<   2015年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧




見たことなかった花たち

a0202012_6323066.jpg
デイゴの花、、、と言ってもいわゆる沖縄のデイゴと違ってこれはアメリカデイゴと言うらしいですね。今家の前の公園や街のあちこちに咲いています。紫陽花が色とりどりに目を楽しませてくれる梅雨の時期には何となく似合わないような気もしますが、情熱的な色でひときわ早い夏の風情を見せてくれています。こちらに来てから東京にいる時には見たことなかった花たちにたくさん出会いましたがこれもそのひとつです。
a0202012_6331567.jpg
アガパンサス、、、幼い頃、このふしぎな名前の花は一体どんなものなのかは見当もつかず、、、、見当もつかないまま大人になりましたが、今日常的に周りのあちこちに見かけます。
a0202012_6334833.jpg
初めて見た時に巨大さと強いパワーに圧倒されました。アーティチョーク、、、別名はチョウセンアザミだそうですが、美しい色に惹き込まれていたら、、、と書いたらこれはカルドンだそうでアーティチョークは「まかなさんの顔くらいの大きさくらい、、、」とakiraさんが教えてくれました。ちなみにカルドンは「アーティチョークの野生種で地中海地方に、、、」とあります。花の直径はこれでも10センチくらいですが、「非日常的」とも思えるような花が身近な日常にあるのがふしぎです。

a0202012_883089.jpg
数日後、ギャラリー遊さんからさらに二本頂きました。
a0202012_8131254.jpg
そんなわけで、今薄紫色の世界に浸っています。

a0202012_6363367.jpg
「水無月ライアー&ハープコンサート」の余韻を味わいながら着実に夏に向かっている花たちをみつめているうちにまもなく7月です。
[PR]



by makanaluon | 2015-06-28 08:18 | 日々のつれづれ | Comments(2)

「水無月ライアー&ハープコンサート」皆さんの写真から

a0202012_1271276.jpg
yukiさんが楽屋に来て撮ってくれた本番少し前のひととき。緊張でもリラックスでもない周りの世界との距離感が不思議な空気感の中にあるこの時間は言葉で表現できません。
a0202012_1273167.jpg
ナルさんもどんな気持ちで待っているのでしょうか、、、?

a0202012_1274775.jpg
「皆さんこんにちは~、、、、愛媛に来てちょうど3年が巡った所です、、、お蔭様で日々盛りだくさんに楽しく暮らしています、、、、」
a0202012_12811.jpg
これがウワサの、、、。yukiさんはびっくりしてしばらく呆気にとられてシャッターを押し忘れていたそうです。ありゃりゃと思ってしばらく眺めていたナルさんですが、「まかな舞」がなかなか終わらないのでタイコを叩き始めましたよ。

tomikoさんは「もう、楽しくて笑いころげていたのよ~。ハッピーハッピーって言ってたの?」そりゃぁハッピーではあったけど、「サンキュー」です。「Thank you for this beautiful day,,,,」 でforの後に色々なものを言ったのです。the sunとかthe rainbowとか古墳館とか、、、そして川畑先生、海翔君、ナルや子供たち皆さんへもサンキューを!「サンキューソング」だけど後で誰一人「歌」とは言わずに「ダンス」って。
a0202012_1281777.jpg
チャイナカラーワンピースさんはいつもコンサートのたびにシューズに注目して写真を撮ってくれます。
a0202012_1283128.jpg
コンサート参加皆勤賞をあげたいshinoちゃんもチャイナさんが捉えてくれました。「でんでんむし」を歌った(?)おたま君と遊んでいます。

チャイナさんは数日後にわざわざ「にじとまめ」のおいしいパンを届けてくださいました。こうしてまたひとつしあわせな「にじ」が運ばれて来たのです。Thank you for the Rainbow!

a0202012_12503298.jpg
毎日新聞さんが海翔君と一緒にギャラリー伊万里で取材してくれて記事になった元写真です。
a0202012_12101058.jpg
写真家の篠永哲さんが撮ってくださったものです。

