<   2012年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧




バリィさん、一位になったけん♪

a0202012_930543.jpg
バリィさんがゆるキャラグランプリで一位になったというニュースは、ちょうどにじのわライブin桜井の演奏中でした♪

東京からのスペシャルゲスト竹浪明さん松岡芽ぶきさんにプレゼントしたバリィさんケーキがぴったしのタイミング♪

a0202012_9311939.jpg
バリィさんみたいにかわいい園児たち、2歳児を含む100人以上を前に、新居浜の泉川保育園で演奏したのはつい先日。とても静かに耳をすませてくれました。渡部親久さん作の昆虫たちをお借りして「花の揺り籠」を演奏しましたが、大きな昆虫たちに皆大興奮!にじのわライブでも昆虫たちは再登場。竹浪さんがご自身の俳句を詠みながら実にすてきな昆虫たちとの共演を見せてくれました。

a0202012_9321695.jpg
朝、竹浪さん、芽ぶきさんと一緒に海辺を散歩しました。「光る海にかすむ船は、、、♪」とライブで歌ったのはコクリコ坂からの「さよならの夏」。松山のピアニスト堀由布子さんのリクエストで、私にとっては初めての曲でした。横浜の風景で、しかも私の大学があった山手の丘辺りを彷彿とさせる歌詞なので青春時代の思い出と重なって胸がいっぱいになります。

今、瀬戸内海を目の前にして、新たに違った感慨を持って、海や船を見て汽笛を聞いている日々です。

a0202012_9342897.jpg
ライブの後はYouTubeの撮影も兼ねて竹浪さんと芽ぶきさんと一緒に、すぐ近くの法華寺を訪れた後、多伎神社へ。静かに深まりゆく秋の佇まいがそこにありました。

a0202012_9355578.jpg
先月訪れた時は、こんな風にまだもみじも緑色でした。

a0202012_9282918.jpg
でも今はまさに「水の上にも織る錦♪」です。

a0202012_9502119.jpg
さて、まるでヨーロッパのような風景のここは一体どこでしょう??仙遊寺から瀬戸内海を一望してから訪れた「タオル美術館」の庭です。

にじのわライブにはたくさんの方がいらしてくださって感激でした。初めてのピアノとのコラボやデュエットオカリナとハープによる「グリーンスリーブス」も聴いて頂けました。

そして遂に竹浪さんのナマの朗読でのコラボが、ここ今治で実現したのです。前述の昆虫たちとの共演「花の揺り籠」から始まって、東京や、広島、長崎などでコラボを重ねて来た曲を新たな感慨を持って演奏させて頂きました。

竹浪さんの新作の詩「月の芽」は堀さんのグリーグの演奏も加わってダイナミックに広がりました。

交流パーティの前に今回は「風の楽団」による演奏を披露して頂き楽しむことがました。そして、まだまだ続くのですよ。

ドイツ人の尺八奏者ウベ・ワルターさんとピアニストホルガー・マンタイさんまでやって来てくれたのです!ウベさんとは8月にコラボをさせて頂いたこともあるので三ヶ月ぶりの再会。ホルガーさんは見事なピアノを繰り広げてくれたり、ウベさんの、日本人より日本への造詣が深いと思えるお話やユーモアあふれる多才で多彩なパフォーマンスにひとときは盛り上がりっぱなしでとどまらず~♪ジャンベのリズムに乗りながら踊って踊って♪♪

皆さんからのおいしいお料理も数々贅沢に味わえました。「風の楽団」のメンバーで西条の甘味処「すだち」の女将の手料理はいつも絶品!ありがとうございます!!そして今治駅前のカフェレストラン、カリンベルからも本格的なカシミールカレーの差し入れがありました。

ところでこの日、今治FM「ラヂバリ」でライブなどのご紹介を流して頂けたようです。来年1月20日(日)14時より朝倉ふるさと美術古墳館でコンサートをするのですが、そのこともお知らせくださったとのこと。たまたま古墳館の館長さんが聞いていてくれたらしく「放送されましたね。ライアーの説明もされていたし、CDも流れていましたよ」とのことを伝えてくださいました。そうだったんですかぁ、、聞きたかったなぁぁぁ。ラヂバリさん有難うございます♪

引っ越して半年ですが、バリィさん、ラヂバリというように、すっかりバリバリ。余談ですが、その昔小学生の時になぜか「バーリバリ新聞」と名付けて好き勝手なことを書いていたことがあったので、今となっては何だか不思議な面持ちがします。

