タグ:ディジュリドゥ ( 43 ) タグの人気記事




今治総合芸能祭を終えて

a0202012_20150291.jpg
今治総合芸能祭に初出演しました。
a0202012_20153817.jpg
緞帳はまだ閉まっています。
a0202012_20164861.jpg
ナルさん、開園前にディジュリドゥの調子を見ています。
a0202012_20161779.jpg
ライアーは楽屋で待機中。
a0202012_20172309.jpeg
本番は撮影禁止なのでこれはリハの時のものです。山田逸朗さんの美しい映像が次々とバックに映し出されます。凛とした姿の大亀藤栄先生、そして写真では見えませんが能管の一宮教伸さんが背後に座っています。
a0202012_20175053.jpeg
本番の前日、ゲネプロの時のです。大亀先生のシルエットが映像に重なって素敵です。リハ、ゲネプロ、そして本番と三回に渡ってスタッフの方々たちは心地よく対応してくださりありがとうございました。
a0202012_20185503.jpg
ギャラリー遊さんが前日に撮影なさった虹をお借りしました。ビッグな演奏の前にはいつも現れて祝福のサインを送ってくれる虹ですが、今回私が実際に見ることはなくとも、こうして海に美しく姿を見せてくれたようです。山田さんの写真のラストも虹でした。

自分の呼吸とタイミングでできるコンサートとは違うので不安はありましたが、お蔭様で無事に終えることができました。演奏終了後、何人もの方たちが「よかったー!」と駆け寄って来てくれました。大亀先生の品格ある舞を損ねてしまってはいけないと気がかりでしたが、お弟子さんたちが大変喜んでくださったのでほっとしました。

今度コンサートを主催してくれる方が「リハも見たんですが、やはり本番の方がすてきでした。」とおっしってました。今回はシンプルだし、同じようにやってそんなに差異はないはずなのだけど本番のエネルギーは濃密なものが流れます。うまく言えませんが、全員での動きがうねって重なりながら「あっ」とはじける瞬間の感覚を体験しました。これがコラボと本番の醍醐味でしょうか。
a0202012_20192435.jpg
合間に珈琲道場でランチをしました。
a0202012_20195442.jpg
ランチもおいしかったけれど、プルプル系が大好きな私はデザートの豆乳プリンが気に入って二日連続で行ってしまいました。

今治の人になったなぁとしみじみ感慨にふけりながら眺める窓の向こうには小雪がちらついていました。寒い寒い立春でしたね。

さて、大亀先生をお送りするために会場に戻ります。ナルが駐車場から車を回して、、、あっ、来た、、、「先生~、早く早く、、、」で、勢いよく車のドアを開けたら、、、ありゃー、運転席にいるのはナルじゃなくて、、、笑われちゃいました。色は同じでもどこかビミョーな違和感はあったんだけどね。「まさか、まさかがまたかまたかの連続、、、」とナルに言われるようにこの日もまさかまたかまかなを更新しました。

さあ、いよいよギャラリー遊の「名刺サイズの作品展」が8日(木)から始まりますよ。ナルと私は三点ずつ出品しました。毎回オーナーの素晴らしいディスプレイも見所のひとつなので楽しみです。



[PR]



by makanaluon | 2018-02-05 09:10 | 演奏 | Comments(0)

ナルが作ったもの

a0202012_134124100.jpg
ナルの小さい楽器があれこれ増えて来たのでこんなものを作りました。
a0202012_13415340.jpg
こうしてみると手品の箱みたいで、うさぎやハトが出て来そう。小さい笛、ハーモニカやパーカッション類がこの後ろに隠れています。

a0202012_13423167.jpg
曲の途中で笛類を取って持つ時間がないこともあるので、胸にぶら下げるものも作りました。

a0202012_1343658.jpg
渋の和紙の上に布やカラフルな紐を巻き付けています。
a0202012_1343329.jpg
ディジュリドゥは以前に作ったものですが、こうしてみると全体的に雰囲気が似ていますね。
a0202012_1344042.jpg
ディジュリドウの装飾も色々楽しんでいるようです。
a0202012_1344369.jpg
愛媛に来てから竹や塩ビ管、あるいは布を巻く芯でも作りました。玉川近代美術館での「竹あかりライアーコンサート」ではもちろん竹製のを使いましたが、これは持ち運ぶのに便利なように作ったものです。太さの違う塩ビ管を繋げてありますが、3つに分けられるので便利です。
[PR]



by makanaluon | 2017-10-22 15:29 | 日々のつれづれ | Comments(0)

