タグ:ニュージーランド ( 47 ) タグの人気記事




第五回愛らんどコンサート

a0202012_6522072.jpg
自閉症協会主催のコンサートは5回目を迎えました。いつもスペースを彩ってくれる布は天の川のイメージでそこに七夕の飾りを留めました。
a0202012_6524942.jpg
横の壁にも貼ってみたらとても綺麗です。
a0202012_6531150.jpg
受付のテーブルにはブルーの布を掛けてお客様たちを待ちます。
a0202012_6533767.jpg
今回のオリジナル曲は、桜井の浜辺で空を眺めながら生まれた「そらのワルツ」、ニュージーランドの思い出の曲の中から「PAUA(あわび貝)」などを演奏しました。
a0202012_654747.jpg
このパーカッションはこういう場にはぴったり。後で皆さんも喜んで叩いてくれましたね。
a0202012_6543544.jpg
さぁ、皆で一緒にの時間が始まりました~。「アンパンマンのマーチ」や「さんぽ」などで楽しく盛り上がりました。
a0202012_655734.jpg
今回はキーボードをYさんが担当してくださったので私は自由に動けました。
a0202012_6553235.jpg
会場に来た時から、なぜかマイクを気にしていたS君が思いがけずMC役になってくれたので、楽しくなごやかに進めて行くことができました。
a0202012_6555830.jpg
それぞれの個性と表現が重なりながら皆で自由に創っていくひとときにわくわくします。厳密なプログラムもなく、その時々に「起きて行くこと」を受け入れながら自然に展開して行きます。

今回初めてのお客様の中に「テレビで見てからどうしてもお会いしたかったのがやっとかないました。」とおっしゃる方がいて驚きましたが、二年前あいテレビが丁寧な取材の上に「キャッチアイ」でオンエアになったものを見てくださっていたんですね。

自閉症協会との出会いは、たまたまクラス会の二次会でライアー演奏を聴いてくださった方からのご縁で始まったのですが、これからもこの地での様々な出会いを楽しみにしたいと思います。
[PR]



by makanaluon | 2017-07-04 05:30 | 演奏 | Comments(0)

ワールドプラザへ

a0202012_7454325.jpg
ちろりんさんに誘われてワールドプラザへやって来ました。毎年父の日に開催されているイベントです。ちろりん&ナルが行くので何のイベントなのか想像はつくけど早速ここから入ってみましょう。
a0202012_7461246.jpg
ほら、やっぱりねぇ。二人はお酒の試飲です。

a0202012_7464275.jpg
お父さんを待つためにスペースの隅っこで待っていたのよね。私はこうして待つわけにいかないのでぶら~り。そのおかげで洋服と靴を買ってしまい思わぬ出費。ワープラに来る時はいつもは生活のものしか買ったことないのでこうしてゆっくり見ることはなかったなぁ。実は昨年は私だけ梅酒ブースに入ったのだけど今年はパスしたのでヒマだったのです。
a0202012_747968.jpg
ぐる~り周って来ると二人ともご機嫌そう。
a0202012_7473880.jpg
ステージでは「愛の葉ガールズ」のライブです。日本のおいしい安全な食を推進するために独特の活動をしているとは知らなかったわ。元気全開で、音量はライアーの100倍はあるかも。
a0202012_748161.jpg
つまみを買ってしばらくステージを鑑賞。ライブを終えたガールズは観客席に降りてそれぞれのテーブルにいちいち「ありがとうございました」とご挨拶。頑張ってますねぇ。
a0202012_7482427.jpg
家へ戻ってまたちょい飲み、ちょい食べのし直し。
a0202012_7484985.jpg
デイゴの花が南国っぽいですね。
a0202012_7492218.jpg
海辺を散歩。アツーイ!!!
a0202012_7494655.jpg
このビーチサンダルは何と25年くらい前に茅ヶ崎に住む友人からのバースデープレゼントでした。東京では使うことがなかったのでハワイ、ニュージーランドでしか履いたことがなかったけど、ここでこんな風に活かされることになるとは、、、。「shonan」と書いてあるんですよ。懐かしい~~。
[PR]



by makanaluon | 2017-06-19 08:34 | 日々のつれづれ | Comments(0)

