<   2015年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧




黒と白に、、、

a0202012_11114954.jpg
おにぎらずを作ってみました。

ちりめんじゃこに卵、、、そしてかぶらの葉を間引きしたものがいっぱいあったのでおひたしにして、、、でも醤油は水分が多いと思ったので醤油麹のつぶつぶだけとかつおぶしを混ぜてみました。ちょっと地味だけど、ま、いいかっ。
a0202012_11121246.jpg
おにぎらずができてふと窓から外を見ると、、、セグロセキレイでしょうか、、、?
a0202012_11124644.jpg
このこはよくやって来て結構長い時間歩いています。じっと見ていたらノリとご飯に見えて来ちゃった。次はどんな具を入れようか、、、。

a0202012_11131769.jpg
田んぼコンサートの時に頂いた花束が部屋の隅を彩ってくれています。

a0202012_11134126.jpg
お花を眺めながら、皆さんと一緒に気持ちよく過ごせた時間を味わい直しています。
[PR]



by makanaluon | 2015-10-29 15:11 | 日々のつれづれ | Comments(0)

田んぼコンサートを終えて

a0202012_9525695.jpg
「田んぼコンサート」を終えた翌日、帰る道すがら吉野川沿いに十月桜を楽しみました。
a0202012_9531967.jpg
小さく愛らしい桜です。
a0202012_953567.jpg
仁淀川のあまりの美しさに何度も感嘆の声をあげながら車を進めましたが、ここ吉野川も綺麗です。
a0202012_9541770.jpg
コンサート当日と同じようにこの日もくもひとつない晴天で快適なドライブでした。
a0202012_9544156.jpg
家に着くと桜井も夏に戻ったような暑さでしたが、裏庭のツワブキが満開になっていました。

a0202012_1015011.jpg
ハーブたちも元気いっぱいです。赤茶色の葉はバジルです。グリーンではなくてこういう色のもあるんですねぇ。た~くさんソースを作りますよ。

a0202012_1021873.jpg
佐川町で毎日おいしいものを頂いていましたが、、、さて翠松苑では、、、
a0202012_1024489.jpg
早速芋炊き会です。佐川町のひろしさんが作った大きくて肉厚のシイタケもたっぷり入れました。と言うわけであっちでもこっちでも食べ続け~は続いて行きます。
[PR]



by makanaluon | 2015-10-25 08:29 | 日々のつれづれ | Comments(2)

田んぼコンサート

a0202012_11392497.jpg
朝、田んぼへ様子を見に行くと会場はすっかり準備がなされています。雲ひとつない秋晴れですが、夏が戻ったかのように暑いくらいです。少し高台にあるこの場所へ重い丸太の椅子を運ぶのは一苦労のようでしたが、雰囲気がありますよね。稲木も風情を添えています。
a0202012_11382929.jpg
この日、お昼にこの栗おこわを持って来てくださった方とはとってもスペシャルな再会でした。本山にお住まいのkanaさんはご主人とお義母さま(89歳)とご一緒にいらしてくださいました。

むか~しむかしのお話になりますが、私は30年程前から7年間に渡って、kanaさんの息子さんたちに電子オルガンを教えていたのでした。息子さんたちのご両親は高知ご出身だと伺っていましたが、四国へ引っ越すことなど夢にも思わなかったその頃の私にとって、、、いえ、つい数年前ですら高知は遥かな遠い地でした。お料理上手なkanaさんは折々の季節のおいしいものを届けてくださったり、手作りゆずジャムも頂いたものでした。今回持って来てくださったゆずで、私もジャムを作りましたよ。

その後長いこと連絡は途絶えてしまったのですが、佐川町を初めて訪れた翌年の2012年5月、愛媛へ住むことになったことを何とかお知らせしたいと思いつつそれがかなわないままでした。そして引っ越しのための段ボールが部屋中に積み上げられている時に、何と突然kanaさんが筍ご飯を持って訪ねてくださったのでした。思いが届いた私も驚きでしたが、kanaさんの「びっくり!」は言うまでもありません。

