<   2015年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧




ギャラリー伊万里の花

a0202012_15183652.jpg
ギャラリー伊万里に行ったらこんな風にサギソウが勢揃いしていました。コレはピンセットで植えて行くのだそうです。

a0202012_1520199.jpg
ぎっしりにぎやかに舞っています。

a0202012_15225779.jpg
シルエットも雰囲気があってすてきです。
a0202012_15235884.jpg
伊万里がオープンした三年前に頂いた胡蝶蘭だそうです。私たちが引っ越して来たのも三年前の春ですが、お世話になっている伊万里も松山のアンフィールも新居浜の木星舎も同じ春にオープンしたギャラリーで、それぞれ四年目の歩みを始めています。
a0202012_15245389.jpg
お庭では夏の名残の花が陽射しを受けています。

a0202012_15252875.jpg
二つの花は顔を寄せて語り合っているかのようです。
a0202012_1526354.jpg
くっきりとクリスマス色。

a0202012_15264251.jpg
はにかんだような後姿です。これはうちにもいっぱい咲いているしどこでも見かけますね。ジョン・ビリングが以前にこの赤い三つ葉を友人と写真を見せ合って珍しがっていたことがあるらしいですが、それがここには普通にたくさんあることを知ってとても驚いて早速友人に報告していたようでした。

a0202012_15271925.jpg
ひっそりとたったひとつだけ咲いていました。

a0202012_1527537.jpg
これは伊万里ではなくて、我が家の裏庭に突然出現したものです。むむむ、、、植えた覚えは全くないのでキュウリの苗にたまたま混ざっていたのか、、、あーーっと言う間にぐんぐん、、、ぐんぐん。ウリの仲間ではありそうだけど、、、割ってみたら「ウリタロウ」がオギャー!?

キュウリの苗はtomikoさんがくださったので聞くと「ドブキュウリもわざわざ苗を買うのよ。酢のものとかにしたらいいわ。」と言いながらも「随分大きいしイボイボがないわねぇ」と首をかしげます。ヒゲのようなものが皮全体を覆っていて触れると痛い。このトゲトゲと初めて聞く「ドブキュウリ」という名前にもちょっと尻込みしながら伊万里へ持って行ったら「トウガン」だと判明。

a0202012_15283235.jpg
ある日弦にぶら下がったと思ったらすっごいスピードでしかも4つも収穫できてびっくり!

a0202012_1529719.jpg
tomikoさんは「水無月ライアー&ハープコンサート」と「平和への祈り」の時にナルの衣装を製作してくれましたが、この日はゆかたの生地でこんな風なものをしつらえて来てくれたのです。長いこと眠っていたものが活かされて嬉しいしとっても楽ちん♪
[PR]



by makanaluon | 2015-08-29 00:09 | 日々のつれづれ | Comments(0)

残暑の中で

a0202012_12482696.jpg
家の周りにユリがたくさん咲きました。

yuriさんの企画してくれた「ゆりりーの庭」シリーズで東京での演奏を重ねていた時に「うちもゆりりーの庭にしたい、、」とナルが呟いたようになりました。

a0202012_12485981.jpg
家の横も、、、
a0202012_12492381.jpg
裏側も、、、
a0202012_12494971.jpg
夏休みを過ごしに岡山からやって来たかわいい二人は玉川での「平和への祈り」のコンサートも聴きに来てくれましたが念願の海での遊びがやっとかないました。

ナルさんは何をシャベルですくっているのかな。
a0202012_12501396.jpg
コレは何でしょう??シャコかと思ったけどちょっと違うかな。結構大きいわよ。
a0202012_12503437.jpg
二人は水着がなかったけど波打ち際で思い切り遊んでずぶ濡れ~。帰りにはまかなさんのひらひらタンクトップをワンピにしたら、まぁ、何とかわいい!ナルさんのポロシャツはぶかぶかだけど気にいっちゃったから、ま、いいか。貝もいっぱい拾って夏休みのいい思い出ができました。
[PR]



by makanaluon | 2015-08-26 06:00 | 日々のつれづれ | Comments(2)

