カテゴリ:ワークショップ( 24 )




東への旅 その4

a0202012_1513337.jpg
海老名からゴーシュさんと共に御殿場コロニーに到着です。
a0202012_1514968.jpg
体育館の外壁は綺麗に塗り直されました。そして床も張り換えたり中もすっかり新しくなりました。

20数年前の丁度桜の満開の4月、初めてコロニーを訪れました。毎月ワークをさせて頂くことになったのでその下見のためでした。かなり傷んでささくれ立った床を眺めながら「皆さんが自由に床にすわったり寝っ転がったりできたらいいのですが、、、」と言ったことで一回目のワークに間に合わせて床を張り替えてくださったのでした。それから時がたち、再び床も大分傷んで来たので、このたび一新してくださったのでした。ピアノ二台の調律もされてとても気持ちいいです。今回に間に合うようにとリフォームを進めてくださって、ちょうどワークの3日前に引き渡されて今回こけら落としとなりました。

ワークは昨年の5月以来でしたが、時のへだたりも感じさせない程自然に楽しく盛り上がり笑顔が弾けました。
a0202012_15145144.jpg
到着の日は天気がよくなかったので見えなかった富士山が翌朝姿を現し始めました。

a0202012_15152262.jpg
コンサートを行うチャペルはまるで軽井沢のような避暑地の風情です。

a0202012_15155232.jpg
コンサートのポスターから楽しさが伝わって来ますね。
a0202012_15163261.jpg
チャペルにふさわしくゴーシュさんのバッハが奏楽です。
a0202012_15165916.jpg
チェロでもバッハが奏でられました。
a0202012_15173021.jpg
瀬戸内のカヌー体験から作曲した「カヌーを漕ぎ出だす朝に」を演奏しています。
a0202012_1518188.jpg
ジャズピアノのセイ高橋さんとジャズヴォーカルの小坂陽子さんの演奏が始まると自然にダンスが始まりました。
a0202012_1519291.jpg
ステージに出て来られない人たちのために太鼓を持って座っている所に行って叩いてもらいます。
a0202012_15193491.jpg
何と雪が降って来ました。
a0202012_1520557.jpg
チェロとのコラボがすてきです。
a0202012_9225729.jpg
ゴーシュさんはギターも弾いてくれて大活躍。
a0202012_15204366.jpg
それぞれが個性的にピアノを弾いたり、太鼓を叩いたり、ステージの上でも下でも自由に踊って歌って「なかまたちコンサート」にふさわしい楽しい時間が膨らんで行きました。
a0202012_15211047.jpg
お花と手作りのおいしいフルーツケーキをありがとうございます。
a0202012_15213431.jpg
出発の朝、富士山がとても綺麗でした。この後飯能へと向かいます。

お知らせ
ようなる春風ライアーコンサート 4月22日(土)午後2時(1時半開場) 1500円(飲み物、お菓子付き)
予約 090-3189-1094(ようなる 伊藤)

a0202012_924367.jpg

[PR]



by makanaluon | 2017-04-05 06:21 | ワークショップ | Comments(0)

音楽ワーク&コンサートin御殿場コロニー

a0202012_1841439.jpg
一年半ぶりの御殿場コロニーです。とても涼しい、、、いえ寒いくらいです。ここがいつも宿泊するゲストハウスです。ベンチには初めてお目にかかりましたが、なかなか雰囲気がありますね。
a0202012_18421242.jpg
コンサートをするチャペルです。

a0202012_18423837.jpg
当初はライアーコンサートを皆さんには聴いてもらうだけでしたが、前回より「なかまたちコンサート」として開催しています。私たちの友人やコロニーのなかまたち皆で創りあげていくひとときです。今年もかわいいポスターができました。
a0202012_18432172.jpg
アーチの薔薇まだたくさん蕾があるのでこれからたわわに咲くことでしょう。a0202012_18435020.jpg
あやめ寮の前のアーチの薔薇も咲き始めました。

a0202012_18442347.jpg
庭から富士山を臨みます。
a0202012_18445886.jpg
到着した日の音楽ワークの様子です。ギターを抱えた後姿はゴーシュさんですよ。あまりに久しぶりだったので参加者の皆はワークの感覚を忘れてしまったのではないかと思ったけど、全くそんな心配は無用でした。明るい表情と笑顔が弾けながらの楽しい時間となりました。

a0202012_18453524.jpg
翌日はチャペルでのコンサートです。三角の窓の向こう側に見える新緑が気持ちいいです。
a0202012_1847924.jpg
ゴーシュさんの参加は二回目ですが、今回チェロを持参してくれました。バッハのソロから始まり、「鳥の歌」はライアーでなくエレピと合わせてみました。

a0202012_18485094.jpg
最初の三曲ほどはチャペルにふさわしい曲から始めました。ナルと「Ave verm corpus」を歌っています。
a0202012_18501154.jpg
皆ステージの上や下でノリノリに歌ったり踊ったり♪コロニーならではの自由な雰囲気いっぱいのすてきなコンサートでした。今年もまたジャズピアノのセイ高橋さんと、ジャズヴォーカルのyokoさんが盛り上げてくれました。
a0202012_18515475.jpg
ピアノも次々とそれぞれ個性的な演奏を繰り広げてくれて、まるでピアノ発表会のようでもありました。
a0202012_18535189.jpg
お花とパントマイムの人たちが作ってくれたお菓子をありがとうございます。
a0202012_18543776.jpg
愛媛へ向かう朝、富士山がくっきりとした姿で盛りだくさんだった東への旅のフィナーレを美しく飾ってくれました。