嬉しいご縁が広がります

a0202012_1393067.jpg
ニュージーランドからのネイトと今治に住むsayakaさんを迎えての集いです。愛媛に来てからの外国人のお客様は、ドイツ人3人、アメリカ人、イギリス人、オーストラリア人に次いで七人目です。WELCOME!
a0202012_1395882.jpg
ちろりん家は子だくさんだけど、いつも違った顔ぶれで三人までは連れて来てもらえます。

a0202012_13103492.jpg
ディジュリドゥをあれこれ試しているところです。グリーンのマットは私たちがニュージーランドに行った時にマオリ族の人から頂いたものです。
a0202012_1311157.jpg
ちろりんさん、ハッピーバースデー♪

a0202012_13113014.jpg
ニュージーランドの思い出として作曲した「PAUA」はマオリ語であわび貝のことだけど、ニュージーランドではパウアで通用するのでネイトにもそのまま通じました。マオリの子守歌「Hine e Hine」も歌いました。
a0202012_1312485.jpg
やはりニュージーランドの思い出からハープで作曲した「グリーンストーン」などを弾きました。ネイトは近くに来て真剣に聴いてくれました。

a0202012_13141581.jpg
ネイトは初挑戦ながら、なかなか自然でいい感じ。

a0202012_13144018.jpg
もちろんライアーにも触れてみますよ。

a0202012_1315618.jpg
スパニッシュギターをとてもすてきに奏でてくれました。ギタリストは弦に直接触れることになれているので、ハープやライアーの弦にもあまり抵抗なく触れるようです。

a0202012_13153290.jpg
英語とマオリ語の歌詞になっている曲を披露してくれました。マオリ語の響きが懐かしい、、、。

a0202012_13155548.jpg
海への散歩に出掛けます。ネイトは背が高~い。

a0202012_13161920.jpg
サンダルを脱いで波打ち際へ。ニュージーランドの海は夏でもとても水が冷たいわよね。
a0202012_13164216.jpg
このヒトデはまだ生々しいなぁ。

a0202012_1317493.jpg
帰ったら今度はピアノで多彩ぶりを発揮してくれました。ハービー、shingyouさんもだけど、ここでピアノを弾いてくれる人が増えたので、きっとピアノも喜んでいることでしょう。

皆もそれぞれの楽器で加わって「カントリーロード」で盛り上がりました。
a0202012_13172446.jpg
7回訪れたニュージーランドの思い出が一気に甦って来て話は尽きず、楽しい嬉しいひとときでした。ここに、ただこうしているだけで次々と色々な人たちがやって来てくれて自然とご縁が紡がれて行くとは何と幸せなことでしょう。

キンモクセイが香るとお祭り、、、と皆さんがおっしゃいますね。二階のキッチンの窓から甘い香りが漂って来ます。

お知らせ
a0202012_742826.jpg
a0202012_75584.jpg

[PR]



by makanaluon | 2017-10-11 06:12 | 演奏 | Comments(0)

竹あかりライアーコンサート

a0202012_12365833.jpg
NPO法人「玉川サイコー」が「竹あかりライアーコンサート」を玉川文化交流館で開催してくださることになったので打ち合わせに行きました。

昨年5月に、玉川サイコーが整備している万葉の森で演奏させて頂いた時のことはコチラです。光と風に鳥の声が和してとてもライアー的なひとときでした。
a0202012_12375839.jpg
昨年のイベント時に製作されたものが並んでいます。あかりが灯されたら雰囲気があってすてきでしょうね。

a0202012_12382487.jpg
会場になる玉川近代美術館へも行きました。ここは美術館から文化交流館へ続く中庭です。
a0202012_12384888.jpg
ここでは二年前の夏に「平和への祈り」の演奏をさせて頂きました(コチラ)。

「竹あかりライアーコンサート」
9月2日(土)18時~19時 無料 要予約 0898-55-2211(玉川近代美術館)

