去年の今頃(オーストリア2)

a0202012_9462887.jpg

緑の中のマリアはザルツブルクから、ほんの少しドイツに入った所にひっそりと佇んでいる。泉が湧いていたことを発見された時に立てられたそう。いわゆる観光地ではないので、尾根道を伝いながらかなり上ったり下りたりしながらやっとそこへ到達。

「マドンナは音楽がきっと好きだからライアーを持って、、」とダグマーは言ったけれど、うーん、ちょっと大変かもとライアーを諦めた代わりに、街で買ったばかりのサンスーラ(ヨーロッパ生まれのカリンバ)を持って山道を上り、谷を越えて奥へ奥へ、、、。

清らかな空気が満ちて、透明な泉の水がきらきら光るそこは、確かにライアーを奏でたらぴったりの場所。

ダグマーは先月、自分の誕生日にもここを訪れたらしい。三年前の五月に日本に来た時、彼女の誕生日には姫路城へ行って、関西の友人たちとお祝いしたっけ。昨年は、たまたまザルツブルクで迎えた私の誕生日。ミュンヘンからアンジェリカも手作りケーキを持って駆け付けてくれて、ダグマーがレストランを予約してくれていた美しい湖の街、モントゼーへドライブした幸せな一日。とここまで書いたら、ダグマーからとってもすてきなネックレスがちょうど今届いた。またいつかお誕生日にモントゼーへ一緒に行きましょう、、って。行く、行くーーっ。(続く)
[PR]



# by makanaluon | 2011-06-09 04:47 | 海外&ライアー | Comments(0)

去年の今頃(オーストリア)

a0202012_124810.jpg

ヒースローからフランクフルトを経由してザルツブルクのモーツァルト空港へ。出迎えてくれたダグマーは果物がたくさん入った大きなかごを差し出してくれながら「Welcome!」。そのままイファの家へ行くと「果物たくさん買っておいたから好きに食べてね。」。果物好きはかなり有名になっちゃったけど「Tokyoは果物が高くてかわいそうなMakana」ってわけで、こんな風に「くだものいっぱい」から始まったザルツブルクでの日々。そして街のあちこちに美しいバラ、薔薇、ばら、、、。

美しい自然とおしゃれな街並みが程よく調和しているこの街が大好き。サウンド・オブ・ミュージックの舞台にもなったので、ここでこそとライアーに乗せて歌っててみると、友人たちは「ふふふ、Makanaもやはり日本人だったのねぇ、、」とおかしがる。なぜか思ったより受けないんで、もうやーめたっと。いかにもいかにもすぎるのかなぁ。

ハウスコンサートやワークショップでも演奏したりライアーの出番はいつでもどこでもはさすがに音楽の街。あ、ああーーっ、「Makanaライアーコンサート」のポスター、、。そ、そうだった、のどかに遊んでいられない、、、いやいや、それでも、遊びます。(続く)
[PR]



# by makanaluon | 2011-06-07 06:06 | 海外&ライアー | Comments(0)

去年の今頃(イギリス3)

a0202012_9455453.jpg

ボートを漕いでいるのはジュディス&ジョンの娘ミランダの長女フィービー。グランパのジョンは5人の孫たちそれぞれに違った形のボートを作ってあげたなんて、いいなぁ、いいなぁ、、。ジュディスがそれぞれの孫たちへおくった詩にもじーんとする。

私も手前の小さなボートに乗って池をぐる~りひと廻り。両手でハンドルをぐるぐる回すだけで楽々すいすい。

池の中州へと渡してある、ちょっと危なっかしい細い木を伝わっていくと、ぶらんこが下がっている。もっと太いしっかりした橋をジョンが作ってあげたいと思っても、フィービーは絶対このままにしておいて欲しいと言うらしい。うーん、わかるな、その気持ち。この大きな池のあるジュディスの庭は散歩できるほど広いけど、フィービーの家の庭はまるで牧場のように巨大だ。ミランダは日本にいたこともあるので、その庭の端に自作の朱色の鳥居を立てているのが何とも微笑ましい。心地よい風に吹かれながらミランダ手作りのクッキーでなごやかなティータイムの後は、リビングにある、かなり年代物の綺麗な水色のグランドピアノを弾いてみた。なんとなくどことなくイギリスの音♪

ジュディスの家はポーツマスのそばなので海も近い。ジョン所有の大きなヨットに帆を張ってセーリングを楽しんだ後、ライアーとの旅は次の目的地オーストリアへ、、。
[PR]



# by makanaluon | 2011-06-05 05:26 | 海外&ライアー | Comments(0)

去年の今頃(イギリス2)

a0202012_12452345.jpg
せっせ、せっせの準備の後(笑)、いよいよ誕生日パーティの当日は、こんな手廻しオルガンが二台やってきて、わーい、いきなりイギリスっぽさ全開のオープニング!色とりどりのバルーンもあちこちのテーブルに楽しく揺れて、、、ハッピーバースディ♪

このおじ様は、祝福のメロディを奏でるライアーの音にとても感激してくれて「人々の心の奥深くに響きながら何かを変容させていけるセラピーの可能性を持つ楽器、、、」と語ってくれた。にっこり!(続く)
[PR]



# by makanaluon | 2011-06-03 12:21 | 海外&ライアー | Comments(0)

去年の今頃(イギリス)

a0202012_1238970.jpg
アムステルダムからヒースローまでひとっ飛びして、ジュディスの実際のお誕生日より少し後に開かれた70歳のパーティへ、いざ!

