<   2016年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧




春だから、、、

a0202012_1723841.jpg
愛らんどでのコンサートで頂いた元気色の花束です。

a0202012_17233020.jpg
その中にこんな洒落た色合いの花たちが混ざっていたのでそれを取り出してテーブルに置いて今日のお客様たちを待ちます。

a0202012_17235648.jpg
三月の三つのコンサートがやっと終わった翌日、aonoご夫妻がチェロの手ほどき、、、レッスンワンよりもう少し前段階のきっかけを作りに来てくださいました。そこを鳴らせばその音が出る楽器しか知らなかったのでとーーーっても難しいです。でもドレミを弾くのはまだずーーっと先のこと。その前に、力まないで弓を持っての自然なボウイングの練習が必要です。

「力の抜き方」と言うのはどの楽器でも大切なことです。ピアノ、ハープ、ライアーは瞬間的に音を放った後は自然に任せる他ないけれど、弾いただけ音が伸びる楽器とはからだの感覚が違うので、慣れるのには相当時間がかかりそうです。

a0202012_17343842.jpg
ナルさんも挑戦!高さを調節してくださっています。

a0202012_17243373.jpg
そうこうしているうちに庭先のあちこちで春が動き始めています。

まだ寒~い時期に土の上に早くも顔を出したチューリップをそっと見守っていたけど、背丈がまだうんと低いまま今にも咲き出しそう、、、。

a0202012_13105576.jpg
今年一番に咲いたかわいいチューリップさん、こんにちは~。

a0202012_13112717.jpg
えーーっ、チューリップ??
a0202012_1312375.jpg
ローズマリーもぐんぐん成長して綺麗です。
a0202012_13123456.jpg
スミレが咲くといかにも春。
a0202012_17251935.jpg
ほぼ4か月も咲き続けてくれた桜草たちもそろそろ桜へとバトンタッチの時期です。
a0202012_17253935.jpg
最後まで目いっぱい元気にありがとう!
[PR]



by makanaluon | 2016-03-31 17:06 | 日々のつれづれ | Comments(2)

第二回 愛らんどコンサート

a0202012_17364828.jpg
今回も虹染めの布が会場を綺麗に彩ってくれました。

a0202012_17371228.jpg
カーテンにもストラップ代わりに布を結んでみました。

このくっきりした虹色スカーフはとても懐かしいです。町田に住んでいた時に、オランダの友人たちと一緒に我が家に滞在してくれたジプシーのカリシャイからのプレゼントで、一緒に「レインボーセレモニー」をした時に使ったものです。余談ですが、翌日あちこちで虹が見られたというニュースがありました。
a0202012_1737362.jpg
昨年11月に引き続き、自閉症協会が主催してのコンサートでしたが、今回は4歳から成人までという幅広い年齢層のお子さんたちと一緒にということでの試みでした。

多少のざわつきは柔らかく受け入れながらできるだけ自由な形でのひとときをとは思いましたが、とても静かに耳を澄ませて聴いてくれたことにスタッフの方たちも大変驚かれていました。
a0202012_1738071.jpg
「大きな古時計」「ぞうさん」やジブリの曲など皆さんのよく知っているものに絵本の読み聞かせなども入れながら前回とはまた違った内容でした。
a0202012_17503766.jpg
終わった後でそれぞれ興味を持った楽器に触れてみましたよ。布を一緒にたたんでくれたり荷物も運んでくれたりなど、とても自然にお手伝いをしてくれましたね。純粋で若いエネルギーがそこにあるということがとても気持ちがよくてそれだけでかけがえのないギフトです。
a0202012_17382516.jpg
華やかなお花をありがとうございます。そして次へと繋げて行くお話ができたことが有難いです。

ギャラリー遊での「みんなで描いた名刺サイズのアート展」にも二人出品してくれたり、前日は太鼓のグループの練習を見に行ったりで少しづつ皆さんと知り合えているので今後も色々と楽しみにしたいと思います。
[PR]



by makanaluon | 2016-03-27 17:38 | 演奏 | Comments(2)

