<   2016年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧




かぼちゃの季節

a0202012_9114126.jpg
ギザギザのお口のかぼちゃがあちこちで笑っている季節になりましたね~。
a0202012_9141727.jpg
あっ、親久爺ちゃんの作った秋の虫さんが早速かぼちゃにやって来ましたよ。

a0202012_9145295.jpg
まるで砂糖菓子のようにかわいい天使の赤ちゃんもちょこんと座ってみました。

a0202012_924110.jpg
砥部のネコもヤッホー!

a0202012_9153029.jpg
お洒落なブタさんも必死によじ登りましたよ。

a0202012_9155419.jpg
それでは皆様ごきげんよろしゅう。
a0202012_836514.jpg
ハッピーハロウィーン♪
[PR]



by makanaluon | 2016-10-30 17:00 | 日々のつれづれ | Comments(0)

フクロウを連れ出した

a0202012_9305289.jpg
西条の親久爺ちゃんが作ってくれたフクロウを外に連れ出しました。キンモクセイの花びらの絨毯の中にかわいいですね。

a0202012_13443100.jpg
引っ越した年に爺ちゃんが持って来てくれたツワブキの様子をフクロウと一緒に裏庭に見に行きました。

a0202012_13445167.jpg
秋の陽射しに明るく咲いています。

a0202012_13451773.jpg
爺ちゃんが植えてくれた柿の木も大きくなりました。

a0202012_1345359.jpg
たった一度、西条のコンサートでお会いしただけだったのに、引っ越し前から庭の草刈りをくれたり、世界でたったひとつの素晴らしいライアースタンド、譜面台、ディジュリドゥケースを製作してくれて、その他たくさんのかわいい小物も作ってくれた爺ちゃんのあれこれを思い出していたら、今日はハートがほっこらあったかくなりました。爺ちゃんの製作してくれた宝物はコチラ
[PR]



by makanaluon | 2016-10-27 13:33 | 日々のつれづれ | Comments(0)

キンモクセイ香る

a0202012_1022489.jpg
あちこちでキンモクセイが香る季節になりました。

a0202012_10222314.jpg
二階のキッチンの窓からも甘い匂いが漂って来ます。

a0202012_10224574.jpg
今日はお客様がいらっしゃるのでお部屋にも香りを連れて来ました。
a0202012_12454917.jpg
素敵な色合いのお着物姿でいらしてくださったのは、少し前に不思議なタイミングで初めてお会いした観世流能楽師の大亀藤栄さんです。小箱には何が入っているのかしらとわくわくするようなギフトを頂きました。
a0202012_12463069.jpg
お料理のエキスパートでもいらっしゃる藤栄さん手作りのイギス豆腐です。今治の郷土料理なので色々頂いて来ましたが、これは「初めての味」でした。

凛とした風格ある佇まいに深い年輪が伺えます。「お料理の味はその人自身の味」とおっしゃっていたように、イギス豆腐はしっかりとした芯を感じられる上品な味わいでした。普段身近には触れることのない様々な興味深いお話に耳を傾けながら今後の広がりを嬉しく感じました。また新しいご縁がこの秋にひとつ生まれました。

a0202012_1023589.jpg
例年より遅く、今になってコスモスが元気に大きく花開くようになりました。
a0202012_10235674.jpg
ハーブたちも元気を盛り返しています。
a0202012_10233222.jpg
このベゴニアは一体いつからかも忘れてしまったけど、誰も見ないような目立たない隅っこでずっとずっとずっーーっと咲き続けています。私はいつも見ているし、また明日も会いましょうね。

a0202012_10241623.jpg
秋が一歩一歩、、、。
[PR]



by makanaluon | 2016-10-24 14:23 | 日々のつれづれ | Comments(0)