夜明けとともに

a0202012_17211081.jpg
前日の夕暮れからカヌーとバーベキューを楽しんで、翌朝は新居浜のshinoちゃんが朝5時に到着と言うので私たちも海辺へ急ぎます。
a0202012_17213676.jpg
鳥たちが飛び交い、船の汽笛が聞こえます。
a0202012_17222474.jpg
刻々と海と空が赤く染まって行きます。

a0202012_1724571.jpg
まだ薄暗い中、shinoちゃんが出発。
a0202012_17252387.jpg
ナルさんも一人で船出です。
a0202012_17264285.jpg
murakamiさんはアウトリガーを運びます。
a0202012_17271225.jpg
波も風もなく穏やかな朝です。
a0202012_17282619.jpg
太陽が顔をのぞかせ始めました。
a0202012_1729187.jpg
サンライズショーを感動しながらぼーーっとみつめていたmitsuko&まかなも漕ぎ出します。mitsukoさんは「しあわせ~」を連発!
a0202012_17294261.jpg
そして、、、ご飯もふっくら炊けて、鍋にはmurakamiさんが前日から準備してくれていた豚汁も出来上がりました。
a0202012_17301534.jpg
まだ朝も早いと言うのに皆食欲旺盛に海辺の朝食、完食!そして洗ったものはこうしてテントにのせて乾かしますよ。

家の前で夕暮れも朝もこ~んなにたっぷり楽しく過ごせるなんてね、ね、ね♪
[PR]



by makanaluon | 2015-08-23 06:27 | 日々のつれづれ | Comments(2)

夏の夕暮れに

a0202012_10575433.jpg
「坂の上の雲ミュージアム」での演奏を終えたその日、カヌーイストmurakamiさんがうちの前の浜辺でテントを張ると聞いていたので、夕方帰りがけに寄ってみました。そう、murakamiさんは「水無月ライアー&ハープコンサート」でハープを運んでくれた方です。

夏らしい青い空と海が広がっています。

a0202012_10582386.jpg
パドゥルもたくさん立てかけてあります。
a0202012_10585199.jpg
スマートでかっこいい二艇が並んでいますが、向こう側のはアウトリガーと言うものだそうです。
a0202012_10592543.jpg
murakamiさんの寝るテントの向こう側に夕陽が沈んで行きます。
a0202012_110053.jpg
一旦家へ戻ってしばらく休んでから出直しました。
a0202012_1103182.jpg
何やらオトコタチは準備を始めましたよ。

a0202012_1105628.jpg
まもなくランタンに灯がともります。

a0202012_1132636.jpg
あっ、ナルさんはうちわで火をおこし始めました。今日は海辺でバーベキューですか?
a0202012_113533.jpg
チキュウに降り立ったばかりのかわいい天使も特別参加です。
a0202012_1142378.jpg
天使の新米ママ&ナルさんが出奔。

a0202012_1154084.jpg
この後次々と4人の「熟女」たちをナルさんはエスコートしながら夕暮れの海の上を緩やかに漕ぎます。ちなみにまかなは「熟女」の枠外です。
a0202012_1163474.jpg
さぁ、お肉も野菜もいい感じに焼けましたよ。

お腹を満たしてそれぞれの家に帰り着きぐっすりと、、、だけでは終わりません。だってmurakamiさんはここに一晩泊まるんですもの。その続きは次回に~。
[PR]



by makanaluon | 2015-08-20 06:47 | 日々のつれづれ | Comments(0)

坂の上の雲ミュージアムにて

a0202012_9293253.jpg
「坂の上の雲ミュージアム」でヴァイオリンの大野夏織さんと演奏前のツーショットです。

ここでは前回ナルと演奏してから二年ぶりです。
a0202012_930546.jpg
上から見ると扇型に広がったスペースです。

コンサートのたびにずっと来てくださっているmasakoさんはご主人と、ヴァイオリンとライアーのコラボに関心を示してくれていたチェロの近藤さんも、、、そしてにこやかに手を振って入って来たのはちろりんご夫妻です。思いがけなくいつもの仲間たちが松山まで出向いて「そこにいてくれる」と言うのはとても嬉しく心強いです。

a0202012_9304366.jpg
どうです?ゴージャスな衣装でしょ。
a0202012_931885.jpg
私は、ま、いつもの感じでちょっとだけひらひら。
a0202012_9313546.jpg
それぞれのソロも交えながら「ジムノペティ」「アヴェ・マリア」「トロイメライ」他を演奏しました。

木星舎でのクリスマスコンサートの際に大野さんに飛び入りで「アヴェ・マリア」を弾いて頂いたり、ラヂバリにも二人で楽器を持ち込んで演奏したことはありましたが、こうした正式のコラボが初めて実現しました。