海翔君とのコラボ「そっとうた」のラストで「そーーっとそっと、そーーっとそっと、、、」と歌って「しーーっ」とやっているポーズ。
a0202012_12103281.jpg
ナルさんに「ハイ、ここ」とか「違うわよ」って指摘、、、ではありません。ナルにこうするのは苦手だそうで「ドキッとするからやめて欲しい」そうです。こんなにやさしそうではないしねぇ。これは「しーーっ」の後そのまま指を前に伸ばしたポーズ。

a0202012_124618.jpg
今回、ハープとライアーの違いをしみじみ感じたものでした。ハープは活力を持って赤い炎を燃焼させながら音を放ちますが、ライアーは青い炎を内側でひたひた燃やしていると言えるのかもです。もしかして大きく言うとハープは歓喜へ向かい、ライアーは内なる涙を引き出すのかもしれません。ハープは音をプラスして重ねながらハーモニーを響かせて行きますがライアーは音をマイナスしてシンプルにしながら「間」を大切にしていくという感じです。

a0202012_12105025.jpg
さすがにナルさんのいい表情も捉えてくださっています。
a0202012_1211821.jpg
「グリーンスリーブス」でオカリナを吹きました。

a0202012_12593711.jpg
えーっ、まかなさんちは、ベベベンツになったのぉ??
a0202012_1302694.jpg
ほらっ、屋根も開くんですよ。

a0202012_131172.jpg
ベンツの持ち主、写真家の篠永さんです。出会いはギャラリーブロッサムでの演奏の時でしたが、この日もブロッサムへいらしたついでに寄ってくださいました。

a0202012_1472558.jpg
広島からのmitsukoさんのお友達の美術家ご夫婦がコンサートの翌朝うちへ遊びにいらした時の写真を送ってくださいました。こうしてコンサートのたびに新しいすてきな出会いを重ねていけることがしあわせです。
[PR]



by makanaluon | 2015-06-25 05:44 | 演奏 | Comments(0)

土佐日記(その2)

a0202012_1420369.jpg
生後100日のharu君と生後約24000日のまかなばあちゃん。

a0202012_1429930.jpg
2歳のshin兄ちゃんはまだあどけないです。

a0202012_14294652.jpg
あどけなさの時代を過ぎた5歳は、ま、こんな風ですよねぇ。hiro兄ちゃんは幼稚園でしたが、この日の午前中はshin君、haru君と一緒に幼児を連れたお母さんたちの集まりに行ってライアー演奏を聴いてもらいました。

a0202012_14301912.jpg
実は今回そうと知らずにやって来たのですが、到着翌日はharu君のお食い初めの日だったのです。これだけのものを用意するそうですが、たまたま鯛をおみやげに持って来たのが役に立ちました。

a0202012_14305027.jpg
桜井の鯛ですよ~。

a0202012_14325078.jpg
もう一匹の大きな鯛の方はひろしさんが刺身にさばいてくれた上に鯛めしも作ってくれました。お食い初めメニューの他にちらし寿司やお赤飯などが並んでいます。
a0202012_14545684.jpg
二人のお兄ちゃんにもそうしてくれたようにおじいちゃんがご飯を食べさせてくれました。

a0202012_1434569.jpg
無事に(?)ご飯を食べて(??)めでたしめでたし。
a0202012_1434319.jpg
こ、これがスゴイなぁと思うのですが、「丈夫な歯になるように」と神社の石を噛むのです。おうちのすぐお隣の聖神社の石です。
a0202012_14351353.jpg
さて、いよいよ帰途に着きますが、毎回おうちへ着く寸前に「あじさい街道」という表示が気になっていたのを、今こそと行ってみることにしました。
a0202012_14353847.jpg
山道に沿ってずっと、ずっとずーーーと、、、、紫陽花、アジサイ、あじさい、、、。
a0202012_14365211.jpg
走っても走っても走っても、、、ずっとずっとずーーっと、、、圧巻!
a0202012_14371979.jpg
こっからここまでって感じの「紫陽花街道」は他にもあると思うけどこんなに長いのは初めてでした。た~~ぷり紫陽花を堪能して「あーじっさいね」とのいつものナルのツブヤキを聞き流しながら土佐の旅を終えましたトサ。