毎日新聞の取材記事より

a0202012_1301765.jpg
5年前の3月の初めにこの家を初めて見に来た時に、庭でこのさくらんぼの桜が迎えてくれたのでこれが花開くたびにしみじみ感慨が湧き上がります。

a0202012_12593286.jpg
毎日新聞さんが、3・11復興祈念コンサートについて取材してくれたものが8日に掲載されました。
a0202012_1314529.jpg
6年前はまだ東京在住でしたが、3月11日はライアーと共にニュージーランドを訪問していた時で、マオリの人からそのことを聞かされました。もし東京にいてもきっと怖い思いをしたと思いますが、海外で知ったというのは大変なショックでした。繰り返される津波の映像とごくわずかの断片的なニュースのみで細かいことはわからなかっただけに大きな恐れと不安の中にありました。ニュージーランドやヨーロッパからの人たちからやさしい労りを見せてもらいながらも、深い悲しみのまま残りの日々を過ごして重い心を携えて帰国したのでした。

そして、その年の夏に訪れた西条でのコンサートがきっかけで、翌年思いもかけず今治へ引っ越すと言う流れが生まれました。
a0202012_1321963.jpg
尊いいのちを一瞬で奪われてしまった人たち、そして今もなお大きな悲しみと共に懸命に生きている人たちに思いを寄せながら祈りの時を分かち合いたいと思います。

a0202012_132405.jpg
[PR]



by makanaluon | 2017-03-10 14:20 | 演奏 | Comments(2)

鳥とともだち

a0202012_1715512.jpg
このかわいいこはナルが滴翠荘で草引きなどをして庭を整えている時にいつもやって来るそうです。

a0202012_1711317.jpg
ふ~~っくら。

a0202012_1723569.jpg
何とつぶらな愛らしい目でしょう。たまりませんねぇ。
a0202012_1731771.jpg
かなり近くに来て、ナルのことをじーーっと見ていて目が合うそうです。鳥と目が合う、、、そんなことがあるんですねぇ。
a0202012_174166.jpg
しかも何とナルが仕事をしている間、数時間もそこにいるそうです。

ニュージーランドで、一本の高い木の根本が祠のようになっていて願い事を書いて放り込むとかなうという場所がありました。後で何を書いたのか聞くと「鳥がたくさん来てくれますように。」だったので、ふ~~んと思ったものでした。うちにも色々な鳥たちがやって来るけど、「お願いごと」がここでもかなっているのかも??
a0202012_175355.jpg
滴翠荘のオーナーで彫刻家の加藤美津子さんの作品に「鳥とともだち」と言うタイトルのがありましたっけ。ジョウビタキは縄張り意識が強いらしく、このこは翠松苑の方にはやって来ないそうです。
a0202012_16584325.jpg
滴翠荘のクロッカスが春の光にまぶしそう。ナルがうらやましくなって私もぜひこのこに会いたいとやって来ました。
a0202012_16594730.jpg
やーーっと私がカメラで捉えた!よろしくね~。「ボク一人の時の方がもっと近くにやって来る」そうな。うーん、メスだからねぇ。「ボクが知らんぷりして仕事していると、こっち向いてって言うように鳴くんだよ」ふーーーん、そんなもんっすかねぇ。

a0202012_10395024.jpg
はろ~♪
a0202012_10404854.jpg
メジロたちがたくさんやって来るギャラリー遊さんの窓辺からです。

a0202012_10474255.jpg
カウンター前の小さな春の風景の中にフキノトウとツクシも見えますね。「名刺サイズの作品展」は3月11日までの各木金土開催です。

a0202012_7361083.jpg



[PR]



by makanaluon | 2017-03-07 15:16 | 日々のつれづれ | Comments(0)

時計たち

a0202012_13372921.jpg
この振り子時計は竪琴の形をしていて、元々は7本の弦が付いていたような穴だけが残っています。コチコチ刻む音が心地よく響いて、30分ごとにキンコーンカンコーンととてもいい音を奏でます。この時計が我が家へやって来て動き出すまでの壮大な(?)ストーリーはコチラ

a0202012_13395458.jpg
コレはコチコチもキンコーンも何も鳴らないけど電池で機嫌よく動いています。750円にしてはなっかなかじゃないかしら?

a0202012_1338616.jpg
ガラスアーティストの作品ですがこの透明感が気に入っています。

a0202012_1338367.jpg
高さが7センチ程しかないとっても小さな時計はピアノ上に置いてあります。
a0202012_1339629.jpg
コレはドイツ製の時計ですが、学校での始業開始チャイムが流れるので音を出すのは抵抗あって止めてるけど、やはりドイツから来た女の子によく似合います。あの有名なチャイムのメロデイもドイツ発なのでしょうか?
a0202012_13403531.jpg
ニュージーランドに行く前に関西空港で買ったものです。お花の形をした秒針がかわいいでしょ。

