<   2015年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧




花の表情

a0202012_10382613.jpg
ギャラリー伊万里での川畑宜士展で演奏をした時に先生から頂いたバラです。
a0202012_10384686.jpg
三週間を過ぎてもまだまだ元気でした。

a0202012_1104669.jpg
少しづつ色合いを変えて行くのを見ながら春が進んで行きました。

二ヵ月を過ぎてさすがに色あせて来たけど、表情の変化も魅力的なのでそのままにしてました。遂に土に返す時期になったようなので、その前に名残り惜しく撮ったこの写真は何と65日目です。

a0202012_10394332.jpg
玄関前のスロープはずら~り春が並んでいます。葉ボタンはツリーのように背高のっぽです。
a0202012_10403346.jpg
やはり川畑先生から頂いた白いサクラソウ、そしてピンクのサクラソウやパンジーも春をいっぱいに歌っています。ウグイスたちも鳴き方が段々上手になって美しく囀っていますよ♪

ぎゃらりーアンフィールのコンサートでも川畑先生の絵が展示されます。その中のひとつから作曲させて頂いた「緑の木の葉隠れに」を演奏致します。春の曲や、春の詩の朗読とのコラボもお楽しみください。a0202012_1511837.jpg

[PR]



by makanaluon | 2015-03-30 06:12 | 日々のつれづれ | Comments(2)

御殿場コロニー魅惑の織物 その2

a0202012_12463410.jpg
ギャラリー遊の駐車場の横も春の光がいっぱいです。
a0202012_1247912.jpg
住宅街を抜けて山並みを臨む所にギャラリー遊があります。
a0202012_12474265.jpg
織物も添えて表示してある入り口にうきうき誘われます。
a0202012_124863.jpg
前回アップした様子はまだ準備中の時だったので、展示が始まってから又やって来ました。

a0202012_12484418.jpg
ドアを開けると織物ののれんが迎えてくれます。

a0202012_1249957.jpg
全体のディスプレイの仕方も見事ですが、こんなささやかな部分にもオーナーのセンスが光ります。
a0202012_1249325.jpg
シックな緑色に塗られたトタンに和紙で書かれた言葉が貼ってあるのがすてきです。
a0202012_1250386.jpg
「素晴らしい!」を連発しながら見ているshinoちゃんは、こちらへ引っ越して来て最初のライブから殆ど皆勤で聴いてくれています。今日はライブはないけれど新居浜からやって来てくれました。4月5日のギャラリーアンフィールでのライブにもお友達と来てくれるそうです。

a0202012_13323083.jpg
カウンターの後ろにかけてあるこの木の板にはいつもはお花がさりげなく飾ってありますが、今回は織物をくるっと丸めて止めてありますが、ほつれた糸もそのままに垂らしてあるのさえアートな空気感を漂わせています。こんな風に小さな部分にもヒントがたくさん散りばめられている展示です。
a0202012_12504031.jpg
1991年に建てられたのですね。
a0202012_12514156.jpg
ここにおける数々の展示の歴史の一頁に御殿場コロニーの織物がこうして鮮やかに加わることができて感無量です。
a0202012_1255993.jpg
この空間にいるだけで嬉しくなるので何度も通ってしまいます。展示のお蔭で日々皆さんとお会いできるのも楽しいです。元コロニーの先生もいらして感激してました。まだ今週と来週ありますので、よかったらぜひ足を運んでください。

前回のコチラ
も合わせてご覧ください。

a0202012_1324489.jpg
春のコンサートのお知らせ
4月5日(日)14時から ぎゃらりー・アンフィール3周年記念コンサート「春風にのせて
1500円(コーヒーor紅茶+お菓子付) 要予約

ギャラリー伊万里での川畑宜士展で初披露した(コチラ)「緑の木の葉隠れに」(川畑氏の作品から作曲)も再演します。素晴らしい原画と共にその他の作品も合わせてご覧ください。

春の詩の朗読とのコラボも行います。ぎゃらりー・アンフィールを訪れた時のコチラもご覧ください。

*フジグラン重信から歩けますが、わかりにくかったら電話してください。089-904-6939
[PR]



by makanaluon | 2015-03-26 07:37 | 日々のつれづれ | Comments(2)

