カテゴリ:日々のつれづれ( 411 )




嬉しいギフトが届いた!

a0202012_1054625.jpg
御殿場コロニーからの織物ののれんの向こう側に美しいのれんが加わりました。福岡のお友達から送られて来たものです。以前におうちに伺った時に「すてきね!」と言ったので作ってくれたこの綺麗な色の布は何と蚊帳なんですよ。
a0202012_10545637.jpg
他にも嬉しいギフトをしのばせてくれました。これはお義父様作の小さな鳥かごですが横幅は6センチ程の長さです。
a0202012_1055325.jpg
これもお義父様作の箱です。篭も箱もとても手がこんでいてすばらしい職人技に驚かされます。
a0202012_10555810.jpg
そして、夜中に小人の靴やさんが作ったに違いないと思わせるかわいいおしゃれな靴はのれんと共にsatomiさん作。

a0202012_10562153.jpg
ストラップが付いているのは壁に下げました。
a0202012_1105528.jpg
ピアノの上の小さな世界に新しいギフトが仲間入りして楽しいです♪

余談ですが、こんなすてきなものをくださるこのおうちは、まるでミニ動物園。えーって思うような色々なイキモノたちがいます。物干し竿にもしぜ~んに蛇が巻きついていたりして。綺麗な模様でとぐろを巻いている蛇たちに直接触れたり手にのせたりしたのは人生初の画期的な出来事でありました。

でも、できれば手足は付いている方が好きなので、私のお気に入りは小さな恐竜みたいな子でした。

こちらに来てから色々なイキモノに出会うようになりました。ブログから「アカテガニだよ」とか、「僕の好きなオオミズアオ」と教えてくれたのはご主人のhiroshiさんです。佐賀で撮ったクモも「アシダカグモ」と教えてもらったわね。だけん、ここではもうなんぼでもおるけんね。タマゴを抱えたおかあさんに会った時は感動!

諸々オールファミリー元気かな?

[PR]



by makanaluon | 2017-03-23 07:34 | 日々のつれづれ | Comments(0)

春が一歩一歩

a0202012_14235035.jpg
アイリスがくっきりとしたお顔を向けています。

a0202012_14241869.jpg
こちらは旧暦なので4月3日までおひな様が飾られています。と、わかっていても小さい時から「すぐに片付けないとお嫁に行けなくなる」と聞かされていたもんで、やはり何だかあわてて(?)片付けてしまうのです。

これは西条で和紙を製造なさっている杉野さん作のおひな様ですが、シンプルでいいですね。ナルがディジュリドゥを作る時にも和紙や柿渋を頂いていますが、こういうものが身近で入手できるのが有難いです。

a0202012_14244435.jpg
トールペイントのおひな様もこうして下げると楽しいですね。

a0202012_14251889.jpg
翠松苑ではチンチョウゲがいい香りを放っています。
a0202012_14275120.jpg
白も清らかですてきです。
a0202012_14282583.jpg
さくらんぼの桜が我が家と同じように満開ですが、やはり実はならないようです。どうしてかなぁ。先日ギャラリー遊のmihoさんがうちに来た時に「こんなに大きくなったら実がならないでしょう?」と言ってたけどそのせいなのかしら??
a0202012_1429140.jpg
あっ、フキノトウ。今晩のお味噌汁に頂こうっと。
a0202012_14293114.jpg
ツバキもまだ綺麗ですが、侘助がかわいくて大好き。
a0202012_1430691.jpg
でも大輪のツバキをmitsukoさんが手折ってくれたので窓辺が華やかになりました。
a0202012_126565.jpg
オオカミ珈琲の葉ボタンの寄せ植えが綺麗な色合いです。

[PR]



by makanaluon | 2017-03-20 07:37 | 日々のつれづれ | Comments(0)