ニュージーランドではマオリの人たちもヨーロッパの人たちも誰も腕時計をしていなくてしょっちゅう皆から時間を聞かれることを思い出したので出発間際にあわてて入手。日本人は時計を持っていると思っているのかしら??バスドライバーにまで時間を聞かれるのには驚きです。と言うわけでこの時計が大活躍してくれました。

そしてその後長いこと行方不明になってしまいました。気に入ってたので必死に探したけどどうしてもみつかりません。落としたり置き忘れたはずもないと思ってはいたのだけど、たぶん一年以上は迷子になっていて、ある日ついにみつけたのです。バッグの内側の布が破れてその穴から奥に入り込んでいたのでした。ようこそ、お帰り~。

a0202012_13415989.jpg
これまでた~くさんの様々な腕時計を使って来たものだけど、今ではこれで殆ど間に合ってしまうから時計をすることもなくなっちゃいましたね。

新しいスマホの画面が鮮やか色で綺麗だなとなにげに撮ったのは昨年の夏、、、わぁ、気温34度と表示されていますねぇ。

どの時計たちもそれぞれの時を刻みながら新しい春が進んで行きます。

[PR]



by makanaluon | 2017-01-10 07:00 | 日々のつれづれ | Comments(0)

冬に向かいながら

a0202012_9465490.jpg
先日の、アワビとサザエの続きがありました。「海辺に住んでいるのだから海の幸を楽しんだらいい、、、」と言うakiraさんの気持ちが嬉しいです。この方がピンポ~ンと登場するとブログが一挙にナマナマしく茶色っぽくなります。
a0202012_9492115.jpg
とっても生きのいいアイナメ。
a0202012_950661.jpg
今日のあなたはうずくまっていて静かねぇ。
a0202012_950368.jpg
じゃあ、お風呂にでも入る?
a0202012_9511627.jpg
ほらっ、やっと鉢巻が似合いそうな姿になったわよ。
a0202012_9541785.jpg
先日のアワビ、サザエの貝殻です。ニュージーランドではアワビの貝殻を磨いてアクセサリーや工芸品などに使っていますが、アワビはマオリ語でPAUA(パウア)です。マオリ族のパワーのシンボルのひとつでもあります。ライアーを買った数日後、マオリのワイにミュンヘンで会った時に、「私たちは音楽が好きな民族だからライアーを持って来て、、、」と言われてニュージーランドへ行きました。そして、私が初めてライアーで作曲したのが「PAUA」だったのです。やはりハワイでも同様でしたが、PAUAにセージを載せて儀式に使ったりなど身近なものではなかったけど、今こんなにも日常的にPAUAに触れていることがふしぎです。

その後オランダで「PAUA」を弾いた時にその場にいたスリナムの人がオーシャンドラムで実に美しく波の音を出しながら合わせてくれて感動でした。

余談ですが、ヨーロッパの人たちはアワビを好まないようです。タコやイカもイマイチらしいのは感触のせいみたいです。マオリの人たちが潜って採ったばかりのウニやカキをくれても喜んで食べるのはナルと私だけ。大きなアワビもしょっちゅう手渡してくれても皆食べないし、スイス人のスーパーシェフ、ベネデットは気の毒なくらい困ってました。キッチンで「もう、PAUAはいらなーい」と嘆きつつ、仕方なく(?)細かく刻んで綺麗なグリーンのクリーミーなスープにしてたけど、いまだにナルと「あれはおいしかったね」と言ってます。それにしても、アワビをみじん切りとはねぇ。そしてどこの家庭も包丁はなくて、小さなナイフとフルーツなどをテーブルでカットするのに使うような小さなまな板で料理するのは日本人にはふしぎです。
a0202012_9545324.jpg
ふと気が付けば裏庭にシイタケができていました。丹原のイベントでゴーシュさんが榾木を買って自分で食べるつもりでうちの裏庭に置いて行きました。本当のオーナーはゴーシュさんだけど、昨年最初のシイタケができる頃東京の家に戻ってしまったのでまだ私たちしか食べていません。

a0202012_956226.jpg
まぁ、今頃ユリが爽やかな顔を見せてくれるなんて、、、。

a0202012_9562921.jpg
晩秋の空にユリというちょっとふしぎな光景です。

a0202012_957310.jpg
皇帝ダリアが青空に華やかですね。

a0202012_9573110.jpg
小さなかわいいあなたはまだずーーっとそこにいてくれるのね。数か月も長いことありがとう。

a0202012_9575918.jpg
コスモスたちもまだたくさん風に揺れているし蕾もあるから、もう少し一緒に過ごしてくれそう、、、ねっ。

[PR]



by makanaluon | 2016-11-26 06:00 | 日々のつれづれ | Comments(2)

