔を出しませんでした。また家に戻ってしばしの時を過ごして皆が帰る時にやっと綺麗な月が現れて見送ってくれました。

お知らせ
「竹あかりライアーコンサート」
9月2日(土)18時~19時 無料 要予約 0898-55-2211(玉川近代美術館)

ワークショップや様々な出店もされます。17時30分から美過疎通り(ピカソ通り)に竹あかりが灯されるとバンブーナイトのオープニングです。コスプレのかぐや姫も登場するようですが、お姫様たちも大募集されるようなのでドレス姿で参加されたら楽しいと思います。

a0202012_7293410.jpg

[PR]



by makanaluon | 2017-08-11 10:43 | 日々のつれづれ | Comments(0)

七夕に寄せて

a0202012_13281968.jpg
14年前、ドイツでこのライアーを買ったのは、たまたま七夕の日でした。

実は私が注文したのは同じ型のゴールドで、もう少し派手なイメージものでしたが、工房に着いた時に隅にあったこのライアーにふと目が止まりました。誰も購入することなく長いこと置かれたままで、弦も錆びかけていたくらいです。私が買うことは全く想定していなかったゲルトナー氏はあわてて、でも丁寧に調弦してくれた後試してみると何とも言えない柔らかく繊細な音色に魅了されました。そして弦が指に吸い付いてくるような感触はとてもふしぎな体験でした。これはひとつの「楽器との出会い」と言えることなのかもしれませんね。

a0202012_13284587.jpg
これはコンスタンツにあるゲルトナー工房のパンフです。HPのトップページにもあったこの写真を見た時に「かっこいい!」と思いました。ライアーの主流はやはり同じ工房の半月型のものですが、ちょっと変わったこの形に惹かれました。弦数も普及型の35弦より多い49弦です。工房に在庫を問い合わせた時に、送ってくれた一覧表の中に、なぜかこの写真のライアーはなかったのでした。

注文したものより1,5倍程の高価なものでしたがSA(スペシャルアーティスト)とされたこれを買うことを思い切って決断したのでした。

a0202012_1329856.jpg
パンフの色味が実際より薄く出ているのでわかりにくいですが、木目の模様は同じです。つまり、パンフに使用されたライアーを私が購入したわけです。磨く段階で木目が美しく出て来るものは「ファイアー」と言って貴重なものだそうです。

a0202012_13293277.jpg
そして、ライアーを買う以前から持っていたこのハープに織姫のベガという名が付けられていたことにも七夕のご縁を感じます。
a0202012_1471897.jpg
今は53弦のコンサートライアーを使っていますが、最初のライアーとも日本、海外へと一緒に旅をしました。ライアーのお蔭で様々なご縁が紡がれて日々が進んで行きました。そして私は今ここにいます。

この花束は先日の「愛らんどコンサート」で頂いたものですが、皆さんと一緒に「笹の葉さ~らさら~♪」と歌いました。東京から今治へと移り住んで、こんな日があることをドイツで購入した七夕の日には考えもしなかったことです。

皆さんの願いが天に届きますように。

[PR]



by makanaluon | 2017-07-07 05:20 | 日々のつれづれ | Comments(0)

懐かしい写真

a0202012_1144168.jpg
あれこれと整理していたらとても懐かしい写真が出てきました。町田に住んでいた頃のだけど、リノベーション前の古い部屋の様子なのでなおさらに懐かしいです。
a0202012_115217.jpg
その後サンルームとのしきりを取り払って広げてから、ハープはここに置かれるようになりました。間の柱の上の部分はそのままだと四角っぽいのでカーブを付けて欲しいと、私のこだわりで大工さんにたってのお願いをしたのでした。

無造作に置かれているナルのディジュリドゥはこの頃からもう既に何本もあったけど今治に来てからは手作りするようになったのでもっともっと増えています。
a0202012_1152292.jpg
ピンクの絨毯ではなくてウッディフロアになったスペースをこうして見てみると、家具やライアーの位置は違っていても雰囲気的には今の部屋の感じとどことなく似ています。

a0202012_1154385.jpg
おーっ、これは本当に懐かしい、、、。ナルの作ったウェルカムボードです。手前に緑濃く茂っている葉は玄関前のアーチに絡んだジャスミンです。6月に満開だったけど、今年もたわわに咲いて香りを放ったかしら?
a0202012_116443.jpg
女の子はこんな所でウェルカムしたことあったのね。針金に紐を巻き付けてピンピンクルリとした髪の毛がかわいいし洋服も靴もなかなかお洒落。ナルが顔をどうしても書けないと言うのでそれだけは私が担当したのでした。

