響き合うライアーの調べ

a0202012_14474063.jpg
昨日は たくさんのライアーが響き合う日でした。ライアーは「聴く」ということの大切さを思い出させてくれる楽器です。それぞれ用意した曲を分かち合った後、最後に全員で一つの曲を奏でるひとときの中で、様々なライアーの形と音色から放たれる音の粒子が空間に散らばり、混ざり合っていきます。自分が個であることを認識しつつも、同時に自分の輪郭が薄れてゆき、全体の中の一部であることを静かに感じていきながら、ふと、オランダの友人が送ってくれたカードの言葉を思い出しました。
   
    Silence is the sound of your soul

「内側の静けさ」に耳をすませた時に「外側の世界から差し出されてくるもの、呼びかけ」に気づくことができ、応えていけるのかもしれません。
[PR]



# by makanaluon | 2011-05-15 14:48 | ライアー | Comments(0)

ティアドロップコンサートライアー

a0202012_1341482.jpg
ドイツ生まれのライアーですが、これはオーストラリアからやってきました。メルボルン近郊に住むマリー・ライト氏が様々なサイズのティアドロップ型のシリーズを製作しています。これは一般的なライアーより大きくて重いので演奏の時はストラップが必要です。共鳴板が前面に張られているために音も大きく響きます。ライト氏が送ってくれた写真を見て、あまりの美しさにうっとり見惚れて音も聴かずに思わず注文してしまいました。まだその時点では日本には入ってきていなかったので聴くこともできなかったのですが、きっと美しい音に違いないというインスピレーションに間違いはありませんでした。そんなわけで日本では私の所に真っ先にやってきてくれたライアーです。弦は53弦あって、低音の一オクターブがあることが私にとっては嬉しいです。昨年ライト氏が私の家に滞在してくれていた間にライアーの友人たちとのすてきなひとときを過ごせたのはよい思い出です。誰しもが彼の温かい人柄にすっかり魅せられてしまいました。何より嬉しかったのは彼の奏でるライアーの音が我が家のリビングにいつも心地よく広がっていたことです。彼は誠実な職人さんですが、すてきなライアー奏者、作曲家でもあります。このライアーに出会えて本当に幸せです。
[PR]



# by makanaluon | 2011-05-13 13:26 | ライアー | Comments(2)

初めまして

a0202012_12285967.jpg
こんにちは、まかな瑠音です。ライアーを弾いて、作曲をしています。音楽のこと、今まで携わってきた様々な楽器のこと、海の向こうでのことなどを綴ってみたいと思います。この新しい窓が開いたことでのよい出会いと広がりがありますように。どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]



# by makanaluon | 2011-05-12 12:37 | 日々のつれづれ | Comments(12)

ライアー奏者のつれづれ
by makanaluon
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

プロフィール&リンク

最新のコメント

最新のトラックバック

whilelimitle..
from whilelimitless..
http://www.v..
from http://www.val..
ガウディとグエルが夢見た..
from dezire_photo &..
ライアー奏者・作曲家・ま..
from La Dolce Vita ..
"Keep our Ho..
from La Dolce Vita ..
新しいCD『銀河の岸』完..
from La Dolce Vita ..

検索

ファン

ブログジャンル