わら船渡御(宮島さん)

a0202012_10225819.jpg
また今年も「わら船渡御」の日がやって来ました。綱敷天満宮は4方向に鳥居がある珍しい神社ですが正面の鳥居をくぐって海側の鳥居へと進むと暗闇の先にぼんやりと灯りが見えます。華やかさもなく賑やかでもないけど、明るすぎないからこそ感じられるこの気配に胸がふるるとなります。
a0202012_10233092.jpg
お父さんにかつがれてきたわら船は、まずお祓いを受けるためにこうしてここに置かれます。

a0202012_10241377.jpg
海では神主さんの乗る大きな船が待機しています。いつものなかまたちも既にそこにいて軽やかに挨拶をし合います。街中で知った顔にばったり出会うのではなくてこうした場で会えると何となくひたひたした感情が湧いてよいものです。

a0202012_10253253.jpg
満月が昇り始めました。

a0202012_1026219.jpg
海面に月の光の道ができます。
a0202012_10263418.jpg
お祓いをすませたわら船が次々と浜辺へやってきます。

a0202012_1027748.jpg
お父さんは海へ入って船を送り出します。

a0202012_10274362.jpg
船は月に導かれるように進んで行きます。
a0202012_102853100.jpg
浜辺ではたくさんの人たちがじっと見守ります。毎年見ても毎回違った味わいと感慨があります。

a0202012_10302262.jpg
月の光の道を行く船の風景はとても幻想的です。

a0202012_10304642.jpg
ニュージーランドの海辺での満月をドイツの友人シルヴィアが俳句にしたものを作曲したことがあります。歌の部分はドイツ語ですが、曲の間に入れた日本語訳は俳句のリズムになりにくいので、情景描写の語りとしてこんな風にしました。

銀色の月の光 海に映るそのきらめきが 波に運ばれ浜辺に届く

シルヴィアも海面にできる月の光の道を詠んだようです。海の月という情景は東京にいた頃は全く身近ではなかったので、こうしてすぐそばにあるのがふしぎな気持ちです。じんわりした温かいものが胸に広がるひとときを海辺で過ごした後、月を見ながら家に戻り、シャワーを浴びてしばらくすると、、、ピンポ~ン!

a0202012_10311186.jpg
akiraさんがこんなペットボトルを持ってやって来たのでした。お祭りの始まる前に「何かを海辺で仕掛けていたらしい」ことは知っていたけどこれだったんです。よく見ると小さな小さな生き物がふわふわしています。
a0202012_1031321.jpg
何と美しい青い光でしょう!カメラにはなかなか納まってくれませんでしたが本当はもっとたくさん光っていました。これがウミホタルなんですよね。海ほたると言えば東京湾のソレしか知らなかったので、もちろん初めて見るものです。皆でしばしうっとりと眺めた後、akiraさんは海辺に返しに行きました。

思いがけず満月の夜のさらなる海辺のギフトにしあわせに満たされながら桜井の夜は穏やかに更けて行きました。
[PR]



by makanaluon | 2016-07-22 06:03 | 日々のつれづれ | Comments(2)

中津渓谷へ

a0202012_8302489.jpg
車二台総勢10人で高知の中津渓谷へ行きました。雨を免れないことはわかっていたけど、ツァコンyukiさんの「決行!」の意志は固く揺るぎませんでした。