今我が家の庭は、皆さんから次々と木や花を頂くままに自然に成長しています。でもこの頃は、自分で選びながら花壇にお花を植えるのが私の楽しみのひとつでした。

実は町田を「懐かしい」と思うのはやっと今になってなんです。引っ越した頃東京に演奏に行っても町田を歩いても、まだそちらでの感覚の方が強く体に残っていたのであまり懐かしさはなくてふし~ぎな感じでした。でも5年たった今年、下北沢や町田で演奏をした時に初めて「懐かしい」と思いました。

余談だけど、「ああ、懐かしい」と言う言葉を英語ではなかなかしっくり来る表現が見当たらないと常々思っていたので、先月オーストラリアからやって来たロバートに聞いてみると「ああ、それは英語にはない日本語独特の言い方。」とあまりにもきっぱり即答。ロバートは日本語のニュアンスもよく知っているのでもしかしてと思ったんだけどねぇ。辞書ではぴったり来るのはないし、ネットで調べてみても、やはりその表現に悩む人たちはいるようでした。ロバートは「そういう時には」と前置きをして、思い入れたっぷりに手を広げて懐かしそうに「Wow、、、」ですって。
[PR]



by makanaluon | 2017-06-28 05:06 | 日々のつれづれ | Comments(0)

庭の花たち

a0202012_836372.jpg
ヒナギキョウさん、我が家の庭へようこそ!!とっても嬉しいわ。ナルが「よく気づいたね。」と言うように5ミリ程の小さな小さな花。毎日そちこちでぽつりぽつりとお顔を見せてくれるけど、よーく見ないとわからない。浜辺には薄紫色の小さな世界が一面に広がっているのでうちにも増えるといいなぁ。
a0202012_14582148.jpg
これも何と愛らしいピンク隊でしょう。
a0202012_8373773.jpg
ビオラも光に顔を向けています。
a0202012_838725.jpg
マジョラムにとまる綺麗な蝶。
a0202012_14593439.jpg
集団を構成しているひとつひとつも個性的ですよ。コレ、全体的にはもう少しピンクっぽかったはずなんだけどね。小さなクモが動いているけどあまりにも小さ過ぎて写らないなぁ。
a0202012_839102.jpg
「水無月ライアー&ハープコンサート」の時に岡山のライアーグループから頂いたアジサイ。皆さんライアーを楽しんでいるかしら?
a0202012_8394419.jpg
やはり同じ時に、高知のひろしさんのファミリーから頂いた、葉が斑入りのアジサイもすてきです。あのコンサートの時、生後三ヶ月で来てくれたharu君はきかん坊の二歳になりました。ひろしさんの田んぼや畑も着々の様子。

a0202012_1501946.jpg
ユリも咲き始めました。これ、一本の茎に13もの蕾があるんですよ。こんな風に虫がいつも花びらにずっとずーーーっといるので一日中「はろー♪」と何度も挨拶しています。
a0202012_841225.jpg
本格的な夏はこれからだけど、既にもうこんな風に秋の色も所々に混ざっています。
[PR]



by makanaluon | 2017-06-22 05:00 | 日々のつれづれ | Comments(0)

Space Sacra にて

a0202012_16112187.jpg
SpaceSacra一周年記念の「川畑宜士展」でオープニング演奏をさせて頂きました。川畑先生のお人柄が溢れるゆるやかな雰囲気のご挨拶です。
a0202012_16114435.jpg
「皆さんこんにちは~。昨年に引き続き呼んで頂き光栄です。今治に来ての5年間でたくさんの出会いがありましたが川畑先生との出会いはとても嬉しいものでした、、、、先生とナルがダジャレトモダチであることは昨年もお話しましたが、その後それぞれのダジャレ街道を楽しく歩んで時々交差点で出会っているようです、、、、今回の作品に『水』がありますが、水の季節なのでオリジナルの『水の精』から演奏致します。これは今年の3.11の演奏を五百亀記念館でさせて頂いた時に五百亀氏の彫刻『水の精』に寄せて作曲致したものです。」
a0202012_1612593.jpg
川畑先生の作品に寄せた曲は二曲ありますが、今回は4つの作品からの組曲「雨、雪、花溜り、そしてトパーズ』を「水無月ライアー&ハープコンサート」以来、二年ぶりに演奏しました。