愛媛へお帰りなさーい♪

a0202012_8544319.jpg
「弦の調べを春風にのせて」を終えた翌朝、階下からすてきな音色が響いて来ました。

a0202012_8551863.jpg
我が家に預かったままだったので、久々持ち主によって奏でられるチェロも気持ちよさそうです。連休を利用して東京からドライブで愛媛にやって来て、友達とカヌーを楽しんだりコンサートも聴いてくれたゴーシュさんです。

a0202012_856592.jpg
5か月ぶりにようこそ愛媛へお帰りなさいのランチパーティです。tomikoさんのおいなりさんもhoriちゃんの長崎皿うどんもギャラリー遊さんのシャモの鍋も、、、み~んなおいしくてしあわせ満載♪
a0202012_856295.jpg
いつもお料理には季節のお花を添えてくれる遊さんなので「ひと鍋作って持って行く」と聞いた時に、「鍋だとどーやってお洒落にするのかしら?」な~んてよけいな心配をしてしまったけど、、、すてきな器にもう一品用意してくれたイカにこんな風な花束を添えてくれました。
a0202012_857030.jpg
ウワサの「ガード下ブラザーズ」も加わりましたよ。

a0202012_9135539.jpg
近藤ご夫妻も来てくれて12名がゴーシュさんを囲んで集いました。私は新曲「カヌーを漕ぎ出だす朝に」はできたてほやほやでまだ十分練習もできていなくてためらったけど、せっかくゴーシュさんがいるので聴いてもらいました。ゴーシュさんはその楽譜を見ながら早速ギターを爪弾いていましたがいい感じ~。ギター少年だったので雰囲気を掴んでさらさらーーっと手慣れた感じでとてもすてきです。
a0202012_8574517.jpg
20センチ程もあるとっても立派なシイタケです。実は昨年の春、丹原のイベントに一緒に行った時にゴーシュさんが購入して我が家に置いて行った榾木にできたシイタケです。オーナーはゴーシュさんで自分で食べるためと言ってたのに、、、ご、ごめんなさーい。コンサートでバタバタして裏庭を確認しないうちにこ~んなに成長していたんですぅ。翌日気づいて収穫。本当は今年の秋から収穫できると聞いていたけど、既に去年の秋にも採れましたよ。肉厚でまるでアワビのようなしっかりした歯ごたえでメチャウマでした。

翌日は遊さんからのシャモ鍋の残りにスープを足してこのシイタケ、ソーセージ、野菜、卵も入れてたっぷりの具でのスープスパゲティは、うっとり満足な味になりました。ゴーシュさんに食べさせてあげたかったなぁ。

a0202012_858798.jpg
遊さんが持って来てくださったのはこの日に初めて咲いた唐ツバキだそうです。大きくあでやかで、葉も縦長にすーっと綺麗です。花を包んであった和紙をコップにくるっと巻き付けてみました。片づけをすませてテーブルのお花を眺めながら残り組としばし歓談しました。

この後ゴーシュさんたち男子4名が向かったのは西条の「パレットハウス」です。既にブログでご紹介したのをゴーシュさんが興味を持って既に見学の予約をしていたようです。

その日の夜、パレットハウスオーナーの川崎さんからとても楽しい時間を過ごせたとお礼のメールが届きました。「みなさんイケメンで素敵な方」ですって。ストリートオルガンにパーカッションで各々リズムを叩いた時は圧巻だったとか。うーむ、考えるだけで凄そうだしその場にいたかったけど男子のみ4人でよかったのかもね。そして「何かあったら手伝いますよ」と皆さんが言ってくれたことがとても嬉しかったそうなので、私は「とても頼れる方たちばかりですよ」と返信しながらジマンのオトモダチばかりだと誇らしくなりました。

ゴーシュさん、また愛媛に来てね~。チェロもカヌーもシイタケもオーナーさんを待っていまーす。
[PR]



by makanaluon | 2016-03-25 18:40 | 日々のつれづれ | Comments(2)

弦の調べを春風にのせて

a0202012_104342.jpg
浄明寺の入り口です。

a0202012_105514.jpg
まずご本尊様に本日のコンサート「弦の調べを春風にのせて」をさせて頂ける感謝のご挨拶をしました。
a0202012_13171038.jpg
裏庭も花盛りです。

a0202012_105297.jpg
サマーディホールの入り口にミモザがこんもり活けてあります。5年前に西条のコンサートへ東京から出向いた時に、初めて出会ったmitsukoさんから「今度来た時には翠松苑でできたらいいわね。それからお寺でも演奏できるのよ、、、」と話してくれた時に、そんな日が来るのかと想像もつきませんでした。「今度来た時」が引っ越してからのことになるとは考えもしなかったことですが、こちらに来てから翠松苑では2回もコンサートをさせて頂きました。そして「コンサートのできるお寺はどんななのかしら??」と思っていました。