a0202012_14374418.jpg
帰り着くと、家の庭にダリアが咲いていました。寒風山トンネルを超えて西条に向かっていると、ギャラリー伊万里さんから「さくらんぼの木を植えに行きますよ」と電話があって、この日帰宅後すぐに大きなさくらんぼの木が軽トラで運ばれて来て裏庭に植えられました。来年が楽しみでーす♪
[PR]



by makanaluon | 2015-06-23 05:08 | 日々のつれづれ | Comments(2)

土佐日記(その1)

a0202012_1347564.jpg
水無月ライアー&ハープコンサート」を終えてほっと一息で、コンサートに来てくれた佐川町の家族の家へ向かいました。道々色とりどりの紫陽花がとても綺麗でしたが、おうちへ着くとやはりこんな紫陽花が迎えてくれました。

a0202012_13474116.jpg
家のすぐ前にも紫陽花です。
a0202012_13482189.jpg
今回はナルは田植えを手伝えなかったのですが、畑へ「取材」に出掛けてみましょう。

a0202012_13485923.jpg
ナルさんは何だか野良仕事と言う風情と違う気がしますがぁ、、、サツマイモの植え付けのようです。

a0202012_13493730.jpg
この背高のっぽのはゴボウですって。

a0202012_1350879.jpg
秋になるとコスモスがこの場所いっぱいに風にそよぐのですが、もう既に咲き始めています。

a0202012_13503368.jpg
これは何の花??

a0202012_13514163.jpg
ちょっとイギリスを感じさせる風景ですが、ここを通って田んぼに行きます。
a0202012_13521319.jpg
今年はひろしさんは一人で田植えをしました。10月には稲刈りの済んだここで3回目の「田んぼコンサート」を企画してくれるようです。田んぼのことなど興味深い話を綴ってくれているひろしさんのブログはコチラ。hiro君は田んぼのイキモノを色々みつけてはまかなおばちゃんに教えてくれます。

a0202012_13524221.jpg
オタマジャクシとカエルはなんぼでもおるけんね。
a0202012_13531270.jpg
サワガニさんにもこんにちは。

そして翌日はとっても大切なイベントがあるので主役のharu君に予告編として登場してもらいましょうか。

a0202012_1416655.jpg
ああ、たまらんかわいさ。

続きをお楽しみに~~。
[PR]



by makanaluon | 2015-06-21 05:13 | 日々のつれづれ | Comments(2)

朝の庭先で

a0202012_8442794.jpg
早起きすると外は霧にけぶった幻想的な朝の風景で平市島も見えません。
a0202012_8445657.jpg
蜘蛛の糸が美しく織りなされています。

a0202012_8513080.jpg
ただうっとりと眺めながら朝の時間が過ぎて行きました。
a0202012_8515851.jpg
時折の風に吹かれています。
a0202012_8522341.jpg
一瞬のゆらぎに他へ移動してもまたすぐに中央に位置します。

a0202012_8525594.jpg
蝶や虫たちもそれぞれの朝を迎えます。
a0202012_901235.jpg
チラシの写真を参考にトレーシングペーパーですてきな作品を作ってくださったyoshikoさんが引っ越した年にくださった紫陽花がこんなに大きくなりました。
a0202012_905654.jpg
水無月ライアー&ハープコンサート」はその名にふさわしく会場のあちこちに皆さんが活けてくださった紫陽花がいっぱいでしたが、ギフトとして鉢植えで頂いたものを庭に植えました。