おーーっと、カーテンコール!

a0202012_1553289.jpg
旅の間中愛らしさを振りまいてくれたロクが再登場!懐かしい方々との嬉しい再会、そして新しい出会いもありました。また皆さんにお会いできる日を楽しみにしています。ロクもまたね~~。

(お知らせ)
SPACE SACRAオープン記念 川畑宜士日本画展(SPACE SACRA 今治市近見町3-4-43)
6月11日(土)~19日(日)11時~18時 (SPACE SACRA 今治市近見町3-4-43)
11日 4時半よりオープニングライアー演奏
季節柄、新曲「ほたるの舞」他を演奏致します。終了後、コーヒー、サンドイッチのオープニングパーティ(無料)を行います。

近見町にある白い豪奢な建物です。(国道117号線を波方方面に向かって進み、近見小学校を右手に見て、次の信号を通り過ぎて右手の大谷たたみ店の看板と鎌田鉄工所の間の道を右折しながら斜めに上った所です。駐車場はあります。)お問い合わせ 090-3500-3025


a0202012_14241326.jpg
[PR]



by makanaluon | 2016-06-03 13:25 | ワークショップ | Comments(0)

音楽ワーク&コンサート(御殿場)

a0202012_15103916.jpg
ブログではカヌーイスト&チェリストとしてたびたび登場してくれているゴーシュさんをお誘いして半年ぶりに御殿場へ向かっている所です。途中紅葉も楽しみながら秋の長距離ドライブです。

a0202012_15112174.jpg
御殿場コロニーも紅葉まっさかり。
a0202012_15114496.jpg
寮の前もこんなに見事です。
a0202012_1512185.jpg
富士山の雪の白さが何とフレッシュ♪
a0202012_1513099.jpg
一日目はいつものように体育館で音楽ワークです。

元コロニーの先生の手作りと言う長いホーンはなかなかの人気です。

二人のhirotaka君たちが初めてワークの場で出会いましたが、二人とも音楽が好きでとても楽しく動いてくれました。

今回は二台のピアノでの演奏がとてもパワフルですてきでした。一台で連弾と言うのと違った味わいがあります。皆さんが自由に弾いているのに誘われて、ゴーシュさんも思わずもう一台のピアノに座って弾いてしまったそうです。

a0202012_15122585.jpg
かわいいポスターですね。

今までコンサートの時はナルと私の演奏を聴いてもらうだけでしたが、今回は「なかまたちコンサート」として皆さんに参加してもらうことにしました。

a0202012_15133872.jpg
チャペルには丁度ツリーが飾られたばかりです。

午前中は冷たい雨が激しく降っていたのですが、コンサートの寸前にぴたりと止んだばかりか、きらきらと光が射して来ました。

a0202012_15152397.jpg
ゴーシュさんのご長男のtakumaさんも急遽東京から来て参加してくれることになったのでした。親子の語らいがいい雰囲気ですねぇ。

a0202012_1516815.jpg
「皆さんこんにちは~、、、コロニーで音楽ワークを初めて20年目になるんですよ、、、でも愛媛でも元コロニーの先生たちにお会いしています、、、今日は皆で楽しい時を過ごしましょう、、、」。
a0202012_15173773.jpg
ハンドベルの大野由貴子さんとライアーの演奏から始めました。ハンドベルとは初めてのコラボですが、ライアーのサウンドととてもよく合うと思います。

「アメージンググレース」そして「ふるさと」を奏でると、客席から一緒に歌ってくれている声が聞こえたので、皆さんにも舞台に上がってもらって一緒に歌いました。
a0202012_1518153.jpg
いつも音楽ワークでサポートしてくれているyokoさんがジャズピアノのセイ高橋先生とご一緒に参加してくださいました。

舞台で、客席で自然に皆さんが踊り出して熱く盛り上がりましたね。

a0202012_1522146.jpg
ゴーシュさんは今回はチェロではなくてピアノでバッハをしっとり聴かせてくれました。

皆さんも次々とそれぞれのピアノの演奏を個性的に披露してくれました。楽しく歌って踊って、一人一人が主
役のどこにもない御殿場コロニーならではのコンサートになりました。ふふふ、ゴーシュさんが「おてんばコロニー」ですって。

でもね、ゴーシュさんは後ろに見えている十字架がぐらぐらになっているのも全部分解して直してくれたし、ゲストハウスの戸棚のドアや背が壊れていた椅子も直してくれたんですよ。

a0202012_15225647.jpg
takumaさんのバリトンサックスの低音が響いてかっこいい!