浄明寺の智純さんにも引っ越してすぐにお会いできて、その後コンサートにもたびたび足を運んでくださいました。そして3年前の夏のあるイベントでお会いした時にハープを弾いて欲しいと言われた時は驚きでした。その後色々折り合いがつかないままこの日に至ったのですが、智純さんもしみじみ「やーーっと実現できたけんね~、あれから何年たつん??」と感慨深げでした。

a0202012_1055343.jpg
リハーサル中です。

a0202012_1062089.jpg
大野夏織さんは本番にはこんなにすてきなドレス姿で奏でてくれました。

a0202012_1064326.jpg
室内楽用のスペースなので「水無月ライアー&ハープコンサート」の時より、皆さんの近くでハープをじっくり聴いて頂けたようです。

a0202012_107538.jpg
写真がないのですが、ナルも随所で加わりながらプログラムを進めて行きました。初めてのハープとヴァイオリンとのコラボ、初めての三人のコラボ、ハープとせせらっこの初コラボ、いつもはライアーで弾いていたものをハープで演奏したり、たくさんの「初めて」があったので私たちにとっても新鮮な体験でした。

今回もハープをmurakamiさんが運んでくださいました。二回公演を終えてまた車に積んで「本当に有難うございました。ではこれで、、、お気を付けて、、」と私が挨拶をする横で「ちょっ、ちょっと、何言ってんだよぅ、ボクたちもハープと一緒に帰ってまた家に運び入れなきゃならないだろ、、、」あーーーっ、そうでしたぁ。ナルは自分の車で、私はmurakamiさんの車にハープと一緒に同乗するんでした。これからはまかなではなく、ばかなと呼んでくださいまし。

お寺と言えば蓮の花ですが、オリジナルの「ピンクロータス」を智純さんと皆さんへたくさんの感謝を込めて奏でました。今回この曲に感銘してくださった方も多かったようでしたが、これを奏でるのにふさわしい場だったからということもあると思います。春が過ぎて次の季節には蓮の花があちこちで美しい姿を見せてくれることでしょう。



[PR]



by makanaluon | 2016-03-22 18:01 | 演奏 | Comments(4)

初めてのあっちとこっちへin西条

a0202012_1714291.jpg
とっても久しぶりの方から電話がありました。二年前の2月、西条に大雪が降った翌日、コンサートを開催してくださったレッドブリックのオーナー徳永さんからでした。桜井はさほどではなかったのですが、お世話をしてくださる方が家の前に積もって車が出せないという程で、道も駐車場もかなりの雪だった様子が伺えました。

数日前にギャラリーカフェ「たまおか屋」を開店したというお知らせでした。196号線沿いで、元石屋さんのあった所と言えばこの辺の方はおわかりでしょう。と言うわけで早速開店ほやほやのお店へ伺いました。

a0202012_172121.jpg
長靴の傘立てがかわいいですね。

a0202012_172385.jpg
こちら側は畳のスペースですが、テーブルと椅子の席の方は大きなガラス越しにゆったりした洋風です。ご主人のコレクションの絵や骨董があちこちに並べられています。

日替わりランチは翌日から始まると言うことでモーニングセットを頂きながら久々色々なお話をしました。そのうちにライブをとのご依頼も受けて、、、さて次の目的地へと向かいます。

a0202012_1725777.jpg
このとてもすてきな建物は市役所の近くにある「パレットハウス」です。

ここを教えてくださったのは5年前に東京から初めて西条を訪れてコンサートをさせて頂いた時にお世話になったmichieさんです。その時に「演奏でお疲れの後に少し甘いものを、、、」と和三盆をやさしく差し出してくださった温かさを今でも覚えていますが、今回の神拝公民館での「東日本大震災 追悼 チャリティコンサート」ではおいしいパン屋さん「にじとまめ」のものをお気遣いくださって嬉しかったです。

そしてパレットハウスのオーナーご夫妻が今回のコンサートへいらしてくださっていたと言うことも後から伝えてくださったのでした。

とても魅力的なスペースのようなので思いの外早くお伺いすることになったのですが、オーナー川崎さんがとても快く迎えてくださって、ドイツのことや音楽などについて話が弾みました。
a0202012_17471383.jpg
娘さんからドイツのオルゴールをプレゼントされたことをきっかけに何度も渡独してそのたびに丁寧に集められた楽器やおもちゃが展示されています。

a0202012_1735728.jpg
まぁ、いかにもドイツ風のかわいいお嬢さん、グーテンターク!
a0202012_1742194.jpg
棚にはわくわくするおもちゃがいっぱいで見飽きることはありません。
a0202012_1745721.jpg
楽譜を打ち込んだ紙を差し込んで手回しオルゴールに耳を傾けます。何といい音でしょう。ネジを巻いてただ聴くと言うのと違って自分で回すとメロデイが流れて来ると言う手触り感が何とも心地よいです。普通のオルゴールは一曲の中のほんの一部分が繰り返されますが、これは打ち込んだだけメロデイが流れて来ます。

a0202012_1752298.jpg
ナルさん「第三の男をちょうど見た所だからなぁ」と言いつつチターに初挑戦だけどムズカシすぎで即辞退。川崎さんがエーデルワイスを美しく奏でてくださいました。

