<   2012年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧




愛媛での年の瀬

a0202012_956377.jpg
11号線をひたすらまっすぐ走って四国中央市の「ともカフェ」へクリスマスイブの演奏に行きました。こんな風に、折り紙にパチンパチンと型を切り抜いたものを大きな紙にアレンジされたものが窓やテーブルにコーディネートされているのが楽しいお店。おいしいランチ、クッキー、ケーキをごちそうさまでした。元御殿場コロニーの先生たちとの再会も嬉しかったです。

a0202012_10125774.jpg
愛媛へ引っ越して七か月、言葉にし切れない思いが溢れます。たくさんの嬉しい出会いがあり、素晴らしいひとときを重ねることができて、心からの感謝と共に年の瀬を迎えます。演奏を聴いてくださった皆様、支えてくださった皆様、本当に有難うございました。

自然の近くにあるしあわせを日々感じています。目覚まし時計ではなく、窓から差し込む日の光で目覚めます。平地島の向こうから昇る朝日は季節が進むに連れて移動して行きましたが、冬至を過ぎて又少しづつ戻って行くのでしょう。引っ越して来た頃はうぐいすが朝からしきりに囀っていたのが蝉の声になり、そして秋の虫の大合唱に変って行きました。刻々様相を変化させて行く海、空、雲に感動しながら浜辺を散歩して貝殻やヒトデを拾ってみたり、時に山の方へとドライブを楽しんで、、。

庭に木や花を植えたり、野菜を作って収穫したり、とれたてのお魚や果物を頂いたり、、、。庭に咲いた花たち、訪れて来た虫たち、、お腹にいっぱいの卵を抱えたお母さん蜘蛛や蛾、、ヤモリ、蛇、蟹、タヌキも、、皆、皆ありがとう。

自治会の集まりは、とってものどかでやんわりゆるゆる、、、。新聞は「夕刊」というものがないんですねぇ。でも夕刊小説は朝刊に掲載されています。所長さんもよくご挨拶に来てくれるけど、優しくて柔らかい方。宅急便の人たちは、ただ届けてくれるだけで受け取りのサインやはんこはどーもいらないらしい。

ライブのたびにお世話になっている西条の甘味処「すだち」へお礼がてら行きました。囲炉裏を囲んで炭の火で暖を取りながら、おいしいぜんざいを頂いて緩やかな時間が流れていきました。篠笛を持っている方が見えていたので聴かせて頂きましたが、とても綺麗な音色でした。番頭はん&Naluはんは大小のカリンバを鳴らしてみたり、、、そして女将&番頭さんはオカリナとギターも聴かせてくださって、、、一緒に「花はどこへ行った」も歌ったりして、、、ああ、すっかり長居をしてしまいましたぁ。

おみやげに頂いたとっても元気な野菜たちで早速スープを作りました。女将のアドバイス、「野菜の味が十分に出るまで煮てから調味料は最後に、、」の通りやってみましたよ。「待てない」体質の私にしてはかなり気長に頑張ってにっこりの味♪ピンピンの大根葉はしょうがと炒めたらこれまたにっこり♪♪

大晦日12時に多伎神社で奉納演奏をさせて頂きながらの新しい年明けです。そして1月20日(日)14:00から 朝倉ふるさと美術古墳館でのコンサートが始まりです。

皆さんそれぞれのよい年を迎えられますように。これからもどうぞよろしくお願い致します。
[PR]



by makanaluon | 2012-12-29 08:14 | 演奏 | Comments(4)

メリークリスマス♪

a0202012_111934.jpg
玄関の丸窓に、リースが似合います。近くにお住まいでいつもお世話になっているmitsukoさんが作ってくださいました。去年の今頃は、まさか愛媛でクリスマスを迎えることなど考えてもいませんでした。

a0202012_11221955.jpg
毎年、町田の家の出窓に飾っていたガラスのツリーも、ふと庭の一角に置いてみるなどという今の環境が何とも心地よいです。高知の佐川町から遊びに来た友人家族も、ここ桜井の暖かさに驚いていましたが、師走というせわしさもあまり感じることもなく、何だかぽっかりのどかな年末です。

