<   2012年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧




無人駅

a0202012_911566.jpg
これが我が町の駅だ。日本では、私にとって今まで経験したことがなかった無人駅。外国では時々、道からプラットホームが平坦に続いていて、自転車で車両の中へそのまま乗り入れて行くのが面白いと思ったが、やはりこの駅も道から段差がないまま中へ入るとホームになっているのは何だか不思議な感覚だ。

a0202012_1425986.jpg
これはイギリスの友人の家の近くを走る列車。ロンドンからちょうど一時間だがやはり無人駅。全ての列車ではないが、電動ボタンもなく、ガッチャンと手動でドアを開けなくてはならないことがある。ところがドアの内側にノブがないのだ。

さあ、ドアをどうやって開けて降りるのかだが、これにはかなりぶったまげる。何と、ドアの窓を開けてさらに外側へと手を伸ばして外のノブで開けるのだ。友人は「イギリスでは古いものはポジティブなのよ。」と言うし、確かに古い家はとても価値があって高いのだが、、、。

ここ数年は、もしイギリスに行ったとしても車での移動ばかりなのでこういう列車が今もなお走っているかは確かめられないが、数年前は「まだ走っている」とのことだった。

もう一つイギリスの鉄道でのウソのようなほんとうの話をついでに。無人駅にはもちろん急行は止まらない。ある街から戻る時に急行列車の駅員にタイムテーブルを聞くと普通列車ではとても約束の時間に間に合わないとわかって「どうしよう、、、」と困ったら「ちょっと待って、相談するから、、」と言って何やらもう一人とひそひそした後「OK、この急行に乗っていいよ、特別君のためにその駅に止めてあげるよ。でもシーーッ、、」とあり得ないことを言ったのだがそのまま乗り込んだ。

その駅に近づくと急行列車は次第にゆっくりになり、そしてちゃんと停車してくれた。車内の客たちは何事かといぶかしげに驚いた表情を向けていたが、私は駅員たちに「サンキュー!」と手を振って降りて無事友人との約束に間に合ったのだった。ま、私が困ってしまった程に次の列車との時間差があったので危険もなかったわけだが、、、。

例えば、岡山や松山から我が町の駅に向かうのに、「えーっ、それじゃ約束に間に合わない、どーしよう。」と駅員さんに困った様子を見せても特急は止まってくれないだろーなぁぁぁ。

さて、過密なタイムテーブルの東京の電車を乗り継ぎながら、ライアーをひっさげての右往左往がまもなく~。そう言えば、イギリスの友人が最初に覚えた日本語は「まもなく~」。ナルホド、プラットホームに立てば「まもなく~、〇番線に、、、」と繰り返しアナウンスされますものね。
[PR]



by makanaluon | 2012-09-26 05:54 | 日々のつれづれ | Comments(4)

花もだんごも音楽も

a0202012_1426257.jpg
近くの湿地にサギソウを見に行く。かわいらしいお花たちに混ざってジュズダマもたくさんあった。幼い頃、祖母がジュズダマでお手玉を作ってくれたものだったが、おそらく数十年は見かけていなかったので懐かしさが込み上げて来る。

さて、花の次はだんご。目指すは西条市の甘味処「すだち」。昔ながらの風情がそのまま残っている細い路地に入って、ふとタイムスリップしたかのような不思議な感覚に陥る。お店はゆったりくつろげるすてきな空間だ。昨年西条コンサートにいらしてくださった方からのご紹介で8月に行った「にじのわワーク in 桜井」にオーナーご夫妻がいらしてくれて、飛び入りでギターとオカリナの演奏を聴かせてくださったのだった。