a0202012_1754534.jpg
おっ、今度はチロリアンハットをかぶって手回しオルガンおじさんに早変わり~。これは回すだけでテクニックは必要ないのでできますよ。流れて来る曲があまりに楽しくて踊っちゃいましたぁ。
a0202012_17595176.jpg
いきなり6年前のイギリスへ飛びますが、この人はホンモノの手回しオルガンおじさんです。うーむ、この洋服とお腹の出具合が雰囲気あって絵本にでも出て来そうねぇ。友人ジュディスの70歳のバースデーにこんな手回しオルガンが広~いガーデンに二台運び込まれて来たのです。100人程のお客様が見えてたくさんのバルーンも華やかに飛びました。

この時に奏でた祝福のライアー演奏におじさんはとても感激してくれて「人々の心の奥深くに響きながら何かを変容させていけるセラピーの可能性を持つ楽器、、、」と語ってくれたのでした。

a0202012_176432.jpg
この人がやってみないわけはないですね。700曲もこの中に入っているとは驚きです。女性用は赤いチロリアンハットです。わーい、わーーい!

a0202012_1763366.jpg
あっ、もしやしてこの方は、、、「何にでも興味があってどこにでも行く」ことで有名な(?)mitsukoさんではないですか?この手回しオルガンの方には打楽器も付いていますよ。

ドイツの香りがいっぱいの中でとても贅沢に満たされたひとときを過ごすことができました。

HPはコチラです。オープンしている曜日、時間は決まっているようですが、普通のギャラリーやお店のようにいつでも出入り自由というのとちょっと違うように思えました。この日私たちが到着したのはお昼だったので母屋の方でお食事中のようだったのですが、厚かましくもガラス戸越にお声をかけてしまいました。今思うと3月11日はお休みをとっていらしてくださったんですよね。と言う次第なのでお電話で予約の上見学させて頂いた方がいいかと思います。

a0202012_16101184.jpg
[PR]



by makanaluon | 2016-03-19 14:51 | 日々のつれづれ | Comments(0)

さてこれは??

a0202012_14543873.jpg
ヤヤヤ、、、梅の木に椿??綱敷天満宮の梅林で見かけたこれは、、、いったい??でもなかなか綺麗だと思いませんか?

a0202012_1455661.jpg
ほらっ、梅が終わりかけた枝から花が、、、。世の中には知らないことやあり得ないと思えるようなこともたくさんあるし知識に関してはかなり非常識を自認しているので、もし「ああ、こんなもんようけありよるるけん」って言われるかもしれないと思ったりしながら川畑先生に写真を見せると「あり得ないから見に行きましょう」と検証しに来てくれました。

a0202012_1594320.jpg
で、行きがけにはあまりに上手に仕上がってた(?)ので気付かなかったけど、たぶん時間がたったせいか、よくよく見たら、こんな風に突き刺してありましたぁ。「今治珍百景!」と大声で得意気(?)にブログにアップする前に、常識的で冷静な先生によってあっけなく判明、チャンチャン!

でもただ一笑に付すだけでなくてわざわざ現場まで来てくれる所が優しい先生です。そして「椿はツバキ科、梅はバラ科だから一緒に咲くことはないんですよ。それに次に咲きそうな蕾もないし葉もないでしょ」とちゃんと説明してくれたのでした。元教育者とは言え、今だに教え子たちからの信頼厚い先生です。でもご専門の美術だけでなく広く色々なことをご存知なので私は密かに「トリビア先生」と呼んでいます。ああ、今日も先生のダジャレが聞けて何だかほっとしたわ。

さらに思わず「すっごく珍しいから見た方がいいわ」と電話しちゃったら「そんなバカな」とも言わずに来てくれそうになったyukiさんも優しいです。yukiさんが家を出る前に先生による検証が済んで「ごめ~ん!」を言えたからよかった。

a0202012_14553582.jpg
隣にある椿の木から落ちた花を挿したのね。もったいないと思ったのか、、、あるいは単なるいたずら心にしても誰も木も傷つけるわけじゃないし、だまされたとしてもふふふ。それにしてもどなたがこんな風に??かなりの量なので大変だったんじゃないかしら?
a0202012_14561025.jpg
ところで、これは我が家の桜、、、さくらんぼの桜でいわゆる「暖地桜桃」なのかなぁと思っていたのだけど一度も実がなったこともないしよくわかりません。みかん山に行った時にそこにも似たようなものが咲いていて「さくらんぼ」と聞いたのでうちのもそうだと思い込んでいたのだけれど、先日「これ、あのみかん山のさくらんぼと同じですか?」と聞いたら「うーん、ちょっと違う気もするしわからない」とのこと。