ラストには久々、オリジナルの「風をつかんで気球に乗って」を新しいパーカッションと共に演奏しましたが、ギャラリー伊万里のtetsujiさんが「アンコール!」と声をかけてくれたのでアンコール曲として「Over the Rainbow」を歌いました。

tetsujiさんと川畑先生に初めてお会いした時に海の虹を見たことを思い出します。ギャラリーブロッサムで演奏した時に、お二人がCDをとおっしゃってくださったのに手持ちがなかったので家に取りに行ったのでした。ギャラリーを出発の時にザーッと雨が振り出してほんの数分後、家の前に着いたらぴたりと雨が止んで海にかかる綺麗な虹!何と言う素晴らしいタイミング!!その後お二人にはお世話になりながら楽しくご縁が続いています。

a0202012_16122845.jpg
終了後のパーティは二手に分かれてこちらのギャラリーにはテーブルが長く置かれました。
a0202012_16125197.jpg
一方こちらのリビングでも楽しく賑わっていました。

a0202012_16132940.jpg
ギャラリー伊万里さんからこんなすてきな色合いのアジサイを頂きました。五年生になったお孫さんのkaito君が手渡してくれましたが会うたびに背がぐんぐん。初めて会ったのは一年生の時で、ギャラリー伊万里での演奏の時でした。終わった時にそっと近づいて来て「きれいな音だったよ。」と素直に伝えてくれた時のことをいまだに嬉しく覚えています。

その後、kaito君の詩「そっとうた」を作曲して、工作の顔三面ドラゴンからは作詞、作曲をしました。

a0202012_16135070.jpg
いつも工夫に富んだギフトを用意してくださる川畑先生から今回はブドウの鉢植えを頂きました。窓辺に置いたらとてもすてきです。

[PR]



by makanaluon | 2017-06-13 05:25 | 演奏 | Comments(0)

食べて散歩して音楽して

a0202012_9174963.jpg
今までならタイトルは「酒とサッカーと音楽」だったけど、飲むのはナル&ちろりんだけになったので「飲む」が消えて、FC今治の試合はここではしなくなったので「サッカー」も消えて単に海への散歩になったけど「音楽」は残ってますよ。

a0202012_918868.jpg
皆で海へ~。
a0202012_9194629.jpg
青い中にユッカの白が鮮やかにはえます。
a0202012_9201868.jpg
愛媛の海が好きで京都から移住して来たよんよん。海も空も美しい青の日、ボラがあちこちで飛び跳ねています。
a0202012_921350.jpg
トンネルみたいになっている所に貝がみっしりくっついてます。「このフジツボは皆生きてるよ」って。
a0202012_918378.jpg
いかにも海辺ならではのハマヒルガオ。
a0202012_9185669.jpg
「あっ、ヒナギキョウ!」と言うfusakoさんの俳号はひなぎきょうなのです。アップではわからないけどたった1センチにも満たない程の小さい花です。「山がちな所にあるのかと思ったのにこんな砂地に?」と首をかしげていたので調べてみたら確かにそうらしい。海辺にもようこそ!知らなければ見過ごしてしまう小ささだけどその形はキキョウに似ています。あまりの愛らしさと綺麗な色に感動。

a0202012_919178.jpg
シャリンバイは海辺の公園などによくあるようですね。引っ越してから5年間で初めての花たちにたくさん出会って色々名前も覚えました。前回「パ・ド・ドウ」を踊る花としてアップしたのは「スイカズラ」ってちろりんさんが教えてくれました。二つづつ並んで咲きながら、所々白と黄色の二色が一緒に咲いている訳も判明。最初は白で後から黄色に変化するのだそう。そしてほんのりい品のよい香りがするのはfusakoさんが「ほらっ」って差し出してくれたので知りました。
a0202012_9213089.jpg
前回から参加のikedaさんは今回ベースを持って来てくれたのでぐんとゴージャスサウンドになった!よんよんはヴォーカルで、私はピアノです。