さて、いよいよ伊予のバリから東へと向かうけん。

常滑 12月2日(日)14時から ひだまりコンサート
御殿場 12月4日(火)13時半から チャペルコンサート
四ッ谷 12月9日(日)14時から 「ゆりりーの庭」 クリスマスイベント

東の皆さん、お会いできることを楽しみにしてま~す♪
[PR]



by makanaluon | 2012-11-29 19:26 | 演奏 | Comments(5)

大きい秋みーつけた♪

a0202012_16173378.jpg
ピンポ~ン♪「まつぼっくりをあげようと思って、、」とドアホンの向こう側から声が聞こえた。愛媛に来てから、ドアを開けると鯛が海老が野菜が、、と東京ではあまりなかったことが起きてる。今日のギフトはこんなに「大きい秋」。高さは15センチ程だ。嬉しいなっ♪

「編みネコ」が抱えてみたよ。

a0202012_13311466.jpg
そして、次にもう一個やってきた「大きい秋」はコレ!今度は直径が15センチ程。早速ゆずジャムに♪

市場で、芋やかぼちゃの品種の多さにもびっくりしながら豊かな実りの秋を満喫中。何より大好きなみかんは、ふふふ、何とな~くどっかからやって来るし、、ラララン♪♪♪

a0202012_16191096.jpg
庭に訪れた 蝶も、どことなく秋が進んでいる風情。

a0202012_16412063.jpg
でも、玄関前のコスモスはまだこんなに元気。

a0202012_1834674.jpg
今、そちこちに背高のっぽの皇帝ダリアが咲き誇っていますね。

a0202012_1620523.jpg
ふと庭の一角にゆりが一本咲いているのをみぃつけた♪Naluがあちこちのゆりを集めて「ゆり園」を作ったのだ。まだこんな時期まで咲いているの?隣の茎にも蕾があるよ。

12月9日(日)14時から 四ッ谷での「ゆりりーの庭」はクリスマスだからもっと華やかな「庭」ですよ。ライアーサウンドはこの時期にぴったりなのは言うまでもありません。皆でサンキャッチャーも作るので、きっとキラキラキラ♪
[PR]



by makanaluon | 2012-11-17 16:20 | 演奏 | Comments(0)

東へ

a0202012_1773072.jpg
御殿場での音楽ワークを終えて埼玉の森林公園に向かうと、日本の秋の佇まいがそこにあった。

a0202012_1791135.jpg
江戸時代からの風格ある建物は時の流れの中で刻まれてきた様々なものたちの息遣いもまだそこにある。古民家ギャラリー「かぐや」は竹浪明監督の新作映画「水の馬、火の兎、風の獅子」の撮影場所ともなった所だ。8月、9月は渋谷のアップリンクで上映に引き続いてここで行われて、上映の前後に演奏をさせて頂いた。竹浪明さんのブログで写真などをご覧ください。

演奏の準備をしていると、Naluの携帯が鳴る。「今家の前に着いた。」「えっ、爺ちゃん?僕たち今、、、」「柿の木を植木市で買ったから植えようと思って、、」。10月のにじのわライブで素晴らしい作品を皆様にご披露した親久爺ちゃんの愛媛からの電話でした。こんな風な会話が成り立つのはスゴイなぁ。

かぐやの柿の木は何年たったのでしょうね、、。爺ちゃんはライブの後で栗の木を植えてくれたのでした。今度どこかで演奏していたら次は爺ちゃんから「桃の木、、、」って電話があったりして???

a0202012_1710514.jpg
ゆりりーの庭」ではyuriさんがいつも作ってくれるパワーストーンの石の庭から心地よい光と波動が放たれます。

今回はヒーリングがテーマでもあったので、様々なあり方でからだとこころを開いて行きました。アロマの香と共にクリスタルボウルとライアーの音から始まって次第に緩やかな時間がたゆたいました。

天河神社の五十鈴をお持ちのmichikoさんの振る鈴の音で新曲「ひふみ祝詞」を奏でて和のヒーリング。

皆で色とりどりの布を手にしながらひらひらさせて歌って動いたひとときも楽しかったですね。

yuriさんは紅茶のエキスパートでありながら、たくさんの方たちに紅茶を入れるのはあまりに大変ではないかと見送って来ましたが、「いらしてくれる方々に、今できる最高のおもてなしを」というyuriさんの思いから今回紅茶を味わうことができました。yuriさんのコレクションのイギリスのティーカップもすてきでした。yurikoさんの作ってくださったオレンジパウンドケーキも上品な程よい甘さで紅茶にぴったりでした。