水はゴゥゴゥと音を立てて流れています。今回は仁淀ブルーじゃなくていつもとは違った勇壮な流れを体験する日のようです。
a0202012_831061.jpg
早速渓谷を歩き始めますが、幸い歩ける程度の雨です。
a0202012_833648.jpg
弁財天には「いい音楽を奏でられますように」とご挨拶しなきゃね。

a0202012_8333770.jpg
こんな風に道すがら七福神たちがお立ちになっています。途中ジャボジャボと水の中を越えて行かなきゃならない所もあったけど、ダイジョウブ。ニュージーランドでマオリの人たちと滝を見に行ったりする時は何度もジャボジャボしよったけんね。それにかつて山ガールをあっけなく挫折した過去の遺産、今治ヒマラヤのウェアは上下とも速乾!ニュージーランドの時はモンベルの靴だったけど、進化した今治にはモンベルもありよる。
a0202012_834977.jpg
女子ーズ、元気です。目指すは雨竜の滝。

a0202012_8343687.jpg
ウォーッ、このド迫力!!!水しぶきと風が巻き起こって いつもより水量の多い分パワーが増しています。よく撮れていたmihoさんの写真を拝借。
a0202012_835565.jpg
さぁ、出発地点に戻ると綺麗にセットされたランチが待っていてくれました。この後、温泉に入る人入らない人、それぞれリラックスタイムを過ごしてから帰りの途に着きますよ。
a0202012_8355613.jpg
ここは以前にも寄った「高知アイス売店」で、窓からの眺めは絶景。

a0202012_8363346.jpg
次々と変化して行く幻想的な風景が窓ガラスの向こうに展開されて行きます。
a0202012_8373823.jpg
うっとり、、、ぼーーっ、、、雰囲気あるシルエット写真はこれもmihoさん提供です。
a0202012_838866.jpg
さて、帰り道「「木の香」に寄りました。もう紫陽花の季節もそろそろ終わりかと思ったけどまだ綺麗です。

a0202012_838349.jpg
ピンクもフレッシュ!

a0202012_839229.jpg
道路際だけど車を走らせながらでは決して見ることのできない大樽の滝を見上げます。やはり水量が多くていつもより力強く流れています。

ご一緒したみなさん、ありがとう、楽しかったです。
[PR]



by makanaluon | 2016-06-25 13:49 | 日々のつれづれ | Comments(0)

早起きして盛りだくさんの一日

a0202012_14234481.jpg
さて、早朝6時に到着したここはどこでしょう?

a0202012_14241082.jpg
「おはよう!」 とフルーティストに挨拶したロビーは今治国際ホテルです。
a0202012_14243269.jpg
倫理法人会より講師として招かれました。いつものコンサートでは演奏の合間にトークを差し挟みながらプログラムを進めて行きますが、この日は講話の間に演奏をするという次第でした。

「ライアーの紡ぐ縁」と題して、たくさんのご縁によってライアーと共に歩んで来たことについてお話致しました。ライアーを購入しにドイツへ渡り、そこからニュージーランド、ヨーロッパ、ハワイなどへと旅が続いたこと、日本の地方での演奏を続けるうちに愛媛へと移住する次第になったいきさつについてを話すうちに改めて私自身も様々なことを思い直せました。

ピアノやハープでの分かち合いも楽しいですが場は限られますし、さらなる海外での広がりや今治に移住することはあり得なかったでしょう。もちろん持ち運べる楽器と言うことは大きな利点ですが、やはりライアーの独特な響きがこれまでのご縁を繋いでくれたのだと思います。
a0202012_14245342.jpg
会長さんたちと語らいながら国際ホテルでモーニングバイキングを頂きました。その後、会の番組のためにラヂバリに行って15分x2回分を収録しましたが、終わった時点でまだ朝の9時半でした。

a0202012_1542378.jpg
本を返しがてら次のお約束の時間を調整するために図書館へ行きました。写真はこの日ではなく、少し前に室内から外を眺めながら蒼い空と新緑が美しいと思って撮ったものですが、ガラス張りでなかなかモダンな建物ですよね。

まだ東京にいた時に、赤磐市の図書館で演奏をしたことがありましたが、とても綺麗な建物で演奏したお部屋も広くてゆったりでした。その後西条に渡ってやはりすてきな図書館を見て、地方の図書館の建物はスゴイと感心したものでしたっけ。

さて、図書館に行ったついでにFUKUSUKEへパンを買いに行ってから菊間へと向かいます。
a0202012_15464213.jpg
「な野屋」に到着。百年の歴史のある古民家は風格があります。風情のある空間でゆったりとした時間が流れておいしいランチとデザート堪能して、シェフとも有意義なお話ができました。

この後、「な野屋」でも取り扱っているコーヒー豆屋「イエムラコーヒー」のある北条まで車を走らせます。試飲、、、と言ってもた~っぷりのコーヒーを頂きながらフレンドリーな御主人と色々お話しました。