岡山からいつも橋を渡ってやって来てくださるライアーグループの皆さんからのとても綺麗な色の紫陽花です。
a0202012_935089.jpg
「そっとうた」「顔三面ドラゴン」の曲をコラボした海翔君のご家族からも「この色が好きと聞いていたので、、」と言って頂きました。
a0202012_942111.jpg
高知の佐川町の家族がやって来てくれたのはサプライズ!さわやかな斑入りの紫陽花をありがとう。
a0202012_96622.jpg
庭の花たちの水無月の調べと共に鳥たちが高らかに囀りながらライアーやハープに和してくれています。
[PR]



by makanaluon | 2015-06-19 07:13 | 日々のつれづれ | Comments(0)

6月のバースデー

a0202012_107449.jpg
水無月ライアー&ハープコンサート」を間近に控えてすてきなギフトが思いがけず届きました。6月のバースデーを知っている方たちからの嬉しい祝福を受けて、お蔭様で気持ちよくコンサートを迎えることができました。ハープは体力、気力の充実が必要な上、ライアーと切り替えながら二日間ちゃんとやり遂げられるかは少し不安でもありましたが、温かい気持ちを頂いて大いに力づけられました。
a0202012_10104762.jpg
華やかな胡蝶蘭はmasato&wakakoご夫妻からです。4年前の西条でのコンサートを企画してくださって、その後こちらへの引っ越しの際にも多大にお世話になったお二人です。

a0202012_10142856.jpg
yoshikoさんのすてきな作品はコンサート会場にも置かせて頂きましたが、今回のチラシをご覧になって作ってくださったのです。

a0202012_10154389.jpg
元の写真は昨年5月に四国中央のギャラリーイグレックで行った「5月の薔薇ライアーコンサート」の時にモッコウバラの咲き乱れる庭で撮ったものです。お花が大好きでいつも花の名前を教えてくださるyoshikoさんはモッコウバラもこんな風にすてきに表現してくださいました。
a0202012_10165479.jpg
美しく繊細なレース模様にうっとりですが、これがトレーシングペーパーであることに本当に驚かされます。

a0202012_1024323.jpg
コンサートを終えて一週間後、いつものお仲間に6月生まれが3人いるので皆でランチに行ったのはタオル美術館のワンフーチンです。

私は6月生まれの友人たちが実に多いのです。海外の友人たちも6月10日前後の一週間で団子状にひしめいて8人もがバースデー。日本でも6月はお互いに「おめでとう」を言い合うことになるのですが、丁度ここに着いた時に「Happy Birthday!」とメールをくれた友人も6月生まれです。
a0202012_10254616.jpg
ここは今治?と思うような西洋風のガーデンが広がっています。

皆さんの都合でたまたま私のバースデーの日になったのですが、サプライズギフトがありました。当日バースデーを迎えた人がいる場合はドリンクが全員に無料で付く、、、と言うことはテーブルに座ってからわかったことでした。わーい、ラッキー!車だから参加者9人は殆どがノンアルコールビール。前日うちに遊びにいらしたちろりんご夫妻とた~っぷり「昼飲み」をしたナルは控えるとのことで私が生ビールよ。もう一人生ビールを頼んだ元気な86歳のtakaoさんの飲みっぷりにはびっくり!

a0202012_10313281.jpg
6月生まれ、はっぴぃばぁすでー♪カンパーイ♪♪

おいしいランチでお腹を満たした後、松木崇先生の絵の展示会を拝見しに「ギャラリー遊」へ皆でどーーっと移動です。

a0202012_1135875.jpg
遊さんの畑でバースデーの日に掘り出されたジャガイモ君にハロー♪ハートがほっこらあったかくなりましたよ。
a0202012_10301866.jpg
生まれたばかりのかわいいハカラメも遊さんから頂きました。

そして、コンサートに取材にいらしてくれた愛媛新聞さんが丁度バースデーのタイミングで記事を掲載してくださいました。

a0202012_12462274.jpg

[PR]



by makanaluon | 2015-06-16 06:09 | 日々のつれづれ | Comments(2)