田んぼコンサートを終えて

a0202012_1471078.jpg
無事に田んぼコンサートを終えて今治に向かいながら、寒風山トンネルの少し手前で十月桜を眺めるために車を止めます。

a0202012_147383.jpg
いつもはこの時期、後もう少しという感じなのですが例年よりも早く、たくさん花が開いていて色も濃い目のかわいいピンクです。

a0202012_148191.jpg
川沿いにぶらっと歩いた後、さぁ、おうちへ帰ります。

a0202012_1484516.jpg
家に戻ると、出発を見送ってくれた咲き残りのユリが数日前よりもお顔を綺麗にパッと開いて迎えてくれました。
a0202012_1491426.jpg
コンサートで頂いたお花を眺めて感慨にふけりながら感謝の気持ちが湧き上がります。皆さんの協力を得て、今年も手作り感あふれる温かいコンサートができました。私がしみじみしてるうちに、ひろしさんはもう既に来年の田んぼコンサートへと気持ちが向かっているようですが、、、おーーっとひろしさんもしみじみしている余裕はなく、翌日は雨雲が近づいていたので午前中から残っている所の稲刈りです。hiro君もコンバインに乗ってお手伝いをしたようで頼もしいわね。

頂いた新米で炊いたご飯がおいしくておいしくて、、、。たくさんの日々の苦労の上にでき上がったお米を有難く頂いています。東京にいた頃は田んぼを身近で見ることはなかったし、西条、佐川町へ向かうために四国を訪れたのは震災の年の夏だっただけになおさら青々とした水田に感動しながら「水田は日本の宝」と思えました。

外でのコンサートは天候、土の具合、音の響き、、、そう、ライアーも歌もマイクを使わないので、正直難しい面はありますが、田んぼから発信していく「田んぼコンサート」は、やはり田んぼだからこそのものがあるのでしょう。佐川の、日本の田んぼがこれからもずっと健やかでありますように。
[PR]



by makanaluon | 2016-10-21 21:15 | 日々のつれづれ | Comments(0)

田んぼコンサート

a0202012_9392069.jpg
会場の入り口で「迎え華」を活けていらっしゃるのは91歳の谷岡壽美子さんです。コンサート前の「ウェルカム演奏」と言うのがありますが、ウェルカムフラワーアレンジメントもいいですね。既に活けたものを置くのではなくて、今そこで活けているという動きを見せてくださることで場が息づき、始まりの予感にわくわくします。小さな稲木を背景に、柿をメインにアレンジなさっています。
a0202012_9395264.jpg
腰をかがめて立ち働いているのは、今回の豚汁を作ってくださったミッキーさんでひろしさんのサックス仲間です。ひろしさんの奥様のsakikoさんはharu君を背負って受付準備に大忙しです。三人の子育て奮闘中にも拘わらず、ひろしさんと共に毎年田んぼコンサートをやり遂げ続けていることに感服します。

a0202012_94032100.jpg
今年もまたsawadaご夫妻にお会いできてとても嬉しかったです。30数年前にご夫妻の二人の息子さんたちがまだ小さかった頃、私が電子オルガンを教えていたご縁が、こうして今ご夫妻の出身地に戻られて嬉しい再会となりました。
a0202012_9411550.jpg
さぁ、いよいよ始まりです。ギターをポロ~ンとしながら弾き語り、、、合間に皆さんへのご挨拶、、、またポローンと歌、、、お喋り、、、ポローン、、、この間合いが実に絶妙でとてもいい感じのオープニングになりました。

この日を迎えるまでに今年は本当にひやひや、はらはらでした。例年にない9月の雨続きで刈り入れもままならず田んぼの準備が間際まで整わなかったのです。田んぼは水浸しなので例え晴れても開催も難しいかもと心配な状態でした。田んぼで行うのは諦めざるを得ないぎりぎりまで行った時に、いつもの所より下の田んぼの土が固いことがわかって、そこをコンサートの場として準備することに決定!

