カテゴリ:演奏( 135 )




第五回愛らんどコンサート

a0202012_6522072.jpg
自閉症協会主催のコンサートは5回目を迎えました。いつもスペースを彩ってくれる布は天の川のイメージでそこに七夕の飾りを留めました。
a0202012_6524942.jpg
横の壁にも貼ってみたらとても綺麗です。
a0202012_6531150.jpg
受付のテーブルにはブルーの布を掛けてお客様たちを待ちます。
a0202012_6533767.jpg
今回のオリジナル曲は、桜井の浜辺で空を眺めながら生まれた「そらのワルツ」、ニュージーランドの思い出の曲の中から「PAUA(あわび貝)」などを演奏しました。
a0202012_654747.jpg
このパーカッションはこういう場にはぴったり。後で皆さんも喜んで叩いてくれましたね。
a0202012_6543544.jpg
さぁ、皆で一緒にの時間が始まりました~。「アンパンマンのマーチ」や「さんぽ」などで楽しく盛り上がりました。
a0202012_655734.jpg
今回はキーボードをYさんが担当してくださったので私は自由に動けました。
a0202012_6553235.jpg
会場に来た時から、なぜかマイクを気にしていたS君が思いがけずMC役になってくれたので、楽しくなごやかに進めて行くことができました。
a0202012_6555830.jpg
それぞれの個性と表現が重なりながら皆で自由に創っていくひとときにわくわくします。厳密なプログラムもなく、その時々に「起きて行くこと」を受け入れながら自然に展開して行きます。

今回初めてのお客様の中に「テレビで見てからどうしてもお会いしたかったのがやっとかないました。」とおっしゃる方がいて驚きましたが、二年前あいテレビが丁寧な取材の上に「キャッチアイ」でオンエアになったものを見てくださっていたんですね。

自閉症協会との出会いは、たまたまクラス会の二次会でライアー演奏を聴いてくださった方からのご縁で始まったのですが、これからもこの地での様々な出会いを楽しみにしたいと思います。
[PR]



by makanaluon | 2017-07-04 05:30 | 演奏 | Comments(0)

Space Sacra にて

a0202012_16112187.jpg
SpaceSacra一周年記念の「川畑宜士展」でオープニング演奏をさせて頂きました。川畑先生のお人柄が溢れるゆるやかな雰囲気のご挨拶です。
a0202012_16114435.jpg
「皆さんこんにちは~。昨年に引き続き呼んで頂き光栄です。今治に来ての5年間でたくさんの出会いがありましたが川畑先生との出会いはとても嬉しいものでした、、、、先生とナルがダジャレトモダチであることは昨年もお話しましたが、その後それぞれのダジャレ街道を楽しく歩んで時々交差点で出会っているようです、、、、今回の作品に『水』がありますが、水の季節なのでオリジナルの『水の精』から演奏致します。これは今年の3.11の演奏を五百亀記念館でさせて頂いた時に五百亀氏の彫刻『水の精』に寄せて作曲致したものです。」
a0202012_1612593.jpg
川畑先生の作品に寄せた曲は二曲ありますが、今回は4つの作品からの組曲「雨、雪、花溜り、そしてトパーズ』を「水無月ライアー&ハープコンサート」以来、二年ぶりに演奏しました。

ラストには久々、オリジナルの「風をつかんで気球に乗って」を新しいパーカッションと共に演奏しましたが、ギャラリー伊万里のtetsujiさんが「アンコール!」と声をかけてくれたのでアンコール曲として「Over the Rainbow」を歌いました。

tetsujiさんと川畑先生に初めてお会いした時に海の虹を見たことを思い出します。ギャラリーブロッサムで演奏した時に、お二人がCDをとおっしゃってくださったのに手持ちがなかったので家に取りに行ったのでした。ギャラリーを出発の時にザーッと雨が振り出してほんの数分後、家の前に着いたらぴたりと雨が止んで海にかかる綺麗な虹!何と言う素晴らしいタイミング!!その後お二人にはお世話になりながら楽しくご縁が続いています。

a0202012_16122845.jpg
終了後のパーティは二手に分かれてこちらのギャラリーにはテーブルが長く置かれました。
a0202012_16125197.jpg
一方こちらのリビングでも楽しく賑わっていました。

a0202012_16132940.jpg
ギャラリー伊万里さんからこんなすてきな色合いのアジサイを頂きました。五年生になったお孫さんのkaito君が手渡してくれましたが会うたびに背がぐんぐん。初めて会ったのは一年生の時で、ギャラリー伊万里での演奏の時でした。終わった時にそっと近づいて来て「きれいな音だったよ。」と素直に伝えてくれた時のことをいまだに嬉しく覚えています。