この家に初めて足を踏み入れた三月、やはりこの桜が満開で迎えてくれたのでした。近所にも似たような桜はよく見かけます。

a0202012_14563670.jpg
花は極めて薄いピンクでかなり白っぽい。オシベが長くていっぱいあるのが特徴ですね。

a0202012_1457542.jpg
枝から花がどう出ているかも木を選別するには必要なことのようだけどこんな感じです。どなたか何の桜の木かわかったら教えてください。

a0202012_16101184.jpg
[PR]



by makanaluon | 2016-03-16 16:34 | 日々のつれづれ | Comments(2)

あの日から5年

a0202012_11332097.jpg
あの日から5年が巡りました。東日本大震災 追悼 チャリティコンサートをさせて頂いた神拝公民館です。ピンク色に青味がかった紫色のタイルが施されている綺麗な建物です。
a0202012_1134130.jpg
内部はピンク色と紫の割合が逆になっている壁に、だんじりが見られるのはいかにも西条ですね。引っ越した年の10月の祭りで夜中にだんじりが集まるのを見に行ったものでした。
a0202012_11342569.jpg
二階部分がぐるりとなっている所にもこの日はお客様がいっぱいでした。しかも、前列だけでなく何列もだったので後ろの方はさぞかし見にくかったことと思います。当初は一階のお部屋でとのことでしたが、思ったよりも人数が増えたとのことで急遽入り口のホールに変更になりました。

a0202012_11345397.jpg
朝は降っていた雨もすっかり止んで吹き抜けの天窓から光が射しこみます。
a0202012_11515291.jpg
「皆さんこんにちは、、、今日は皆さんと共に思いを合わせ、祈りをするひとときです、、、実は私は震災の年の夏に神拝に来たんですよ。それがきっかけでこちらへ引っ越して来ることになりました、、、その時はカンバイとは読めなかったのですが、何と有難い名称の地名なんだろうかと思っていました、、、西条公民館でのコンサートの前日、西条に到着した日に神拝でも演奏させて頂いたのです、、、その時に自然の豊かさと共に皆様から温かさを頂いて、そのことがこうしてこちらへ引っ越すことに繋がりました、、、」。と言うわけで私にとってのこちらへ来る始まりになった神拝に5年が巡ってまた来させて頂いたご縁をしみじみ感じました。

a0202012_11355055.jpg
「あの日」ナルと私はニュージーランドにいてマオリの人からそのことを聞きました。翌朝、断片的な新聞記事とテレビに繰り返し流されるあの信じ難い光景を見て、不安と怖れと悲しみでいっぱいでした。異国の地でたくさんの涙を流し、重い心をたずさえながら3月末に帰国したのでした。

私の体験や思いも述べながら一曲一曲を演奏させて頂いて14時46分には参加者と共に黙祷を捧げました。
a0202012_11523866.jpg
「弦の調べを春風にのせて」でコラボする大野夏織さんにもサプライズゲストとして加わって頂きました。今回ライアーとヴァイオリンで弾いた曲も含めて、20日はハープとヴァイオリンで聴いて頂きます。ライアーとはまた違った曲をコラボします。

実は大野さんのお父様がこの建物を設計なさったというご縁もあったので皆さんにご紹介したかったこともひとつにありました。
a0202012_11364693.jpg
普段はあまり出番がないミニせせらっこが登場です。長いせせらっこは竹釘が中に1000本入っていますが、こちらは500本です。でも太さがあるので長いのより音は大きいのです。
a0202012_11381692.jpg
ナルはこの所新しいディジュリドゥを3本自分で製作しましたが、そのうちの一本を使用しました。
a0202012_11383679.jpg
アンコールで大野さんにももう一度出て頂いて「ふるさと」を皆さんと共に歌って思いがひとつになれたと思います。「花は咲く」も皆さんに和して頂けてとてもよかったです。

a0202012_11385747.jpg
建物の壁のタイルと同じ色合いの綺麗なお花を有難うございます。

「とてもよい時間を過ごせたので参加できてよかった」「東北に想いを寄せることができてよかった。」「涙が止まらなかった」「今いのちがあることにしみじみ感謝」等々それぞれに色々な思いを伝えてくれました。

a0202012_15451584.jpg
今回は「オリーブ学級」提供のイベントだったのでメンバーの方たちがスタッフとして色々お世話してくださり、皆様にお茶菓子のおもてなしをしてくださいました。

東京にいた頃、オリーブは身近なものではなく遠い存在でした。こちらでその木を見た時にとてもすてきだと思って一番最初に二本買って植えたものが4年でこれだけ大きくなりました。こちらでの始まりのきっかけとなった神拝とそして庭先のスペースの始まりとしてのオリーブのご縁まで頂けて感慨深かったです。

a0202012_16101184.jpg
[PR]



by makanaluon | 2016-03-13 08:37 | 演奏 | Comments(0)