ライアーは西洋文化の音楽の発展とは別の所に位置した楽器ですし、音の響きが独特であることから他の楽器とのコラボは色々な意味で難しいものがありますが、新しい試みとして工夫しながら時には楽しんでいけたらと思います。
[PR]



by makanaluon | 2015-08-17 06:12 | 演奏 | Comments(0)

ネコとイヌ

a0202012_1044752.jpg
ゴーシュサンが玄関を出て車に乗る前に「さて問題です。あるものを部屋のどこかに置いて来ました。それは何でしょう」と言って去りました。

部屋に戻ってちょっと見渡すと、、、いたいた、、、小さな小さなネコがカウンターの隅っこにちょこんと座っていましたよ。
a0202012_1053545.jpg
オランダの友人たちを京都を案内しながら招き猫について話しました。帰国の日、「マカナの家にたくさんの人たちが訪れますように、、」と知らない間に買っていたらしいこの猫たちをギフトに添えて渡してくれました。

a0202012_1061295.jpg
こちらに引っ越してからすぐに砥部に住んでいる方から頂いたものです。右手はお金、左手は人を招くと言うことで選んでくれたのは左手を挙げている猫です。

a0202012_1074252.jpg
ナルがグロと名付けたこのこはもうずーーーっと長いこと私たちと一緒です。

a0202012_1081475.jpg
ライアーをふぅわりとおおっている布にはいつもちょこんとシマネコがとまっています。
a0202012_1092077.jpg
招き猫効果絶大で千客万来が続いています。そして招き猫はこの夏かわいいお客様たちも呼んでくれました。

ハナちゃん、、、ああ、あなたにここで再会できるとは何と嬉しいことでしょう。初めて会ったのはもう10年以上前かしら?

a0202012_1095451.jpg
小さい時から別嬪だったけど年老いてもまだ十分美しいわよ。

a0202012_10102815.jpg
ハナちゃんが来た二日後、やはりはるばる東から旅をして来たのはロクベエ。ようこそ!ゴーシュさんが東のおうちから連れて来ました。

a0202012_10105576.jpg
玉川でのギャラリーコンサートの間は裏に繋がれていいこで待っていてくれて、皆からかわいいかわいいと散々言われたし、まかなさんは「何となく色とか雰囲気がうちに似合うからずっといてもいいわよ。」って言ってるけどどーする??

お知らせ
8月15日(土) 14時から14時半 土曜コンサート(坂の上の雲ミュージアム) 無料
 ヴァイオリン(大野夏織さん)とライアーのコラボです。

[PR]



by makanaluon | 2015-08-14 06:47 | 日々のつれづれ | Comments(2)

ギャラリーコンサートin玉川

a0202012_1141341.jpg
玉川近代美術館主催のギャラリーコンサート「平和への祈り」にたくさんの方にご来場頂いて、ライアーの音色と共に静かな祈りのひとときを分かち合えたことを感謝致します。「私のコンサートではなくて皆さんと祈りを合わせる日、、、」と最初にお話したことを受け止めてくださったようで、いつもとは違った空気感に満ちていたことをずっと演奏を聴き続けてくれた方たちも感じたようでした。

「観客の温かさ」というものが初めて愛媛で演奏させて頂いた時の印象です。「水無月ライアー&ハープコンサート」をCATVさんが撮ってくださった番組や新居浜のakiraさんが会場の様子もよくわかるように特別に製作してくださったビデオを見てもそのことを改めて感じました。でも今回はそれとはまた違ったものがありました。いつもはこちらから提供するものを皆さんが柔らかく受け止めてくださることに委ねながら演奏するのですが、今回は皆さんからじんわりと伝わってくるものを感じながらライアーの音の雫に乗せて一曲一曲を奏でて行きました。

開演前に美術館の裏で撮った写真ですが緑とせせらぎがライアーの雰囲気に似合うロケーションです。

a0202012_10343716.jpg
子供たちが折った巨大折鶴が設置されているバックに皆さんが折られた鶴が彩りを添えています。

a0202012_1463690.jpg
玉川にお住まいのkayoさんとtomokoさんから頂いたすてきなお花のアレンジメントです。「ようやく玉川デビューが果たせたわね」と心からお迎えしてくれて嬉しい限りです。ライアーが、温かく心強いオトモダチを次々ともたらしてくれてしあわせです。

