ブドウや虫のその後

a0202012_13243525.jpg
川畑先生からSpaceSacraでの演奏の時に頂いたブドウはその後窓辺でぐんぐん成長してツルと葉を広げています。

a0202012_13252439.jpg
こんな風に窓ガラスに張り付きながら伸びているのを今は「何だかすてき!」って見ているけど、このままどんどん行ってしまったらこの先、ど、どうしよう??

a0202012_13264712.jpg
ユリの一番奥に虫がいます。

a0202012_13271824.jpg
あっ、このこはいつもユリの所にずーーっといるんだけど今日はまだかな?
a0202012_13274068.jpg
そして次に見に行ったら、ほらっ、やはりここにいました。でもこれは一番最初に咲いたからそろそろしぼんでしまいそうだし、周りにもっと綺麗に開いているのもあるのに、この花が好きみたいでいつもここ。
a0202012_13283343.jpg
「同じ色した蝶が~舞い降りた~♪」は竹浪明さん作詞から作曲させて頂いた「しあわせの岸」の歌詞です。
a0202012_13293185.jpg
トマトの葉にとまるカメムシだけど模様はなかなか凝っていてシックですね。
a0202012_13301171.jpg
トマトはまだもう少しね。
a0202012_13311427.jpg
クモのダンスもそちこちで~。

a0202012_13315589.jpg
さて、窓の桟をステージにダンスのトリを務めるのは、、、たぶん尺取虫だと思うのだけど、尺は取らないゆ~らゆらダンス♪
a0202012_14344353.jpg
おっともう一丁、アンコールに応えて跳び出て来たのはヒップホップダンサーのカエル君。ピョンピョーン!
[PR]



# by makanaluon | 2017-06-25 05:10 | 日々のつれづれ | Comments(0)

庭の花たち

a0202012_836372.jpg
ヒナギキョウさん、我が家の庭へようこそ!!とっても嬉しいわ。ナルが「よく気づいたね。」と言うように5ミリ程の小さな小さな花。毎日そちこちでぽつりぽつりとお顔を見せてくれるけど、よーく見ないとわからない。浜辺には薄紫色の小さな世界が一面に広がっているのでうちにも増えるといいなぁ。
a0202012_14582148.jpg
これも何と愛らしいピンク隊でしょう。
a0202012_8373773.jpg
ビオラも光に顔を向けています。
a0202012_838725.jpg
マジョラムにとまる綺麗な蝶。
a0202012_14593439.jpg
集団を構成しているひとつひとつも個性的ですよ。コレ、全体的にはもう少しピンクっぽかったはずなんだけどね。小さなクモが動いているけどあまりにも小さ過ぎて写らないなぁ。
a0202012_839102.jpg
「水無月ライアー&ハープコンサート」の時に岡山のライアーグループから頂いたアジサイ。皆さんライアーを楽しんでいるかしら?
a0202012_8394419.jpg
やはり同じ時に、高知のひろしさんのファミリーから頂いた、葉が斑入りのアジサイもすてきです。あのコンサートの時、生後三ヶ月で来てくれたharu君はきかん坊の二歳になりました。ひろしさんの田んぼや畑も着々の様子。

a0202012_1501946.jpg
ユリも咲き始めました。これ、一本の茎に13もの蕾があるんですよ。こんな風に虫がいつも花びらにずっとずーーーっといるので一日中「はろー♪」と何度も挨拶しています。
a0202012_841225.jpg
本格的な夏はこれからだけど、既にもうこんな風に秋の色も所々に混ざっています。
[PR]



# by makanaluon | 2017-06-22 05:00 | 日々のつれづれ | Comments(0)

ワールドプラザへ

a0202012_7454325.jpg
ちろりんさんに誘われてワールドプラザへやって来ました。毎年父の日に開催されているイベントです。ちろりん&ナルが行くので何のイベントなのか想像はつくけど早速ここから入ってみましょう。
a0202012_7461246.jpg
ほら、やっぱりねぇ。二人はお酒の試飲です。