松山CATVにて

a0202012_1581064.jpg
久しぶりに松山へ赴きました。

ここは松山CATVのスタジオです。萬翠荘の時は会場で撮影しましたが、今回はスタジオでコンサート告知用の録画です。

a0202012_1583032.jpg
「皆さんこんにちは~、、、」今回も原稿がないままに得意の(??)出たとこ勝負のトークです。

a0202012_15936.jpg
演奏している姿とライアーの音もトークのバックに流してくださるようです。

行きは玉川から山道を行って、帰りは海沿いを走りました。道中はあちこちそちこち、なんぼでも菜の花が咲いてたけんね。この「なんぼでも」という言葉の音とニュアンスが私は好きなのです。「なんぼでも」と聞くと何だかふぅわりとすべてをあったかく包み込んでくれるような安心感があるんですよ。

顔三面ドラゴンのさんぽ」は初めて愛媛弁で作詞したので、次回はトークを愛媛弁で??なーーんちゃって。

ぎゃらりーアンフィールでのライブの頃は桜が満開になるでしょうか?川畑宜士先生の日本画50号を4枚展示してくださいますが、どれも皆素晴らしいです。その中のひとつから作曲した「緑の木の葉隠れに」を演奏します。

春の詩を朗読してくださる阿部さんと先日打ち合わせしましたが、試しにひとつを愛媛弁の抑揚で読んで頂いたらそれもオモシロイと思ったのですが、今回は標準語のイントネーションです。

a0202012_1511837.jpg
[PR]



by makanaluon | 2015-03-23 05:53 | 演奏 | Comments(0)

「御殿場コロニー魅惑の織物」展

a0202012_1014856.jpg
ギャラリー遊にて「御殿場コロニー魅惑の織物」展が始まりました。

a0202012_1022197.jpg
御殿場コロニーの人たちが織った長い布が空間を彩っています。
a0202012_1024560.jpg
アーティストでいらっしゃるオーナー高橋さんの作られたオブジェと織物が、実に魅力的にマッチしています。
a0202012_1031475.jpg
高橋さん作の鯉のぼりもすてきなアクセントになっています。

a0202012_1064818.jpg
流木に布の切れ端を付けて作られた立体的な鯉もチャーミングです。我が家の前の浜辺で高橋さんは流木を拾っていらっしゃいましたよ。

a0202012_1071638.jpg
おひなさまも色々あって楽しいです。
a0202012_1073976.jpg
東京にいた時は3月3日が過ぎると早めに片付けていたものでしたが、こちらではおひなさまは旧暦4月3日まで飾っておくそうです。

a0202012_10805.jpg
廃材となってしまうような木の板も五月人形に新しいいのちを吹き込まれて甦りましたね。

a0202012_18215181.jpg
見過ごされてしまいそうな小さな布の切れ端もこうして額に納めると立派な作品になりました。

a0202012_18222916.jpg
単に額に入れるだけではなくて一本の糸を加えて、しかも枠をほんの少しはみ出させて味わいを見せる所に高橋さんの優れたセンスを感じさせてくれます。

a0202012_1823034.jpg
布とは違うピンク色の糸を一本加えただけで作品に動きが出て来ますね。

a0202012_18233212.jpg
丸めた糸くずさえも作品の一部となって、存在感のある額の中で引き立っています。
a0202012_1010233.jpg
音楽が聴こえてきそうな何と楽しい色のハーモニーでしょう。
a0202012_10114511.jpg
天井からもダイナミックに流れるようなラインを描いて下げられています。
a0202012_10124215.jpg
まかなのジャケットやmihoさんのお洋服の色もこの色の世界に溶け合っていくでしょうか??

a0202012_10134585.jpg
裂き織やさおり織など厚みと風合いの違うものが響き合います。
a0202012_1017411.jpg
虹色の蛇も動き出しそうです。

a0202012_10182625.jpg
高橋さんの魔法によって御殿場コロニーの織物がこんなにもいきいきと呼吸し始めたことにただただ感嘆するばかりです。

a0202012_1014799.jpg
御殿場コロニーへ初めて行ったのは丁度20年前の4月、町田から乗った小田急ロマンスカーの窓から眺める桜の花が見事に満開でした。

ナルと一緒に毎月音楽ワークを行い、時にコンサートをしながらこんなにも年月がたってしまったことに驚きですが、長いご縁がギャラリー遊さんのお蔭で愛媛の地でこんな風に活かされることになったことに喜びと感謝でいっぱいです。昨年11月末に新居浜のゴーシュさんと一緒に行った御殿場の様子はコチラ

どうぞこの素晴らしい展示会に皆様ぜひお出でください。いつもすてきな器でお洒落にセッティングしてくれるコーヒーまたは紅茶とお茶菓子も味わい深くくつろげるひとときとなるでしょう。
a0202012_10545178.jpg
春のコンサートのお知らせ
4月5日(日)14時から ぎゃらりー・アンフィール3周年記念コンサート「春風にのせて
1500円(コーヒーor紅茶+お菓子付) 要予約