Naluが吊るした干し柿62個は何とな~それっぽい感じになって来たので楽しみです。「東京では干し柿は高くて、、」と言うと「へぇ~」と驚かれます。家の軒先に「吊るすもの」であってたぶん「買うもの」という感覚はないのでしょうね。そちこちでたっぷり大きい袋に入って安く売られている干し柿用の渋柿も東京の店頭では見かけたことがなかったなぁ。

みかんもわざわざ「買うもの」と思わない人は多いようです。確かに、いつもどっかからやって来るので、何よりもみかんが大好きな私にとってはしあわせな季節♪

引っ越し後7か月で、こんな風にたくさんの「初体験」がわくわく重ねられて行きます。

a0202012_1123357.jpg
イブは四国中央の「ともカフェ」で演奏します。長年音楽ワークを続けてきた御殿場コロニーの先生たちも関わっていらっしゃる嬉しい御縁がこんな風に繋がりましたが、昨年の西条コンサート以来の再会も楽しみにしています。

皆さん、それぞれのよいクリスマスの日でありますように♪
[PR]



by makanaluon | 2012-12-23 17:19 | 演奏 | Comments(0)

チャペルコンサート&ワークショップ(御殿場)

a0202012_140481.jpg
御殿場コロニーの庭のアーチにひとつ残った赤い薔薇越しの真っ白な富士山です。町田から通っていた時にも毎回表情の違ったその姿に感動したものでしたが、はるばる愛媛から訪れている今、富士山を眺める時には格別の感慨があります。

a0202012_1414918.jpg
チャペルコンサートは今回何となく自然に「参加型」になって、コロニーならではのコンサートになりましたね。

布を持って踊ってくれることになっていたnaoto君がステージに上がると、yasuoさんもharumiちゃんもやって来ました。

「ぞうさん」で思わず立ち上がって踊りだしたakkoちゃん。「せせらっこ」も鳴らしてみたかったnaoto君に続いてyukikoちゃんもやってみたくなって積極的にステージへ。長いのと短いのと二本のせせらっこがすてきな響きを醸し出してくれました。naoto君は一番前の席に座っていたので色々なことを言って、普通の曲が続いた時に「クリスマスなんだからぁ、そうゆう曲を、、」。そこでシューベルトのアヴェ・マリアを演奏したら、にっこり頷いて「オッケー!」と言ってくれたので、ああよかった。

大好きな「さんぽ」や「きよしこの夜」で、み~んながステージにいた様子は「まるで聖歌隊のようだった」そうですよ。

翌日のワークも又楽しかったですねぇ。Naluのお誕生日を覚えていてくれたsatoshi君が前日「宣言」したように6枚の長いお手紙を渡してくれました。「6時半に起きて7時6分から書き始めた」そうです。そのことをうまく実行できた気持ちの昂揚感の続きをそのままに、いきなり長いメドレーが始まっちゃった。

いつの頃からか、演奏したい人たちが次々と順番待ちをするようになりましたが、今まで名前を呼ぶとやって来ていたnobuaki君が初めて自分から太鼓もピアノも演奏したのは嬉しいことでした。mikiちゃんもピアノまでピューッとすっ飛んで来て情熱的に演奏してくれましたよ。

ワークの終わりのご挨拶をしようと思ったら、そう、忘れていたことをhinaちゃんに催促されました。実習生の皆さんにも何か演奏して頂くのをhinaちゃんは毎回楽しみにしているんですよね。「森のくまさん」を歌ってくれてよかったわね。

体育館でのワークを終えた後、介護棟を訪問すると、tomokoさんがとても楽しみに待っていてくれて満面の笑顔で迎えてくれました。ベッドの横でライアーを奏でながら一緒にたくさん歌を歌いました。tomokoさんは高い張りのある声を精一杯出してとても嬉しそうでした。20年近く前に、まだマーガレットホームにいたtomokoさんがお部屋に招いてくれて色々なお話をしたことがありましたっけ。