久々tatsuya君のギター弾き語りを聴けましたがtakumaさんがジャンベで雰囲気を高めてくれました。tatsuya君のピアノ弾き語りも「初めて聴いた」と先生たちは喜んでいらっしゃいましたよ。

プログラムなんかなくっても、そこでその時できることを楽しんで行くというとっても創造的なコンサートでしたね。

a0202012_15234266.jpg
竹浪明さんのご家族もいらしてくれて一年ぶりの嬉しい再会となりました。

帰り道はいつものように御殿場インターからではなくて新富士インターまで違う道で行ってみたので御殿場から見る富士山とはちょっと角度が違います。
a0202012_1524666.jpg
愛媛ナンバー効果なのか、たまたま出会う道行く人がにこやかに挨拶してくれたり「茶畑の方へ行くともっと綺麗に富士山が見えますよ。」なんて教えてくれる人もいました。

御殿場の皆さん、そして富士山にもごきげんよう~、またね~。ゴーシュさんが交代で運転をしてくれたので今回はスムーズで楽しい往復の旅でした。

木星舎クリスマスライブ
クリスマスならではの曲、木星舎にちなんで星の曲などを奏でたいと思いますので、きっとライアーらしいサウンドを楽しんで頂けるでしょう。

12月14日(日)14時から 木星舎(新居浜 一宮神社の前の建物の二階)1000円(フリードリンク)
[PR]



by makanaluon | 2014-12-09 07:46 | ワークショップ | Comments(0)

音楽ワークショップ(御殿場)

a0202012_1253579.jpg
このバラは昨年5月、丁度同じ時期に東へと向かう時に初めて咲いて出発を見送ってくれたのでしたが、今年はぐんと背が伸びた綺麗な姿に挨拶をして出かけました。昨年のはコチラ

a0202012_12543386.jpg
車で御殿場までは10時間以上かかります。この時期は晴れていてもかすんでしまって、なかなか富士山をくっきり見ることはできないのですが、車の中から見えたっ!昨年末のクリスマスコンサート以来だったので今回は特に会えた嬉しさがひとしおでした。

a0202012_1255691.jpg
久しぶりだったからいつもよりとてもとても大きく感じました。

横浜にいた頃は家の窓から富士山は見えていたし、東京にいた頃も何となく風景の隙間から日常的にどこからでも、、、駅のホームやビルの上からもその姿を見ていました。そして毎月訪れる御殿場では季節ごとに変るその姿を贅沢に味わってきたわけですが、愛媛の自然の豊かさを堪能しながらも富士山だけは時々恋しくなります。

西条から眺める石鎚山系の山並みの重なり具合の美しさには初めて来た時から、そして今でも感動しますが、単独峰の富士山の素晴らしさはやはり改めてスペシャルだと感じます。

a0202012_12554065.jpg
これは毎度おなじみですが、御殿場コロニーの庭からのショット。

a0202012_12563540.jpg
いつもこのゲストハウスに泊めて頂くのです。

a0202012_12571795.jpg
まるで踊っているようで愛らしいですねぇ。お庭をぐるりと周って花たちにも一通りご挨拶をします。

a0202012_12574987.jpg
おーっ、赤、、、背景がこんなだったので不思議な写真になりました。

a0202012_12581963.jpg
CD「銀河の岸」のジャケットには竹浪明さんが撮影してくださった花と雫の写真の中から選びましたが、たぶんこれと同じ花じゃないかと思います。雫型の花にたくさんの雫が付いていたので雫型のライアーのイメージにいいと思ったのですが、今回この後「光と緑の美術館」でのコンサートの時に「ジャケットの写真がいいから」と言ってCDを買ってくれた人がいました。

a0202012_12585665.jpg
コロニーを出て少し行った所からの富士山は広い裾野が見えて素晴らしいです。

(今月のワーク)
新しいお仲間のhirotaka君は初めてにもかかわらず楽しく積極的に参加してくれました。独特の身振り手振りをしながら歌うその姿はなかなか魅力的でしたよ。

naoto君は元職員の方の手創りのアルペンホルンをずっと吹きっぱなしでご機嫌です。yukikoちゃんがピアノを弾くと「頑張って!」と声援していましたが、いつも自分を見せることにばかりに一生懸命(?)なnaoto君が客観的にお友達を見たり励ましたりできるようになりました。yukikoちゃんは初めてピアノでグリッサンドを綺麗に弾いてくれたのでnaoto君とのコラボを促したらとってもすてきでした。hirotaka君がホルンを手にした時はnaoto君はご機嫌斜めになってノーを示したので「教えてあげれば?」と言ったら気持ちを切り替えて教えてあげることもできましたね。

moriya君が初めてピアノの前に座って何もすることができなかったので、最初は後ろから手を持ってあげて一緒に弾きました。一旦それで終えて他の場所に行ったのですが数分後にふと見ると、今度は自分から進んでピアノの椅子に座って両手の指を自由に動かしながら弾き始めたのには驚きました。僅かの時間で見せてくれた変化が感動的でした。