海とティータイムの参加と不参加

a0202012_1533470.jpg
ナルがmitsukoさんたちと一緒に笠松山へ行きました。これは登山だからウォーキング未満じゃないとだめな私は不参加よ。
a0202012_15332921.jpg
この風景を「東洋のノルマンディー」と言うのはまもなく「弦の調べを春風にのせて」を行う浄明寺の智純さんです。mitsukoさんのお父様はフランスから帰った時に「ニースよりいい」と桜井の海辺に建物を建てられたし、新居浜には「東洋のマチュピチュ」もあるし、東予ってすっごーーいっ!
a0202012_1533518.jpg
いつも家の窓から見ている平市島が遠くに小さく浮かんでいます。

a0202012_15341363.jpg
山火事から大分たったので緑は回復してきているようだけどちょっとふしぎな風景ですね。
a0202012_15343977.jpg
これは笠松山からの海でもなく桜井海岸でもなくて北条の海です。桜井はなぜかあまり海の匂いがしないのだけど、磯の香りがぷんぷんします。

a0202012_1535128.jpg
海辺のレストランのサンセットミラージュです。女子だけのお出かけでナルは不参加。
a0202012_15353464.jpg
無農薬野菜のとってもヘルシー&お腹にやさしいランチはおいしいスペシャルティコーヒー付きです。
a0202012_15355718.jpg
いつかダルマ夕陽が見たいなぁぁぁ。

a0202012_15362034.jpg
さてここはもうギャラリー遊です。kayoさんが「みんなで描いた名刺サイズのアート展」を見たいと言うので、家へ送ってもらいがてらまた寄っちゃいました。
a0202012_15364076.jpg
あちこちにクリスマスローズがお洒落に飾ってあります。

a0202012_1537164.jpg
針金の入れ物と何と似合うことでしょう。
a0202012_15372091.jpg
ユーモラスなおひなさまカップルたちは何を語らっているのでしょうね。


「みんなで描いた名刺サイズのアート展」はいよいよ最終で、12日までです。この展示会の参加者の数人は「ボックスアート展」にも出品します。shunmeiさん、ナルも参加です。様々な大きさの箱の中に創作された作品を昨年も拝見しましたが興味深く面白いです。

3月8日(火)~13日(日) 萬翆荘
3月19日(土)~26日(土) 木星舎
(3月のコンサートのお知らせ)
①東日本大震災 追悼 チャリティコンサート(西条市神拝公民館)
「あの日から5年 東北に想いを寄せ わが町を思う」

3月11日(金)14時~ 詳細は神拝公民館に直接お問い合わせください。0897-53-6946

②「弦の調べを春風に載せて」
a0202012_16101184.jpg
[PR]



by makanaluon | 2016-03-10 16:11 | 日々のつれづれ | Comments(0)

いいことありますように

a0202012_1056713.jpg
「toitoitoi」にナルが行ってみたいと調べていた日、たまたま郵便局でtoitoitoiの車を見かけて思わずオーナーにお声をかけたとのこと。早速その翌日ブランチがてら行きました。

今までの場所からカフェ部門だけが国分に移って一月にオープンしました。入り口の大きなひさしがすっぱり潔く切り取られてまーるい空が見えるのがいいですね。

a0202012_1056485.jpg
シンプルですっきりした店内です。「toitoitoi」はドイツ語のおまじないで「いいことありますように」というような意味らしい。音を三つ重ねるところが楽しいな♪

a0202012_10571550.jpg
ガラス窓からの陽射しがあったかくてシクラメンと一緒にひなたぼっこ。
a0202012_10574164.jpg
実だくさんのスープはじんわり奥行のある味わいで、手作りパンもふぅわり優しく、ニンジンとリンゴのジャムがさっぱりとおいしい。ゆった~りした時を過ごせました。きっといいことあるに違いない、、、。
a0202012_10585174.jpg
ギャラリー遊はすぐ近くなので寄ってみました。あーーっと言う間に到着!
a0202012_1112282.jpg
ここから臨む景色ものどかでほっとします。
a0202012_10591424.jpg
「コケやシダが好き」と言うmihoさんが外で何やらしつらえていましたが、これは流木にコケを配していてとても雰囲気があります。
a0202012_10593780.jpg
shunmeiさん作のおうちがのぞいてますが、何かふしぎな世界のストーリーが生まれそう。

a0202012_110203.jpg
「まかなさんが好きな色でしょ」と言われた通り、このすてきな色合いの花にすっかり魅了されてしまったわ。mihoさんの作品のすぐ後ろにひっそりしていたから、こんな色のドレスを着た妖精さんが小さなおうちに住みついてしまうかもよ。

a0202012_1115229.jpg
お雛様が迎えてくれました。

a0202012_1141633.jpg
入り口の魅力的な表示はshunmeiさん作で毎月楽しみです。
a0202012_1144968.jpg
あっ、小さな春をみーつけた♪

