<   2014年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧




高知のお寺(その3)

a0202012_1558111.jpg
ついにココ、桂浜にやって来ましたよ~。

a0202012_1559053.jpg
太平洋はひろびろ~~。

a0202012_15595494.jpg
いつも瀬戸内海ばかり見ているのでこういう感覚はちょっと忘れていたけど、、、うーむ、そうですよねぇぇぇ。

a0202012_1603694.jpg
上から見下ろす海原も美しい、、、

a0202012_1611821.jpg
今回、旅の最後のお寺は禅師峰寺。こんな漢字がすぐに出てくるかなぁと思いつつゼンジブジって打って見事一発で出たのは88か所に入っているから??お遍路さんご一行でにぎわっていました。

a0202012_1615741.jpg
白いガクアジサイがさわやかですてきです。

a0202012_1624394.jpg
帰り道に高速に乗らなかった訳のひとつはここ、「やりゆうよ」にツマさんがどうしても寄りたかったのでした。

a0202012_1634490.jpg
朝からこの場所のことを何度も熱く語り続け、しかも「ゆずドリンク、、ワッフル、、ワッフル、、ソフトクリーム、、ワッフル、、ゆずドリンク、ソフトクリーム」と唱え続けだったので、私の頭の中にはこれらの音がお経のようにいっぱいに鳴り響いて、、、「ゆずドリンクより、コーヒーの方がいいかも、、、パンケーキもおいしそう、、」との思いが一瞬よぎっても、嗚呼これ以外のものなんか注文することはできませんでしたぁ。

a0202012_1642535.jpg
あんこ好きのナルは迷わすコレ。ところでツマさんは、、あれっ、、あんなに連呼していた念願ワッフルじゃなくてパンケーキを食べてる、、、???

a0202012_1651290.jpg
窓際の席に並んで、仁淀川の流れるこんな景色を眺めながら少し遅めのティータイムを過ごしました。ゆずドリンクもソフトクリームもワッフルも、ちょっとだけ味わったあんこも最中もどれもおいしかった♪

a0202012_1655858.jpg
冒頭で自慢した100円の傘の出番は殆どなくて、やっとここに向かう途中から雨が本降りになりました。車から店まではほんの僅かの距離だったけど、せっかくの傘との記念撮影を無事果たせて今回の旅は締めくくりましたとさ。おしまい。
[PR]



by makanaluon | 2014-06-29 12:48 | 日々のつれづれ | Comments(4)

高知のお寺(その2)

a0202012_1122230.jpg
高知の街が一望できる所に来ました。高知への記事はしょっちゅうアップしているし、お正月もゆっくりさせてもらっているので「まるで実家みたい」と皆さんに言われている所は佐川町で、他へは行ったことがなかったので初めての高知市です。

a0202012_11224449.jpg
まさに紫陽花色ですね。今回の旅はお寺とそして紫陽花がどこへ行っても綺麗です。

a0202012_1123731.jpg
こんなガクアジサイが私は大好きです。町田の「あじさい苑」の入り口の壁面いっぱいにまず目に飛び込んで来るのがこのガクアジサイだったのでそれを愛でながら階段を上がって行ったものでした。今年も綺麗に咲いているかなぁ。

a0202012_11251221.jpg
「坊さんかんざし買うを見た、、、」のお坊さんはここ竹林寺の方だったとか、、。

a0202012_11263132.jpg
睡蓮がその美しい姿を水に映しています。

a0202012_11302674.jpg
京都ではあちこちに見かける五重塔ですが、四国では今まで殆ど出会わなかったなぁ。

a0202012_11312113.jpg
お願いごとをするのに自分の歳の数だけ水をかけると書いてあって「えーーっ、そ、そんなツカレルことできない、、」と嘆いたけど、よく見たら大きい柄杓は10歳、小さい柄杓は1歳と書いてあったので気を取り直して、、、。お誕生日の蝋燭と同じね。

a0202012_1132374.jpg
八重のガクアジサイ??初めて見たけどすてきですね。

a0202012_11324269.jpg
こんな夢色紫陽花にもうっとり。

a0202012_11341123.jpg
緑色の苔がとても美しい情緒のあるお寺です。

a0202012_11345245.jpg
自然が描いた幾何学模様が、、、。

a0202012_113532100.jpg
熱帯性の睡蓮に光のパワーを感じます。

a0202012_1136417.jpg
お腹がすいて丁度ランチの時間になりました。木の船が涼しげですね。

a0202012_11372021.jpg
こんな風景を窓から見ながらお食事ができるのです。スープカレーはとてもおいしかった♪

さて、いよいよ大詰めに近づいて来ました。(続く)
[PR]



by makanaluon | 2014-06-27 12:44 | 日々のつれづれ | Comments(0)

