<   2012年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧




渚にて

a0202012_839249.jpg
や~っと引っ越しが済んで、道端の小さなかわいいお花にもこんにちは~♪ 毎日うぐいすがしきりに囀っている。

a0202012_8404247.jpg
朝な夕なに渚を散歩する。静かな波が打ち寄せて光がきらきらと揺らめく向こうに小島が浮かび、小鳥たちが砂浜をちょんちょんと速足で歩く。幾重にも連なるしまなみの稜線が実に美しい。

a0202012_17224314.jpg
この島は我が家の窓からも見える。朝早く水面を滑らせる舟はどこへ何しに、、、?

a0202012_842057.jpg
21日の朝も海辺へ出てみた。砂浜を走っているのは今回の転居に際してたくさんサポートしてくれたmasatoさん。昨年の夏に彼が、西条でのライアーコンサートを企画してくれた時には、まさかこちらへ転居するとは思いもよらなかった。以前に幣立神宮へライアーの奉納演奏で訪れた時に、ライアーを持って長い石段を昇ってくれたのがmasasoさん。そんなご縁が今回に繋がったことにふしぎな面持ちがする。

a0202012_84701.jpg
金環日食は高知の方へ行かないと見られないようだった。さて、、、引っ越しでばたばたしていてメガネもないけど、、、丁度うまい具合に雲がメガネ代わりになってくれて肉眼でこ~んな感じ。まるで月のようですねぇ。

a0202012_845683.jpg
皆さんのお蔭で愛媛での日々がこうして始まりました。
[PR]



by makanaluon | 2012-05-26 05:10 | 日々のつれづれ | Comments(2)

どうぞよろしく♪

a0202012_9245279.jpg
穏やかな瀬戸の海を眺めながら書いています。いっぱいの緑の中をさわやかな風が渡り、明るい光が満ちて鳥たちが気持ちよさそうにうたっています。思いがけずの流れとご縁があって、住み慣れた東京を遠く離れて愛媛県に引っ越して来ました。

このピンクの豚さんは毎月音楽ワークを続けてきた御殿場コロニーのtomoko先生が「豚は幸せを運んでくれる」とのことでくださったものです。


a0202012_925587.jpg
豚さんの背後の作品はコロニーのnaoto君が描いたものです。

a0202012_9274748.jpg
ピンクの豚さんはリボンを付けてこんなにおしゃれ。きっとしあわせを運んでくれるでしょう。皆さんにも届きますように~♪

四国の皆さん、どうぞよろしく。
東京近辺へも時々行きますのでどうぞよろしく。
御殿場コロニーへも行きますのでどうぞよろしく。
[PR]



by makanaluon | 2012-05-20 05:04 | 日々のつれづれ | Comments(4)

ポピー

a0202012_1582633.jpg
Tall Poppies」は弾き語りの曲としてライアーで初めて作曲したものだ。

その年、夏にはドイツのゲルトナー工房にライアーを買いに行くことを決めていた。毎年ヨーロッパに行っているマオリシャーマンのワイとは前年はオランダで会ったが、その年はライアーを買った後、ミュンヘン郊外で友人ダニエラの企画するワークショップで会う約束をしていた。

出発の少し前にワイの妹さんが他界したことを知った。画家であった妹さんが描いたポピーの絵に、ワイが「Tall Poppies」という詩を書いていることを彼女のHPでみつけたので、ワイと妹さんに捧げようと、行く前に作曲を試みた。何しろ出発前には当然ライアーは手元にないのでピアノで作曲をしてコードを記しておくだけにとどめた。

さてコンスタンツのゲルトナー工房で、初めて自分のライアーを入手してゲルトナーの娘さんと音楽家のヘルビクさんにほんの少しだけライアーの初歩のレッスンをして頂いた後、ミュンヘンへと旅を続けた。

それからたった5日後に初めてのライアーの弾き語りを皆さんの前で披露するなどというのはかなり無謀でむちゃくちゃなことではあった。人前での演奏はどんな楽器でも暗譜と決めているし、結構長く難解な英語の歌詞も覚えるのはたやすくはない。しかも途中はノイシュヴァンシュタイン城などをのんびりと観光するという行程の中だったが、できるのだろうかという心配もストレスもなく弾いていたのは、「初めての楽器への新鮮なおどろき」の方にわくわくしていたからだろう。

ミュンヘンのワークショップの場で弾いた時には、ワイは涙をたくさん流しながら何度も有難うと伝えてくれた。そしてそれを録音して欲しいと言われたことがきっかけで、その後ニュージーランドへ行った時の思い出を作曲したものと一緒にその曲も収録したのがCD「The Memory of Aotearoa」だ。