「みんなで描いた名刺サイズのアート展」はいよいよ最終で、後10日、11日、12日です。この展示会の参加者の数人は「ボックスアート展」にも出品します。shunmeiさん、ナルも参加です。様々な大きさの箱の中に創作された作品を昨年も拝見しましたが興味深く面白いです。

3月8日(火)~13日(日) 萬翆荘
3月19日(土)~26日(土) 木星舎
(3月のコンサートのお知らせ)
①東日本大震災 追悼 チャリティコンサート(西条市神拝公民館)
「あの日から5年 東北に想いを寄せ わが町を思う」

3月11日(金)14時~ 詳細は神拝公民館に直接お問い合わせください。0897-53-6946

②「弦の調べを春風に載せて」
a0202012_16101184.jpg
[PR]



by makanaluon | 2016-03-07 18:26 | 日々のつれづれ | Comments(0)

思いがけずのひととき

a0202012_20285960.jpg
「ピンポ~ン♪」にドアを開けると、、、サプライズ!二人のオトモダチを連れたkohei君がそこにいて「まぁお久しぶり~~」。

お約束のない突然の「ピンポ~ン♪」には大分慣れたけど、東京ではあり得ないことでした。電車やバスを乗り継いでの訪問にはお約束は必要だけれど、車の移動だと例え留守でもまた来ればいいって風になれるからかな。

初めてお会いしたご夫婦は、近くへ引っ越しされることになるようで何と嬉しいことでしょう。
a0202012_2030954.jpg
この日、たまたまもう一人のお客様とkohei君がピンポ~ンした丁度その時間にお約束をしていたので、ドアの向こうに立っていたのがその人ではなかった時のナルと私の驚きは言うまでもありません。お約束は一人でもドアを開けると何人もと言うのはこちらでは珍しくないので、ナルもyoshimiさんが木星舎とかで出会った外人さんたちを連れて来たのかと思ったみたいだけれど、あれっ、ご本人はどこ?

ほどなく「只今到着しました。どなたかいらっしゃるようですがよろしいんでしょうか?」と車を止めてからわざわざメールをくれたのはライアーを携えてやって来た新居浜のyoshimiさんです。「もちろんかまんよ~」ってわけですぐに彼女をお迎えに出ました。彼女も今回は久々遊びに来ただけなので何も問題なく初対面の思いがけない交わりの時が繰り広げられました。

ひとしきりお喋りで盛り上がった後、せっかくなのでライアーを一緒に弾いてみることにしました。yoshimiさんのライアーは私のよりは小さいですが、ザーレムという工房のトネリコで作られているものです。ライアーの工房は色々ありますが、私は以前からこのライアーの響きも好きでした。他の方のを聴く機会はこちらではなかなかないのでとても嬉しいです。この日はライアーを弾く予定はなかったようなのでチューニングがまだのままほぼ半音下がっていますが、チューニングには時間がかかるので、そこで考えた苦肉の策は、、、

a0202012_20305247.jpg
ハープは7本あるペダルが三段階になっていて全部一番上に揃えておくと半音下がった位置なのでいいかも~と思ったけど、、、。つまり、真ん中の位置にしておいたペダルを上に上げると半音下がり、下に下げると半音上がる仕組みなのです。何の曲を弾くのかも打ち合わせしないままに、ただ流れて来るメロディに耳をすませながら瞬間的にコードを捉えてポロ~ンとやるだけでも芸当、、、ま、これは簡単なメロディならそう難しいことではないけれど、、、でも半音下がった音階から咄嗟にコードを頭の中で変換させながらさらにペダル操作をすると言うのは幾ら何でもフクザツすぎ~。当たり前だけど、もう一段ペダルを上げて半音下げることはできないしムチャクチャでしたぁ。半音操作のない超簡単な曲ならグッドアイディアかもでしたがね。はい、私は引き下がるので、ソロでどーぞっ!シンプルですてきな響きをありがとう。