a0202012_7464275.jpg
お父さんを待つためにスペースの隅っこで待っていたのよね。私はこうして待つわけにいかないのでぶら~り。そのおかげで洋服と靴を買ってしまい思わぬ出費。ワープラに来る時はいつもは生活のものしか買ったことないのでこうしてゆっくり見ることはなかったなぁ。実は昨年は私だけ梅酒ブースに入ったのだけど今年はパスしたのでヒマだったのです。
a0202012_747968.jpg
ぐる~り周って来ると二人ともご機嫌そう。
a0202012_7473880.jpg
ステージでは「愛の葉ガールズ」のライブです。日本のおいしい安全な食を推進するために独特の活動をしているとは知らなかったわ。元気全開で、音量はライアーの100倍はあるかも。
a0202012_748161.jpg
つまみを買ってしばらくステージを鑑賞。ライブを終えたガールズは観客席に降りてそれぞれのテーブルにいちいち「ありがとうございました」とご挨拶。頑張ってますねぇ。
a0202012_7482427.jpg
家へ戻ってまたちょい飲み、ちょい食べのし直し。
a0202012_7484985.jpg
デイゴの花が南国っぽいですね。
a0202012_7492218.jpg
海辺を散歩。アツーイ!!!
a0202012_7494655.jpg
このビーチサンダルは何と25年くらい前に茅ヶ崎に住む友人からのバースデープレゼントでした。東京では使うことがなかったのでハワイ、ニュージーランドでしか履いたことがなかったけど、ここでこんな風に活かされることになるとは、、、。「shonan」と書いてあるんですよ。懐かしい~~。
[PR]



# by makanaluon | 2017-06-19 08:34 | 日々のつれづれ | Comments(0)

バースデーに

a0202012_8151456.jpg
魅力的でリーズナブルなカフェも増えて来ました。あるいはせっかくだからバースデーランチはちょっと贅沢にとも考えたけど、あえてそうゆうのは外して今治っぽいのがいいかなぁと来島海峡大橋を眺めながらココへやって来ました。
a0202012_8154099.jpg
浜の台所「潮里」です。
a0202012_816649.jpg
選んだのは穴子の天麩羅のお魚ランチ。

a0202012_8162939.jpg
お目当てのサバまんは8月いっぱいまでお休みだし穴子丼も食べたいから、バリィさんまたね~~。お持ち帰り用にした来島鯛めしはとってもおいしかったわ。
a0202012_8165254.jpg
家に帰ると、思いがけず美しい手作りケーキとピザを持って西条からやって来てくれたのはwatanabe夫妻。お二人にお世話になったコンサートがきっかけで今私たちはここにいます。

ささやかに過ごすつもりだったこの日が膨らんで行きながら、びっくりはまだ続きます。

a0202012_8171443.jpg
おいしいケーキとピザを頂いて話も弾んでいたさなかに、東からすてきな花束が届きました。夏らしいアレンジで見ているだけで元気が出ます。メッセージカードには「自然と音楽にかこまれながら穏やかで楽しい日々となりますように。」とありました。

引っ越した後すぐにatsumiさんが「愛媛の自然をテーマにしたワルツを」とリクエストしてくれたことから生まれた「そらのワルツ」はこれからも大切に演奏して行きますよ。

フランスからやって来たピアノはこんな風に上の蓋が開いておしゃれでしょ。たまにはピアノを深呼吸させてあげようと思って、上に置いてあった物たちにはちょっとお休みしてもらってますが、大きく響いて気持ちいいです。
a0202012_8173797.jpg
綺麗なカード、そしてドイツやオーストリアからも嬉しいメールが届いてハッピーハッピーバースデー♪

[PR]



# by makanaluon | 2017-06-16 05:08 | 日々のつれづれ | Comments(2)

Space Sacra にて

a0202012_16112187.jpg
SpaceSacra一周年記念の「川畑宜士展」でオープニング演奏をさせて頂きました。川畑先生のお人柄が溢れるゆるやかな雰囲気のご挨拶です。
a0202012_16114435.jpg
「皆さんこんにちは~。昨年に引き続き呼んで頂き光栄です。今治に来ての5年間でたくさんの出会いがありましたが川畑先生との出会いはとても嬉しいものでした、、、、先生とナルがダジャレトモダチであることは昨年もお話しましたが、その後それぞれのダジャレ街道を楽しく歩んで時々交差点で出会っているようです、、、、今回の作品に『水』がありますが、水の季節なのでオリジナルの『水の精』から演奏致します。これは今年の3.11の演奏を五百亀記念館でさせて頂いた時に五百亀氏の彫刻『水の精』に寄せて作曲致したものです。」
a0202012_1612593.jpg
川畑先生の作品に寄せた曲は二曲ありますが、今回は4つの作品からの組曲「雨、雪、花溜り、そしてトパーズ』を「水無月ライアー&ハープコンサート」以来、二年ぶりに演奏しました。