高知のお寺(その1)

a0202012_923939.jpg
翌日のドライブに備えてこれ100円で買いました。なっかなかのかわいさだし、ワンタッチで開く所は100円とは思えぬワザ。

yukiさんからドライブに誘われて、「寺と紫陽花だから雨でも、、、」と言うわけで、前日に浄明寺へ行く道すがら西条のセリアでゲット。「降る確率」は高くて、折り畳みじゃ面倒だしという旅には軽くて丁度良い。

a0202012_9243861.jpg
朝6時に出発して8時に到着したのは「大日寺」。暑すぎない曇り空はお寺巡りには最適の日です。

a0202012_9235324.jpg
朝のお寺の佇まいは清々しく、雨上がりのしっとり感にも風情があります。

a0202012_9261061.jpg
すっきりとしたべっぴんさん。

a0202012_9264335.jpg
かわいいですねぇ。

a0202012_9272273.jpg
大日寺を後にして来た「あじさい街道」の向こうには青々とした田んぼが気持ちよく広がります。

a0202012_9303291.jpg
水辺に沿って様々な色の紫陽花が咲き誇るこの季節には蛍も楽しめる所のようです。

a0202012_9312956.jpg
土佐国分寺です。

a0202012_9323830.jpg
「断つ」までいかなくても「程よく」ってのをお願いするのはダメ??

a0202012_9332165.jpg
ここから臨むのどかな景色もいいですね。

a0202012_9334940.jpg
三番目に訪れたのは善楽寺。こうして88か所をyukiさんとツマさんが周るのに便乗させてもらっているというわけです。

a0202012_935164.jpg
このかわいらしい仏像に妙に惹かれてしまいましたが、お地蔵さんではなくて、、、えっと、、どなたでしょうか??

a0202012_9365677.jpg
善楽寺のすぐお隣に一ノ宮土佐神社があります。

a0202012_9373198.jpg
何とフレッシュな白!

a0202012_9384662.jpg
ご神木の一部が移されてくぐりり抜けるようになっていて、「茅の輪くぐりの」ようです。左、右、左と周って心身は浄められたかな??

a0202012_840489.jpg
ツマさんもくぐります。

a0202012_9393272.jpg
ナルもくぐって、、あれっ、yukiさんは、、、くぐったはずだけど、、、。

7月10日には綱敷天満宮で茅の輪をくぐる予定です。さて、まだ午前中だし、もちろん旅は続いて行きます。
[PR]



by makanaluon | 2014-06-25 12:57 | 日々のつれづれ | Comments(0)

それぞれの庭先で

a0202012_16501517.jpg
ギャラリー伊万里の庭先はいつも花たちがさりげなく折々の季節を告げてくれます。

a0202012_16515193.jpg
浄明寺さんの庭先のユリたちが綺麗な色合いですね。


a0202012_1653068.jpg
梅雨の晴れ間に夏のうたが聞こえて来ます。

a0202012_16531730.jpg
我が家の庭先の木陰で小さなバラたちはひそやかに何かを語り合っているかのようです。

a0202012_16543189.jpg
引っ越した時に頂いた紫陽花が今年初めて咲きました。一部をアップにしたらこんな風にかわいくメルヘンティック。

a0202012_17294847.jpg
去年最初に会ったのは七夕コンサートの日だったからそろそろ庭先に来てくれるかなぁって思っていました。たまたま私が運転していた時に目の前を横切ったので「遊びにおいでよね。」って言ったら、ほ~ら、、、来た来た。

a0202012_17305536.jpg
赤くてかっこいい!

a0202012_17314216.jpg
てっ!

a0202012_17322559.jpg
てっ!

a0202012_17331013.jpg
またね~、ごきげんよう。

a0202012_16552736.jpg
庭先、、、のようなもんです。だってすぐ目の前ですから。釣竿はかっこよく決まっているけど、、さてこの日の成果は??
[PR]



by makanaluon | 2014-06-22 18:58 | 日々のつれづれ | Comments(0)