後で気が付きましたがコンサート用は430~433Hzくらいに合わせますがライアーは緩やかに432Hzに調弦します。これはほぼ半音下がって感じる程違うのでyoshimiさんのは調弦をすませてなかったのではなくてライアー的なヘルツだったのでしたね。
a0202012_8302235.jpg
joshuaとyukaさんも音楽をなさるので、kohei君も太鼓で加わってあっと言う間にこんなひとときが自然に生まれました。小さな太鼓はエジプトのおみやげで頂いたものでフィッシュスキンが貼ってあります。kohei君は前回ここへ来た時からこの太鼓がお気に入りの様子。アフリカの歌を、お二人のすてきなハーモニーと心地よいリズムでうっとり聴かせてくれました。

joshuaはカヌーイストでもあるのでこれまた一緒に楽しめそうでわくわく。町田にいた頃は実にたくさんの国から様々な人たちが訪れて来たものでした。イギリス、フランス、オーストリア、オランダ、アメリカ、ハワイ、オーストラリア、ブラジル、メキシコ、台湾、そしてジプシーまでも、、、。

こちらに来てからはドイツ人の3人のミュージシャン、そしてかのジョン・ビリングが来た時だけだったので久々新鮮でした。ジョンとのここでの練習風景、目の前の海での散歩、今治城へ行った時などの様子はコチラをご覧ください。

前日にふと「しばらくナマの英語に触れていないなぁ、、、」と思いつつすっごく珍しく英語講座にチャンネルを合わせていたその翌朝英語をナマで聞くことになろうとは、、、。

そうそう、先日akiraさんから頂いたタコやナマコについて話したら「Oh!Sea cucumber!」と言ってたけど「海のキュウリ」っすか?漢字だと「海鼠」は海のネズミですねぇ。

ナスが「eggplant」は、ま、そんな形だわね。で、kohei君がくれた西条特産のキヌカワナスが巨大でスペシャルにおいしかった話をするとjoshuaは「yukaはなす料理のマスターだ」と言ったんだけど「ただ炒めただけなんですよ。」とのこと。そう、これ私も体験あるわ。ごくふつーの野菜炒めをヨーロッパでかなり感心されて、数年後に行った時に「まかなが作ったあのレシピを、、」と聞かれて驚いたことあったけど、たぶんオーブン料理が多いからかも。フライパンで炒めるのはアジア風なのかな。

そう言えばニュージーランドでナルがキッチンシェフに特別に頼まれて焼きうどんを作ったことあったけど、ただならぬ量じゃなかったので炒めるのはかな~り大変だったみたい。あっ、私はライアー弾いてたので知りませーん。

春風がまた新しい出会いを運んでくれて、思いがけずの分かち合いのひとときがなごやかに豊かに広がりました。
a0202012_19251153.jpg
さて、これは翌日の風景です。「思いがけないひととき」はエキサイティングだけどそればかりをやっているわけにもいきません。浄明寺でのコラボの練習をしている所です。ライアーとヴァイオリンを合わせたことはあるけれどハープとは初めてです。ナルと三人でのコラボも初めてなので盛りだくさんなプログラムを楽しんで頂けると思います。ハープソロも「水無月ライアー&ハープコンサート」とは違った曲を聴いて頂きます。と言うわけで今回は「初めて」の曲や試みが満載のコンサートになります。

その前に3月11日に行われる下記のチャリティコンサートはまた違った特別の時間になることでしょう。参加者の皆さんと思いを合わせながら、ライアーの音を響かせて行きたいと思います。

(3月のコンサートのお知らせ)
①東日本大震災 追悼 チャリティコンサート(西条市神拝公民館)
「あの日から5年 東北に想いを寄せ わが町を思う」

3月11日(金)14時~ 詳細は神拝公民館に直接お問い合わせください。0897-53-6946

②「弦の調べを春風に載せて」
a0202012_16101184.jpg
[PR]



by makanaluon | 2016-03-04 16:40 | 演奏 | Comments(0)

ライアー奏者のつれづれ
by makanaluon
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

プロフィール&リンク

最新のコメント

遊さん 貴重な展示会をあ..
by makanaluon at 19:11
PR有難うございます 昨..
by ギャラリー遊 at 08:14
チャイナカラーワンピース..
by makanaluon at 13:16
おはようございます~ ..
by チャイナカラーワンピース at 09:27
hamano-akiさん..
by makanaluon at 05:35
agrifishさん ナ..
by makanaluon at 06:35
花を愛でる暇もなく、どん..
by agrifishx at 10:55
agrifishさん あ..
by makanaluon at 05:32
お誕生日おめでとうござい..
by agrifishx at 00:33
便利な面と不便な面とだわ..
by makanaluon at 05:47

最新のトラックバック

whilelimitle..
from whilelimitless..
http://www.v..
from http://www.val..
ガウディとグエルが夢見た..
from dezire_photo &..
ライアー奏者・作曲家・ま..
from La Dolce Vita ..
"Keep our Ho..
from La Dolce Vita ..
新しいCD『銀河の岸』完..
from La Dolce Vita ..

検索

ファン

ブログジャンル