ギャラリー伊万里での川畑宜士展で初披露した(コチラ)「緑の木の葉隠れに」(川畑氏の作品から作曲)も再演します。素晴らしい原画と共にその他の作品も合わせてご覧ください。

春の詩の朗読とのコラボも行います。ぎゃらりー・アンフィールを訪れた時のコチラもご覧ください。

*フジグラン重信から歩けますが、わかりにくかったら電話してください。089-904-6939
[PR]



by makanaluon | 2015-03-19 11:12 | 日々のつれづれ | Comments(4)

春の光

a0202012_9325376.jpg
朝7時過ぎにゴミを出しに行ったついでに浜辺を歩きます。

朝の静けさの中で波の音に耳を澄ませながら「朝の光に~~♪桜貝がまどろむ~~♪」と「貝の夢」を口ずさみます。

  「貝の夢」 作詞作曲 まかな瑠音
波間に揺れる遠い日の旋律
朝の光に桜貝がまどろむ

砂浜で巻貝に耳を寄せれば
かすかに聞こえる星の歌

緋扇貝の彩る夢を
明日の海へと風が運ぶ
a0202012_9331374.jpg
今日の浜辺からのギフトはこのままネックレスになりそうですね。

a0202012_934683.jpg
部屋の中も春♪
a0202012_9351287.jpg
何とやさしい春色でしょう。
a0202012_9353122.jpg
春の光そのもののようですね。

ぎゃらりー・アンフィールでのコンサートでは「貝の夢」も聴いて頂だこうと思います。やさしい春のひとときを共に過ごしましょう。

春のコンサートのお知らせ
4月5日(日)14時から ぎゃらりー・アンフィール3周年記念コンサート「春風にのせて
1500円(コーヒーor紅茶+お菓子付) 要予約

ギャラリー伊万里での川畑宜士展で初披露した(コチラ)「緑の木の葉隠れに」(川畑氏の作品から作曲)も再演します。素晴らしい原画と共にその他の作品も合わせてご覧ください。

春の詩の朗読とのコラボも行います。ぎゃらりー・アンフィールを訪れた時のコチラもご覧ください。

*フジグラン重信から歩けますが、わかりにくかったら電話してください。089-904-6939
[PR]



by makanaluon | 2015-03-17 08:50 | 日々のつれづれ | Comments(0)

お茶会で

a0202012_16563661.jpg
ある日、あの大きなランドクルーザーが我が家の前に到着!ドライバーは80歳になられる茶陶作家藤田登太郎さんです。今治にいらした折りに思いがけなくも立ち寄ってくださったのです。

ひとしきりお喋りも弾んでライアーも聴いて頂いたその二日後、先月に引き続いて先生の与州窯でのお茶会に再び出かけることになりました。
a0202012_16592355.jpg
広いスペースに並ぶ素晴らしい作品の中でライアーを響かせるというお約束は意外にも早くこうして実現できました。

a0202012_1712740.jpg
先生の書も大変魅力的です。
a0202012_170592.jpg
渦巻きを一気に描かれたというこの作品にも私は強く惹かれましたがこれは「アート」を表現なさったそうです。
a0202012_1721680.jpg
このような彩りが豊かな明るい作品もあります。

先月頂いた先生の短歌をメロディに乗せてみました。春の歌も歌ってから、いよいよ即興です。先生の作品のエネルギーを感じる中での即興は特別な緊迫感と濃密なものがありましたが不思議な清々しさも感じました。ナルの吹くディジュリドゥも大変気に入られたようです。お客様たちもそれぞれに興味深い面持ちで楽しんでくださいました。

「ああ、今日はよかった、楽しかった、、、又聴かせてね、、、大きいのも聴いてみたいなぁ、、」「大きいのはここまで運ぶの大変ですからまたうちにいらしてくださいね。」えっ、ランクルなら運べる???

a0202012_1723337.jpg
「大きいの」と言うのはコレです。6月のコンサートに弾きますよ。いつでもどこでも運べるわけではないのでこの機会にぜひ聴いて頂きたいです。

水無月ライアー&ハープコンサート
6月6日(土)7日(日) 14時より ふるさと美術古墳館 川畑宜士日本画展同時開催 

春のコンサートのお知らせ
4月5日(日)14時から ぎゃらりー・アンフィール3周年記念コンサート「春風にのせて
1500円(コーヒーor紅茶+お菓子付) 要予約

ギャラリー伊万里での川畑宜士展で初披露した(コチラ)「緑の木の葉隠れに」(川畑氏の作品から作曲)も再演します。素晴らしい原画と共にその他の作品も合わせてご覧ください。