その数日後には、いよいよスザンネ・ハインツ先生のレッスンが始まったが、できたてほやほやのその曲に先生も耳を傾けてくださって「マカナの歌声はライアーに合っていますよ。」と言って頂けたことは嬉しかった。

それから8年後の昨年、ニュージーランドでワイの70歳の誕生パーティが行われた時には、久しぶりに「Tall Poppies」を聴いてもらえた。

ちなみにこのポピーはイギリスの友人ジュディスの70歳の誕生パーティに行った時に訪れた植物園でのものだ。日本ほど寿命が長くないという海外では70歳の誕生日はとても大切なのだそうだ。

Tall Poppies」の詩はいのちの循環をうたったものだ。

今、家の周りでいつしか種がこぼれて花をつけた小さなかわいいポピーがそちこちで風に揺れている。
[PR]



by makanaluon | 2012-05-14 11:48 | 海外&ライアー | Comments(0)

音楽ワークショップ(御殿場)

a0202012_12293628.jpg
青葉、若葉のさわやかな緑のグラデーションを楽しみながら御殿場に向かいました。御殿場コロニーの庭では満開の八重桜の背景に富士山がくっきり姿を見せていました。

a0202012_12304342.jpg
今は亡きhongyoさんの作った時計は、今もなおしっかりと時を刻み続けています。hongyoさんは部屋の窓から私を見つけると「ちゃん付け」で呼びかけてくれながら、いつも「元気~?」と聞いてくれたものでした。ワークを始めてから18年の間に天国へ召された人たちがいます。いつも自然体で、ふわっと柔らかく手を繋いだshigemiちゃん、初めの頃ワークを支えてくれたyoshikoさん、深く渋い太鼓の音を響かせたtecchan、バリトンの声ですてきに歌ってくれたhiroshi君。たくさんの温かい思い出をありがとう。

a0202012_1232090.jpg
チャペルの前では織物班の製作した布が吹き流しのように五月の風にそよいでいます。綺麗ですねぇ~♪

(今月のワーク)
体育館に入って行くと、もうakkoちゃんが歌いながら踊っていました。車椅子の人たちが入って来ると、自然に皆が押し始めます。kyohei君もharumiちゃんもyukikoちゃんもakkoちゃんも車椅子を押しながら歩きます。仲間同士で助け合って行く光景は心地よいものです。

あちこちで笑顔が弾けながら、なぜかいつもより円の動きが熱いうねりを見せていました。今まで輪の中に入れなかった人たちも一緒にぐるぐる周っています。mocchanが笑みを浮かべながら、takayoshi君もタンバリンを鳴らしながら、、、yayoiちゃんも、puuさんも、、、大きな大きな渦ができました。

大好きなmori君と一緒に参加できたhinaちゃんは何度も頬を摺り寄せたり、たってのお願いで連弾もできて本当に嬉しそう。次々と積極的に順番待ちに並んでの皆のピアノ演奏がとても個性豊かですてきだったので、参加してくれた先生たちは驚いていましたよ。

初参加のsasaki先生がジブリやゆずの曲など、綺麗なフルートを聴かせてくださいました。「アメージング・グレース」をライアーと合わせてみました。

「来なくなったら淋しいからね。又来るでしょ?」とshigeちゃん。皆から口々に「次はいつ?」と聞かれました。もちろん又行くのでそれまで待っていてね~。
[PR]



by makanaluon | 2012-05-08 05:08 | ワークショップ | Comments(2)

ライアー奏者のつれづれ
by makanaluon
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール&リンク

最新のコメント

遊さん 貴重な展示会をあ..
by makanaluon at 19:11
PR有難うございます 昨..
by ギャラリー遊 at 08:14
チャイナカラーワンピース..
by makanaluon at 13:16
おはようございます~ ..
by チャイナカラーワンピース at 09:27
hamano-akiさん..
by makanaluon at 05:35
agrifishさん ナ..
by makanaluon at 06:35
花を愛でる暇もなく、どん..
by agrifishx at 10:55
agrifishさん あ..
by makanaluon at 05:32
お誕生日おめでとうござい..
by agrifishx at 00:33
便利な面と不便な面とだわ..
by makanaluon at 05:47

最新のトラックバック

whilelimitle..
from whilelimitless..
http://www.v..
from http://www.val..
ガウディとグエルが夢見た..
from dezire_photo &..
ライアー奏者・作曲家・ま..
from La Dolce Vita ..
"Keep our Ho..
from La Dolce Vita ..
新しいCD『銀河の岸』完..
from La Dolce Vita ..

検索

ファン

ブログジャンル