弦楽器を弾く人たちからはライアーやハープを自分で調弦するのは大変そうってよく言われます。確かに数本しかない楽器から見たら50本前後は多いですねぇ。ベースとハープの下の方の弦が同じって妙に感心されたけどそんな風に言われる楽器を持つミュージシャンがやって来たのは初めてです。
a0202012_9215245.jpg
観客はこの三人よ。

お知らせ
a0202012_14374486.jpg

[PR]



by makanaluon | 2017-05-21 13:45 | 日々のつれづれ | Comments(0)

祭りの後で

a0202012_152941.jpg
お祭りが一通り終わったので一旦家に戻ってからくじ引きをしに再度神社へ出向いて翠松苑へ白雲木を見に行きました。
a0202012_1523755.jpg
三日前に様子を見に行った時は到底こんなに咲くとは思えなかったのだけど、まだ少し蕾はあるもののほぼ美しく満開でうっとり~♪

a0202012_153264.jpg
たった一本だったけど、この綺麗な色に惹き込まれます。
a0202012_1533422.jpg
翠松苑に泊まっていたオーストラリアからのご夫妻を囲んで10数名が集いました。神社ではまるでランドマークのようだったほぼ2メートルのロバートはお祭りの混雑の中でもカメラを構えるには都合いいですねぇ。何のお約束もなく「じゃ、また後で~」だけであっという間にこんなにたくさん集まってしまうのは桜井の実力。でも一体何人が来るのかはいつもドアをあけるまでわからないのも桜井流。

何と私の小学校時代の友人も思いがけなく参加してくれました。お姉さまとは桜井に引っ越して来た時からお会いしていてコンサートにもいらしてくださっていました。東京出身ということは知っていたけれど、ある日私と小学校が同じだと言うことがわかってびっくり!さらに二年下の妹さんは私と四年間同級だったこともわかってびっくり、びっくり!!こんな奇遇もあるんですねぇ。そして以前にこちらで再会を果たせたけれどこの日は連休を利用して訪れていたのでした。
a0202012_1541917.jpg
ライアーはドイツ生まれでヨーロッパ育ちだけど、このライアーに限ってはオーストラリア製と言うご縁です。そしてオーストラリアの楽器と言えばコンサートでもすっかりおなじみになったディジュリドゥなのでもちろんナルは吹きましたよ。
a0202012_1545244.jpg
ハープのオリジナル曲も聴いて頂きました。
a0202012_1552098.jpg
二歳のmiraiちゃんはパーカッションがお気に入り。しっかり立った後ろ姿はなかなか堂にいってますね。
a0202012_1554664.jpg
ハープにも興味津々。
a0202012_1561485.jpg
でもちょっと大き過ぎるのか、やはりまたパーカッションに戻ってしまいました~。

そして、一旦広島へ行ってから戻って来たロバートたちが愛媛を去る前日も夕食を分かち合いながら楽しく深く語り合いました。お二人のダイナミックなチャリの旅、様々な「考え方」、芸術について、はたまた英語や日本語の言葉の概念などについてなどなど。別れを惜しみつつしっかりハグ。

思いがけずのすてきな出会いにオーストラリアからのライアーとディジュリドゥも彩りを添えてくれました。

[PR]



by makanaluon | 2017-05-09 15:06 | 演奏 | Comments(0)

五月の陽射しの中で

a0202012_16421540.jpg
毎年楽しみにしている白雲木の開花の様子を見に新緑が気持ちのよい翠松苑に行きました。
a0202012_16431945.jpg
ふふ、まだ赤ちゃんみたいにかわいい。いつもはお祭りの頃満開のはずだけど今年は少し遅いかも。
a0202012_16434665.jpg
この時期、矢車草を見るとここで二回行ったコンサートのことを思い出します。4月のコンサートを終えて矢車草を見ながら余韻に浸ったものでした。
a0202012_16445766.jpg
何て鮮やかな美しい色でしょう。

a0202012_16453141.jpg
ピンクの濃淡もすてきです。
a0202012_16585555.jpg
滴翠荘のフジも満開で、ああ、いい香り、、、。

a0202012_1659295.jpg
オオデマリも五月の陽射しを受けていい表情を見せています。
a0202012_170796.jpg
ナルが藍染めで作った鯉がハープに泳いでいます。
a0202012_1703839.jpg
ギャラリー遊のshunmeiさんの作品です。

a0202012_1711849.jpg
ナルの作ったディジュリドゥスタンドに置いてみたら何となく雰囲気が似合いますよね。
[PR]



by makanaluon | 2017-05-03 15:30 | 日々のつれづれ | Comments(2)