その後、愛媛から赴く東京でのコンサートに時々いらしてくださいましたが、いずれは高知へ戻られると伺っていたものの、ご家族はまだ東京にいらっしゃいました。そして今年、ご夫婦でご主人のご実家に戻られてこのたびのコンサートが嬉しい再会となったのでした。

ご主人もいつも子供たちの発表会にはいらしてくださっていたので面識はありましたが、おそらく20数年ぶりにお会いできたことになるので、ご縁の繋がりにしみじみと感慨が湧き上がります。
a0202012_1140276.jpg
ひろしさんの元同級生の篠原真弥さんがこの田んぼでの写真を撮ってくださったものが「田んぼ八十八景」として彩り豊かに展示されましたが、とてもすてきな作品です。

田んぼの行程は88あることからの「八十八景」とそれにちなんで入場料も880円に設定されたようです。
a0202012_11405050.jpg
始まる前に豚汁、おにぎりが配られます。ひろしさんの奥様のsakikoさんによる特製豚汁は88の行程はなくともそのレシピを聞くと、ふぇーーっとなってしまいそうに何段階も手をかけているだけあって、そのおいしさは格別で大好評でした。

おかわりもオッケーののどかな時間は温かくてなごみます。

a0202012_11411848.jpg
ひろしさんの熱唱から始まりました。トイレで練習した成果ばっちり!ひろしさんは企画力、実行力は抜群に丈ていますが、サックス、ギター、歌も達者なミュージシャンでもあります。その上小説家としての才能も発揮中で、そしてお料理もとっても上手なのです。
a0202012_1142968.jpg
フラのグループ「マハロサクラ」の皆さんが華やかに舞ってくれました。実はkanaさんたちがまだこちらにUターンなさる前から「佐川に友人がいて、、、」と伺っていたのですが、このメンバーのおひとりがそうだったと言うさらなるご縁も重なりました。

私たちの名前はハワイアンに付けて頂いたMakana(ギフト)、Nalu(波)なのでフラのリズムに乗ってハワイでの日々を何だか懐かしく思い出して久々「Mahalo!(ありがとう)」と言ってみました。

この日、いつも愛媛でのコンサートを聴いて頂いているgodaご夫妻も新居浜から思いがけずいらしてくださったのはとても嬉しいことでした。そしてもう一人、やはり「思いがけず」だったのですが、先月取材してくださったあいテレビの記者さんまでいらしてくださって感謝でした。

お蔭様でとてもたくさんのお客様がありましたが、90歳のsumikoさんから「この世に生まれて人生90年、こんなに嬉しく楽しい日を過ごしたのは初めて、、、来年もぜひぜひ参加させてください。」との有難いお手紙と写真が届いて胸がいっぱいです。

ひろしさんが高知新聞の「声ひろば」で出会った方からも心のこもったお手紙を頂いて嬉しい限りです。
a0202012_1142336.jpg
まだ刈り取られていない田んぼの稲は演奏の背景として趣きがありますが、コンバインが入らない場所なので、コンサート後に手で作業を行うのです。

a0202012_1142555.jpg
小高い山を臨めるのもいいですね。
a0202012_11432954.jpg
ラストにもう一度ひろしさんに演奏して頂きました。来年はきっとひろしさんのオリジナルが聴けるでしょう。

一日中「雲ひとつない」が続いたお天気も私たちをハッピーにしてくれました。
a0202012_11435720.jpg
今年もまた皆さんへのおみやげのラミネートしおり用にhiro君が楽しい絵を描いてくれましたよ。
a0202012_11442066.jpg
美しい花束を有難うございました。三人の子育てで今まで以上にてんやわんやになった日々の中で、今年もまた手作り感いっぱいのものを開催してくださったひろしさんとsakikoさん、おみやげ作りや大量のおにぎりを握ったり駐車場の誘導、受付など、準備から片づけまでたくさんの方たちのお手伝いがあったことにも改めて感謝です。