fukashiさんは体育館に入って来る時から柔らかい笑みを見せていて、ワーク中もずっと微笑んでいました。ピアノはいつものように優しいメロディを奏でてくれましたがギターを抱えた姿を見たuta先生が「おっ、いいね」と。

mitsukoさんはライアーの「浜辺の歌」に合わせてとても優雅に踊ってくれて、「リンゴ追分」も綺麗に歌ってくれました。

satoshi君はいつも自分の決めている数曲の長いメドレーになってしまうのですが、今回初めて最初に「二曲だけにしてくれる?」と聞いたら納得して二曲でちゃんと終わってくれましたね。始まってしまってから「じゃ、後一曲ね。」と言ってもなかなか切り替えることはできなかったのですが、始まる前にお約束すれば大丈夫なんですね。私の来月のバースデーのためにもお手紙を書いて渡してくれてありがとう。

mikiちゃんはいつものようにビートの利いたリズムでダイナミックにダンスを繰り広げていましたが、トイレに入っても踊っていましたね。saoriちゃんも絶好調にノリノリ♪

今回は5か月ぶりだったので、皆さんがとても楽しみに待っていてくれたことがよくわかって嬉しかったです。二日間ともたくさんの参加で笑顔と共に盛り上がりましたね。実習生の方もかなり感激してくれて「ワークに参加できて本当にラッキーでした。」と言ってくれました。

また会える時まで元気でね~~。
[PR]



by makanaluon | 2014-05-22 15:58 | ワークショップ | Comments(6)

チャペルコンサート&音楽ワークショップ(御殿場)

a0202012_15511080.jpg
愛知での三日連続のクリスマスイベントを無事に終えて御殿場へ。

雲一つない真っ青な空に、久しぶりにくっきりと白い富士山に会えました。

a0202012_1554294.jpg
寮の壁に映る木々の影が美しいですね。

a0202012_15543450.jpg
一年ぶりのチャペルコンサートです。

a0202012_15553525.jpg
こんなにかわいいポスターを作ってくれました。

a0202012_15561791.jpg
チャペルの入り口のドアの上にあるリースがようこそと迎えてくれました。

a0202012_15565575.jpg
毎年ハプニング続きですが、今年はどんなクリスマスコンサートになるでしょうか?

a0202012_1634665.jpg
御殿場コロニーでの音楽ワークも20年目と言うことで今年のチャペルコンサートにはとりわけ深い感慨があります。

a0202012_16103267.jpg
絵本の読み聞かせの時になぜか突然harumiちゃんがステージに上がって来て、その後こんな風にやはり何とな~くごしゃごしゃで、、、、これぞコロニーならではの何でもアリの風景。ぜ~んぜん静かじゃない「静かなクリスマス」も歌いました♪

a0202012_1615911.jpg
庭のもみじが初冬の光に照らされています。

a0202012_16154688.jpg
20年の歳月を共に歩んで来られたことに改めて感謝です。その間に何人もの仲間が天国に召されました。そして今年逝ったtomokoさん、kimikoさん、eikoさんの追悼も兼ねてコンサートの曲を選びました。tomokoさんとeikoさんはいつもピアノで「いつくしみ深き」を弾いてくれたので皆で歌って、eikoさんは美空ひばりが好きだったので「リンゴ追分」も聴いてもらいました。

(今月のワーク)
fukashi君がピアノの蓋を開けて柔らかく微笑みながらやさしいメロディを奏でます。いつもは少し弾くとすぐにパタンと蓋を閉じてしまいますが、いつもよりずっと長く弾いたし、何回も何回もピアノの所に行きました。ギターを抱えてぽろ~んと鳴らしながら歩き周る姿はまるで流しのようで先生たちは思わず笑ってしまったようです。

satoshi君はコンサートの時は心得ていて、ステージでは「幸せなら手を叩こう」一曲だけ歌っただけだったので密かにほっとしちゃったけど、、ワークでは嗚呼止まらない、やめられない、、、延々と、、、やはりいつものようにラストのチェッカーズまで行きつかないとダメ??

yukikoちゃんはピアノを情熱的に弾いた後、鉄琴と木琴の前にずーーっとしゃがみ込んで彩り豊かにとっても楽しそうに鳴らし続けていましたよ。

hiroeちゃんが珍しく、、いやおそらく初めて、自分から進んで立ち上がって太鼓の所までやって来て叩きましたね。20年間、こうして毎回たくさんの「初めて」に出会って来ました。それはとても感動的なことではあるけれど、何かが起きても、例え何も起きなくても、ただそこに共にいられることがしあわせです。

harumiちゃんも穏やかな表情でその場にいることが嬉しくて仕方がない様子だし、kyohei君もご機嫌、binちゃんはいやだいやだと言いながらも「明日もある?」と何回も聞きながらずっとその場にいてくれる。

皆の明るい笑顔にほっこり温まりながら今年のよい締めくくりができました。また会える時まで元気でね~。

さて、旅はこの後東京、神奈川へと続きます。

(愛媛でのクリスマスコンサート)
12月21日(土)14時より カラオケ喫茶ガール(今治市 共栄町 地図は旧名称ナイトガールで検索してください) 1000円(コーヒー付き)当初1500円でしたが、皆様に気軽にいらして頂きたいと言うオーナーのご配慮で値下げとなりました。