佐田岬へ

a0202012_11325296.jpg
ロクが今治にいる間にもう少し一緒に旅を続けます。サイドミラーに写るロク、ふふふ、オモシロイ。
a0202012_11332291.jpg
ふたみシーサイド公園の静かな朝です。ここはまだ東京在住の頃来たことがありました。松山の人の運転する車で、皆で三崎からフェリーで大分に渡り、その後南阿蘇の幣立神宮でライアーを奉納演奏すると言う算段を整えていてくれたのでした。

「夕陽が綺麗な所」と聞きながら「見たいけどまた来られることがあるかしら、、」と思ったけれど、その後思いもかけず愛媛に来て、その美しい夕陽を見た時にはとても感慨深かったです。
a0202012_11334580.jpg
長浜大橋、通称赤橋を通ります。東京で馴染みの深かった可動橋と言えば勝鬨橋だけどもう動いていません。これは現在も動いている橋の中では日本最古の橋なんですね。

a0202012_1134768.jpg
本日の目的は佐田岬へのドライブをして四国最西端へ行ってみようというわけで日本一長い半島をひた走ります。あちこちそちこち菜の花が満開!以前にゴーシュさんが来た時は一面の山桜が見事だったようだけど、今回はその季節とは違ってこんな桜が道々咲いてました。
a0202012_11342942.jpg
ピンクの色がとても綺麗です。
a0202012_1135175.jpg
駐車場から灯台までの道はこんな風に整備されているけれど、1.8キロと長いし、アップダウンがあるのでハードです。

a0202012_11352673.jpg
途中、展望台から下を眺めます。
a0202012_11382436.jpg
風に吹かれているロク。
a0202012_11384770.jpg
灯台まではまだまだ、、、。
a0202012_1139769.jpg
遂に四国最西端!後で知ったことだけど、いつもハープを運んでくださるmurakamiさんのお爺さんが何とここの燈台守だったそうな。

半島の先っぽに立つのは格別な思いが沸き上がるものです。初めて房総半島で関東最南端の先っぽに立った時も不思議な感動があったけど、愛媛最北端の大角鼻に立つ時だっていつもワクワクします。こうなったら、そう、四国最南端足摺岬にも行かなきゃね~。
a0202012_11395929.jpg
お腹を満たしてから再びふたみシーサイド公園に戻ると、朝よりも海が青々していました。

a0202012_11411747.jpg
さてゴーシュさん&ロクの歓迎会の始まりです。前日に声かけして10名が集い、あっと言う間にこんなにゴージャスなごちそうが並びました。

a0202012_11414110.jpg
tomikoさんがお庭から採って来てくださったお花が、場とひとときを彩ってくれました。

お知らせ
ようなる春風ライアーコンサート 4月22日(土)午後2時(1時半開場) 1500円(飲み物、お菓子付き)
予約 090-3189-1094(ようなる 伊藤)

a0202012_924367.jpg

[PR]



by makanaluon | 2017-04-08 06:10 | 日々のつれづれ | Comments(0)

ライアー奏者のつれづれ
by makanaluon
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール&リンク

最新のコメント

遊さん 貴重な展示会をあ..
by makanaluon at 19:11
PR有難うございます 昨..
by ギャラリー遊 at 08:14
チャイナカラーワンピース..
by makanaluon at 13:16
おはようございます~ ..
by チャイナカラーワンピース at 09:27
hamano-akiさん..
by makanaluon at 05:35
agrifishさん ナ..
by makanaluon at 06:35
花を愛でる暇もなく、どん..
by agrifishx at 10:55
agrifishさん あ..
by makanaluon at 05:32
お誕生日おめでとうござい..
by agrifishx at 00:33
便利な面と不便な面とだわ..
by makanaluon at 05:47

最新のトラックバック

whilelimitle..
from whilelimitless..
http://www.v..
from http://www.val..
ガウディとグエルが夢見た..
from dezire_photo &..
ライアー奏者・作曲家・ま..
from La Dolce Vita ..
"Keep our Ho..
from La Dolce Vita ..
新しいCD『銀河の岸』完..
from La Dolce Vita ..

検索

ファン

ブログジャンル