大阪からの訪問客

a0202012_13431965.jpg
大阪からの友人が早朝オレンジフェリーで到着するので早起きしました。カナダ留学斡旋のお仕事を営んでいるjunji君はカナダからの輸入住宅の我が家を見て「ほんまに赤毛のアンの家やね~」と感慨深そう。

オランダやオーストリアからの友人たちに京都を案内した時などにたびたび大阪でお世話になって来ました。

モーニングを分かち合いながら話が弾みます。「勘と縁と運が私の三種の神器でここまで来たの。」と言ったことにかなり共鳴してくれたみたいでした。きっとこれからも、カンエンウンでしょう。そしてもう一つ恩を忘れずに。

a0202012_1331850.jpg
お腹を満たした後は海へ。「ええなぁ、サッカー場が近くて、、こんな所で練習したら気持ちええやろな、、、おお、ほんまにまかなビーチやね。誰もおらへんし、、、」
a0202012_13313717.jpg
海はきらきらきら。「貝殻集めがこんな楽しいとは知らへんかったなぁ、、、」とjunji君。

a0202012_1332037.jpg
浜辺の心地よさに感動しまくり~。日本も海外も色々海も体験している人だけど、この静けさとこんなにもすぐ身近にあることが驚きなのね。
a0202012_13322930.jpg
梅の季節は過ぎたけどまだ綺麗な木も少しありました。

a0202012_13325491.jpg
「大阪城に梅園はあるんやけど行かへんしなぁ、、、」といつもと違った時間が流れて行くのを味わっているようでした。地元にいる時はやはりお仕事中心になってしまうのでしょうね。
a0202012_13331825.jpg
天満宮の境内をぶら~っと通り過ぎて海沿いの道に出ました。まぁるく曲がった松の向こうにいつも目の前に見ている平市島を臨みます。

この道は昔ながらのローカルな雰囲気なので遠方からのお客様たちはそれを楽しんでくれるようです。しかもここでも誰にも会わなかったことにjunji君はびっくり。

a0202012_13334118.jpg
おしゃれでおいしいカフェも随分できたけど、四国以外からのお客様にはやはり地元桜井の「志満」へとご案内します。

お刺身、天ぷら、釜飯とどれもにjunji君は「うまい、うまい」を連発しっぱなし~。そして「ああ、大阪にこんな店が欲しい、、、」と言いつつ大満足で松山に向かいましたとさ。めでたしめでたし。

[PR]



by makanaluon | 2017-03-16 20:22 | 日々のつれづれ | Comments(0)

鳥とともだち

a0202012_1715512.jpg
このかわいいこはナルが滴翠荘で草引きなどをして庭を整えている時にいつもやって来るそうです。

a0202012_1711317.jpg
ふ~~っくら。

a0202012_1723569.jpg
何とつぶらな愛らしい目でしょう。たまりませんねぇ。
a0202012_1731771.jpg
かなり近くに来て、ナルのことをじーーっと見ていて目が合うそうです。鳥と目が合う、、、そんなことがあるんですねぇ。
a0202012_174166.jpg
しかも何とナルが仕事をしている間、数時間もそこにいるそうです。

ニュージーランドで、一本の高い木の根本が祠のようになっていて願い事を書いて放り込むとかなうという場所がありました。後で何を書いたのか聞くと「鳥がたくさん来てくれますように。」だったので、ふ~~んと思ったものでした。うちにも色々な鳥たちがやって来るけど、「お願いごと」がここでもかなっているのかも??
a0202012_175355.jpg
滴翠荘のオーナーで彫刻家の加藤美津子さんの作品に「鳥とともだち」と言うタイトルのがありましたっけ。ジョウビタキは縄張り意識が強いらしく、このこは翠松苑の方にはやって来ないそうです。
a0202012_16584325.jpg
滴翠荘のクロッカスが春の光にまぶしそう。ナルがうらやましくなって私もぜひこのこに会いたいとやって来ました。
a0202012_16594730.jpg
やーーっと私がカメラで捉えた!よろしくね~。「ボク一人の時の方がもっと近くにやって来る」そうな。うーん、メスだからねぇ。「ボクが知らんぷりして仕事していると、こっち向いてって言うように鳴くんだよ」ふーーーん、そんなもんっすかねぇ。