うちのサカナたち

a0202012_851542.jpg
10年以上前にハワイで買ったのを、町田の家には何となく雰囲気が合わなくて包んだままこちらへ持ってきました。ある時、ふと忘れていた包みを開けて玄関に置くと、海辺の家にふさわしく納まってくれました。
a0202012_8523294.jpg
川畑宜士先生から頂いたアーティストの描かれたすてきなペーパーウェイトです。
a0202012_853144.jpg
赤いサカナたちが浮かぶガラスアーティストの作品は、今は亡き友人からのプレゼントです。つい最近、彼女の好きだった「My Foolish Heart」がテレビから流れて来た時に、私もハモンドオルガンでその曲を弾いたことを懐かしく思い出しました。
a0202012_8533029.jpg
ようこそ新入りサカナ君!ギャラリー遊の高橋さんが「御殿場コロニー魅惑の織物」展の時に石や流木に布を貼った作品を参考に翠松苑で皆さんで作られたものの中からカラフルで明るいryokoさんの作品がうちにやって来ました。この後mitsukoさんは幼稚園の生徒たちとも一緒に楽しく作ったようですが、誰でも気軽に身近なものでできるのがいいですね♪

私もハワイ、ヨーロッパ、ニュージーランドで石や流木に色を塗ったり、毛糸、スパンコール、羽、貝などを貼ってあれこれ作ってみたことがありました。

ドイツで石を使って次々とムジャキに作っているのを目の前でじーーっと見ていた人が「マカナの作る物からは音楽が聴こえてくる、、、」と嬉しいことを言ってくれましたっけ。

オランダでは魔法の杖を作っちゃおうなんて、森からそれっぽい枝を探して、、、ふふふ、ああ、楽しかったなぁ。効力は???

ニュージーランドで流木を細工した時は、マオリのシャーマンが私たちが作ったものを見て「これからはナルの波がダイナミックになる」と言いました。「ナル」はハワイ語でもマオリ語でも波という意味。私が作った船のような形をした揺り籠を見て、「マカナは新しいドアを開ける」と言ってたけど、こちらへ来て彼女の言葉はその通りになった、、、かな?

それらのものは引っ越しの時にみ~んな処分してしまったけれど、どれも色や形はしっかり記憶の中に残っていてその時々の大切な思い出の時間が甦って来ます。

町田から直行バスで成田に向かうことは気軽だったけど、四国の方が感覚的にはむしろ遠い遥かな地でした。以前はしょっちゅうあちこちへ行ってあれこれやってみたけれど、今はここにいて日々の中から新鮮な驚きを感じたりたくさんの出会いがあることをしあわせに思います。

a0202012_8541331.jpg
これはキンギョ、、、ソウ。というわけでずら~りうちのサカナたち、、、おーっと、まだまだ、、、
a0202012_15362919.jpg
冷蔵庫で眠っているタイをそろそろ起こそうと思っていたら、、、早朝玄関からやって来たデッカイトリオ!アジも頂いたのでそのふくよかさとタイのさしみを堪能して、、、タイ汁にもうっとりにっこり。でもこれで終わらない所が桜井のスゴさ。また後日タイがやって来た!カラフルなサカナを作ってくれたryokoさんの母上chiyokoさん、いつもありがとう♪
a0202012_13324492.jpg
タイなる日々がご機嫌に続きながら、、、そしてこんな風なミニパーティにもいつもタイ。「水無月ライアー&ハープコンサート」にいらしてくださった広島からのご夫妻はこの日のタイの刺身に感動しながらお酒がすすんだようでした。

ああ、それでもまだ冷蔵庫で睡眠中のタイもいますよ~。
[PR]



by makanaluon | 2015-06-13 06:21 | 日々のつれづれ | Comments(2)