12月23日(月 祝)14時より 萬翠荘(松山) 1000円(小学生500円)
[PR]



by makanaluon | 2013-12-18 06:42 | ワークショップ | Comments(0)

音楽ワークショップ(御殿場)

a0202012_8393231.jpg
途中どこへも宿泊しないで愛媛から一気に御殿場へ車を走らせるとヨーロッパへの飛行時間とちょうど同じです。

まだ暑さは残っていたものの、やはりここは幾分涼しいようです。

a0202012_840856.jpg
夏の富士山もかっこいい!

a0202012_8404626.jpg
こんな風に楽しくウェルカムしてくれているのは、、、

a0202012_8411622.jpg
たんぽぽ寮。いえ、他の寮の皆さんたちも歓迎してくれますよ。

a0202012_842648.jpg
夏の名残のバラ。

a0202012_8424285.jpg
記念広場は色とりどりの花でいっぱい。

a0202012_8431018.jpg
ひまわりが青空に向かってまっすぐに顔を向けています。

a0202012_8434778.jpg
調理場の前にはこんなお花も咲いていました。ナスの花でしょうか??地味だけど綺麗ですね。

a0202012_8442487.jpg
何とな~く軽井沢を思わせるチャペルの窓からの風景。ここも避暑地ですものね。

a0202012_8443577.jpg
はなにらも満開でした。と書いたら、さくら色さんからコメントを頂きました。はなにらは春で、よく似ているけどこれはタマスダレで別名レインリリーなんですって。

a0202012_845828.jpg
うぉーっ、とんぼの目。ワークでは毎回takahumi君は「とんぼのめがね」を歌います。今回もモチロン!ってわけで、、、

(今月のワーク)
今回はいつものお決まりのパターンと違ったものを見せてくれる人たちがいました。

harumiちゃんはワークの始まりの前に来て、必ず一通りピアノ、太鼓を叩かないと気がすまなかったけれど、今回「皆が来るまで待っててね」と言うとうなづいてじっと座って待つことができました。ずっと安定した表情としぐさを見せながらワークのひとときをたっぷり楽しんでいました。

satoshi君は歌う曲も順番も決まっていて長~いメドレーの中に、「アブラハムの子」は7番まで省略なし。今まで幾らお願いしても決して聞いてくれなかったけれど、「皆が順番待っているから一曲だけにしてくれる?」と言ったら、初めて「幸せなら手を叩こう」だけで終えてくれました。こんな風に切り替えられることもあるんですねぇ。

mori君が時々気持ちよさそうにのびやかな声をあげて歌って、、、hinaちゃんは嬉しさマックス!kyohei君も体を揺らして太鼓を叩きながらにっこにこ。体育館が満杯の人数で元気に弾けました!

途中で入って来たお姉さんは、、、まぁ、fuyouちゃん。春にブログにコメントをくれて感激しましたが、高校生になりました。職員のお子さんたちも時々ワークに姿を見せてくれたものでしたが、fuyouちゃんが弟さんとやって来て元気にタンバリンを叩いていたことを思い出します。

初参加のshin君は太鼓もダンスも軽やかに鮮やかに決めたけど、ワークが終わったら、あらあらしゃがみこんだまま動かない、、、帰りたくない、、、おやっ、涙がぽた、、ぽた、、。そこで「後一曲だけね」とお約束。毎回ワークが終わって皆が去った後に「ペッパー警部」を聴かないと決して帰らないnobuaki君のリクエストで曲が流れ始めると、、、shin君が立った♪皆が帰った後のスペースを一人占めして思いっきり踊ると満たされた表情でやっとバイバイ。

実習生の人たちも皆さんで歌ってくれました。あれーっ、harumiちゃんがいつの間にかお姉さんたちの中に立って一緒に歌っています。二日目も一緒に歌いたいとharumiちゃんが望んでくれたので又皆さんにお願いしましたよ。

tomokoさんが天国に召されたことを聞きました。マーガレットホームのお部屋に招いてくれたこと、いつも傘を持ってワークの場に来てピアノを弾いてくれたこと、皆に「幸せの王子」のお話を語ってくれたこと、、、最後に会ったのはベッドに横たわっている時でしたが、ライアーを奏でながらたくさんの歌を一緒に歌いました。突然「神共にいまして」を大きな声で歌うと、お人形さんを抱きしめながら「この子の名前はひかり、、、」と話してくれて何度も「ありがとう」を告げてくれました。たくさんの思い出を有難う、どうぞ安らかに、、、。

ここでのワークもやがて20年が巡ります。様々な思いがよぎりながら、こうして遠く愛媛へ引っ越した後も続けることができて感謝です。元御殿場コロニーの職員だった方たちが愛媛で施設関係をなさっているのでこちらでもまたご縁が続いているのも嬉しいです。先日もtakatsuka先生hirano先生が遊びに来てくれました。hirano先生は懐かしいtatsuyaバンドの歌を歌っていましたよ。