梅雨の合間に

a0202012_12412868.jpg

愛知から家族でやって来た姉弟は早速海へ。ボクは砂に足跡を残そうとして一生懸命です。お姉さんは桜貝をたくさん拾いました。梅雨の合間に二日共晴れたし、しまなみ海道でのサイクリングも楽しめたようでよかったわね

a0202012_12435130.jpg

片づけをしていたら随分前にハワイで買ったものが出てきました。製作者は「売れると思わなかったから値段は付けてなかった、、」と言いながら譲ってくれたのでした。置いてみたら、やはり海辺の我が家には似合います。

a0202012_83118100.jpg
アマリリスがますますゴージャスにパワー全開!

a0202012_8314834.jpg
ぐる~り♪

a0202012_8333139.jpg
町田から西条の実家の近くに引っ越して来た書道家粕谷和子さんからナルへのプレゼントです。ブログ写真を引っ張ってこんなラベルを作ってくれました。「天まで響け」の字が気持ちいいですね。

a0202012_8321935.jpg
大三島のみかんジュースは濃くてとってもおいしい♪Nちゃんが撮ってくれた「春の調べへのいざない」の時の写真ですね。

a0202012_8324816.jpg
ん??ナルとライアーの女王 ~ありのままで~ 

「アナと雪の女王」観たいなぁ。

a0202012_8341812.jpg
Nちゃんが描いてくれたライアーです。弦がたくさんあるのがありのままで雰囲気がよく出ていますね。

ライアーを弾くと鳥たちが和して来ます。あまりのタイミングのよさに思わず「すごいっ!」って言ってしまうこともありますが、やはり囀りの女王は鶯です。コロラチュラソプラノのような歌声を聴かせてくれるのがいてうっとり感心しています。ホーホケキョケキョケキョの後もずーーーっと長~く繊細に響かせながらテュラテュラルルルリラリララ、、、、、天まで響け♪
[PR]



by makanaluon | 2014-06-19 18:10 | 日々のつれづれ | Comments(0)

あんずに梅に魚に、、、

a0202012_12565644.jpg
久しぶりに翠松苑に行ってみたら色々な実がいっぱいです。

a0202012_12574474.jpg
今日はあんずを採りの日。

a0202012_12575112.jpg
このアヤシゲなおじさんはダ~レ??朝8時に着いたら早起きのyukiさんはもう既にかなり採っていました。昨年蚊にやられまくった反省から今回は万全の装備ですねぇ。

a0202012_1258302.jpg
私は手軽に届くユスラウメをちょいちょい。長袖を着ていたけど、それでも蚊にめげて、さっさと退散することにしてぼちぼち歩き始めたら親切なyukiさんが車で追いかけて来て送ってくれました。

a0202012_1321180.jpg
この後、ナルは梅もたくさん採って持って帰ったので、高知で採ったのと合わせて梅ジュースの瓶がずら~り。飲めるようになるまでにはまだまだだなぁ。倉庫にはカリン、ユスラウメ、キウイ、アンズ、ウメなどの果実酒が並びましたよ。

天神さんの梅も一般に解禁になった折りにまたまたいっぱい採ったので、この後さらに瓶が増えちゃいました。

この日、朝からピンポ~ンギフトが盛りだくさんの日でもありました。まず最初のピンポ~ンで野菜がどっさり!次にはサヤインゲンやかぼちゃの苗とグラジオラスの球根がた~くさん!!何と10本の魚釣り道具までどどーーん!!!

そして頂いたエビや野菜で夕食の支度をしているとまたピンポ~ン♪おーーっ、捕りたてのタイとイカだぁ!!!

a0202012_1325184.jpg
そして二日後、ナルはmasaokaセンセイと一緒にすぐそこの「虎ヶ鼻」へと出掛けて行きました。梅雨の合間の曇りの朝か夕がいいらしいけど、この日は魚を釣るよりやり方を学ぶという目的で 昼過ぎに出発。

へ~、こんな風にたくさん釣竿を並べるんですねぇ。元教師のセンセイはもちろん教え方はとっても上手。

a0202012_16017.jpg
構えて、、、

a0202012_1603826.jpg
そーれっ!