毎回コンサートを終えるたびに「自分の中の何かが豊かになる」ことを感じられますが、今回も大きな豊かさに満たされてしあわせな気持ちに浸っています。
[PR]



by makanaluon | 2015-10-22 08:32 | 演奏 | Comments(2)

田んぼコンサートの準備

a0202012_12182122.jpg
田んぼにはひろしさんが畑から移植したコスモスが揺れています。
a0202012_12191411.jpg
ナルさんはすっかりおなじみになった赤いツナギ姿でひろしさんが切った丸太を運んでいます。これが皆さんの椅子になります。
a0202012_1219467.jpg
おお、立派なカマキリ!

a0202012_1220164.jpg
こ、これはナニ??こんな虫初めて見た、、、と思ったら蛾の擬態ですって。ナルホド、、。

a0202012_12205358.jpg
水無月ライアー&ハープコンサート」へ来てくれた時は3か月だったけど、まぁるく愛らしく7か月になったmaru、、、いえharu君。
a0202012_1221347.jpg
練習の合間にharu君とのどかにお散歩しました。蝶も秋の陽射しを受けながら気持ちよさそうです。
a0202012_1222161.jpg
黄色い蝶もかわいいですね。

a0202012_12222483.jpg
「一本釣り~、、、」のアナウンスと共にひろしさんが走って行ってカツオを一本ゲット!毎日違った魚のおいしいお刺身を頂いてます。
a0202012_12431939.jpg
案内板も貼り出されました。

a0202012_12434893.jpg
駐車場になる所ですが、この風景だと田んぼへ続くというイメージではありませんねぇ。

a0202012_12443431.jpg
田んぼの横の小屋にはトイレ、更衣室スペースもできてこれで安心♪

さぁ、いよいよ明日!
[PR]



by makanaluon | 2015-10-20 08:26 | 日々のつれづれ | Comments(0)

秋なのに、、、

a0202012_14234156.jpg
BusyBeeのテーブルにこんなものが置いてありました。風船唐綿(フウセントウワタ)の実だそうです。こちらへ引っ越して3年数か月たった今も「初めて」の花や野菜、魚、、、にまだまだ出会い続けています。

a0202012_1424593.jpg
何て綺麗な色でしょう。ボケは春だけでなく今咲くのもあるんですね。
a0202012_14244319.jpg
夏中楽しませてくれてもうとっくに終わったかと思ったけど、、、秋なのにダリアがひとつ我が家の庭の片隅に咲きました。

a0202012_1425535.jpg
これこそもうとーーーっくに終わってしまったかと思ったノコギリソウが、秋なのにひとつだけ咲いています。

さて、高知の佐川町へ出発です。田んぼコンサートの準備などがあるために数日前に向かいました。

a0202012_14253945.jpg
まぁ、、、秋なのに、、、家の前にアジサイが咲いています。

a0202012_1426685.jpg
秋なのにタンポポ、、、いや、ここではなぜか一年中、秋でも冬でも咲いているのが不思議です。キンモクセイが香る中、ダリアもまだあちこちに咲いていて色々な季節が混ざっている佐川町です。

ずーーっと晴天が続いているけどさて「田んぼコンサート」は、、、??
[PR]



by makanaluon | 2015-10-18 14:51 | 日々のつれづれ | Comments(0)

大きなケースの中には、、、

a0202012_15533981.jpg
わぁ、綺麗な青い海の色のケース!この中に入っているモノは、、、。
a0202012_1554338.jpg
これを身近で弾く人って言ったら近藤博隆さん、、、うーん、彼のケースは色が違うなぁ、、。ゴーシュさんがこの前「海辺のチェリスト」になった時のケースの色とも違うし、それにもう東京へ行ってしまったんでしょ。はて、さて??まかなさんはライアーとハープで手いっぱいなはずなのに、ま、まさかチェロもな~んて、、、じゃぁナルさんが???