次は12月の初めにクリスマスね。それまで皆元気でね~。

お知らせ 9月21日(土)14時から(無料)坂の上の雲ミュージアムにて演奏します。
[PR]



by makanaluon | 2013-09-11 05:31 | ワークショップ | Comments(4)

音楽ワークショップ(御殿場)

a0202012_206173.jpg
東海市を出発して、kazukoさんが作ってくださったおいしいランチを途中でゆっくり頂きながら、御殿場までは余裕のドライブでした。

車が到着した途端にsatoshi君に「次はいつ来るの?」と聞かれてしまいました。理事長のめぐみ先生もにこやかに迎えてくださって温かい気持ちになれてほっと一息すると共に、20年目を迎えた御殿場コロニーの音楽ワークショップにしみじみとした感慨を覚えます。

赤ちゃんだったfuyouちゃんが高校生になって、先日ブログに初めてコメントをくれたことも思いがけずで嬉しかったですが、長い年月の思い出が様々によぎります。fuyouちゃんのように先生方のお子さんたちが、時折ワークショップに混ざってくれるのも新鮮でした。

a0202012_2073119.jpg
ボランティアさんたちによって、お庭や花壇のお花も次第に整えられて来ましたね。

a0202012_2082490.jpg
春から夏は晴れていても富士山は見えにくいですが、夕闇の中に幻想的にその姿を現してくれました。

a0202012_2091552.jpg
裏庭の緑は鬱蒼としてまるで森のようですね。今回はまだとても寒くてずっとヒーターとこたつが必要でした。

(今月のワーク)
始まる前からfukashiさんがピアノを弾いている姿に「誰かと思った、、」と驚きながら入っていらしたのはuta先生。fuashiさんはギターを抱えてポロ~ンとする姿もサマになって来ました。ワークが始まった頃、ベンチにただ座って胸元で手を合わせるようなしぐさをしながら、柔らかな表情を見せていたその頃は「ただ音楽を聴く」ことだけを楽しんでいましたね。

saoriちゃんはいつになく絶好調でピンクレディを軽やかに踊りまくり~♪その姿を嬉しそうに見ていたyukikoちゃんも刺激されて、ディジュボーンを吹きたくなっちゃった。

naoto君もsaoriちゃんのダンスを見て「やるね~」とにこにこ。「自分が見てもらうこと」ばかり大切(?)だったけど、こうして仲間の動きを楽しく眺めたり、「ほら、〇〇ちゃんが入って来たよ。」などと周りを見る余裕が出てきました。そしてもちろん、お気に入りのディジュリドゥを吹きます。でもこぶしを上げながら熱演をしすぎて、ああ、突然のパワーダウン。

絵本の読み聞かせをしてみましたが、keikoちゃんが手伝ってくれました。ひらがなもカタカナも上手に読めましたよ。

touchi君が三種類の太鼓で叩いた「カエルのうた」はなかなかすてきでしたがカスタネットも得意です。

nobuaki君はピアノはダイナミックに演奏できますが、今回はいつもと一味違って間に単音をうまく混ぜていく工夫を見せてくれてよかったです。

mikaちゃんは鉄筋をリズミカルに叩きながら「嬉しいね、嬉しいね、、」と言い続けていたので私も思わず一緒に「嬉しいね、嬉しいね」と。

kyohei君は終始ご機嫌な表情を見せていましたが、ディジュボーンをナルの反対側から持って揺さぶったり、耳に当ててみて面白くて仕方がない様子で顔をくしゃくしゃにして喜んでいました。大興奮で嬉しさマックス!その昔、廊下にうずくまってじっとしていたkyohei君をやっと体育館に誘っていた頃を思うと、今、太鼓を叩き、音楽に合わせて楽しそうにからだを動かしている姿に感無量になります。

今回は日程に余裕があったので、久しぶりにアウトレットまで出かけてみて、欲しかったものを幾つかゲット。

御殿場を後にして、東への旅は海老名、東京へとまだまだ続きます。
[PR]



by makanaluon | 2013-06-01 06:28 | ワークショップ | Comments(0)

音楽ワークショップ(御殿場)

a0202012_10512235.jpg
御殿場は寒くて雪もちらついた程で、花壇のパンジーも雨露に濡れています。

a0202012_1052269.jpg
でも露を帯びた花びらもかわいいですね。

a0202012_10523761.jpg
チューリップの蕾もあともう少し、本格的な春の訪れを待っています。

a0202012_10531499.jpg
この葉っぱの淵のピンク色がとても綺麗です。でも富士山が見えないのでどこの花たちかわかりませんねぇ。

a0202012_10535554.jpg
ああ、これでやっと御殿場コロニーらしい風景。

(今月のワーク)
二日間に渡ってた~くさんの人たちが参加してくれて、春の曲を色々歌いました。外は寒くても体育館の中は皆の笑顔で明るさがいっぱい♪

hinaちゃんは新しく入寮したryohei君のことをしきりに気遣っていました。いつも新しいメンバーやお客様たちが見えるとhinaちゃんなりの歓迎を精一杯表現してくれますが、何かをして欲しくて熱心に薦めるのです。ryohei君にもどうしても太鼓を叩いて欲しくて隣で教えるように一緒に演奏する姿はとても温かく微笑ましかったです。