a0202012_133234.jpg
まるで空に向かってピュ~ンと飛ばしているようですが、50メートルくらいは投げる必要があるらしい。

a0202012_1612121.jpg
曇りの日の海は青くはないけど静かでいいですねぇ。ほらっ、かかった! この日の収穫キス5匹とメバル1匹の内訳はセンセイ4匹、ナル2匹。セイト曰く「一番大きいのはボク」。センセイ曰く「まだ一人では無理だからもう少しレッスンしてから魚がもっと釣れる場所で、、」

塩麹にちょっとつけて焼いて、、ああ美味しかった~♪

後日、セイトは海へ自習しに出かけたけどあっと言う間に帰って来てしまいました。釣り竿を投げた途端にボッチャーンとオモリが落ちてしまったそうな。でも同じ日、ギャラリー伊万里からアジを二匹頂いて、めでたし、ありがたし。

そして明日のランチは翠松苑に集まってタコめしと刺身を皆で頂くことになっていてウキウキ♪
[PR]



by makanaluon | 2014-06-16 20:11 | 日々のつれづれ | Comments(2)

はっぴー♪

a0202012_851239.jpg
アマリリスが開いた。昨年の夏に頂いて花を楽しんだ後、何の手入れもせずに冬の間もそのままだったがこうしてまたその姿を見せてくれた。

a0202012_8521790.jpg
お誕生日の朝は、ますます元気にもっとたくさん花開いた。

a0202012_8525619.jpg
まぶしい光を受けて白いドアに影を映し出す。

a0202012_8562465.jpg
ハッピーバースデー、6月生まれ♪

なぜか日本、海外共に6月生まれの友人が多い。私もそうなのだが、特に中旬前後にその日が集中していて8日から14日の間だけでもざっと10数人いるのだ。

a0202012_857562.jpg
オーストリアの友人ダグマーから今年もプレゼントが届いた。てんとう虫がとまっているゴールドの四つ葉はザルツブルクのアーティスト、エリザベスの作品だ。ヨーロッパの中でも特にドイツ、オーストリアではてんとう虫のデザインをよく見かける。

エリザベスは私のCDを聴きながら製作してくれているが、店に行くと作業する場所でワインまでふるまってくれる。

2010年はオランダ、イギリスを経て、誕生日の少し前にオーストリアに着いた。エリザベスの所に行くと彼女の家に代々受け継がれてきたというお守りのようなビーズをくれたので私はエリザベスのために「御母を讃えん」を歌った。

先に書いた一週間程ちょうどいたので毎日のように誰かに「ハッピーバースデー!」と言って乾杯したものだった。

a0202012_8573662.jpg
プレゼントの中にこんなものも入ってたので火を灯してみたら、、、わぉっ!パチパチパチッと線香花火みたい。

a0202012_8585372.jpg
昨年の七夕コンサートの時に頂いたセントポーリアもちょうど花開いた。

その時限りのいのちを目いっぱい咲かせる花たちも愛おしいが、こうしてその季節になると再びその姿を現してくれる花たちにも格別の感慨がある。

a0202012_20113070.jpg
お誕生日の夜、今さっき満月が昇った。写真に色が出なかったが、かなり濃いオレンジ色の月だった。
[PR]



by makanaluon | 2014-06-13 20:59 | 日々のつれづれ | Comments(8)

ギャラリー遊にて

a0202012_9375997.jpg
ギャラリー遊」での松木崇さんの小品展のお祝いの演奏に行きました。松木さんにお会いしたのは昨年の六月、初めて「遊」へ行った時でした。そして今年の四月に鈍川で再会した時にライアーを持って伺うことをお約束したのでした。

「遊」の字がとてもいいですねぇ。くっきりとした肯定感を感じます。

a0202012_9382932.jpg
ほっとくつろげるオアシスのような「遊」です。

a0202012_9435234.jpg
サイドからもお洒落です。

a0202012_9394323.jpg
井戸のある風景はいいですね。

a0202012_9401550.jpg
敷地の一角にポストがあって「丘の小路」と書かれてあるものが立ってるのは昔はそういう場所だった名残りでしょうか??

a0202012_941918.jpg
入り口付近も雰囲気がありますね。

a0202012_9414092.jpg
全体的に木の風合いを生かしているのが心地よいです。

a0202012_9423198.jpg
予想をはるかに超えてオーナーさんもびっくりのたくさんのお客様でスペースいっぱいになり、椅子をご近所からもお借りしてぎっしり満席でした。