春の詩の朗読とのコラボも行います。ぎゃらりー・アンフィールを訪れた時のコチラもご覧ください。

*フジグラン重信から歩けますが、わかりにくかったら電話してください。089-904-6939
[PR]



by makanaluon | 2015-03-13 07:12 | 演奏 | Comments(0)

春を呼ぶ

a0202012_9282971.jpg
入り口のスロープに並んで春を呼んでくれているのは愛らしいサクラソウたち。
a0202012_9284932.jpg
白いサクラソウはぎっしり!
a0202012_9303059.jpg
もっこもこふわふわっ。

a0202012_929212.jpg
玄関先でも梅や桜が春を呼び込んでくれています。

a0202012_9294253.jpg
ガラス戸越しに見えるのれんは、御殿場コロニーの人たちが製作した織物です。

これを見てくれたギャラリー遊さんが「御殿場コロニー魅惑の織物」という展示会をしてくださることになったのです。コチラ

春のコンサートのお知らせ
4月5日(日)14時から ぎゃらりー・アンフィール3周年記念コンサート「春風にのせて
1500円(コーヒーor紅茶+お菓子付) 要予約

ギャラリー伊万里での川畑宜士展で初披露した(コチラ)「緑の木の葉隠れに」(川畑氏の作品から作曲)も再演します。素晴らしい原画と共にその他の作品も合わせてご覧ください。

春の詩の朗読とのコラボも行います。ぎゃらりー・アンフィールを訪れた時のコチラもご覧ください。

*フジグラン重信から歩けますが、わかりにくかったら電話してください。089-904-6939
[PR]



by makanaluon | 2015-03-10 09:47 | 日々のつれづれ | Comments(0)

啓蟄に

a0202012_8452250.jpg
「ギャラリー遊」に鳥が餌をついばむための篭がこんな風に下がっています。

a0202012_8454396.jpg
オーナー高橋さんが作られたものですがとても雰囲気があってお洒落ですよね。

a0202012_846483.jpg
お洒落とは言い難いですが、遊のを参考にしながらナルも作って裏庭に下げました。
a0202012_8461829.jpg
メジロはみかんが大好き。ウグイスも鳴き始めましたよ♪

a0202012_8552061.jpg
巣箱も作ってかけたけど、これはどーもあまり役に立ってないみたいだなぁ。

a0202012_8464463.jpg
今日は空も海も青いので三月初めの海に挨拶をしに浜辺へ出てみましょう。

a0202012_847383.jpg
ああ、気持ちいいーーっ!家を一歩出れば、すぐにこんな風景が広がっているとは何と贅沢で幸せなことでしょう。瀬戸内バンザイ♪

3年前の啓蟄の日、ネットでみつけたこの家を初めて見に来ました。町田から直行バスで福山に着いて、しまなみ海道に感動しながらも、少し寒い日だったので部屋の窓から眺めた海はこの日のように青くはなかったけど、家の庭にも周りにもさくらんぼの木の桜が満開だったので「さすが、桜井、、、」と思ったものでした。

初めてヨーロッパの地に降り立ったのもたまたま啓蟄の日だったし、初めてニュージーランドへ行ったのもたまたま啓蟄の日でした。啓蟄、、、私の中の何かが新しく蠢き始める日のようです。

ギャラリー遊の展示会「御殿場コロニー魅惑の織物」(コチラ)がまもなく始まります。遊の下にある駐車場に車を止めたら鳥かごが下がっている横をギャラリーへと歩いてください。何かイメージを喚起させてくれるようなこの細い坂道が私は大好きです。

春のコンサートのお知らせ
4月5日(日)14時から ぎゃらりー・アンフィール3周年記念コンサート「春風にのせて
1500円(コーヒーor紅茶+お菓子付) 要予約

ギャラリー伊万里での川畑宜士展で初披露した(コチラ)「緑の木の葉隠れに」(川畑氏の作品から作曲)も再演します。素晴らしい原画と共にその他の作品も合わせてご覧ください。

春の詩の朗読とのコラボも行います。ぎゃらりー・アンフィールを訪れた時のコチラもご覧ください。

*フジグラン重信から歩けますが、わかりにくかったら電話してください。089-904-6939
[PR]



by makanaluon | 2015-03-07 10:20 | Comments(0)