yukikoちゃんはいつも最初はベンチに座っていて、それから積極的に前に進み出て来ていたのですが、今回はもう最初から太鼓の前に座ってノリノリで叩き始めました。ピアノもとても情熱的に熱演。hiromitsu君が指揮をし始めると、yukikoちゃんも前に出て一緒に指揮棒を振り始めました。

yokoちゃんはとても軽やかにチューリップをピアノで弾いたので先生が驚いていましたよ。

すっかりディジュリドゥが好きになったnaoto君。Naluと一緒に吹いた後「ああ、よかった、これはよかった、二本はいい、、二本がよかった、、」と満足そうでした。

昨年引っ越す時に「織物班」の人たちが織ったものを頂いて、我が家のスペースにもいい感じに吊り下げてあるのですが、今回また特別にたくさん頂きました。

と言うのはこちらでの七夕コンサート7月7日(日)14時より ふるさと美術古墳館)の時にステージをコロニーの織物で彩ったらすてきだと思ったのです。織物班の機織り機の名前は「織姫」なのですよね。

ちょうど10年前の七夕の日にドイツのゲルトナー工房でライアーを買いました。そして私のグランドハープの名は織姫ベガなのです。そんな流れとご縁の繋がりの中でコロニーの織物を使わせて頂けることが喜びです。「織姫」という曲も既に出来上がっています。

昨年の12月の初めの音楽ワークから三ヶ月以上もたっていたので、久々の時間がとても楽しく盛り上がりましたね。皆が待っていてくれることがひしと伝わって来るので、遠くて大変だけど又来なくては、、と思ってしまうのです。

次回は5月に行きますよ~。

七夕コンサートの前にまもなく翠松苑での「春風コンサート」です。優しい春風をライアーの音色でお届けできたらと思います。

4月21日(日)14時から 1000円 綱敷天満宮の駐車場に車を止めて松林を通って裏側の入り口からお入りください。

翠松苑の広いお庭の花たちはすっかり春の装いで皆さんをお待ちしていま~す♪
[PR]



by makanaluon | 2013-04-12 07:03 | ワークショップ | Comments(2)

チャペルコンサート&ワークショップ(御殿場)

a0202012_140481.jpg
御殿場コロニーの庭のアーチにひとつ残った赤い薔薇越しの真っ白な富士山です。町田から通っていた時にも毎回表情の違ったその姿に感動したものでしたが、はるばる愛媛から訪れている今、富士山を眺める時には格別の感慨があります。

a0202012_1414918.jpg
チャペルコンサートは今回何となく自然に「参加型」になって、コロニーならではのコンサートになりましたね。

布を持って踊ってくれることになっていたnaoto君がステージに上がると、yasuoさんもharumiちゃんもやって来ました。

「ぞうさん」で思わず立ち上がって踊りだしたakkoちゃん。「せせらっこ」も鳴らしてみたかったnaoto君に続いてyukikoちゃんもやってみたくなって積極的にステージへ。長いのと短いのと二本のせせらっこがすてきな響きを醸し出してくれました。naoto君は一番前の席に座っていたので色々なことを言って、普通の曲が続いた時に「クリスマスなんだからぁ、そうゆう曲を、、」。そこでシューベルトのアヴェ・マリアを演奏したら、にっこり頷いて「オッケー!」と言ってくれたので、ああよかった。

大好きな「さんぽ」や「きよしこの夜」で、み~んながステージにいた様子は「まるで聖歌隊のようだった」そうですよ。

翌日のワークも又楽しかったですねぇ。Naluのお誕生日を覚えていてくれたsatoshi君が前日「宣言」したように6枚の長いお手紙を渡してくれました。「6時半に起きて7時6分から書き始めた」そうです。そのことをうまく実行できた気持ちの昂揚感の続きをそのままに、いきなり長いメドレーが始まっちゃった。

いつの頃からか、演奏したい人たちが次々と順番待ちをするようになりましたが、今まで名前を呼ぶとやって来ていたnobuaki君が初めて自分から太鼓もピアノも演奏したのは嬉しいことでした。mikiちゃんもピアノまでピューッとすっ飛んで来て情熱的に演奏してくれましたよ。

ワークの終わりのご挨拶をしようと思ったら、そう、忘れていたことをhinaちゃんに催促されました。実習生の皆さんにも何か演奏して頂くのをhinaちゃんは毎回楽しみにしているんですよね。「森のくまさん」を歌ってくれてよかったわね。

体育館でのワークを終えた後、介護棟を訪問すると、tomokoさんがとても楽しみに待っていてくれて満面の笑顔で迎えてくれました。ベッドの横でライアーを奏でながら一緒にたくさん歌を歌いました。tomokoさんは高い張りのある声を精一杯出してとても嬉しそうでした。20年近く前に、まだマーガレットホームにいたtomokoさんがお部屋に招いてくれて色々なお話をしたことがありましたっけ。