ライアーを初めて聴いてくださる方たち、いつも応援してくれている仲間たちもずら~り勢揃いしてくれて嬉しさいっぱい感謝いっぱい。翠松苑での「春の調べへのいざない」にも来てくれたかわいいキッズ隊に、0歳seiha君の初参加も皆さんが受け入れてくださってありがとうございました。

松木さんはクラシックがお好きだと伺っていたのでこの日は久しぶりに「トロイメライ」を弾いてみましたが、「若い頃からシューマンが好きだった、、、、トロイメライを聴いた時は不思議な感覚があった、、、シューマンは不器用な天才、、」などとおっしゃってくれました。

夕方からは鈍川のアトリエへ呼んでくださった画家の青野睦夫さんのお宅へ招かれて松木さん、「ギャラリー伊万里」のtetsujiさんとご一緒しておなかいっぱ~いに夜が更けて行きました。こちらでは飲んだり食べたりの機会がとても多いですし、今まで知らなかった素材に出会いながらおいしいものをたくさん頂いています。
[PR]



by makanaluon | 2014-06-10 17:24 | 演奏 | Comments(2)

六月のメロディ

a0202012_13263625.jpg

六月は紫陽花色のメロディが聴こえます。馬のハーピストたちが楽しそうに奏でています。

松田裕樹さんが毎年干支にちなんで製作しているカレンダーの六月は「三種のハープで奏でる虹色のハーモニー」というタイトルです。

裕樹さんに会ったのは昨年五月、海老名で演奏を聴いてくれた時でした。素晴らしい作品を次々に生み出して行く裕樹さんの作品群に今年はハープが加わってしかも私の誕生月ということもあって嬉しさが増します。

障がいを抱えているために重いものは扱えないので紙での製作ですが、予めデザイン画を描くこともなく頭の中でイメージしたものを立体化させていくということに驚かされます。時には何かが動き出す楽しい仕掛けまで施してあるのですが、どの作品もユーモアさえ漂わせながら温かい気持ちにさせてくれます。

昨年のカレンダーの六月は巳年の蛇とそしてやはり虹がテーマの明るい作品でした。
コチラ

a0202012_13353783.jpg

あっ、イルカのハーピストも見ーっけた♪ 前回アップした高知の家の離れに置いてあるものです。イルカのピアニストとのコラボですねぇ。ああ、何だか私も馬やイルカたちに加わって奏でたくなりましたぁ。

ライアーはハープに似ていない(その2)」を先日アップしましたが、ハープとピアノは似ています。グランドピアノの蓋をあけて中を覗いてみるとハープに似ていると思いませんか?ピアノは弦をハンマーで叩いて音を出していますが、ハープは直接それを指で奏でるわけです。グランドピアノの中身を取り出して目の前で立てて、右肩で支えるのは白い馬さんの通りです。弦の短い方を体の手前に持って来て、ピアノで弾いていた右手をぐっと胸の方に近づけて、左手はすーっと前方に延ばすことをイメージしてみてください。7本のペダルで半音を付けて行くのは大変ではありますが、楽譜もピアノと同じで弾けるのです。

ちなみにこのイルカさんは左肩で支えているのでライアーの抱え方ですねぇ。ハープは弦を左側から見て、ライアーは右側から見るのです。

a0202012_1143721.jpg
月と星の灯りの元でイルカの奏でるメロディはきっとロマンチック♪

a0202012_13373845.jpg

ほらっ、ここにも虹色ハーモニー♪

三月に西条の浄明寺でのコンサートで出会って、先月相模原の光と緑の美術館での「光と緑のライアーコンサート」の時に嬉しい再会を果たしたヴァイオリニストの式町水晶さんから頂いたかわいらしいプレゼントです。音符たちはむか~し、演奏会の時に着たブラウスのボタンです。

耳をすませて六月のメロディを聴いてみましょう♪
[PR]



by makanaluon | 2014-06-07 15:56 | 日々のつれづれ | Comments(0)