まず、にゅうめんでお腹を満たしてから甘いものや、コーヒーなどを頂く。吟味された材料で丁寧に作られた品々はどれも味わい深くおいしい。随時行っているというナマ演奏も楽しみながら心地よいひとときが流れてゆく。

a0202012_14433036.jpg
家に帰ると玄関で出迎えてくれたのは美しい光の織物の紡ぎ手。

a0202012_1428258.jpg
先月はたくさんの方にいらして頂いたパワーストーンとのコラボの「ゆりりーの庭」は、趣を変えて満月ワーク(少人数限定)です。

9月30日(日)14:00~ (四ッ谷 麹町6丁目ビルにて) 参加費3500円

月の雫と、石の放つ光の雫と、ライアーの音の雫のハーモニーが何をもたらすのでしょう。
[PR]



by makanaluon | 2012-09-20 06:11 | 演奏 | Comments(10)

渦巻き模様

a0202012_12513852.jpg
たくさんのいきものたちが我が家を訪れます。小さないのちに感動したり、時にはぎょっとなる時もあるけれど、卵をたくさん抱えたお母さんたちの姿もあるし、皆それぞれ精一杯生きている。Naluは数匹の蟻が円座になって角を突き合わせて何やら会合(?)のひとときを持っているのを見て「きっと情報を交換しているに違いない」と。「あそこに蜂蜜のビンがある」とか「あそこにお菓子の屑がある」とか??

この訪問者は実にうっとり美しいですね。

a0202012_12533621.jpg
ザルツブルクでの朝「グーテンモルゲン!」とご挨拶したこのかたつむり嬢もおしゃれ~。

a0202012_12544293.jpg
すぐ前の海でNaluが高知からの友人と魚釣りをしている時に、たまたま釣り針に引っかかった綺麗な貝。

a0202012_12555314.jpg
蛎も捕って食べましたー。魚は鯛、鯵、キス、ボラ、ゴチ、、って書くとスゴイけど、とても小さい赤ちゃん魚。かわいいお目目に思わず「ごめんなさい」も言いたくなったけど、せっかくやってきてくれたので、いのちを「頂きます」と感謝の念が湧き上がる。お刺身、塩焼きを皆で少しづつ分かち合う。

a0202012_12563989.jpg
渦巻き模様を見ると、オランダの友人リダが送ってくれたこのハガキの言葉を思い出す。

Silence is the sound of your soul

ライアーは内なる静けさの世界を大切に、そこから始まって奏でるのです。

ブログを始めたばかりの頃にこのカードをアップしたページ(コチラ)を久しぶりに開いてみたら、こんなことが書いてあった。

「内側の静けさ」に耳をすませた時に「外側の世界から差し出されてくるもの、呼びかけ」に気づくことができ、応えていけるのかもしれません。

以前に書いた自分の言葉と改めてご対面してみて妙にうなづいてしまった。
[PR]



by makanaluon | 2012-09-14 05:52 | 日々のつれづれ | Comments(12)

にじのわライブ in桜井

a0202012_871671.jpg
これは昨年西条コンサートの際に頂いた渡部親久さん(西条市在住 83歳)の竹細工です。「朝起き、正直、働き」をテーマに作られたとのこと。トランペットを高々と掲げている様が実に気持ちいいですね。写真は竹浪明さんが撮ってくださいました。

a0202012_89213.jpg
これはNaluのディジュリドゥケースを作ってくださっている所です。製作過程と見事に仕上がった完成品はコチラ

親久さんの素晴らしい作品の数々を展示しながらのライブを企画しました。

ライブ 10月6日(土) 15:00~
     10月7日(日) 15:00~

会場  Space Makana&Nalu
入場料 1000円 小学生500円

作品をゆっくりとご覧になって頂きたいので、いつもより開場時間を早めて14:00からと致します。

ライブは秋の気配の中で、ゆったりと子守歌などを楽しんで頂けたらと思います。今回はディジュリドゥケースもステージに置いて、様々なディジュリドゥや笛などの音色も聴き比べて頂こうと思います。