その後、kaito君の詩「そっとうた」を作曲して、工作の顔三面ドラゴンからは作詞、作曲をしました。

a0202012_16135070.jpg
いつも工夫に富んだギフトを用意してくださる川畑先生から今回はブドウの鉢植えを頂きました。窓辺に置いたらとてもすてきです。

[PR]



by makanaluon | 2017-06-13 05:25 | 演奏 | Comments(0)

何ができたかな?

a0202012_14403741.jpg
布を貼ってキリンがデザインされているナルの新作です。

a0202012_14413187.jpg
これは糸でラインが描かれています。
a0202012_1442438.jpg
全体の図柄はこうですがこれは何でしょうか??
a0202012_14423732.jpg
パーカッションを載せる台でした。
a0202012_1443166.jpg
これは4月にようなるでのコンサートでようなるのための新曲「ようなるのうた」のバックを務めましたが、その時はまだ台はありませんでした。

6月の「川畑宜士展」で台座ごとデビューし直します。昨年川畑氏の展示会でSpaceSacraがオープンした時も演奏をさせて頂きました。その後Sacraでは様々な展示会やイベントが行われながら一年が巡りました。

6月10日(土)16時半から 無料
ライブ後にサンドイッチ、コーヒー、紅茶でオープニングパーティをします。

a0202012_14434695.jpg
「日本画より遠く離れて」という展示会ですが、自由な発想をお持ちの川畑氏の作品が楽しみですね。「里海」と題されたこれは布を重ねて波をイメージしているのでしょうか。ギャラリーにはこういった作品が並ぶようですが、リビングには日本画も展示されるようです。
a0202012_14441139.jpg

[PR]



by makanaluon | 2017-06-03 15:15 | 演奏 | Comments(0)

済生会での演奏

a0202012_13402441.jpg
腎友会の30周年記念ということで今治の済生会病院で演奏させて頂きました。

「皆さんこんにちは~。5年前の丁度今頃、今治へ引っ越して来ました。ウグイスたちに歓迎されて、今の時期は家の真正面の位置に太陽が来ているので窓から見る海のサンライズに感動でした。色々な場所で演奏させて頂きながらたくさんの方たちと出会うことができました。」
a0202012_13405194.jpg
皆さんと一緒に「花は咲く」「瀬戸の花嫁」を歌いました。
a0202012_13411632.jpg
「本当に音の雫という感じの音色ですね。」と言われました。

a0202012_13414351.jpg
たくさんのご縁を頂きながらここまで来られたことに改めて感謝です。六年目に入る今治での日々はどんな風に展開されて行くのでしょうか?今後ともよろしくお願い致します。

お知らせ
a0202012_14374486.jpg

[PR]



by makanaluon | 2017-05-15 14:36 | 演奏 | Comments(0)

祭りの後で

a0202012_152941.jpg
お祭りが一通り終わったので一旦家に戻ってからくじ引きをしに再度神社へ出向いて翠松苑へ白雲木を見に行きました。
a0202012_1523755.jpg
三日前に様子を見に行った時は到底こんなに咲くとは思えなかったのだけど、まだ少し蕾はあるもののほぼ美しく満開でうっとり~♪

a0202012_153264.jpg
たった一本だったけど、この綺麗な色に惹き込まれます。
a0202012_1533422.jpg
翠松苑に泊まっていたオーストラリアからのご夫妻を囲んで10数名が集いました。神社ではまるでランドマークのようだったほぼ2メートルのロバートはお祭りの混雑の中でもカメラを構えるには都合いいですねぇ。何のお約束もなく「じゃ、また後で~」だけであっという間にこんなにたくさん集まってしまうのは桜井の実力。でも一体何人が来るのかはいつもドアをあけるまでわからないのも桜井流。