お兄さんがプレゼントしてくれたというお人形さんを抱えていました。「この子はね、光なの、、、だから光子って言う名前なの。光をたくさん与えてくれるのよ、、」と。

a0202012_1431195.jpg
今年もたくさんのすてきな思い出を有難う。

さて、こちらではクリスマスイブに四国中央に演奏をしに行きますよ。元コロニーの先生たちも関わっている「ともカフェ」でお招きしてくださいました。

皆さんそれぞれのクリスマスのよい時を過ごせますように。又春に会いましょう。それまで元気でね~。
[PR]



by makanaluon | 2012-12-17 21:08 | ワークショップ | Comments(0)

音楽ワークショップ(御殿場)

a0202012_1544230.jpg
数か月ぶりに雪をかぶった富士山を臨む。

a0202012_15454723.jpg
御殿場コロニーの庭もそちこちに秋の音。

a0202012_15445878.jpg
でももうお花はあまりないなぁと、ぶらりとひろばを散歩していると「ここよ、ここよ、ワタシ、、」と呼ぶ小さな声の主は、親指姫も乗ることはできなさそうなかわいい薔薇。

a0202012_15421514.jpg
チャペルの壁に映る影もどことなく秋の気配。

a0202012_1540401.jpg
こうしてまた一つ季節が巡ってゆく。

(今月のワーク)
二日間ともにぎやかに、たくさんの笑顔が体育館一杯に広がりました。

mori君と一緒に参加できたhinaちゃんは嬉しくて嬉しくて♪太鼓を横にして、あっちとこっちから一緒に叩いてアンサンブル、、、のつもり。ピアノもとっても張り切っていつもよりリズミカル♪♪♪これもアンサンブル、、、のつもり。

mikiちゃんは、体の中から突き上げて来るビートでいつもかっこよく踊ってくれますが、そのノリでピアノも、ダンダーン!Naluが横から鳴らすディジュリドゥにますます盛り上がって声を出しながら熱く燃えた。

yukikoちゃんが太鼓に歩み寄ってずっと叩いています。ピンクレディでは最高に盛り上がってこぶしを挙げて「イェーイ!」と言いながらにっこにこ。

naoto君は「チューリップを吹く」と言ってディジュリドゥを持ったけど、、、えーっ、一つの音しか出ないのに、ど、ど、どーやって???ま、いいか、発想は面白いかもなのでやってみよう!ってことで、、、、なーるほど、、、確かにチューリップでした。つまり、ふふふ、メガホンのように使ってチューリップを歌ったってわけです。ディジュがすっかり気に入ってずっと吹いてました。

tatsuya君のタンバリンさばきがあまりに見事でぼーーっと見とれてしまった。太鼓を叩きながらかつてのオリジナルソングも雰囲気たっぷりに歌ってくれました。Tatsuyaバンドのメンバーで、その曲を一緒にCDに吹き込んだhirano先生は10月の愛媛でのライブに来てくれて10数年ぶりの嬉しい再会でした。私が楽器ケースにかけたnaoto君の織った織物を眺めながら「懐かしいなあ」としみじみ見ていたけど、tatsuya君の歌を聴いたらきっと感無量になってしまうでしょうね。

恒例のsatoshi君の長~いメドレーが続いて行くので「今日はたくさんいるし、皆が順番待っているからそこまでね」と言ったら、初めて素直に「はい」とマレットを渡してくれました。ふーん、そんな風に切り替えられる時もあるんだ。

実習生のお兄さんたちが手遊びで「こぶた、たぬき、きつね、ねこ」と「キャベツの中から」と歌ってくれて楽しかったわね。お兄さんたちのカラフルな靴下が何だか明るさを添えてくれていました。

次回12月4日(火)にはチャペルコンサートをしますよ。クリスマスソングを一緒に歌いましょう♪
[PR]



by makanaluon | 2012-11-04 06:29 | ワークショップ | Comments(0)

ライアー奏者のつれづれ
by makanaluon
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

プロフィール&リンク

最新のコメント

agrifishさん で..
by makanaluon at 07:09
咲子です。 はるくんの..
by agrifishx at 12:24
遊さん 貴重な展示会をあ..
by makanaluon at 19:11
PR有難うございます 昨..
by ギャラリー遊 at 08:14
チャイナカラーワンピース..
by makanaluon at 13:16
おはようございます~ ..
by チャイナカラーワンピース at 09:27
hamano-akiさん..
by makanaluon at 05:35
agrifishさん ナ..
by makanaluon at 06:35
花を愛でる暇もなく、どん..
by agrifishx at 10:55
agrifishさん あ..
by makanaluon at 05:32

最新のトラックバック

whilelimitle..
from whilelimitless..
http://www.v..
from http://www.val..
ガウディとグエルが夢見た..
from dezire_photo &..
ライアー奏者・作曲家・ま..
from La Dolce Vita ..
"Keep our Ho..
from La Dolce Vita ..
新しいCD『銀河の岸』完..
from La Dolce Vita ..

検索

ファン

ブログジャンル