問い合わせ先 makanaluon@gmail.com

a0202012_14375116.jpg
これは作品ではありませんが、鋤と鍬の先っぽだけが庭の片隅にあったのをみつけて、親久さんが柄をつけてくれたのです。私が「燃やせないゴミ」の袋に入れる寸前でしたー。高知の友人も耕運機を運んで耕してくれてNaluの畑も大分いい感じになって来たので、お蔭でこの鋤と鍬も活躍してくれています。

そして先日、溶接機でご自分の鍬の先を修繕する所を見せてくださいました。そうやって道具は大切にいつまでも使って行くものなのですね。親久さんは、壊れた椅子の足や引出しなども上手に修繕なさいます。何と爪切りまで!

a0202012_8101885.jpg
親久さん作の獅子頭です。その他の獅子頭の写真はコチラ

竹浪明さんの新作映画「水の馬、火の兎、風の獅子」が先月に引き続き、9月29日(土) 19:0030より渋谷 アップリンクにて上映されます。上映後、Naluのディジュリドゥと共にライアーを一曲演奏と獅子舞とのコラボを致します。皆様と又東京でもお会いできたら嬉しいです。
[PR]



by makanaluon | 2012-09-08 07:01 | 演奏 | Comments(17)

音楽ワークショップ(御殿場)

a0202012_1102029.jpg
三ヶ月ぶりに夏の富士山にハロー♪

a0202012_1111664.jpg
御殿場コロニーの庭の薔薇は夏の終わりをうたっています。

a0202012_112579.jpg
今年は御殿場も暑かったようですが、それでもゲストハウスはエアコンなしで過ごせるのは、さすが避暑地ですね。

(今月のワーク)
久々のひとときが、たくさんの笑顔と共に楽しく展開して行きました。特に二日目は体育館が満杯になってしまうにぎやかさでまるで夏祭りのようでしたよね。

harumiちゃんは、いつも実習生たち一人一人の名前を入れてご挨拶代わりに歌う「ハローソング」をやる気満々でタンバリンを持って私の方へやって来ました。実習生たちも「ぞうさん」「どんぐりころころ」を披露してくれました。ボランティアグループの男子学生さんたちの「さんぽ」もよかったですよ。

yokoちゃんとyuu君が仲良く手を繋いで周っているのがほのぼのとした雰囲気。でも、、、最後にはyokoちゃんの方が、、ふふふ、お断りしちゃったみたい、、。

いつもバンバンとピアノを叩くkeikoちゃんが初めてとてもしっとりとしたピアノ演奏を聴かせてくれました。ペダルを踏むことを試したみたいです。

satoshi君の長~い長~いメドレーには先生たちも爆笑。satoshi君には決して省略なんてあり得ないですからねぇ。

ちょっとしたやり取りでご機嫌を損ねている風だったnaoto君に「踊ってくれる?」と言うと「はい!」と機嫌よく即答。気分を変えて布を持って舞ってくれました。hinaちゃんのリクエストのマイムマイムでは何だか微笑ましいくらいに真剣に踊っていましたね。

天国に逝ってしまったakio君のために私は自作の「ピンクロータス」を祈りを込めて奏でさせてもらいました。又一人お仲間が去ってしまったことは淋しい限りです。

ボランティアでいつも来てくださるyokoさんの読んでくださった絵本には皆静かに耳を傾けてくれましたね。

又来月会いましょう♪
[PR]



by makanaluon | 2012-09-02 16:29 | ワークショップ | Comments(9)

ライアー奏者のつれづれ
by makanaluon
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

プロフィール&リンク

最新のコメント

最新のトラックバック

whilelimitle..
from whilelimitless..
http://www.v..
from http://www.val..
ガウディとグエルが夢見た..
from dezire_photo &..
ライアー奏者・作曲家・ま..
from La Dolce Vita ..
"Keep our Ho..
from La Dolce Vita ..
新しいCD『銀河の岸』完..
from La Dolce Vita ..

検索

ファン

ブログジャンル