秋晴れの中コンサートを迎えることができて、さぞかしひろしさんはほっとしたことでしょう。
a0202012_941452.jpg
もはや4回目となったことに驚きです。最初の二回は私たちの演奏のみで、昨年はフラが入り、今年は他に三組の演奏が加わってぐんぐん成長して来た田んぼコンサートです。

私たちの演奏後、すぐに感動を伝えに近寄って来てくださった方がいました。コンサート翌日が満月なのでフェルナンド・ソルの「月光」を弾きましたが、クラシックギタリストの方だったので大変興味を持たれたようでした。「ギターではセーハ(一本の指で複数の弦を押さえる)しますが、ライアーでは一体どういう風に弾くのですか?」と聞かれました。ライアーの弦は右手側にピアノでいう白鍵、左手側に黒鍵が二列に並んでいるしセーハはできませんから一音一音両手を駆使して弾くのでなかなかやっかいです。大きくジャーンプ!はたまた連続ひねりワザだったり、手の反対側の弦を抑えるために弦の間からちょこっと向こう側の弦へと指を伸ばすなど様々な工夫が必要です。残音が長いので下の方で弾いた弦の音が効果的に持続している利点を生かすこともできる一方、音が濁らないように弾いた音をすぐに消すという作業をし続けることも必要なんですよ。

ギター弾きの方が不思議がられるのはわかる気がします。「来年もその後も毎年いらしてくださるんですか」と嬉しいことを言ってくださいました。
a0202012_9421977.jpg
田んぼでお琴を聴く機会なんてなかなかないですよねぇ。
a0202012_9424956.jpg
マハロサクラの皆さん、今年もマハロ!フラのシンプルな明るさが心地よいです。
a0202012_9431626.jpg
マリンバも運ばれましたよ。ご夫婦での息の合ったコラボです。実はその昔、マリンバに憧れたワタクシですが、「座って演奏する楽器」の方が年をとっても長くできるのではと思って諦めた次第でした。しかし、、、座ってもやはりそれなりの体力はいるものです。ハープはモチロンのこと、6キロのライアーをヨイショと持ち上げて膝に載せるのもなかなか大変です。
a0202012_9435034.jpg
ふぅわぁぁんとした独特の演奏スタイルを醸し出すハナカタマサキさん。それをそっと柔らかく支える北添紫光さんのトイドラムにも興味津々。このヴォリュームと雰囲気なら何となくライアーにも合いそうなのでリズムのある曲のバックにいけそうな気がしました。子供たちのために弾く「さんぽ」や「となりのトトロ」、「小さな世界」などにどうでしょうね。

実は紫光さんのエスニックなお店「サードアイ」にはこちらに引っ越してすぐに行ったことがあります。入り口にあるオリーブの木二本がとてもすてきで、そんな風になるといいなとイメージしながら、その後すぐ二本購入して門の所に植えたけどあのように立派になるのはいつのことやら、、、??
a0202012_162822100.jpg
アカトンボもこの日の演奏に聴き入ってました。たぶん、、、。

a0202012_9444294.jpg
迎え華を活けられた谷岡壽美子さんが紹介されました。昨年90才のお元気なお姿で初参加なさって、その後感動のお手紙が届いたのでしたが、今年の2月に階段から落ちて首を骨折なさったことを聞いた時はとても心配しました。数ヶ月の入院後、見事に復活なさって今年はこんな形で再会できたのは大きな喜びでした。前日からいらして精力的に華の素材を集めて行くバイタリティに圧倒されっぱなしで驚くばかりでした。何でもご自分でなさろうとする精神力はあっぱれです。
a0202012_9452674.jpg
ミッキーさんとひろしさんは皆さんが帰られるのを送るために「枯葉 」を演奏しました。サンキュー&グッドバイ演奏ですね。サックスもとても気持ちよく田んぼに響きましたが今回出演した方たちの楽器どれもが田んぼにマッチしていて自然の持つ豊かな受容力を改めて感じました。
a0202012_9461094.jpg
皆さんへのおみやげのラミネートのしおりの絵は毎回hiro君が描きます。一年生になってぐんと上手になりましたね。

a0202012_946377.jpg
かわいいharu君は田んぼを動き回っていましたが、出演者へ花束を渡す係もちゃんとできましたよ。五年前の夏に初めてhiro君に会った時がまさに今の1歳7カ月のharu君の年齢でした。shin君はおばちゃんの所でお留守番でしたがそのうち皆参加できるようになるといいですね。
[PR]



by makanaluon | 2016-10-18 17:10 | 演奏 | Comments(0)