a0202012_10395024.jpg
はろ~♪
a0202012_10404854.jpg
メジロたちがたくさんやって来るギャラリー遊さんの窓辺からです。

a0202012_10474255.jpg
カウンター前の小さな春の風景の中にフキノトウとツクシも見えますね。「名刺サイズの作品展」は3月11日までの各木金土開催です。

a0202012_7361083.jpg



[PR]



by makanaluon | 2017-03-07 15:16 | 日々のつれづれ | Comments(0)

春が来た

a0202012_1536692.jpg
は~るがきーた、は~るがきーた♪玄関前の桜草が華やかです。とっても寒い日もあって心配したけどよく頑張ったね!
a0202012_15364379.jpg
スロープにずらーーっと並んだこの風景が一年ぶりにかえって来ました。

a0202012_1537149.jpg
翠松苑からの水仙たち第二弾が今、庭のあちこちに咲いています。
a0202012_15374723.jpg
プランターのチューリップたちもぐんぐん!
a0202012_15381447.jpg
直か上のチューリップたちもぐんぐん!プランター7つの桜草、チューリップのプランター9つもぜ~んぶギフトで、さらに直か上用の球根数十個もユリと一緒に東からどーんと送られて来て、実に有り難く恵まれた環境で、今年も皆さんのお陰で「春が来た!」。色とりどりのチューリップの合唱が楽しみです。
a0202012_15444880.jpg
ポストの所の黄色い花たちも一年ぶりにこんにちは~。これ、チャイナカラーワンピースさんが二年程前に植えて行ってくれたんだったっけ?と言うわけで表庭も裏庭も相変わらずギフトの木や花でいっぱいだし、食卓の食材も皆さんのお陰で豊か、、、あっ、今ナルが卵頂いて帰って来たわ。

a0202012_15452957.jpg
あまり実用的とは思えない巣箱だけど、少しは役に立っているかしら?でもメジロ用のみかんはもうおしまいになっちゃうなぁ。


a0202012_7361083.jpg

[PR]



by makanaluon | 2017-03-04 07:10 | 日々のつれづれ | Comments(0)

ひなまつり

a0202012_19121589.jpg
以前にちょうどこの時期に東からやってきた友人のおみやげの手ぬぐいを壁にかけてみました。彼女が「椿が粋でしょ。」と言ってましたっけ。うん、そうね。

a0202012_19124142.jpg
その前におひなさまを飾りました。母から受け継いだ古いおひな様は小さな桐の箱に収まっています。

a0202012_1913119.jpg
翠松苑の椿がふくよかさを放っています。

a0202012_1913369.jpg
枝垂れ梅はゴージャス!
a0202012_16505121.jpg
天満宮の梅林の枝垂れ梅です。

a0202012_1651239.jpg
白梅がさわやかに満開!

a0202012_16515446.jpg
春の空に向かって!

a0202012_7361083.jpg

[PR]



by makanaluon | 2017-02-28 17:04 | 日々のつれづれ | Comments(0)

「夢の月」へ

a0202012_8571449.jpg
ちろりんご夫妻に誘われて初めて「夢の月」へ行きました。
a0202012_902038.jpg
看板うめちゃんにご挨拶。とってもいいこでかわいい。
a0202012_921639.jpg
では入ってみましょう。
a0202012_941172.jpg
ゆったりした和のスペースが心地よいです。