ワークショップや様々な出店もされます。17時30分から美過疎通り(ピカソ通り)に竹あかりが灯されるとバンブーナイトのオープニングです。コスプレのかぐや姫も登場するようですが、お姫様たちも大募集されるようなのでドレス姿で参加されたら楽しいと思います。

a0202012_12391475.jpg
バンブーナイトということで竹にちなんだ曲や竹製の楽器を用意しながら準備しています。手前から、ナル作ディジュリドゥ、もくべえさん作せせらっこ、もくべえさん作ディジュリドゥ、ナル作竹ぼら、小さい楽器はラトゥルの柄の部分が竹、竹笛、もくべえさん作パンフルートです。パンフルートと竹笛は今回初めてになりますが、他のものは既にコンサートで折々に使用して来ました。

盛りだくさんの内容は以下のチラシをご覧ください。

a0202012_1240238.jpg

[PR]



by makanaluon | 2017-07-31 06:00 | 演奏 | Comments(0)

懐かしい写真

a0202012_1144168.jpg
あれこれと整理していたらとても懐かしい写真が出てきました。町田に住んでいた頃のだけど、リノベーション前の古い部屋の様子なのでなおさらに懐かしいです。
a0202012_115217.jpg
その後サンルームとのしきりを取り払って広げてから、ハープはここに置かれるようになりました。間の柱の上の部分はそのままだと四角っぽいのでカーブを付けて欲しいと、私のこだわりで大工さんにたってのお願いをしたのでした。

無造作に置かれているナルのディジュリドゥはこの頃からもう既に何本もあったけど今治に来てからは手作りするようになったのでもっともっと増えています。
a0202012_1152292.jpg
ピンクの絨毯ではなくてウッディフロアになったスペースをこうして見てみると、家具やライアーの位置は違っていても雰囲気的には今の部屋の感じとどことなく似ています。

a0202012_1154385.jpg
おーっ、これは本当に懐かしい、、、。ナルの作ったウェルカムボードです。手前に緑濃く茂っている葉は玄関前のアーチに絡んだジャスミンです。6月に満開だったけど、今年もたわわに咲いて香りを放ったかしら?
a0202012_116443.jpg
女の子はこんな所でウェルカムしたことあったのね。針金に紐を巻き付けてピンピンクルリとした髪の毛がかわいいし洋服も靴もなかなかお洒落。ナルが顔をどうしても書けないと言うのでそれだけは私が担当したのでした。

今我が家の庭は、皆さんから次々と木や花を頂くままに自然に成長しています。でもこの頃は、自分で選びながら花壇にお花を植えるのが私の楽しみのひとつでした。

実は町田を「懐かしい」と思うのはやっと今になってなんです。引っ越した頃東京に演奏に行っても町田を歩いても、まだそちらでの感覚の方が強く体に残っていたのであまり懐かしさはなくてふし~ぎな感じでした。でも5年たった今年、下北沢や町田で演奏をした時に初めて「懐かしい」と思いました。

余談だけど、「ああ、懐かしい」と言う言葉を英語ではなかなかしっくり来る表現が見当たらないと常々思っていたので、先月オーストラリアからやって来たロバートに聞いてみると「ああ、それは英語にはない日本語独特の言い方。」とあまりにもきっぱり即答。ロバートは日本語のニュアンスもよく知っているのでもしかしてと思ったんだけどねぇ。辞書ではぴったり来るのはないし、ネットで調べてみても、やはりその表現に悩む人たちはいるようでした。ロバートは「そういう時には」と前置きをして、思い入れたっぷりに手を広げて懐かしそうに「Wow、、、」ですって。
[PR]



by makanaluon | 2017-06-28 05:06 | 日々のつれづれ | Comments(0)

祭りの後で

a0202012_152941.jpg
お祭りが一通り終わったので一旦家に戻ってからくじ引きをしに再度神社へ出向いて翠松苑へ白雲木を見に行きました。
a0202012_1523755.jpg
三日前に様子を見に行った時は到底こんなに咲くとは思えなかったのだけど、まだ少し蕾はあるもののほぼ美しく満開でうっとり~♪

a0202012_153264.jpg
たった一本だったけど、この綺麗な色に惹き込まれます。
a0202012_1533422.jpg
翠松苑に泊まっていたオーストラリアからのご夫妻を囲んで10数名が集いました。神社ではまるでランドマークのようだったほぼ2メートルのロバートはお祭りの混雑の中でもカメラを構えるには都合いいですねぇ。何のお約束もなく「じゃ、また後で~」だけであっという間にこんなにたくさん集まってしまうのは桜井の実力。でも一体何人が来るのかはいつもドアをあけるまでわからないのも桜井流。