佐川町へ向かう

a0202012_18275981.jpg
「田んぼコンサート」のために佐川町へ向かう朝、家のぐるりを周ります。表側の朝顔はとても小さいのに裏庭の方に咲いているのはずっと大きいです。日当たりはどちらもそう変わらないように思えるけど土のせいかな??
a0202012_18283358.jpg
先残りのユリに出発を見送られるとは思いませんでした。
a0202012_1829470.jpg
えっ、「ボクたちも忘れないで! 」って?ダイジョウブよ、佐川町にもクモ族はた~くさんいるから忘れないわ。
a0202012_18293699.jpg
佐川町へ着くとダリアたちが迎えてくれました。

a0202012_183011.jpg
色々なお顔をしたダリアたちに、「しばらくの間よろしくね~」とご挨拶。

a0202012_1830399.jpg
ここが当日の駐車場になります。こんなイギリスっぽい門を通った先に田んぼがあるのかって思いますよね。あるんです!

a0202012_18311475.jpg
コンサートに合わせて1000もの種を撒いたけど発芽率は1~2%とひろしさんが言っていた通り、残念ながらコスモスは寂しい状態です。先日、翠松苑もギャラリー伊万里も、我が家も今年のコスモスはイマイチと書いたけど、やはりここでも、うーむ、、、。

a0202012_18325365.jpg
田んぼは小さい秋。
a0202012_18545141.jpg
クリスマスリース作りに使うカラスウリをゲット。
a0202012_18333068.jpg
クツワムシかな?
a0202012_18335980.jpg
hiro君、shin君、haru君は小学校と保育園へ行っていたので珍しく喫茶店でティータイムを過ごしました。
a0202012_18374990.jpg
この日はここへ来ることが目的でした。
a0202012_18581671.jpg
佐川町立の桜座です。「ああ、、、ここがあの、、、」と思ったのにはワケがあります。まだ東京に住んでいた5年前の夏、岡山、西条でのコンサートを終えた後、初めて佐川町を訪れることになっていた時に、突然役場の方から電話がありました。

「ライアー奏者の方が佐川町に行くからぜひコンサートを企画するようにってとても熱心に言われたんですが、、、」。岡山の方が、何と役場へ連絡なさったと言うことでびっくりでした。役場の観光課の方はとまどいつつも興味を持って何度か電話をくださって、「今回は急なことで無理ですが、桜座というのがあるのでもしかしたら年間スケジュールで企画できるかもしれない」と言うお話をしてくださいました。

その後、思いがけず愛媛へ引っ越す展開になり、ひろしさんの心意気とオリジナリティあふれる「田んぼコンサート」を企画してくれることになった次第です。
a0202012_18381993.jpg
この日は地域のイベントの演奏を聴きに来たのです。
a0202012_18392749.jpg
あっ、田んぼコンサートの主催者のひろしさんがサックスを持っていますよ。

さぁ、急いで戻って田んぼコンサートの準備です。
[PR]



by makanaluon | 2016-10-17 08:53 | 日々のつれづれ | Comments(2)

小さい秋に

a0202012_750069.jpg
今年はコスモスがなかなか咲きませんでした。暑い夏に一か月半も雨が降らなかったので夏枯れしてしまったかのようでとても心配でした。9月に入っての雨続きで葉はふさふさしてきて背高のっぼになったけど花芽がなかなか見えませんでした。例年は勢いよくたくさん咲く翠松苑でもがっかりの状態だし、ギャラリー伊万里のもいつもの華やかさはなく小ぶりだし、田んぼコンサートの時に咲くようにとひろしさんが植えたものも9月末のブログでは発芽が1~2%とあったけどその後はどうかしら?。