a0202012_952992.jpg
二人はおちょこの並んでいる所を眺めながら嬉しそう。お出しの味わいが絶妙と思わせる品々を堪能した後のデザートのプリンも含めておいしく楽しく1080円の満足感いっぱい。これにプラスのドリンクは半額。でもここでおちょこでは飲めないので、さぁ、桜井へ~。
a0202012_961228.jpg
昨年丹原へ移住して来た若き農業女子yonyonも初参加。新しい地での志を応援したいです。ハープとライアーの響きにも「夢のような時間でした。」と感動してくれました。今日は「夢の月」へご一緒したしねぇ。

a0202012_964882.jpg
皆で浜辺を散歩しながら貝殻やヒトデなどをそれぞれ拾います。
a0202012_9832.jpg
yonyonはうちに前日到着したばかりのパーカッションにトライ中。
a0202012_983426.jpg
今日は海へも連れてってもらえなかったしちょっと退屈しちゃったね。
[PR]



by makanaluon | 2017-02-25 15:30 | 日々のつれづれ | Comments(0)

食と花見

a0202012_15392145.jpg
こちらへ引っ越してからの約5年間で新しいカフェが随分できたたけど、地元桜井にViboがオーブンしたのはとても嬉しい。我が家から一番近いカフェです。
a0202012_1540282.jpg
今日も予約だけで満杯の様子。まぁるい赤いのは何かしら?週替わりのランチは品数豊富でひとつひとつ丁寧なおいしさで満足度一杯。友人たちとの他愛のない会話が弾みます。

a0202012_13334361.jpg
「たまには贅沢なランチしてみる?」と後日誘われて来たのは「すしグルメ」です。
a0202012_15412089.jpg
こんなプラスアルファの空間がゆったり贅沢な気分にさせてくれます。「廻る寿司でもこの辺のはおいしいけど、やはり廻らないのは落ち着くわねぇ。」
a0202012_154205.jpg
車を降りた途端に梅の香りが一杯に漂って来ました。「毎年来てるけどこんなに香ったのは初めてだわ。いつも満開頃だったけどこの時期はいいわね。」と言う玉川からのお友達。満開少し前の方が香りを放つのでしょうね。

「食べる」だけじゃなくて「花見」が加わると時間が豊かに広がります。綱敷天満宮の観梅会は終わったけどまだまだ当分楽しめます。

a0202012_15425642.jpg
赤もピンクも白もそれぞれすてきです。
a0202012_15444656.jpg
ここまで来たらついでに翠松苑ものぞいてみましょう。「こんな場所があったのねぇ。竹がこんなにたくさん切ってある。」「あっ、これ、この間ナルが切ったんだわ。」
a0202012_15434827.jpg
枝垂れ梅が見事です。

a0202012_13354164.jpg
椿もまだ綺麗です。今週もうひとつ「食べる」お誘いがあるけど初めての所は楽しみ~♪

[PR]



by makanaluon | 2017-02-22 13:36 | 日々のつれづれ | Comments(0)

ビーチへ

a0202012_1348086.jpg
天気がよくてぽかぽかあったかいからチャイナカラーワンピースさんが「まかなさんビーチ」と呼ぶ所へ行ってみましょう。すぐ目の前ですから、あっという間に到着。サッカーがある時以外はとても静かです。 ふーむ、どうやら今日もまかなさん一人占めビーチの模様。贅沢よねぇ。どーぞうらやましがってください。
a0202012_13483117.jpg
ソテツが花を付けてからおそらくもうかれこれ八か月くらいでしょうか。たびたびアップして来たけど、秋頃から白い雌花の間にちらほら実が見え始めて、そして今ではこんな感じです。15年くらいに一度咲く花らしいから次はと考えると、その頃私は、うーむ、、、。もちろん四国にはソテツもたくさんあるからどこかで出会えるのでしょうが、やはりまかなビーチのソレですから、せっかく今見せてくれている姿をしっかり見ておきましょう。
a0202012_1349188.jpg
海が青くてこんな天気の時には季節がいつだか区別がつきません。でも海の表情はいつも豊かに刻々と変化して行くので何度見ても感動するし決して飽くことはありません。波の音に耳をすませながら散歩すると至福の時間が流れます。
a0202012_13493275.jpg
せっせと桜貝を集めて、三つのお星さまたちと記念撮影。

a0202012_176898.jpg
数日後、周ちゃん広場の帰りに虹!肉眼ではもっとくっきり、そして大きな二重の虹だったけど、車の中からの写真では、残念ながらはっきりしませんねぇ。