何と私の小学校時代の友人も思いがけなく参加してくれました。お姉さまとは桜井に引っ越して来た時からお会いしていてコンサートにもいらしてくださっていました。東京出身ということは知っていたけれど、ある日私と小学校が同じだと言うことがわかってびっくり!さらに二年下の妹さんは私と四年間同級だったこともわかってびっくり、びっくり!!こんな奇遇もあるんですねぇ。そして以前にこちらで再会を果たせたけれどこの日は連休を利用して訪れていたのでした。
a0202012_1541917.jpg
ライアーはドイツ生まれでヨーロッパ育ちだけど、このライアーに限ってはオーストラリア製と言うご縁です。そしてオーストラリアの楽器と言えばコンサートでもすっかりおなじみになったディジュリドゥなのでもちろんナルは吹きましたよ。
a0202012_1545244.jpg
ハープのオリジナル曲も聴いて頂きました。
a0202012_1552098.jpg
二歳のmiraiちゃんはパーカッションがお気に入り。しっかり立った後ろ姿はなかなか堂にいってますね。
a0202012_1554664.jpg
ハープにも興味津々。
a0202012_1561485.jpg
でもちょっと大き過ぎるのか、やはりまたパーカッションに戻ってしまいました~。

そして、一旦広島へ行ってから戻って来たロバートたちが愛媛を去る前日も夕食を分かち合いながら楽しく深く語り合いました。お二人のダイナミックなチャリの旅、様々な「考え方」、芸術について、はたまた英語や日本語の言葉の概念などについてなどなど。別れを惜しみつつしっかりハグ。

思いがけずのすてきな出会いにオーストラリアからのライアーとディジュリドゥも彩りを添えてくれました。

[PR]



by makanaluon | 2017-05-09 15:06 | 演奏 | Comments(0)

ようなる春風ライアーコンサート

a0202012_8264435.jpg
ヘルシーカフェ「ようなる」でコンサートが行われました。
a0202012_8271436.jpg
手作り感いっぱいのお菓子がお客様のために用意されていて、これにクッキーと生八つ橋もセットで添えられました。
a0202012_83832.jpg
控室には伊藤さんが今まで学んで来られたお料理本がぎっしり!あるイベントでお子さんのアレルギーの話を聞いたことがきっかけでマクロビオティッククッキングを学ぶようになられたようです。普段のカフェでも子供さんたちを大切に受け入れていらっしゃるので二階は子連れのママさんたちがランチをしているようですが、子供用のいつもの遊び道具はここに隠れてくれていてコンサート用のスペースができていました。
a0202012_8275894.jpg
「皆さんこんにちは~。今日はお子さんたちも一緒の『ようなる』らしいコンサートで嬉しいです。」。普段ママさんたちは子連れでのコンサートはなかなか行けないと思うので貴重なひとときです。

a0202012_8283724.jpg
40名ほどの大人のお客様たちに子どもたちも加わってライアーに耳を傾けてくれました。
a0202012_8294970.jpg
ディジュボーンを使ってぞうさんの鼻のように揺らしたり、ブォーーッと吹いての「ぞうさん」は子供たちには大受けです。絵本「おれさまはネコだぞ!」を読んで「猫ふんじゃった」も弾きましたよ。
a0202012_830474.jpg
この日のために「ようなる」の曲を作りました。、、、と言うよりある日突然、ことばとメロディーが同時に生まれたと言った方がいいかもしれません。新登場のパーカッションと共に歌います。かわいい坊やも興味津々。

「ようなるのうた」 詞曲 まかな瑠音
ようなるようなるなるなる実がなるなるなるまぁるい実がなるようなる
おひさまきらきら降り注ぎ 両手にいっぱい ポケットいっぱい まんまるいっぱい笑顔がいっぱい
だ~れにあげようあの子にあげよう やさしい風の子守歌 あしたのいのちが膨らんで
ようなるようなるなるなる実がなるなるなるまぁるい実がなるようなる
だ~れにあげよう みんなで分けよう