何と私の小学校時代の友人も思いがけなく参加してくれました。お姉さまとは桜井に引っ越して来た時からお会いしていてコンサートにもいらしてくださっていました。東京出身ということは知っていたけれど、ある日私と小学校が同じだと言うことがわかってびっくり!さらに二年下の妹さんは私と四年間同級だったこともわかってびっくり、びっくり!!こんな奇遇もあるんですねぇ。そして以前にこちらで再会を果たせたけれどこの日は連休を利用して訪れていたのでした。
a0202012_1541917.jpg
ライアーはドイツ生まれでヨーロッパ育ちだけど、このライアーに限ってはオーストラリア製と言うご縁です。そしてオーストラリアの楽器と言えばコンサートでもすっかりおなじみになったディジュリドゥなのでもちろんナルは吹きましたよ。
a0202012_1545244.jpg
ハープのオリジナル曲も聴いて頂きました。
a0202012_1552098.jpg
二歳のmiraiちゃんはパーカッションがお気に入り。しっかり立った後ろ姿はなかなか堂にいってますね。
a0202012_1554664.jpg
ハープにも興味津々。
a0202012_1561485.jpg
でもちょっと大き過ぎるのか、やはりまたパーカッションに戻ってしまいました~。

そして、一旦広島へ行ってから戻って来たロバートたちが愛媛を去る前日も夕食を分かち合いながら楽しく深く語り合いました。お二人のダイナミックなチャリの旅、様々な「考え方」、芸術について、はたまた英語や日本語の言葉の概念などについてなどなど。別れを惜しみつつしっかりハグ。

思いがけずのすてきな出会いにオーストラリアからのライアーとディジュリドゥも彩りを添えてくれました。

[PR]



by makanaluon | 2017-05-09 15:06 | 演奏 | Comments(0)

五月の陽射しの中で

a0202012_16421540.jpg
毎年楽しみにしている白雲木の開花の様子を見に新緑が気持ちのよい翠松苑に行きました。
a0202012_16431945.jpg
ふふ、まだ赤ちゃんみたいにかわいい。いつもはお祭りの頃満開のはずだけど今年は少し遅いかも。
a0202012_16434665.jpg
この時期、矢車草を見るとここで二回行ったコンサートのことを思い出します。4月のコンサートを終えて矢車草を見ながら余韻に浸ったものでした。
a0202012_16445766.jpg
何て鮮やかな美しい色でしょう。

a0202012_16453141.jpg
ピンクの濃淡もすてきです。
a0202012_16585555.jpg
滴翠荘のフジも満開で、ああ、いい香り、、、。

a0202012_1659295.jpg
オオデマリも五月の陽射しを受けていい表情を見せています。
a0202012_170796.jpg
ナルが藍染めで作った鯉がハープに泳いでいます。
a0202012_1703839.jpg
ギャラリー遊のshunmeiさんの作品です。

a0202012_1711849.jpg
ナルの作ったディジュリドゥスタンドに置いてみたら何となく雰囲気が似合いますよね。
[PR]



by makanaluon | 2017-05-03 15:30 | 日々のつれづれ | Comments(2)

東への旅 その3

a0202012_1527369.jpg
下北沢ハーフムーンホールでの「春風ライアーコンサート」を終えて一旦中目黒へ戻ってから懐かしい町田へと移動して成瀬の「くりの家保育園」に行きました。町田に住んでいた頃に何度も通った道沿いです。

元は栗林だったということで栗の木をイメージしたすてきなスペースは「ここはいつでも帰って来られる家」という気持ちを込めて付けられた名前のようです。園長先生を初め皆さんがやさしく迎えてくださいました。

近所の田んぼを借りて正月用の米を育てたり、季節の巡りの中での自然体験を大切にしているようで子供たちは伸び伸び健やかです。

この日は終業式に加えての演奏のひとときでした。

a0202012_15281866.jpg
ディジュリドゥの音にも皆興味津々。
a0202012_15284379.jpg
0歳児から5歳児までの100人が目を輝かせて様々に反応してくれながら聴いてくれました。何と言っても人気はディジュボーンと共に歌う「ぞうさん」。知っている歌は「一緒に」と言わなくても元気に歌ってくれましたよ。絵本とライアーとのコラボもしました。「ゆりかごのうた」で0歳児は眠ってしまったようでした。
a0202012_15294048.jpg
演奏が終わってそれぞれのお部屋に戻る前に楽器に触れてもらいました。

a0202012_1530521.jpg
自分で持って「せせらっこ」の音に耳をすませます。
a0202012_15303321.jpg
一番後ろに並んでいらっしゃる理事長さんはりょう田寺のご住職様でもいらっしゃいますがライアーを初め様々な楽器に関心を示してくださいました。

a0202012_15305937.jpg
ふくよかな笑みをたたえた野々村日出子さんがこの日の演奏会をアレンジしてくださいました。町田さがみユネスコのイベントで色々お世話になった方ですが、81歳になられた今もお元気でこうして再会できて本当に嬉しかったです。
a0202012_15312532.jpg
この後、野々村さんがランチにお招きくださったのがホテルザエルシィ町田です。