同じ今治でも海辺とはまた違った風景、風情を持つ玉川も奥深いようなのでもっと踏み込んでみたいです。鈍川の奈良原神社の宮司さんもいらしてくださっていて「山へ行きましょう」とお誘いくださいましたが、もう赤とんぼも飛んでいるそうです。宮司さんとは初対面でしたが、コンサート前に「CATVを見ましたがとてもよかったですよ。」と声をかけてくださったことも嬉しかったです。

2010年の原爆忌に広島、長崎を世界の詩人たちと一緒に周り、5年前のこの日は長崎で詩人たちと別れた後、ナルと私は佐賀へ行って佐賀城で「平和の願いを風にのせて」のコンサートをしたのでした。様々なことを経て時が巡り、今ここで平和を祈るコンサートをさせて頂けたことが感慨深いです。今まで「東京から来たわたし」の感が強かったのが、今やっと「今治にいるわたし」を実感しています。
a0202012_10362367.jpg
ギャラリー遊さんの東京からのお菓子のおみやげの箱にそっと留めてあった遊さんのお庭からのブラックベリーがかわいいです。いつもお仲間と一緒にコンサートを聴いてくださってありがとうございます。

今回も新しい出会いが色々ありました。ライアー響会でお世話になった先生のお知り合いで松山にお住まいの方に声をかけて頂いたのは思いがけず嬉しかったです。東京のライアー仲間たちの写真も懐かしく拝見させて頂きました。

皆様が口々に「心に響いたコンサート」であったことをお伝えくださったこと、そして涙で潤んだ方たちも少なくなかったようでしたが、ティアドロップ(涙型)コンサートライアーが大きなお役目を果たしてくれました。文化交流館は音もよく響くとても綺麗な空間なので雰囲気を高めてくれながら、皆さんと響き合い、共に大切に創っていったひとときでした。館長さんを初め、スタッフの方たちも準備からこの日まで大変丁寧に対応してくださったことにも心から感謝です。

お知らせ
8月15日(土) 14時から14時半 土曜コンサート(坂の上の雲ミュージアム) 無料
 ヴァイオリン(大野夏織さん)とライアーのコラボです。

[PR]



by makanaluon | 2015-08-11 05:34 | 演奏 | Comments(4)

夏の風景(その2)

a0202012_117873.jpg
真っ赤なケイトウが夏らしさを見せています。

a0202012_1181738.jpg
トマトの赤も夏の顔ですね。

a0202012_1184083.jpg
黄色いトマトも食卓の彩りです。
a0202012_1191423.jpg
鉢植えで頂いた時はとても小さかったけど地面に植えてみたら三ヶ月以上たった今も庭先で元気です。
a0202012_119396.jpg
蝶たちも飛び回りながら夏を謳歌しています。

花も野菜も虫もそれぞれの「夏の風景」です。

a0202012_1413487.jpg
おやっ、ナルさんが「夏の風景」を一緒に連れて来ました。
a0202012_14112464.jpg
ようこそ!

a0202012_7522110.jpg
甘味処すだちさんから頂いたアサガオです。咲き始めた二日後、「すだち」はすだちます。心地よいスペースで囲炉裏を囲みながらの様々な語らいや、音楽と共にすてきなご縁も紡がれていきました。それほどしょちゅうは行けなくても「すだちがそこにある」ことにほっと安心感がありました。コンサートもして頂けたのはとても心に残る大切な思い出です。

いっぱいの感謝と共に女将と番頭さんの新しい日々をアサガオと共に祝福します。

a0202012_7525819.jpg
アサガオとユリがいつ咲き始めるのかと毎朝見ていたらちょうど同じ日に開きました。 家の周り中にたくさんのユリの蕾が膨らんでいるので夏を楽しませてくれることでしょう。

お知らせ
8月15日(土) 14時から14時半 土曜コンサート(坂の上の雲ミュージアム) 無料
 ヴァイオリン(大野夏織さん)とライアーのコラボです。

「玉川近代美術館ギャラリーコンサート 平和への祈り」
8月9日(日)18時から19時 今治市玉川文化交流館 無料(要予約) お蔭様で満席になりましたが、丸い補助椅子での受付を後少し受け入れられるようです。チラシは以下ですが詳しくはコチラ

a0202012_18432670.jpg

[PR]



by makanaluon | 2015-08-08 06:06 | 日々のつれづれ | Comments(0)