さて、ブルーベリー農園「瑤成(ようなる)」では夏には健やかに実がなるでしょうか??
a0202012_831930.jpg
いつも記念撮影は撮ったことはなかったのですが、この日写真を撮ってくださるようお願いしていたgodaさんが促してくださいました。

a0202012_8313663.jpg
伊藤さんと初めてお会いしたのはたまたま出かけた今治のイオンモールのジュース売場でした。ちろりん&ナルがワインの試飲をしている時にちろりん奥さんfusakoさんと私はジュース売場に行って出会ったご縁でした。その時に「うちの二階でコンサートを」とおっしゃってくださったことがこうして実現しました。

トンボ玉アクセサリーを作るfusakoさんに、この所イヤーフックを作って頂いてます。この日はピンクでお願いしましたが、ピアスをしない私には片耳に掛けるだけのコレが有難いのです。

a0202012_9164324.jpg
打ち上げ用にも思いがけなくたくさんのごちそうをご用意くださって感激でした。この後も次々と色々なものが並べられましたがパンもジャムもドレッシングもそれぞれ味わい深い手作りです。ピザも何種類も焼いてくださってマクロビオティックの健やかな味をたっぷり堪能させて頂きました。

うららかな春の日にすてきな時間を分かち合えたことに、伊藤家の皆さん、いらしてくださった皆さんに心から感謝です。
[PR]



by makanaluon | 2017-04-24 16:20 | 演奏 | Comments(0)

3・11復興祈念コンサート

a0202012_1752172.jpg
五百亀記念館にて、3・11復興祈念コンサートを致しました。
a0202012_1761275.jpg
部屋の中からお壕と噴水を臨みます。
a0202012_1764051.jpg
下見に行った時に、五百亀氏の彫刻の並ぶここでも音の響きを試してみましたが、より響きのよかったこの奥のスペースで演奏をすることになりました。

a0202012_1771479.jpg
五百亀氏の作品をこうして設置してくださいました。今回の演奏にあたって、何か作品とコラボができたらと思い、事前に資料を調べて、タイトルの「水の精」とその作品に惹かれてこれを選んだのです。

これは五百亀記念館所蔵のものですが同じものを御船川緑道で見ることができます。
a0202012_1774580.jpg
「、、、今日は共に祈りを分かち合う日です。皆さんの思いを受けとめてライアーの音の雫にのせて放って行きたいと思います。、、、」
a0202012_178267.jpg
震災の年の7月に初めて西条のコンサートで訪れた時に水の美しさに感動して作曲した「川辺にて」をミニせせらっこと共に奏でている所です。
a0202012_1785879.jpg
格別な感覚が湧き上がりながら「水の精」を奏でました。清らかな水の流れがありますようにと祈りを込めて、、、。
a0202012_1793357.jpg
そして「森の精」の出て来る「もののけ姫」をディジュリドゥと共に演奏しました。東北の森も四国の森も健やかに息づいて行きますように。
a0202012_1710229.jpg
様々な私の体験や思いを語りながらプログラムが進めて、「花は咲く」では「花は花は花は咲く、、、」の部分を皆さんにも和して頂きました。そしてラストに「ふるさと」をご一緒にと思ったら、、、「えっ、えっ、何ですって??、、、ああ、水は清き西条と歌うのね、、、ではその歌詞が出て来る三番までしっかりと、、、」と言うわけでフィナーレを迎えました。

6年目のこの日、ナルと私にとってもですが、それぞれが感慨を持って受け止めてくれたひとときとなったことを感謝致します。

お知らせ)3月19日(日)2時より 下北沢ハーフムーンホール「春風ライアーコンサート」のチラシをご希望の方はmakanaluon@gmail.comへ。

[PR]



by makanaluon | 2017-03-13 14:10 | 演奏 | Comments(0)