以前にウィーンのハーピストのユディットが日本公演があるから会いたいと言って来た時に、オーケストラのスケジュールの移動の中でうまく会えるものか心配でしたが、寸前にスケジュール表と宿泊場所が送られてきたものを見たら東京では何とこのホテル。「私たちにとって世界で一番近いホテルよ。」と言って無事に会えて家にまで来てもらえたのでした。

おいしい中華料理を頂いてから、私たちは次の場所海老名へ移動です。

a0202012_8574466.jpg
恒例になった海老名でのホームコンサートはご家族の関係や近所の方たちがとても楽しみに待ってくださっています。

a0202012_8581794.jpg
今回はゴーシュさんも参加です。そして翌日ゴーシュさんと一緒に御殿場に向かいます。

お知らせ
ようなる春風ライアーコンサート 4月22日(土)午後2時(1時半開場) 1500円(飲み物、お菓子付き)
予約 090-3189-1094(ようなる 伊藤)

a0202012_93045.jpg

[PR]



by makanaluon | 2017-04-03 13:00 | ライアーとの旅(日本) | Comments(0)

東への旅 その2

a0202012_13203417.jpg
「春風ライアーコンサート」の行われた下北沢ハーフムーンホールは閑静な住宅街にあります。
a0202012_13211220.jpg
お洒落な入り口です。
a0202012_13241285.jpg
ゴーシュさんの奥様がお庭の花をアレンジしてくださいました。他にもお持ちくださった幾つもの観葉植物が打ちっ放しの壁によく似合って自然な雰囲気が広がりました。
a0202012_13234440.jpg
皆さんから頂いたたくさんのお花も始まる前にステージに置いたので華やかさが増しました。
a0202012_13254727.jpg
「皆さんお久しぶりです。四国の自然は豊かだし、食べ物もおいしいしとても楽しく充実して過ごしています。でもただひとつ、東の皆さんに会いにくくなってしまったことだけが残念なのですが、こうしてお会いすることができて嬉しいです。」

a0202012_13262946.jpg
東京にいた頃のコンサートで松岡芽ぶきさんから頂いた薔薇が映し出されています。「ブログに載せて来たような写真をプロジェクターで映して皆さんに愛媛をご紹介したらいいのでは?」とアイディアをくださったのはゴーシュさんです。akiraさんからの写真も加えて曲に合わせて観て頂きました。

この薔薇から生まれたオリジナル曲「薔薇に寄す」から始めました。この薔薇を芽ぶきさんがジャケットにデザインしてくださったのがCD「しあわせの岸」です。

この後「よしうみバラ公園」の薔薇も映しました。
a0202012_13265843.jpg
スペースはまさにハーフムーンの形です。写真は「桜井海浜ふれあい広場」です。ヤシの木が並ぶ海辺の道への風景を「これはうちの前です。」と言ったら「わぁ~」という声が広がりました。

a0202012_13284053.jpg
「もののけ姫」でディジュリドゥを響かせています。曲と直接関係ないけど愛媛県人にとって森の精霊が宿る山でふさわしいのはやはり石鎚山。

a0202012_13293315.jpg
川畑宜士先生の日本画から作曲させて頂いた「緑の木の葉隠れに」の小鹿は井の頭公園の鹿です。私にとっても幼い頃から、そして東京の皆さんにとってなじみの深い公園です。しかも下北沢は井の頭沿線でもあることから演奏致しました。
a0202012_1333133.jpg
竹浪明さんとの久々のコラボです。竹浪さんの俳句&写真集「恐竜xヴィーナス=17文字」の中から6句選んで作曲させて頂いた「銀河の岸」を竹浪さんの朗読と共に奏でました。そして同じ句集より、まさにこの日この場にふさわしいと思える「月の縁(えにし)花の縁に人集う」も加えて詠んで頂きました。
a0202012_1330861.jpg
客席の右サイドのベンチに座っているご家族とは町田に住んでいた頃からのご縁です。赤ちゃん、4歳、6歳のお子さんたちのお母さん二人は、かつて小さい時にうちに遊びに来て一緒にりす園に行ったり泊まったりしたものでした。