a0202012_15542680.jpg
ハイ、何はともあれコレの持ち主は間違いなくゴーシュさんで、これは彼のセカンドチェロなんです。

a0202012_1554517.jpg
部屋の隅に立てかけたら、、、何の違和感もなく納まっています。

実はずーーっとチェロに憧れていました。鍵盤楽器、ライアー、ハープは音を放った瞬間から「残音の行方」は任せる他ないけど、自分でウィーーンと好きな長さに鳴らせる弦楽器に惹かれました。さらにそのキーのジャストの音だけではなくて、それらの間の音もあるというのに興味津々。

でもヴァイオリンじゃなくてチェロがいいと思ったのは「座って弾く」所にどうやらポイントがありました。その昔マリンバにも憧れたけど「立って動くのが大変そう」って思ってしまったからね。

うーむ、でもチェロは音は鳴るけどドレミをしっかり押さえたり、腕を自然に動かすのはかな~りムズカシイ。今は触れる余裕もなかなかないけど憧れていたモノが思いがけず、今ここにあるというだけでしあわせです。

ゴーシュさんはここに運んだリバーカヌーも東京に連れ帰ったけど、長~いシーカヤックとファルトボートはまだうちの倉庫にあります。持ち主がまたエヒメにやって来てくれる日をビッグな三つのモノはここで待っていますよ。
a0202012_15551628.jpg
翠松苑の酔芙蓉です。

a0202012_15553785.jpg
あれっ、濃いピンクの花も一本の木に??朝は純白で、午後はうっすら赤味を帯びて来て、、、ほらっ、花びらがほんのりピンクでほろ酔い加減、、、そして夕方から夜にかけてはこんなに赤くなって泥酔して眠る???

ゴーシュさんとは色々な日本酒を楽しみましたね。この日、皆でお茶しながらゴーシュさんに会いに行かなくては、、、って話していたのよ。

翠松苑で水琴窟と近藤博隆さんのチェロとのコラボをした「春の調べへのいざない」の時にゴーシュさんは観客として来てくれましたが、コンサート後に庭でチェロを弾いてくれたことはとてもよい思い出です。

まもなく田んぼコンサートです。昨年の田んぼコンサートの前日、ゴーシュさんは高知でカヌーに乗るために田んぼへ寄ってくれたのでした。一緒にアユを食べましたっけ。田んぼでのどかに笛を吹いていましたね。

田んぼコンサート」10月17日(土)3時から 高知県佐川町の田んぼ
コンサートを企画してくれるひろしさんの「どっこい田んぼのジャージーデー」には田んぼの様子が綴ってあります。

西条方面からだと寒風山トンネルを越えて633美を過ぎて越知まで行けばまもなくなので、よかったら秋のドライブがてらいらしてください。

チラシと地図は以下です。
a0202012_1158532.jpg

a0202012_11593827.jpg

[PR]



by makanaluon | 2015-10-14 05:48 | 楽器 | Comments(0)

秋色のメロディー

a0202012_1559134.jpg
何と美しい葉の色でしょう。
a0202012_15593343.jpg
ギャラリー遊さんが綺麗な柿の葉を敷いてお菓子を出してくれました。いつも折々の季節感をお洒落に添えてくれます。先月末に「まかな&なかまライブin遊」をさせて頂いた時より秋の色あいが増しています。
a0202012_160813.jpg
あまりにうっとりと眺めていたのでわざわざ葉を採りに行ってくださっておみやげに頂きました。色とりどりの葉からすてきな秋色のメロディーが聞こえて来ます。
a0202012_163569.jpg
どの葉もそれぞれの色合いで表情を見せています。
a0202012_1624227.jpg
虫喰いの穴もまるでアートです。
a0202012_162193.jpg
自然が醸し出す色は本当に素晴らしいです。

a0202012_167079.jpg
キンモクセイは窓から差し込む秋の光を受けて、そのシルエットをテーブルに映し出します。

a0202012_16151626.jpg
たった一枝でも甘い香りが部屋中に広がって秋の味わいが増して行きます。

a0202012_16274116.jpg
キンモクセイが香って来ると秋祭りの季節ですね。ピーヒャラピーヒャラ、、、ドンドコドン、ドーンドン、、、。

お知らせ
ウッドブロックでのクリスマスライブはお蔭様で満席になりました。まだ二ヵ月も前ですのに早くもお申込みくださった方たちには感謝です。お断りしなければならなくなった方々には大変申し訳なく思いますがまたの機会に聴いて頂きたいと思います。