うちのは10月になってやっと小さいけどかわいいお顔が見えるようになったのでこれからを楽しみにできるかなぁ。

a0202012_13433828.jpg
咲き残りの白い朝顔がまだあちこちにある中で、見過ごしてしまいそうな陰にひっそりひとつだけ綺麗な紫色のを見つけました。まるでささやかなギフトのような小さなあなたは一体どこからやって来たのでしょう?
a0202012_1039166.jpg
小さな蝶々さん、こんにちは~。今うちの庭にはお花が少なくなってしまったわね。でも裏庭にはまだハーブが咲いているしナルさんもいて「蝶たちが来るよ」って言ってますよ。
a0202012_10393439.jpg
ナルさんは倉庫で何作っているんでしょうねぇ。
a0202012_13453420.jpg
なかなかおしゃれな模様のクネクネ君はシャクガの仲間かしら??あなたも「小さい秋」のひとつなの?

a0202012_1040221.jpg
ハーブの香りがお部屋に広がります。

a0202012_10402758.jpg
ザルツブルクの友人からの敷物の刺繍がブルーの花瓶に似合います。

さて、いよいよ田んぼコンサートなので高知へ向かいます。ステージになる所には例年のように稲木が置かれましたが、これがとてもステキな背景になるのです。皆さんへ配られる新米のおむすびも楽しみですね。

a0202012_10513570.jpg

a0202012_1052236.jpg

[PR]



by makanaluon | 2016-10-13 04:37 | 日々のつれづれ | Comments(0)

イオンへ行ったわけ

a0202012_9312120.jpg
またここへやって来ました。イオンのワイン試飲コーナーです。何だかこの人とばかり遊んでいるみたいですよねぇ。もちろん色々な方たちとの交流はあるけれど、ちろりんさんのブログ登場回数の多さは「芸名」を持つ「芸能人」(?)だからってことで。
a0202012_9315239.jpg
二人がワインを試飲している間、fusakoさんと私はジュースを飲んでからそれぞれぶらぶら、、、。
a0202012_9321951.jpg
6時を過ぎたイオンの駐車場から見上げた空には三日月が浮かんでいました。ここにこんな時間に来るのはとても珍しいけれど、ウィークデイの夕方にワインの試飲が100円になるという時間帯を目指したからでした。

a0202012_9332294.jpg
しまじろうやコアラちゃんはすっかりおなじみになったけど本日のお父さんのお供はいつもと違ったお子さんたちです。ようこそ、初めまして~~。
a0202012_9341685.jpg
シンケンに二人で見ているのは日本酒の情報が書いてある本です。
a0202012_935752.jpg
この日は「芸能人」のバースデーパーティでもあったわけです。ナルが作ったケーキの旗の裏側には「酒」「歌」と書いてあります。
a0202012_9353454.jpg
いつもはFC今治の試合日程に合わせてやって来て、ちょい昼飲みしながらのサッカー観戦というパターンが多かったけど、この日の夜はshinoちゃんも参加して皆で楽しく盛り上がりました♪

a0202012_9444739.jpg
ちろりん農園から分けてもらったハーブに蝶がやって来ます。

a0202012_9451762.jpg
羽の裏側はヒョウ柄??綺麗ですねぇ。

a0202012_95461.jpg
a0202012_9543135.jpg

[PR]



by makanaluon | 2016-10-10 12:37 | 日々のつれづれ | Comments(0)