宮島さん

a0202012_10124490.jpg
茅の輪くぐりをした三日後、また綱敷天満宮へ向かいます。

この日は「宮島さん」の祭礼行事「わら船渡御」が行われるのです。既に浜辺にわら船が船出の準備をしています。
a0202012_10131128.jpg
次第に薄暗くなっていく中で海を眺めながら、神主さんに祈祷をしてもらったわら船が次々と到着するのを待ちます。
a0202012_10133938.jpg
あっ、この後姿は、、、もしかして「毎週桜井に来ているんですか?」というウワサのあるゴーシュさんではありませんか?
a0202012_10185785.jpg
満月の翌日、まだ丸い月が海に浮かびます。
a0202012_10192338.jpg
海と月と舟、、、何と趣きのある風景でしょう。毎年ちょうど同じ日に壬生川の方で打ち上げられる花火も加わって雰囲気が高まります。
a0202012_10204466.jpg
キラキラしたデコレーションのこの舟は「ああ、今年もやって来た、、、」ともう私たちにもおなじみです。男の子が生まれてから7歳になるまで行われるこの行事は漁師町ならではの風情があります。ドンガラガッカもピーヒャラもなくただ静かに家族で男の子の成長を祈るという素朴な親の思いがこもっていて、見ている私たちの胸にも響くものがあります。
a0202012_1021764.jpg
舟をかついで来たお父さんたちは海に降ろした後、広島の宮島へ流れ着くように沖へ向かってしばし泳ぎながら舟を押して行きます。

a0202012_10201615.jpg
舟はまるで月に向かって進んで行くように見えます。

さて、私は、、、ほろ酔い加減のお二人さんを車に乗せて月を見ながら家に向かいます。

「玉川近代美術館ギャラリーコンサート 平和への祈り」
8月9日(日)18時から19時 今治市玉川文化交流館 無料(要予約) お蔭様で満席になりましたが、丸い補助椅子での受付を後少し受け入れられるようです。チラシは以下ですが詳しくはコチラ

a0202012_18432670.jpg

[PR]



by makanaluon | 2015-08-05 06:30 | 日々のつれづれ | Comments(2)

夏の風景

a0202012_10295678.jpg
蛇越池に今年もサギソウが咲き出したけど例年よりは少ないようです。
a0202012_1030244.jpg
光の中に羽を広げる姿はこの時期だけ見られる夏の舞。
a0202012_10313668.jpg
シオカラトンボの青い胴体も綺麗ですね。

ドイツで最初のライアーを買った後、ミュンヘン郊外のミーズバッハという所へ行った時、水辺に夥しい数の薄いブルーのトンボが飛び回っていました。「バッハ」は小川と言う意味なので小川があちこちに流れていました。シオカラトンボよりも小さくて繊細な感じのトンボはライアーの音色に似合うように感じました。腰を下ろしてトンボたちを目の前にしながら「バッハは小川さんなのよねぇ、、」とか思いながら初めてのライアーを手に渡されたばかりのバロックの楽譜を夢中で弾いていたものでした。
a0202012_1034271.jpg
上から写せなかったのでわかりにくいけれど、このブルーの羽はチョウトンボ。高知の「モネの庭」で見て感動してから、ずっと会いたいと思い続けていたことがこんな近くでかないました。

a0202012_10342997.jpg
この後ギャラリー伊万里へ行ったらヒマワリが夏らしい顔を見せてくれました。

a0202012_115857.jpg
セミたちが元気よく鳴き続けています。

a0202012_11583252.jpg
桜の木にずらーーっと止まっています。すぐ近くをざっと数えただけでも20匹以上なので上の方にいるのも入れたらかなりの数になるでしょう。こんなにたくさんのセミが一本の木に止まっているのを見たのは初めてのことで感激でした。

a0202012_11585659.jpg
何と透明でエレガントな羽なんでしょう!東京ではこういうのは殆ど見かけなかったけどこちらにはたくさんいますね。

a0202012_12511100.jpg
私にとってはこういうのがいかにも「セミ」です。

ドイツにセミはいないので、ニュージーランドでこんな風に木にとまっていたセミを怖がったドイツの友人を思い出します。「マカナ、あの巨大なハエは何?しかも鳴いている、、、」。