田んぼコンサート」10月17日(土)3時から 高知県佐川町の田んぼ
コンサートを企画してくれるひろしさんの「どっこい田んぼのジャージーデー」には田んぼの様子が綴ってあります。

西条方面からだと寒風山トンネルを越えて633美を過ぎて越知まで行けばまもなくなので、よかったら秋のドライブがてらいらしてください。

チラシと地図は以下です。
a0202012_1158532.jpg

a0202012_11593827.jpg

[PR]



by makanaluon | 2015-10-10 20:46 | 日々のつれづれ | Comments(2)

秋が深まって

a0202012_11243116.jpg
秋が深まる中、少し早いですがクリスマスライブについてお知らせします。

日時 12月12日(土)18時半~約50分 開演30分前にお入りください。車はできるだけ乗り合わせでお願いします。
会場 ギャラリーカフェ WOODBLOCK 玉川町長谷乙2-3
入場料 1500円 ワンドリンク付き(ビール、コーヒー、コーラ、ウーロン茶)

*先着40名 お申込みはmakanaluon@gmail.com へ
お蔭様で早くも満席になりました!お申込み頂いた方々ありがとうございました。今回いらして頂けない方には大変申し訳ないです。

a0202012_11245644.jpg
虫たちの声も夏の終わりとは違った響きで聞こえて来ます。

立派なクモたちがあちこちに姿を見せながらあっと言う間にたくましく成長します。

a0202012_11251937.jpg
二匹のクモがお空をすいすい飛んでいるみたいです。
a0202012_11254487.jpg
あっ、バッタ!親久爺ちゃん作の虫たちもリアルに秋の趣きです。

a0202012_11261391.jpg
やはり爺ちゃん作のトンボは絶妙なバランスを保って竹にとまっています。爺ちゃんのその他の作品はコチラ

佐川町の田んぼでもトンボがたくさん飛び交っていることでしょう。まもなく田んぼコンサートです。「田んぼコンサート」10月17日(土)3時から 高知県佐川町の田んぼ
コンサートを企画してくれるひろしさんの「どっこい田んぼのジャージーデー」には田んぼの様子が綴ってあります。

西条方面からだと寒風山トンネルを越えて633美を過ぎて越知まで行けばまもなくなので、よかったら秋のドライブがてらいらしてください。

チラシと地図は以下です。
a0202012_1158532.jpg

a0202012_11593827.jpg

[PR]



by makanaluon | 2015-10-08 07:36 | 日々のつれづれ | Comments(0)

薔薇に寄す

a0202012_1559874.jpg
薄い黄緑色がかったちょっと不思議な色合いのバラです。
a0202012_15593581.jpg
このバラはコンサートの時に松岡芽ぶきさんから頂いて、その後ライアーによる「薔薇に寄す」の曲が生まれました。

そしてCD「しあわせの岸」のジャケットとしてこのバラを芽ぶきさんが描いてくださいました。

a0202012_1615647.jpg
私の作曲は基本的には演奏楽器でしますが、特にライアーはピアノやハープの曲をライアーで弾くというのはアレンジしてもかなり難しくなります。今までピアノで作曲した「ぶらんこ」、「聖なる波」とハープで作曲した「セカンドバスケット」をライアー用にアレンジしましたが演奏はたやすくはありません。そしてライアーで作曲したものをピアノやハープでというのも通常はないのですが、「薔薇に寄す」をハープで弾いてみました。ハープならではの和音をもう少し加えて豊かさを出してみたら、ライアーとはまた違った趣きです。