展示会の季節

a0202012_199999.jpg
ギャラリー遊の長い夏休みの後、この日から始まった「加藤美津子彫刻展」を見に行きました。車を止めてギャラリーへと続く道でヤマボウシの赤い実が迎えてくれました。
a0202012_1994610.jpg
はっきりしない天気が続いていたけど、やっと秋晴れ、、、でもこの日は真夏に戻ったかのような暑さです。

a0202012_19104365.jpg
敷地内にはこんな小屋がありますが、こちら側の角度から見ることはあまりありませんね。

a0202012_1913344.jpg
こんなドラム缶さえ、そして穴ぼこや傷ですらここにあるとまるでアートに見えてしまって、次に続く「こんなもんでインテリアアートかい展」に何だかふさわしいような、、、??。うーむ、このビミョーなオレンジの色味もなっかなかではないですかぁ。

a0202012_19165591.jpg
毎回それぞれの展示物がぐんと引き立つようにディスプレイなさるオーナーshunmeiさんのワザを今回も楽しみにしていましたが、さすがにお見事です。素晴らしい作品の数々は写真では伝えきれませんので、お時間ある方はどうぞ足をお運びください。10月22日(土)までの各木金土です。
a0202012_19172480.jpg
さて、この日はもうひとつの展示会「小野穎子 油絵展」を見にCHUCHUへ行きました。

a0202012_19175186.jpg
いつも様々な展示会で、独特の個性を放つ現代アートを出品なさっていらしたので、今回の作品には意外な感じを受けましたが、自然な作風のものが並んでいました。
a0202012_19181847.jpg
これは少し前にギャラリー伊万里で行われていた「越智壮一 絵画・工芸展」で購入した器です。お抹茶でなくても、カフェオレをたっぷりもいいなぁ、、、煮物やスープにも使ってみたいかも、、、。秋は展示会の季節ですね。東京にいた頃よりこうして美術展を身近で気軽に楽しむようになりました。美術家の方々とのたくさんのご縁も頂いています。

さて、来週末はいよいよ田んぼコンサートです。どうか、晴れますように!

a0202012_19481295.jpg

a0202012_19494129.jpg

[PR]



by makanaluon | 2016-10-07 10:59 | 日々のつれづれ | Comments(2)

日常の中でふと、、、

a0202012_16143684.jpg
窓の外に見えるのは、、、部屋の電灯。

a0202012_12545994.jpg
緑の木立の中に浮かび上がる明かりはふし~ぎな世界に誘ってくれます。

a0202012_16151383.jpg
壁に掛けてあるfumihikoさんの作品にも明かりがくっきり映し出されています。

a0202012_16154278.jpg
ハートの手前にキノコが、、、。かわいいのでこのまましばらく成長を見ることにします。
a0202012_16161530.jpg
これはあまりにも日常の風景だけど、日常的には車ばかりで電車には乗らないし、一時間に一本のタイミングに出くわすことはなかなかないのです。踏切がカンカンカンと鳴って「おっ、珍しいね。」「どっち側から来るんだろう?」なんて言いながら、東京では決してあり得なかったドキドキワクワクの気持ちで電車を待って、思わず車の助手席の窓を開けてカメラを構えてしまうのです。

a0202012_1629166.jpg

a0202012_16294078.jpg

[PR]



by makanaluon | 2016-10-04 06:28 | 日々のつれづれ | Comments(0)

ライアー奏者のつれづれ
by makanaluon
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

プロフィール&リンク

最新のコメント

遊さん 貴重な展示会をあ..
by makanaluon at 19:11
PR有難うございます 昨..
by ギャラリー遊 at 08:14
チャイナカラーワンピース..
by makanaluon at 13:16
おはようございます~ ..
by チャイナカラーワンピース at 09:27
hamano-akiさん..
by makanaluon at 05:35
agrifishさん ナ..
by makanaluon at 06:35
花を愛でる暇もなく、どん..
by agrifishx at 10:55
agrifishさん あ..
by makanaluon at 05:32
お誕生日おめでとうござい..
by agrifishx at 00:33
便利な面と不便な面とだわ..
by makanaluon at 05:47

最新のトラックバック

whilelimitle..
from whilelimitless..
http://www.v..
from http://www.val..
ガウディとグエルが夢見た..
from dezire_photo &..
ライアー奏者・作曲家・ま..
from La Dolce Vita ..
"Keep our Ho..
from La Dolce Vita ..
新しいCD『銀河の岸』完..
from La Dolce Vita ..

検索

ファン

ブログジャンル