水無月ライアー&ハープコンサートへの感謝

a0202012_13452390.jpg
お蔭様で「水無月ライアー&ハープコンサート」が大盛況のうちに終了しました。色とりどりの紫陽花が水無月らしさを添えてくれました。

a0202012_1346248.jpg
皆さんが会場のあちこちにお花をいっぱい飾ってくれました。

a0202012_13463763.jpg
ふと気づいたらこんな所にまでさりげなくお花を置いてくれてよい雰囲気です。

a0202012_1347199.jpg
BusyBeeのyumiさんはピアノの上にすっきりと活けてくださいました。

a0202012_13475145.jpg
受付の後ろの壁には川畑先生のお花の絵がずらっと並びましたが、テーブルにも愛らしいお花の花瓶が幾つも置かれました。
a0202012_14481189.jpg
こちら側の壁には川畑宜士先生ならではの猫の絵が数点掛けられました。yanoさんが用意してくださった控えめな紫陽花の色が日本画とマッチしています。

a0202012_13481546.jpg
コンサートの二日前にyoshikoさんがサプライズギフトを届けてくださいました。チラシの写真をもとに製作してくれたものですが、これは何とトレーシングペーパーが使われているのです。あまりにすてきなので受付に置いて皆さんに見て頂くことにしました。
a0202012_13485082.jpg
椅子は108並べてみましたが、、、二日間とも「煩悩の数」をとっくに超えて後から後から椅子を足すことになりました。
a0202012_13492888.jpg
CATVの方たちもカメラ二台を携えてやって来てくださいました。
a0202012_13495715.jpg
ハープとライアーを交互に弾いていくことは全体の中でどう納まっていくのか、色々な意味で少し不安もありましたが、皆さんが口々に「ハープも聴けてよかった、、」とおっしゃってくださってよかったです。

バックの壁に掛かっている4枚の絵が新曲「雨、雪、花溜りそしてトパーズ」のモチーフになったものです。
a0202012_13502486.jpg
マオリのチャーリーがナルのために作ってくれた楽器を吹いています。ホラ貝のように儀式の時などに使われているものです。

洋服は上下ともtomikoさんが作ってくれたものです。このようにたくさんの方たちの温かい気持ちに支えられ励まされながらこの日を迎えました。
a0202012_13505676.jpg
海翔君登場です。会うたびに背が伸びていますね。二日間とも来てくれて有難う。
a0202012_13513118.jpg
海翔君の詩を作曲した「そっとうた」に続いてのコラボで、海翔君の工作から私が作詞(伊予弁)作曲した「顔三面ドラゴンのさんぽ」もご披露しましたよ。
a0202012_13522876.jpg
川畑先生のご挨拶です。先生の大作を一度にたくさん観ることができて皆さん感激していらっしゃいました。コンサート後にひとつひとつの絵を説明して頂くためにギャラリートークの時間を儲けましたが、これにも大変興味深く耳を傾けてくれました。
a0202012_13525249.jpg
ありゃぁ、、、まかなさん、遂に踊っちゃいましたねぇ。ふふふ、これが思いもかけずにかな~り話題沸騰、フツフツ、ボコボコ、、。
a0202012_13531497.jpg
素晴らしい絵と美しいお花がいっぱいの中での演奏はこの上もなくしあわせでした。すてきな分かち合いの時間を本当にありがとうございました。
[PR]



by makanaluon | 2015-06-09 19:50 | 演奏 | Comments(0)

たくさんの感謝

a0202012_1530341.jpg
お蔭様で二日間にわたった「水無月ライアー&ハープコンサート」を無事終えることができました。予想を超えるたくさんのお客様にいらして頂けたことを心から感謝致します。様々に溢れてくる思いを、頂いたお花たちの色の中に溶かし込みながら感慨に浸っています。

当日の様子についてはまた新たにアップさせて頂きます。
  
[PR]



by makanaluon | 2015-06-08 15:30 | 日々のつれづれ | Comments(0)