ちなみに、ピアノとハープは楽譜を共通にすることはありますが、ハープは7本のペダル操作があるのでかなりやっかいです。例えばピアノの楽譜から「トロイメライ」をハープで弾くと、たった2小節でペダルを10回も動かさなくてはならない箇所があります。ライアーでも「トロイメライ」は時々弾きますが、右手左手が入り乱れながらアクロバティックな動きをしないとなりません。

a0202012_10451641.jpg
しばらくこのバラを楽しんでみた後、ドライフラワー用に壁に掛けてみましたがなかなか雰囲気があります。

(お知らせ
田んぼコンサート」10月17日(土)3時から 高知県佐川町の田んぼ
コンサートを企画してくれるひろしさんの「どっこい田んぼのジャージーデー」には田んぼの様子が綴ってあります。

西条方面からだと寒風山トンネルを越えて633美を過ぎて越知まで行けばまもなくなので、よかったら秋のドライブがてらいらしてください。

チラシと地図は以下です。
a0202012_1158532.jpg

a0202012_11593827.jpg

[PR]



by makanaluon | 2015-10-04 20:00 | 楽器 | Comments(0)

お月見会

a0202012_13271745.jpg
またですかぁって言われちゃいそうですが、はい、「また」ですよ。何かにつけて食べたり飲んだりでこの丸いテーブルがしょっちゅうアップされています。
a0202012_13274018.jpg
折しもタイミングよく巨大マツタケが届いたので皆で贅沢に味わいながらのお月見会となりました。

a0202012_1328583.jpg
引っ越して来てすぐに巨大ハマグリを頂いて、グリルでは焼けそうもない大きさだったので元網元さんに電話して聞いてみると「七輪で焼くけん」とこともなげに言われて、えーーっ、そ、そんな遥か昔のもの、、、なんて思ったものでしたが、今回はちゃんとここにありますよ。
a0202012_13282915.jpg
ナルさんが吹きながら火をおこしているんですが、、、ん?音も、、、??これはドイツ人の尺八奏者ウベ・ワルターさんが練習用にくださったエンビ管でできた尺八なんです。

a0202012_15143550.jpg
おいしいマツタケご飯もあるし、焼けたマツタケにはきゅっとすだちを絞って、、、。

ギター演奏も飛び出したり、、、ライアーも、、、。ドイツ人の友人がドイツ語で詠んだ俳句を作曲した「月の光」を聴いてもらいました。ドイツ語の俳句の日本語訳の俳句としてでなく、歌の間で情景描写を語りで入れて行く言葉は「銀色の月の光 海に映るそのきらめきが 波に運ばれ浜辺に届く」です。これは彼女に出会った時のニュージーランドでの海の満月の俳句でした。

オランダでの満月の時、「出た出た月が、、、、♪」を歌ったらとても喜ばれて、日本へ戻ってからも「Makanaの歌を忘れない、、、」と皆からメールが届きましたっけ。

そうこうするうちに、、、

a0202012_1329242.jpg
さあ、桜井の海にも月が昇って来ましたよ。
a0202012_13452837.jpg
大きく濃いオレンジ色のスーパームーン!

月とマツタケと楽しい語らいに秋の夜は静かに更けて行きました。

(お知らせ)
「田んぼコンサート」10月17日(土)3時から 高知県佐川町の田んぼ。コンサートを企画してくれるひろしさんの「どっこい田んぼのジャージーデー」には田んぼの様子が綴ってあります。

西条方面からだと寒風山トンネルを越えて633美を過ぎて越知まで行けばまもなくなのでよかったら秋のドライブがてらいらしてください。

チラシと地図は以下です。
a0202012_1158532.jpg

a0202012_11593827.jpg

[PR]



by makanaluon | 2015-10-01 08:59 | 日々のつれづれ | Comments(0)

ライアー奏者のつれづれ
by makanaluon
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール&リンク

最新のコメント

最新のトラックバック

whilelimitle..
from whilelimitless..
http://www.v..
from http://www.val..
ガウディとグエルが夢見た..
from dezire_photo &..
ライアー奏者・作曲家・ま..
from La Dolce Vita ..
"Keep our Ho..
from La Dolce Vita ..
新しいCD『銀河の岸』完..
from La Dolce Vita ..

検索

ファン

ブログジャンル