もう一人のドイツの友人はやはりニュージーランドでセミの声を聞いた時のことをドイツ語の俳句にしています。ドイツ語で「ツィカーデン」とセミを指す言葉はあっても、やはりお国では見たことないようです。「岩にしみいる、、、」とは違った風情の俳句ですが、それら4句を取り合わせて作曲したのが「木と風」です。俳句の部分はドイツ語ですが、間に情景描写としての語りを日本語で「木々の緑の中 風がやさしく私に戯れ 水の青が広がり セミの声が空気を震わせる 木と風に私は溶けていく」と入れました。

ドイツ人でイギリス在住のダンサー、ヴォルフガング・シュタンゲが赤坂でワークショップをした時に近くの公園で一斉に鳴いていたセミの声を珍しがって、私に20分録音するよう言ったことがありました。そしてそれを聞きながら皆でセミになって壁にとまってみたり飛んでみたりのセミダンスをしたものでした。

ギリシャ、イタリア、スペイン辺りに行かないとセミの声は聞けないようですが、ちなみに「アリとキリギリス」のお話もヨーロッパの北の方ではセミがわからないのでキリギリスになったようですね。
a0202012_130865.jpg
この日の夕刻、、、あっ、この「夕刻」なんですが、神社のお知らせの紙にそう書いてあるのを最初に見た時、「はっきり何時と言わないのは何だか情緒的ではあるけれど、、、でも一体何時頃から夕刻??」って思ったものでした。で、大体5時を過ぎれば夕刻らしいことがわかったので綱敷天満宮へ出かけて茅の輪くぐりを今年も無事すませました。

a0202012_1313225.jpg
ナルさんもくぐってこれで元気に夏を越せるかな?
a0202012_132056.jpg
家に戻ったら思いがけず、新鮮な桜鯛と立派なチヌが届きました。この辺では子供が生まれると皆さんがチヌを持って来てくれる風習があるようで初孫誕生のchiyokoさんからのおすそ分けです。オメデトウ&アリガトウ♪
a0202012_1321953.jpg
まだ「夕刻」の時間の範囲に届いたので夕食にうまい具合に間に合いました。

a0202012_74950.jpg
そして二日後、ドアを開けた木立の間から見えるのは、、、
a0202012_6541944.jpg
フルムーン!

お知らせ
今治CATVの放映予定
「ミテミント60’」 まかな瑠音 水無月ライアー&ハープコンサート
初回放送
7月27日(月)19:00~20:00
リピート放送
7月28日(火)10:00~11:00 20:15~21:15
7月29日(水)21:00~22:00 
7月30日(木)10:00~11:00
7月31日(金)10:00~11:00 21:15~22:15
8月2日(日)21:30~22:30
8月3日(月)10:00~11:00

以上計9回の予定ですが変更の場合もあります。

「玉川近代美術館ギャラリーコンサート 平和への祈り」
8月9日(日)18時から19時 今治市玉川文化交流館 無料(要予約)お申し込みはお早目に!チラシは以下ですが詳しくはコチラ

a0202012_18432670.jpg

[PR]



by makanaluon | 2015-08-03 08:36 | 日々のつれづれ | Comments(0)

ライアー奏者のつれづれ
by makanaluon
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

プロフィール&リンク

最新のコメント

遊さん 貴重な展示会をあ..
by makanaluon at 19:11
PR有難うございます 昨..
by ギャラリー遊 at 08:14
チャイナカラーワンピース..
by makanaluon at 13:16
おはようございます~ ..
by チャイナカラーワンピース at 09:27
hamano-akiさん..
by makanaluon at 05:35
agrifishさん ナ..
by makanaluon at 06:35
花を愛でる暇もなく、どん..
by agrifishx at 10:55
agrifishさん あ..
by makanaluon at 05:32
お誕生日おめでとうござい..
by agrifishx at 00:33
便利な面と不便な面とだわ..
by makanaluon at 05:47

最新のトラックバック

whilelimitle..
from whilelimitless..
http://www.v..
from http://www.val..
ガウディとグエルが夢見た..
from dezire_photo &..
ライアー奏者・作曲家・ま..
from La Dolce Vita ..
"Keep our Ho..
from La Dolce Vita ..
新しいCD『銀河の岸』完..
from La Dolce Vita ..

検索

ファン

ブログジャンル