毎日新聞の取材記事より

a0202012_1301765.jpg
5年前の3月の初めにこの家を初めて見に来た時に、庭でこのさくらんぼの桜が迎えてくれたのでこれが花開くたびにしみじみ感慨が湧き上がります。

a0202012_12593286.jpg
毎日新聞さんが、3・11復興祈念コンサートについて取材してくれたものが8日に掲載されました。
a0202012_1314529.jpg
6年前はまだ東京在住でしたが、3月11日はライアーと共にニュージーランドを訪問していた時で、マオリの人からそのことを聞かされました。もし東京にいてもきっと怖い思いをしたと思いますが、海外で知ったというのは大変なショックでした。繰り返される津波の映像とごくわずかの断片的なニュースのみで細かいことはわからなかっただけに大きな恐れと不安の中にありました。ニュージーランドやヨーロッパからの人たちからやさしい労りを見せてもらいながらも、深い悲しみのまま残りの日々を過ごして重い心を携えて帰国したのでした。

そして、その年の夏に訪れた西条でのコンサートがきっかけで、翌年思いもかけず今治へ引っ越すと言う流れが生まれました。
a0202012_1321963.jpg
尊いいのちを一瞬で奪われてしまった人たち、そして今もなお大きな悲しみと共に懸命に生きている人たちに思いを寄せながら祈りの時を分かち合いたいと思います。

a0202012_132405.jpg
[PR]



by makanaluon | 2017-03-10 14:20 | 演奏 | Comments(2)

今治国際ホテルにて

a0202012_16322386.jpg
今年になってから、ハープは三回目のお出かけです。いつもカヌーイストのmurakamiさんが快く運んでくださることに感謝です。

a0202012_16333679.jpg
ここはもう国際ホテルのエレベーターです。とーーーっても広くて3850キロまでOKのようで新車も展示会のためにここから運ばれます。
a0202012_16325695.jpg
エレベーターはきらきらクリスタルホールのすぐ横へ到着です。

a0202012_6571952.jpg
結婚披露宴などがなされるためか金屏風が設置されていますね。murakamiさんがハープの位置、角度のアドバイス、音の響き具合まで率直に伝えてくださるのでとても心強いです。

a0202012_16344754.jpg
豪奢な広いお部屋はこれからいらっしゃるお客様の宴会の準備がなされて行きます。

a0202012_16364853.jpg
全国組織の会の記念旅行ということで60名程のお客様が日本各地からいらっしゃいました。四国の旅のひとコマとしての宴のひとときに呼んで頂けて光栄です。今回は地元の皆さんへではなく他からのお客様へですので、私も愛媛県人としておもてなしする側の役割を感じました。愛媛へ来て4年半たって、やっとそういう立場になれたことにしみじみ感慨が湧き上がりました

a0202012_16352316.jpg
華やかな宴のステージで演奏させて頂けてハープもしあわせですね。
a0202012_16375441.jpg
この日はハープ演奏をとのことでしたが、せっかくですのでライアーの響きも味わって頂きました。

宴が続いて行く中でバックに奏でるイメージでいましたが、皆さんが音に引き込まれるように集中して、あまりにも静かに耳を傾けてくださったのは予想外のことでした。MCの方もそんな様子に大変驚きの面持ちで「水を打ったように、、、」という言葉を繰り返していらっしゃいました。

普段身近に聴く機会のない音色が新鮮だったからだと思いますが、質の高い心地よいテンションの中で音を放って行けたのは音楽家冥利に尽きることでした。雰囲気がよかったのでトークも楽しくなごやかに進めて行くことができました。いわゆるコンサートとは違うと思っていたので全く予期していませんでしたが、自然に心からのアンコールの拍手を送ってくださって有難かったです。

終了後、皆さんが口々に感動を伝えてくださったこともとても嬉しかったです。旅の彩りとして、よい思い出の一頁にして頂けたら幸いです。

準備、リハの段階からホテルのスタッフの方々の丁寧な対応をしてくださいましたが、様々なご配慮にもお礼申し上げます。

[PR]



by makanaluon | 2016-11-20 07:23 | 演奏 | Comments(2)