虹は期待しても決して見られないし思いがけなく出会うものだけど、この日に限っては珍しく予感が、、、。いつも大きなコンサートの前には虹が祝福のサインを送ってくれるので、三月のビッグな二つの演奏と諸々を控えてそろそろかなぁと。スマホで捉えられる自信がなかったので、出掛けに急いでカメラをひっつかんでその気満々で出発。さて、雨は降ったり止んだりで、よし、いい感じ、、、周ちゃんを出た時に光が射して来たから、きっと来る来る、ひしひし、、、夕陽を背に車を走らせたら、、、ほらね~~っ♪

お知らせ
3月11日(土)午後5時半から 東日本大震災復興を祈念して 五百亀記念館 無料
3月19日(日)午後2時から 春風ライアーコンサート 下北沢ハーフムーンホール チラシをご希望の方はmakanaluon@gmail.comへ


a0202012_16191089.jpg

[PR]



by makanaluon | 2017-02-19 06:00 | 日々のつれづれ | Comments(0)

名刺サイズの作品展

a0202012_14501996.jpg
皆さんお待ちかね~。ギャラリー遊での「名刺サイズの作品展」がいよいよ始まりました。大好評だった昨年に引き続き第二回目です。今年はバックの色を黒に統一して、また昨年とはちがった趣ですが、作品が引き締まってくっきりと見えます。

a0202012_14511296.jpg
このコーナーに、まかな、ナルそして佐川町のhiro君の作品が並んでいます。
a0202012_14515647.jpg
まかなはコレと
a0202012_14523159.jpg
コレと
a0202012_1453442.jpg
コレ。えーっ、こんなんでいいの?って思うでしょ、いいんですよ。3月11日まで(各木金土)開催しているのでまだ追加受付もしてくれますから今からでも参加してみませんか?

a0202012_14535027.jpg
これは高知で毎年「田んぼコンサート」を主催してくれているひろしさんの長男hiro君の作品です。毎年コンサートでhiro君の描いた絵のしおりがおみやげになるのです。これらは幼稚園の時の絵です。
a0202012_14541873.jpg
一年生になって去年の「田んぼコンサート」のしおりはこんなに上手になっています。
a0202012_14545595.jpg
そして今年は弟のshin君が線画でデビュー!お父さんは昨年もhiro君と共に参加しています。
a0202012_14563641.jpg
お父さんによってタイトルが付けられていて「僕」と「花」。
a0202012_14552443.jpg
「みんなのうた」って言われてみるとナルホドそんな気がしてくるから不思議です。shin君は発達支援センターに通いながら4歳を迎えた所です。ご両親はゆっくりな成長を大切に見守っていて、私たちもshin君を愛おしく見て来ました。そんなshin君がボードに線画を描き始めたと言うことが、ひろしさんのブログに感慨深くアップされていたので私も嬉しくなって、それを写真に撮って名刺サイズに切り取って展示会にと提案しました。何か形にできればと思っていたひろしさんがそれを実現して、さらにタイトルを付けたことに眼差しのやさしさを感じます。