ゲストを迎えるための準備をNaluと共にせっせ、せっせと手伝った。ジュディスの娘たちの結婚パーティの時は300人も入るサーカス小屋のようなびっくりテントだったけど、今回はそれに比べればずっと「小さめ」だったので自分たちでヨイショ、ヨイショ。パラソル付きのテーブルなども広い庭のあちこちに置いてっと。せっせ、せっせ。昔の写真も並べて貼って、せっせ、せっせ。あっ、Makanaがぶらんこで揺れている写真だ。

レンガの塀ごしにこちらをのぞいている猫に、「ほら、見て!アリスの猫みたいね、、」というジュディスの言葉も、ここ、イギリスではとってもソレっぽい。でも、いつも窓から忍び込んで私のお布団で一緒に寝ていた黒猫パンドーラがもういないのが淋しい、、ぐすん、、、。

煙突のあるレンガの家とぶらんこの揺れる樫の木にりすたちが戯れ、きつねのカップルもこの庭を通り過ぎ、鴨が生まれたばかりのひなたちと、この池を泳ぐその風景は、イギリスの童話の世界がそのままそこに、、。幾たびもここを訪れながらたくさんのインスピレーションを得てピアノで作曲した組曲は、CD「イングランドの風」に収めました。ディスク上に載せたパンドーラの写真も一つの大切な思い出。この中の一曲「ぶらんこ」はライアー用にアレンジしてCD「銀河の岸」に収録してあります。(続く)

追記 上記にクレームあり。「僕はせっせ、せっせだったけどMakanaは違うぞ、、」いいえっ!せっせ、せっせとお掃除や草むしり、、そりゃ、Naluの重労働のようにはいきませんでしたがね、ふんっ!
[PR]



# by makanaluon | 2011-06-02 07:57 | 海外&ライアー | Comments(0)

むく鳥の巣立ち

a0202012_9201035.jpg
毎年、むく鳥が我が家の三階の天井裏に巣を作る。この見えない春のお客様たちの声が今年はいつもの時期に聞こえないのが気にかかっていた。ライアーを弾くと一段と高くさえずるので、期間限定のアンサンブルはひそかな楽しみだった。

ところが今年は声を聞かぬまま、例年の巣立ちの日辺りに、まだ毛もは生え揃わない二羽のひなが落下して玄関先に息も絶え絶えになっていた。家に入れて箱の中に巣の代わりになるようなものを入れて精一杯助けようとしたが、遂に二羽とも力尽きてしまった。

かなしい思いのまま数日たつと、、おやっ、、、鳥の鳴き声が天井裏から聞こえる。まだきょうだいたちがいたんだ。おとといは樋の所に出て来て外を眺めるひながいたが飛ぶまではもう一息の様子。今日はひときわ声がにぎやかになってきたので、もうまもなくだろう。

さあ、準備OKなら梅雨の合間を上手に見計らって、キミたちのきょうだいの分も元気に大空に羽ばたいてゆけ~!

この小さな羽と赤い実は、ある年にキミたちの先輩家族が巣立った後に、三階の床に残していったもの。天井に直接取り付けてある照明の隙間からのおとしもの、、、いや、おくりもの。
[PR]



# by makanaluon | 2011-05-31 09:20 | 日々のつれづれ | Comments(10)

去年の今頃(オランダ2)

a0202012_9263133.jpg
リダの運転で、どこまでも平らな土地と遮るもののない広い空の下を快適にドライブ。ニュージーランドでいつもお世話になっているマオリのワイ&デイブのワークショップをお手伝いしに行ったのです。

懐かしい友人たちとも嬉しい再会をしながら、明るい光の中で健康的なランチを頂いてから、たくさんの曲をライアーで奏でました。幾つかの子守歌を歌っていく中で「中国地方の子守歌」はNalu(ブログの写真撮影をしている)の琵琶湖よし笛と合わせてみました。「ねんころろん、、」の音は海の向こうの人たちには楽しくふしぎに響くようです。(イギリスへと続く)
[PR]



# by makanaluon | 2011-05-31 06:29 | 海外&ライアー | Comments(0)

ライアー奏者のつれづれ
by makanaluon
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

プロフィール&リンク

最新のコメント

最新のトラックバック

whilelimitle..
from whilelimitless..
http://www.v..
from http://www.val..
ガウディとグエルが夢見た..
from dezire_photo &..
ライアー奏者・作曲家・ま..
from La Dolce Vita ..
"Keep our Ho..
from La Dolce Vita ..
新しいCD『銀河の岸』完..
from La Dolce Vita ..

検索

ファン

ブログジャンル