お兄さんがプレゼントしてくれたというお人形さんを抱えていました。「この子はね、光なの、、、だから光子って言う名前なの。光をたくさん与えてくれるのよ、、」と。

a0202012_1431195.jpg
今年もたくさんのすてきな思い出を有難う。

さて、こちらではクリスマスイブに四国中央に演奏をしに行きますよ。元コロニーの先生たちも関わっている「ともカフェ」でお招きしてくださいました。

皆さんそれぞれのクリスマスのよい時を過ごせますように。又春に会いましょう。それまで元気でね~。
[PR]



by makanaluon | 2012-12-17 21:08 | ワークショップ | Comments(0)

東から帰りました~♪

a0202012_12234799.jpg
東での盛りだくさんな日々の思い出をいっぱい胸に抱えて、車にもパンパンに積んで、美しい夕陽を見ながらしまなみ海道をゆっくりドライブしながら「光る海に~、かすむ船は、、♪」と先月の「にじのわライブ」でピアノとコラボした曲を口ずさむ。家に帰り着くと、またまた今回もドアの所に置かれていたみかんが嬉しい出迎えをしてくれました~。

常滑での「ひだまりコンサート」は5年の歳月をしみじみ感じるものがありました。かつては赤ちゃん用のかごに入っていたり、パパやママに抱かれていた子供たちもそれぞれに成長の姿を見せてくれながら、まさに「皆で一緒に創っていったひととき」でしたね。リコーダーや即興のパーカッションで子供たちが積極的に参加してくれてとっても楽しく分かち合えました。

いつもながら、休憩時間には常滑ならではの器にお抹茶とおいしい和菓子が彩りを添えてくれます。いつもたくさんの数を準備してくださるkeikoさんには心から感謝です。

色々なアイディアと構想も既に生まれているので、次への広がりと展開がわくわく待たれます。

a0202012_1224498.jpg
ゆりりーの庭」のゆりさん作のリースです。8月からあっという間の4回目はクリスマスイベントにふさわしく繰り広げられました。

a0202012_12243143.jpg
演奏を聴いて頂いた後、皆で作ったサンキャッチャーのきらきらした光は、きっと今それぞれの窓辺で虹のかけらを放っていることでしょう。

長野から参加のkazumiさんは何と45個ものアップルパイを作って持参してくれました。サクサクッと軽く、りんごの程よい甘さがおいしかったです♪すてきなクリスマスギフトでした。

次回を待っていてくださる皆さんからの「声」が嬉しい励みです。

御殿場でのコンサート&ワークショップについては後日アップします。

帰った翌日、Naluはすぐに庭に出て作業を始めています。神奈川で頂いたたくさんの葉牡丹や、出発前にこちらで頂いた色々な木を植えて、そして早速「さいさいきて屋」で柿を大量に買って干し柿に初挑戦中だけど、うまく行ったらおなぐさみ~。うちはカナダからの輸入住宅なので、軒先というものがないので倉庫に吊るすと言ってるけど、風通しはダイジョブかな??

ここは海沿いなのであまり寒さも感じることがないのは有難いです。今日も海は青く、空も雲も美しく広がっています。
[PR]



by makanaluon | 2012-12-12 16:44 | ライアーとの旅(日本) | Comments(0)

ライアー奏者のつれづれ
by makanaluon
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

プロフィール&リンク

最新のコメント

最新のトラックバック

whilelimitle..
from whilelimitless..
http://www.v..
from http://www.val..
ガウディとグエルが夢見た..
from dezire_photo &..
ライアー奏者・作曲家・ま..
from La Dolce Vita ..
"Keep our Ho..
from La Dolce Vita ..
新しいCD『銀河の岸』完..
from La Dolce Vita ..

検索

ファン

ブログジャンル