家の前でサッカー観戦

a0202012_1119334.jpg
グリーンの我が家の前にグリーンのサッカー場があります。

朝、ピンポーン♪「おはようございまーす!」と元気に挨拶に来てくれたのは、、、

a0202012_1120158.jpg
背番号6番のこの人、yanoさんです。

相手チームの人たちが走っているのにすっくと立っていていいんでしょうかぁ??
a0202012_1121185.jpg
あっ、走っています!
a0202012_11213612.jpg
ガンバレーっ!!
a0202012_112306.jpg
これね、一応応援グッズのつもりよ。向こう側に向けて精一杯手を振りましたー。
a0202012_112636.jpg
海を臨むサッカー場は気持ちいいですよ。ふわ~っとアヤシゲなV型二筋の白い光は、、、金網です。
a0202012_11273018.jpg
1対1まで頑張って追いついてPK戦まで持ち込んだのに、、、ざ~んねん。

と言うわけで、またピンポ~ン♪と早々戻って来たので「お疲れさん」とランチを一緒に楽しみました。

花嫁募集中!BusyBeeのランチ(火、水、木、金)に行くと背番号6番さんに会えますよ~。どうぞよろしく!

春のコンサートのお知らせ
4月5日(日)14時から ぎゃらりー・アンフィール3周年記念コンサート「春風にのせて
1500円(コーヒーor紅茶+お菓子付) 要予約

ギャラリー伊万里での川畑宜士展で初披露した(コチラ)「緑の木の葉隠れに」(川畑氏の作品から作曲)も再演します。素晴らしい原画と共にその他の作品も合わせてご覧ください。

春の詩の朗読とのコラボも行います。ぎゃらりー・アンフィールを訪れた時のコチラもご覧ください。

*フジグラン重信から歩けますが、わかりにくかったら電話してください。089-904-6939
[PR]



by makanaluon | 2015-03-05 07:16 | 日々のつれづれ | Comments(0)

おひなさま

a0202012_1115661.jpg
BusyBeeの窓辺もお雛様の装いです。

a0202012_1122684.jpg
人形作家石川かおりさんの作品です。
a0202012_1132883.jpg
「ギャラリー遊」にもおひなさまが飾ってありました。
a0202012_114214.jpg
この織物は町田に住んでいる時から20年間音楽ワークを続けて来た御殿場コロニーの人たちが織ったものです。

遊さんはうちに下げてある織物ののれんに目を止められて思いがけずも展示会をと申し出てくださったのです。こちらへ引っ越す時にコロニーから頂いて来た織物を私は「七夕コンサート」のステージに飾ったものでした。
a0202012_11324890.jpg
三年前の5月、引っ越し寸前に行った御殿場コロニーでの音楽ワークの時、こんな風にまるで吹き流しのように織物がかかっていたのでした。

カヌーイスト、チェリストとしてたびたびブログにも登場してくれているゴーシュさんと一緒に昨年11月末に行った御殿場コロニーでのコンサートとワークの様子はコチラです。

a0202012_1141792.jpg
遊のオーナー高橋さんはアーティストでデザイナーでもいらっしゃるのできっとスペースをすてきに彩ってくださることと思います。おひなさまに敷いてあるものは短いですが、殆どがかなり長いものなのでそれらがどのように遊の木の空間に生かされるのかとても楽しみです。

ナルがディジュリードゥに柿渋を施した上から小さく切った織物を貼りつけているのもご覧になって、髙橋さんは流木に布を貼ったものも製作していらっしゃるようです。

ぜひこの機会に遊さんを訪れてみてください。

春のコンサートのお知らせ
4月5日(日)14時から ぎゃらりー・アンフィール3周年記念コンサート「春風にのせて
1500円(コーヒーor紅茶+お菓子付) 要予約

ギャラリー伊万里での川畑宜士展で初披露した(コチラ)「緑の木の葉隠れに」(川畑氏の作品から作曲)も再演します。素晴らしい原画と共にその他の作品も合わせてご覧ください。

春の詩の朗読とのコラボも行います。ぎゃらりー・アンフィールを訪れた時のコチラもご覧ください。

*フジグラン重信から歩けますが、わかりにくかったら電話してください。089-904-6939
[PR]



by makanaluon | 2015-03-02 07:22 | 日々のつれづれ | Comments(0)

ライアー奏者のつれづれ
by makanaluon
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール&リンク

最新のコメント

最新のトラックバック

whilelimitle..
from whilelimitless..
http://www.v..
from http://www.val..
ガウディとグエルが夢見た..
from dezire_photo &..
ライアー奏者・作曲家・ま..
from La Dolce Vita ..
"Keep our Ho..
from La Dolce Vita ..
新しいCD『銀河の岸』完..
from La Dolce Vita ..

検索

ファン

ブログジャンル