赤ちゃんがむずかったりしたらすぐに退席できるようにここに位置してもらっていたのですが、コンサート中赤ちゃんはよく寝て泣きもせず、他三人の子供たちもよく耳をすませてくれました。
a0202012_13312024.jpg
「坂の上の雲」からの「スタンドアローン」で「空に手を広げ~、降り注ぐ光集めて~~、、、♪」で映し出されたのは西日本最高峰の天狗岳です。

a0202012_1335125.jpg
ラストは「海の虹」です。目の前の海で何回か見ましたがこれは七夕コンサートの少し前に出た虹です。
a0202012_13363628.jpg
おみやげ用にと浜辺でせっせと拾い集めた貝殻、そして川畑先生の小鹿のポストカードも皆さんお持ち帰りくださってよかったです。

コンサート後、会場で皆さんとの交流の時間を持ちました。紅茶のエキスパートで四ッ谷でのコンサート「ゆりりーの庭」を開催してくれていたyuriさんの入れてくれた紅茶、コーヒー担当はゴーシュさん、いつも長野から出向いてくださるkazumiさん作のクッキーを分かち合いました。

懐かしいお友達、ナルの職場時代の方たち、初めての方たちなど会場いっぱいのお客さまがいらしてくださって、様々な思いが胸によぎりながら本当に掛け替えのないひとときでした。

[PR]



by makanaluon | 2017-04-01 14:30 | ライアーとの旅(日本) | Comments(0)

手作り楽器 その2

a0202012_11272495.jpg
ナルがこんなものを作りました。3つに分かれているものを組み合わせると、、、
a0202012_11275580.jpg
ディジュリドゥの出来上がりです。持ち運びには便利ですよ。

a0202012_11284394.jpg
ディジュリドゥスタンドも作りました。マイクスタンドを利用したので高さの調節もできるし安定感があります。
a0202012_11292529.jpg
こんな風に置いて吹きます。
a0202012_11332032.jpg
もうひとつ違うタイプのも、やはりマイクスタンドで作りました。
a0202012_11463543.jpg
こうやって載せて角度を調節します。手を離してもいいので曲の途中でリコーダーなどに持ち替えることもできます。
a0202012_1135973.jpg
これはハワイのホワイトフェザーという人が貝殻で作ったラトゥルです。
a0202012_11352938.jpg
やはりこれもホワイトフェザー作ですが、動物の爪と骨で作られています。

a0202012_113605.jpg
これは日本人のオカリナ奏者が作ったカリンバですが、サラダボウルを利用しています。
a0202012_11362465.jpg
このマラカスは手作りではないですが、ハワイアンのナヒが絵を描いてプレゼントしてくれました。Anuenue O Makana(虹のおくりもの)と言う名前を授けてくれた時に「レインボーウーマン」のイメージで描いてくれたのでした。
[PR]



by makanaluon | 2017-03-26 15:40 | 楽器 | Comments(0)

ライアー奏者のつれづれ
by makanaluon
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

プロフィール&リンク

最新のコメント

遊さん やはりスペシャル..
by makanaluon at 07:21
hamano-akiさん..
by makanaluon at 07:56
こんばんは。先日は お疲..
by hamano-aki at 00:10
遊さん ありがとうござい..
by makanaluon at 07:39
昨日は素晴らしい作品の搬..
by 遊 at 09:35
まいんどさん こんにちは..
by makanaluon at 07:16
東京の京急電鉄と相模鉄道..
by まいんど at 21:09
> ジムニー (合田)さ..
by makanaluon at 16:26
> agrifishxさ..
by makanaluon at 16:24
比較的穏やかな天候だった..
by agrifishx at 15:35

最新のトラックバック

whilelimitle..
from whilelimitless..
http://www.v..
from http://www.val..
ガウディとグエルが夢見た..
from dezire_photo &..
ライアー奏者・作曲家・ま..
from La Dolce Vita ..
"Keep our Ho..
from La Dolce Vita ..
新しいCD『銀河の岸』完..
from La Dolce Vita ..

検索

ファン

ブログジャンル