「東京はチェーンのコーヒー店が増えて個人の店が少なくなりましたがこちらではたくさんあるのでとても驚いたんです、、、自家焙煎の店も多いですね、、、かなり年配の方たちもブラックで召し上がりますね。東京では例えばうちに何人かがいらっしゃるとコーヒーと紅茶と半々くらいですが、こちらでは殆ど皆さんがコーヒーなのですぐにコーヒー豆がなくなってしまうんです、、、それから昼間のカラオケ喫茶にもびっくりでしたよ、、、」。

北条までの道は、行きは海沿いで帰りは山の方を通って往復共に快適なドライブを楽しめました。それにしても、まぁ何と盛りだくさんな一日だったことでしょう!
[PR]



by makanaluon | 2016-05-13 16:13 | 演奏 | Comments(0)

桜井のお祭り

a0202012_16375658.jpg
お祭りの二日前の準備はこんな風に御神輿をお迎えする場を整えるためにまずは草刈り、、、あっ、草引きって言うんですよね、、、こうして始まります。ナルさんも地味~な色で紛れてます。
a0202012_16383186.jpg
あっと言う間に地面は綺麗になって、御神輿が置かれる場にトラクターで砂が運ばれました。

a0202012_1639328.jpg
幟を立てるのはなかなかの力仕事のようですよ。

a0202012_16393923.jpg
はい、無事に幟が立ちました。

a0202012_16413127.jpg
ブリキのバケツをここで初めて見た時は時間がぐわぁ~~んと揺れて妙に感動したものだったけど、その後この辺では珍しいものじゃないことがわかりました。でも昔のは取っ手もブリキだったけど、木だからとてもお洒落な雰囲気。色を付けて模様を描いたらすてきなインテリアに、、、なんて思ってしまうけど、、、うーーん、こんな素朴な感じがいいのだととりあえずこらえましょう。

働き者とは言えない私でも、この日は一応かいがいしくお掃除をするのです。掃除機かけて、レトロバケツで雑巾絞ってせっせせっせ、、、。
a0202012_16483897.jpg
ここからは5月5日、当日です。まず、場を浄めるための天狗様の舞から始まります。
a0202012_16423474.jpg
子供たちの愛らしさがたまりません。
a0202012_16493377.jpg
私はこの獅子舞が好きです。東京では緑色に白い柄が定番だったし、獅子は幼い頃とても怖かったけど桜井の獅子はとても明るい色合いだしリズミカルな動きが楽しいです。

以前に獅子舞とライアー即興演奏のコラボをしたことがあってこれはとても醍醐味があったけど、桜井の獅子の動きでは到底無理だなぁ。

a0202012_16523924.jpg
皆が見守る中で今年も見事にアッパレ!

a0202012_16543965.jpg
子供神輿が「エンヤ―、エンヤ―」とやって来ました。ワッショイじゃないんですねぇ。漁師町だからエンヤートットのエンヤ―でしょうか。その掛け声を聞きながらふと思い出しました。ナルは海外で歌のソロを披露する時は「大漁節」をよく歌いました。ある時ニュージーランドでヨーロッパの男子たちに、ナルの歌に合わせて「エンヤ―トット」と舟を漕ぐ動作をしてくれるように頼んだけど、どうしても「トット」が言えなくて「エンヤ―トトー」となってしまいましたっけ。
a0202012_1655227.jpg
大人神輿も到着です。
a0202012_16552746.jpg
とても立派ですね。
a0202012_16555036.jpg
神主さんのお祓いで今年も無事に終わりました。桜井のお祭りは絢爛豪華でもなく、荒々しさも勇壮さもないけれど穏やかでのどかです。引っ越して来たのは4年前のお祭りが終わった後の5月中旬でした。ナルと私にとってもお祭りの時期に新しい巡りが始まります。

(お知らせ)
玉川万葉の森でのイベントの受け付け締め切りは5月13日(金)までと延長されました。
a0202012_14511235.jpg
[PR]



by makanaluon | 2016-05-07 10:43 | 日々のつれづれ | Comments(0)

ライアー奏者のつれづれ
by makanaluon
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

プロフィール&リンク

最新のコメント

最新のトラックバック

whilelimitle..
from whilelimitless..
http://www.v..
from http://www.val..
ガウディとグエルが夢見た..
from dezire_photo &..
ライアー奏者・作曲家・ま..
from La Dolce Vita ..
"Keep our Ho..
from La Dolce Vita ..
新しいCD『銀河の岸』完..
from La Dolce Vita ..

検索

ファン

ブログジャンル