水無月ライアー&ハープコンサート

a0202012_748941.jpg
カンパニューラが鈴なりです。

a0202012_7485448.jpg
様々な色合いがそれぞれに綺麗です。

a0202012_7495374.jpg
ツリガネソウまたはフウリンソウとも言うようですね。

a0202012_7502611.jpg
おそらくこの模様はツリガネソウではないかと思います。

ハープも皆さんにお会いできることを楽しみにしているようですのでどうぞよろしく。

a0202012_14181119.jpg
「晴耕雨読」さんによって製作頂いたチラシです。両面あって裏面にはライアーについてなどの詳細も記してあるのですが、今までブログに貼って来たチラシは一目で内容がわかりやすいようにと後から作ったものです。

a0202012_14194812.jpg
裏面です。もし拡大できる方はご覧ください。当日受付にも置いておきますので、ご興味のある方はお持ちください。

a0202012_14214532.jpg
ふるさと美術古墳館は小高い所にあってとても気持ちいいです。駐車場からこのように階段をゆっくり昇って行くのもいいですが、今治方面から行くとふるさと交流館より、もう一本先を右折すると会館の裏側から入って会場のすぐ横に車を止めることもできます。

ここでの演奏は今回で4回目になります。木造の温かいぬくもりの中でライアーの音が自然に響いてくれるのが心地よくて気に入っていますし、スタッフの方々のフレンドリーな対応にもリラックスさせて頂いています。

今回はライアーと共に初めてグランドハープも演奏致します。ハープはイメージ的に日常から少し遠い存在のように思われる方たちが多いようですが、気軽に楽しんで頂けたらと思います。

そして川畑宜士先生の日本画を展示した中で演奏できることも喜びです。日本画とライアーとグランドハープという他にはなかなか例を見ることのできない珍しいコラボ企画ですので、ぜひこの機会にお越し頂けたら幸いです。

a0202012_10232153.jpg
虹がいつもここぞと言う時に現れてくれる話はブログでもコンサートでもして来ました。

何か大切な始まりのOKサインや大きなことが終わった直後の祝福のように日本でも海外でも虹が出てくれるのです。

ハープを見に行って買うことを決めた日も、、、ヨーロッパやハワイやニュージーランドでの各地で行った諸々の時も、、、ライアーを買いにドイツへ行ってその5日後にミュンヘンで初めて皆さんの前でライアー演奏を聴いて頂いた直後などなど、、、。

実はふるさと美術古墳館は私にとってとてもラッキーな場所なのです。最初の「新春コンサート」の直前に目の前の海で虹を見ました。そしてその日は初めて川畑先生とお会いした日でもあったのです。次の「七夕コンサート」の寸前にも海で二重の大きな虹が出ました。ジョン・ビリングとの「二台のコンサートライアーの調べ」の時はうちからは見られなかったのですが、ジョンが到着後にチャイナカラーワンピースさんからメールで「今虹が出ていますよ~」との嬉しいメールが届きました。

a0202012_10234981.jpg
過去3回とも当日直前に虹が出たのですが、今回は今まであまり雨も降らないし虹の出るような天気はコンサート前は望めそうもなかったので「終わったら出るかなぁ、、、でも何かいいサインが始まる前にあるといいなぁ、、」と漠然と思っていたら、当日二日前にして突然家の壁に虹が出現!

クリスタルやサンキャッチャーが光を受け止めて作る小さな虹は部屋の中でも時々ありましたがこんな大きなのは初めてで驚きました。たまたまCDをむき出しにして置いてあったのに反射したようでしたが3年間ここに住んでいてこんな風に虹が見られたのは初めてのことです。しかもよく見ると二重なんですよ。というわけで虹の祝福と共に皆さんとよい時間を分かち合えればと思います♪
[PR]



by makanaluon | 2015-06-04 20:08 | 演奏 | Comments(0)

ライアー奏者のつれづれ
by makanaluon
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

プロフィール&リンク

最新のコメント

最新のトラックバック

whilelimitle..
from whilelimitless..
http://www.v..
from http://www.val..
ガウディとグエルが夢見た..
from dezire_photo &..
ライアー奏者・作曲家・ま..
from La Dolce Vita ..
"Keep our Ho..
from La Dolce Vita ..
新しいCD『銀河の岸』完..
from La Dolce Vita ..

検索

ファン

ブログジャンル