8月はyurikoさんの焼いてくださったおいしいさくさくのクッキーを、9月はnobukoさんが10年もつけた木の実などの入った深い味わいのパウンドケーキを、そして12月も「次回は私が、、、」とおっしゃってくださった方がいますのでお楽しみに~♪こちらからお願いしなくても毎回参加者から申し出てくださって贅沢なお茶の時間が楽しめるのは何とすてきなことでしょう。

a0202012_1711345.jpg
12月の「ゆりりーの庭」はクリスマスイベントです。

12月9日(日)14時より 麹町六丁目ビル三階 四ッ谷駅麹町口を出て新宿通り(スクワール麹町と上智大学の間の通り)を皇居に向かって2分。ビルの横に麹町六丁目ビルと大きく書いてあります。ビルの脇の入り口から入ってエレベーターで三階へ。

参加費 大人2000円 子供1000円

サンキャッチャーも作るそうです。(材料費別途)
窓辺に吊るすと、きらきらと光りを反射してお部屋のあちこちに虹のかけらが広がりますよ。

かわいい天使たちもこんな風に待っています♪

東への旅はこの時期恒例の常滑の「ひだまりコンサート」から始まります。

12月2日(日) 14時より
一年が巡って、子供たちは皆大きくなったでしょうね。

12月4日(火) 13時半より チャペルコンサート(御殿場)

常滑、御殿場、東京とそれぞれの地でそれぞれのクリスマス。皆さんにお会いできることを楽しみにしています。
[PR]



by makanaluon | 2012-11-17 05:42 | 演奏 | Comments(0)

渡部親久展より(にじのわライブ in 桜井)

a0202012_1683882.jpg
あっ、カマキリ!でもこれは50センチ以上もある巨大カマキリ。

a0202012_16103526.jpg
巨大アリも歩いているよ。

a0202012_16372463.jpg
きゃーっ、こっち向いた!

a0202012_16135422.jpg
鳥は梢で気持ちよさそうにくつろいでいます。えっ、水鳥?この際、ま、いいか。

a0202012_1615416.jpg
月のうさぎたちは餅つきぺったんこ。

a0202012_16162674.jpg
こおろぎが奏でる秋の曲は何?

a0202012_1617108.jpg
カニや虫やたちの小さな世界。シオマネキもいるよ。巨大トンボもちょっと見える?

a0202012_16334739.jpg
長靴履いた朝起き鳥がトランペットを吹けば朝日が昇る♪

a0202012_18405767.jpg
10月のにじのわライブではハープで作曲した曲をライアーでも弾いて聴き比べて頂きました。

そして渡部親久さん(西条在住83歳)の素晴らしい作品を同時展示会として皆様に見て頂けたのは喜びでした。今まで獅子頭ディジュリドゥケースをブログでアップした際にも皆さんから大変反響を得ましたが、大きな作品は、ツタンカーメン、兜、天神様など、他におかめひょっとこのお面など、どれも見事なものばかりでした。

その中で今回アップさせて頂いた「いきものたち」の作品は親久さんの優しい愛情を感じさせられますね。竹浪明さんの俳句を元に作曲させて頂いた「花の揺り籠」(YouTube)を演奏する時に巨大昆虫たちに共演をお願いしようかと思っています。これらの他に巨大蝶、セミなどもいます。

次の二つの演奏で巨大昆虫現るか!?

11月22日(木) 泉川保育園(新居浜)

11月25日(日) 15時より にじのわライブ in 桜井 
場所 Space Makana&Nalu
入場料 1000円

松山のピアニスト 堀由布子さんとのコラボが嬉しいご縁から実現します。クラシックからおなじみの曲をライアー、オカリナとのハーモニーをお楽しみください。

という計画を立てていたら、竹浪明さん、松岡芽ぶきさんがちょうど同じ時期にいらっしゃるということで、第二部は竹浪さんの俳句や詩を作曲させて頂いた曲を中心に、竹浪さんの朗読とライアーのコラボを行います。芽ぶきさんはCD「しあわせの岸」のジャケットのすてきなデザインをしてくださいました。

終了後、交流パーティを致します。よろしければ何か一品お持ちください。何もなくてももちろんOKです。楽器をお持ちになっての演奏、自作の俳句披露なども歓迎致します。
[PR]



by makanaluon | 2012-11-10 06:52 | 演奏 | Comments(0)