田植えの手伝い

a0202012_14565463.jpg
緑が濃くなった中をドライブして高知の佐川町へ今年も田植えのお手伝いに行きました。紫陽花があちこちで綺麗な色あいを楽しませてくれました。道の途中でも鯉のぼりを見かけましたが、家に到着するとここにも鯉たちが泳いでいました。

a0202012_14575645.jpg
旧のお節句だったんですね。お部屋の中にはかわいい兜が飾ってありました。

a0202012_1459818.jpg
ここが昨年10月に「田んぼコンサート」をした場所です。

a0202012_14594293.jpg
ハロー♪

a0202012_1515891.jpg
あーっ、ここにもブリキのバケツがあったっ!「ここにも」と言うのは、桜井のお祭りの準備で集会場へ行った時にブリキのバケツをみつけて妙に感動したのでした。

a0202012_1523215.jpg
た~くさんおたまじゃくしがいますよ。

おたまじゃくしを捕りたいhiro君のために、水がほんの少しだけチョロチョロ出ている所でビニール袋に入れていたら「それじゃぁ、クリスマスの日になっちゃうねぇ。」あちゃー、4歳に言われてしまった。田植えで役立たないばかりか、ここでも役立たず。

結局hiro君、自力でもっと水の出ている所をみつけて袋に入れて「ボク4匹捕まえた!ボクって天才!」「ほら、私も捕った!天才?」全く同意なし。

天才君は虫や植物のことも色々知っていて、まかなおばちゃんに教えてくれます。

a0202012_1531912.jpg
ひろしさんは苗を植えて行きます。水の張られた田んぼをただ歩くだけでもずぶずぶと大変なのですが、耕運機と共に進んで行くのは力のいる作業です。

a0202012_1535814.jpg
以前に稲刈りのお手伝いをブログにアップした時に皆さんに「似合いすぎる」と言われたツナギ姿でナルはお手伝いです。

a0202012_1545267.jpg
ついでに梅も採っています。

a0202012_1552294.jpg
きのうはあんなにたくさんおたまじゃくしがいたけど田植えを終えた後には姿が見えません。「み~んな蛙になっちゃったのかなぁ。」って。ま、ま、まさかぁ、、、。

a0202012_1555173.jpg
お父さんの作業をじっとみつめます。

a0202012_1565349.jpg
青々と健やかに苗が生育していきますように。

a0202012_15292258.jpg
いつも泊めて頂く離れはとても気持ちのよいヒノキのスペースです。

a0202012_15295410.jpg
天井が高いのでライアーはとてもよく響きます。

a0202012_15302666.jpg
このコーナーは雰囲気がありますね。実はひろしさんはミュージシャンでもあるのです。

ひろしさんのブログ「どっこい田んぼのジャージーデー」もご覧ください。

(ちょっとお知らせ
6月7日(土)14時くらいから今治の「ギャラリー遊」で演奏します。正式のコンサートではないのでどんな風になるかはその時の成り行き次第なのでたぶんテキトーに始まってテキトーに終わると思います。

松木崇さんの小品展を開催中です。松木先生にお会いしたのは昨年の夏、やはり「ギャラリー遊」での展示会の時でした。その時「ライアーの音色を聴きたい」とおっしゃってくださいました。そして今年の春、鈍川の青野睦夫さんのアトリエで再会した時に「遊さんにライアー持って行きますね~」とお約束したのでした。

遊さんは雰囲気のあるすてきなギャラリーでライアーを響かせてみたいと思っていたスペースですし、松木先生の作品もぜひご覧になって頂きたいので、もしよかったら覗いてみてください。
[PR]



by makanaluon | 2014-06-04 19:28 | 日々のつれづれ | Comments(0)

ライアー奏者のつれづれ
by makanaluon
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

プロフィール&リンク

最新のコメント

agrifishさん で..
by makanaluon at 07:09
咲子です。 はるくんの..
by agrifishx at 12:24
遊さん 貴重な展示会をあ..
by makanaluon at 19:11
PR有難うございます 昨..
by ギャラリー遊 at 08:14
チャイナカラーワンピース..
by makanaluon at 13:16
おはようございます~ ..
by チャイナカラーワンピース at 09:27
hamano-akiさん..
by makanaluon at 05:35
agrifishさん ナ..
by makanaluon at 06:35
花を愛でる暇もなく、どん..
by agrifishx at 10:55
agrifishさん あ..
by makanaluon at 05:32

最新のトラックバック

whilelimitle..
from whilelimitless..
http://www.v..
from http://www.val..
ガウディとグエルが夢見た..
from dezire_photo &..
ライアー奏者・作曲家・ま..
from La Dolce Vita ..
"Keep our Ho..
from La Dolce Vita ..
新しいCD『銀河の岸』完..
from La Dolce Vita ..

検索

ファン

ブログジャンル