ひねもす一周年記念コンサート

a0202012_15531293.jpg
ひねもすの一周年記念コンサートで演奏させて頂きました。二カ月程前に、皆さんにお知らせしようと思った寸前に、何と40席が完売になり本当に有り難いことでした。お店にチラシはありましたがキャンセル待ち受け付けの状態でしたので予告は控えさせて頂きました。
a0202012_15533593.jpg
今回は特別な企画として、今までギャラリーに展示されたことのある作家の方たちがそれぞれ一点づつ出品なさっています。とても素晴らしく見応えがあります。
a0202012_1554995.jpg
お洒落でチャーミングな奥さまのyurikoさんが皆さんへ一周年の感謝のご挨拶なさっています。

a0202012_15543281.jpg
「今治へ来て4年半たちました、、、西条でのコンサートに訪れた時に豊かな自然と皆様の温かさに触れました、都会に生まれ育った私たちですが、地方を味わいたいと思うようになって愛媛への移住を決めました。親戚も友人もいないのに、なぜ今治だったのかは、、、グランドハープもありますし、ナルもたくさん楽器を持っているのでそれらを置ける家を探して見つけた所がたまたま海辺で今治だったのです、、、」
a0202012_1555954.jpg
いつものゆったりしたひねもすの空間がぎっしりです。
a0202012_15565812.jpg
「私は虹にとてもご縁があっていつもここぞと言う時に虹が出るのです。それは祝福やOKのサインだったりするのですが、虹の出た日にお会いした方とはとてもご縁があるようです。yurikoさんとお嬢さんのkanakoさんが初めて我が家にいらした日も海に虹が出たのですよ。」とお話しましたがその日の虹はコチラ。そしてオリジナル「海の虹」を弾きました。もうひとつスペシャルな曲として、この日のために「ひねもす」と言う曲を作詞作曲しました。
a0202012_15572849.jpg
これは少し前のひねもすの窓からの風景です。この窓辺に座ってお食事を頂いていると緩やかに時間が過ぎて行きます。とても穏やかな気持ちになれるこの窓からのイメージを借りて曲を作りました。私の家の二階のリビングにも横長の大きな窓がありますが、そこから見えるのは畑ではなくて海です。わざわざ窓辺に座らなくても、ひねもす、、、自然に海が目に入って来るので、「私のひねもす」をそこから発展させてみました。

「ひねもす」 詞曲 まかな瑠音
ひねもすゆ~らゆらり 窓から眺める青い海
波がお喋りざわめいて 光がダンスダンスダンス!

ひねもすふ~わふわり 砂浜に寝ころびまどろめば
貝殻が囁き夢を見る 魚がダンスダンスダンス!

ひねもすル~ラルラリ 弦を爪弾けば鳥も歌う
木の葉がそよいで手を振って風がダンスダンスダンス!

ひねもすゆ~らゆらり ゆらりふわりルラリ~~
マイタイム マイソング マイラブ

皆さんととても心地よい時間を分かち合えたことに感謝です。

ひねもすのランチは月替わりです。たとえば、9月は「お月見プレート」、10月は「まつりすし」でしたが、いつも美しい盛り付けと共に美味しいしあわせを楽しめますが、人気なので予約をした方がよさそうです。ご主人が入れるコーヒーも深い味わいです。ランチはもちろんですが、私はモーニングのひねもすご飯も大好きです。

今年は後幾つか演奏の機会はありますが、関係者のみなので皆さんにお会いできるのは少し先になります。

ついでながら、ギャラリー遊での「こんなもんでインテリアアートかい展」が11月10日から26日までの各木金土で開催します。ナルは今年も出品しますし、きっとユニークな作品が並ぶと思うのでよかったら足をお運びください。


[PR]



by makanaluon | 2016-11-08 07:38 | 演奏 | Comments(0)

ライアー奏者のつれづれ
by makanaluon
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

プロフィール&リンク

最新のコメント

最新のトラックバック

whilelimitle..
from whilelimitless..
http://www.v..
from http://www.val..
ガウディとグエルが夢見た..
from dezire_photo &..
ライアー奏者・作曲家・ま..
from La Dolce Vita ..
"Keep our Ho..
from La Dolce Vita ..
新しいCD『銀河の岸』完..
from La Dolce Vita ..

検索

ファン

ブログジャンル