音楽ワークショップ(御殿場)

a0202012_1544230.jpg
数か月ぶりに雪をかぶった富士山を臨む。

a0202012_15454723.jpg
御殿場コロニーの庭もそちこちに秋の音。

a0202012_15445878.jpg
でももうお花はあまりないなぁと、ぶらりとひろばを散歩していると「ここよ、ここよ、ワタシ、、」と呼ぶ小さな声の主は、親指姫も乗ることはできなさそうなかわいい薔薇。

a0202012_15421514.jpg
チャペルの壁に映る影もどことなく秋の気配。

a0202012_1540401.jpg
こうしてまた一つ季節が巡ってゆく。

(今月のワーク)
二日間ともにぎやかに、たくさんの笑顔が体育館一杯に広がりました。

mori君と一緒に参加できたhinaちゃんは嬉しくて嬉しくて♪太鼓を横にして、あっちとこっちから一緒に叩いてアンサンブル、、、のつもり。ピアノもとっても張り切っていつもよりリズミカル♪♪♪これもアンサンブル、、、のつもり。

mikiちゃんは、体の中から突き上げて来るビートでいつもかっこよく踊ってくれますが、そのノリでピアノも、ダンダーン!Naluが横から鳴らすディジュリドゥにますます盛り上がって声を出しながら熱く燃えた。

yukikoちゃんが太鼓に歩み寄ってずっと叩いています。ピンクレディでは最高に盛り上がってこぶしを挙げて「イェーイ!」と言いながらにっこにこ。

naoto君は「チューリップを吹く」と言ってディジュリドゥを持ったけど、、、えーっ、一つの音しか出ないのに、ど、ど、どーやって???ま、いいか、発想は面白いかもなのでやってみよう!ってことで、、、、なーるほど、、、確かにチューリップでした。つまり、ふふふ、メガホンのように使ってチューリップを歌ったってわけです。ディジュがすっかり気に入ってずっと吹いてました。

tatsuya君のタンバリンさばきがあまりに見事でぼーーっと見とれてしまった。太鼓を叩きながらかつてのオリジナルソングも雰囲気たっぷりに歌ってくれました。Tatsuyaバンドのメンバーで、その曲を一緒にCDに吹き込んだhirano先生は10月の愛媛でのライブに来てくれて10数年ぶりの嬉しい再会でした。私が楽器ケースにかけたnaoto君の織った織物を眺めながら「懐かしいなあ」としみじみ見ていたけど、tatsuya君の歌を聴いたらきっと感無量になってしまうでしょうね。

恒例のsatoshi君の長~いメドレーが続いて行くので「今日はたくさんいるし、皆が順番待っているからそこまでね」と言ったら、初めて素直に「はい」とマレットを渡してくれました。ふーん、そんな風に切り替えられる時もあるんだ。

実習生のお兄さんたちが手遊びで「こぶた、たぬき、きつね、ねこ」と「キャベツの中から」と歌ってくれて楽しかったわね。お兄さんたちのカラフルな靴下が何だか明るさを添えてくれていました。

次回12月4日(火)にはチャペルコンサートをしますよ。クリスマスソングを一緒に歌いましょう♪
[PR]



by makanaluon | 2012-11-04 06:29 | ワークショップ | Comments(0)

ライアー奏者のつれづれ
by makanaluon
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

プロフィール&リンク

最新のコメント

遊さん 貴重な展示会をあ..
by makanaluon at 19:11
PR有難うございます 昨..
by ギャラリー遊 at 08:14
チャイナカラーワンピース..
by makanaluon at 13:16
おはようございます~ ..
by チャイナカラーワンピース at 09:27
hamano-akiさん..
by makanaluon at 05:35
agrifishさん ナ..
by makanaluon at 06:35
花を愛でる暇もなく、どん..
by agrifishx at 10:55
agrifishさん あ..
by makanaluon at 05:32
お誕生日おめでとうござい..
by agrifishx at 00:33
便利な面と不便な面とだわ..
by makanaluon at 05:47

最新のトラックバック

whilelimitle..
from whilelimitless..
http://www.v..
from http://www.val..
ガウディとグエルが夢見た..
from dezire_photo &..
ライアー奏者・作曲家・ま..
from La Dolce Vita ..
"Keep our Ho..
from La Dolce Vita ..
新しいCD『銀河の岸』完..
from La Dolce Vita ..

検索

ファン

ブログジャンル