誰にでも開かれた場としてあるギャラリー遊さんにも改めて感謝致します。
a0202012_1456265.jpg
そしてお父さんの「まゆが目に」というユーモラスなタイトルです。名刺サイズの作品群には特にタイトルはないですが、名付けてみるとイメージが広がりますね。

a0202012_1501878.jpg
これらはナルの作品ですが、この他に石鹸を彫ったり、ベルトを利用した立体作品を出しています。
a0202012_1514811.jpg
「これがいい感じで好きだわ。」とmihoさんと話していたものがコレ。
a0202012_1523040.jpg
そのmihoさんの作品は河津桜とメジロをイメージしたものだそうです。

a0202012_1583780.jpg
これはナルが提出したものですが、実は今は亡きニュージーランドのマオリのおばあさんがナルに渡した自作のカードです。マオリは植物で編んで何かを作る文化がありますが、野原に座りながら彼女にその作り方を教えて頂いたことを懐かしく思い出します。

ナルへのカードには「あなたのしてくれたことに感謝、、、」とありますが、「ナルがおばあさんにしてあげたこと」はマッサージです。その後でとても足がよくなったらしく、ナルの再訪をとても楽しみにしてくれていたものでした。そしてライアーも楽しんでくれましたが、私へのカードには「決して音楽をやめないで」と書いてありました。「続けて」ではなく「やめないで」という言葉は今でも強く私の中で何度も繰り返されて響きます。

shin君のこともそうですが、こんな風にこの展示会は様々なものをもたらしてくれたり思い出させてくれます。

a0202012_153763.jpg
さてそんな素晴らしい展示会を主催してくれているshunmeiさんは今回も様々な作品を出されていますが、これらの一連の作品はしゃれた色合いで魅力的です。

a0202012_1534059.jpg
布の端切れや、もう使わなくなったものを使ったりなど、いつもアイディアを頂けます。古いアクセサリーや身近なものを新たに蘇らせるワザも持った方です。
a0202012_1544263.jpg
このyoshikoさんの作品、美しいでしょ。素材は何とトレーシングペーパーなんです。私のチラシからライアーを弾いている姿を描いて作ってくださったものは宝物ですが、先日「ヘルシーカフェようなる」へご一緒した日に遊さんに搬入なさるということで、たまたま作品をお持ちだったのでオーナーにお見せすると大感激していらっしゃいました。そしてその後早速「ようなるファミリー」は遊さんへ出向かれたようでした。
a0202012_1552070.jpg
川畑宜士先生の作品が窓辺の光を浴びながらでシンプルにそこに存在していました。名刺の紙をそのまま折って本にするというアイディアです。
a0202012_1561489.jpg
これは私のブログにも海の幸などと共にたびたび登場するakiraさんの作品です。どうやって作ったのか今度聞いてみたいですがおそらく気の遠くなりそうなくらいの根気と時間を要していると思えます。でも誰よりも早く、昨年の10月には提出していたんですよ。春夏秋冬4枚あってこれは秋ですがどれも驚きの職人ワザです。
a0202012_1564655.jpg
kazukoさんの作品がゆ~らりとスペースを息づかせていました。窓辺の向こうにはshunmeiさんの作品が木に下げられていて効果的なハーモニーが生まれていました。

kazukoさんとは町田に住んでいた時に出会って、その後私たちがこちらに来た翌年にご実家の西条に引っ越されて再びこちらでのご縁がこんな風に続いているのも嬉しいことです。幼かったneoちゃんはまもなく中学生になりますが、今回はおしゃまな言葉を添えた作品で参加です。

高知も町田もニュージーランドもようなるも、、、こうして遊さんの場で繋がって巡りながら紡がれて行きます。

今年も多彩な作品が並んでいますのでぜひ足を運んでみてください。

[PR]



by makanaluon | 2017-02-16 06:20 | 日々のつれづれ | Comments(6)

ライアー奏者のつれづれ
by makanaluon
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

プロフィール&リンク

最新のコメント

最新のトラックバック

whilelimitle..
from whilelimitless..
http://www.v..
from http://www.val..
ガウディとグエルが夢見た..
from dezire_photo &..
ライアー奏者・作曲家・ま..
from La Dolce Vita ..
"Keep our Ho..
from La Dolce Vita ..
新しいCD『銀河の岸』完..
from La Dolce Vita ..

検索

ファン

ブログジャンル