ラストには久々、オリジナルの「風をつかんで気球に乗って」を新しいパーカッションと共に演奏しましたが、ギャラリー伊万里のtetsujiさんが「アンコール!」と声をかけてくれたのでアンコール曲として「Over the Rainbow」を歌いました。

tetsujiさんと川畑先生に初めてお会いした時に海の虹を見たことを思い出します。ギャラリーブロッサムで演奏した時に、お二人がCDをとおっしゃってくださったのに手持ちがなかったので家に取りに行ったのでした。ギャラリーを出発の時にザーッと雨が振り出してほんの数分後、家の前に着いたらぴたりと雨が止んで海にかかる綺麗な虹!何と言う素晴らしいタイミング!!その後お二人にはお世話になりながら楽しくご縁が続いています。

a0202012_16122845.jpg
終了後のパーティは二手に分かれてこちらのギャラリーにはテーブルが長く置かれました。
a0202012_16125197.jpg
一方こちらのリビングでも楽しく賑わっていました。

a0202012_16132940.jpg
ギャラリー伊万里さんからこんなすてきな色合いのアジサイを頂きました。五年生になったお孫さんのkaito君が手渡してくれましたが会うたびに背がぐんぐん。初めて会ったのは一年生の時で、ギャラリー伊万里での演奏の時でした。終わった時にそっと近づいて来て「きれいな音だったよ。」と素直に伝えてくれた時のことをいまだに嬉しく覚えています。

その後、kaito君の詩「そっとうた」を作曲して、工作の顔三面ドラゴンからは作詞、作曲をしました。

a0202012_16135070.jpg
いつも工夫に富んだギフトを用意してくださる川畑先生から今回はブドウの鉢植えを頂きました。窓辺に置いたらとてもすてきです。

[PR]



# by makanaluon | 2017-06-13 05:25 | 演奏 | Comments(0)

六月のあれこれ

a0202012_12103992.jpg
綺麗な模様の蝶がしっかり虫を捉えています。
a0202012_12111623.jpg
羽を開いたり閉じたりしながら柿の葉に随分長いこといました。柿の実がたくさんついているので今年はきっと豊作ね。
a0202012_12132846.jpg
こんにちは~、トカゲさん。いきものたちが活発に動き出していますよ。
a0202012_12113543.jpg
家のすぐ横の溝にはカニたちがずら~り。様々ないきものたちが風景を生き生きとさせてくれますね。

a0202012_12115771.jpg
両手で抱える程大きくて立派な花瓶が思いもかけずやって来た六月。紫陽花が似合いそうと思いながら、とりあえずハーブをさしてみました。今までハーブ類は小さな花瓶にちょこっと入れるだけだったけど、背丈の長いままと言うのは何と気持ちいいことでしょう。季節を彩ってくれるコーナーができました。

皆で6月のお誕生会ランチに行った日、ギャラリー遊さんの「ギョ+33/60お楽しみ展」でのくじ引きでびっくり大当たり!ギョたちもそれぞれ個性豊かに悠々、、、いや遊々とスペースを泳いで(?)いました。
a0202012_12122148.jpg
深い味わいのある素晴らしい大作を提供してくださった作家さん、魅力的な展示会の中で大らかなくじ引きを企画してくださった遊さんに感謝です。ビッグなギフトのお蔭でよいお誕生月になりました。
a0202012_1452164.jpg
例年よりビワが鈴なりになっている風景をあちこちで見かけます。うちの裏庭のも周りから頂くものもそれぞれ味わいが違います。

ビワが6月に実ると言うのは実は愛媛に来て知ったこと。「び~わの実~が、ゆ~れるよ~~♪」と歌うその情景は見たことなかったですもの。東京では結構高い贅沢品だったし、「値段の割には種が大きいしなぁ。」と思ったりしたものだったけど、今では惜しげもなくポイポイ食べられて幸せ~♪

いよいよアジサイの季節なので6月の色あいをたっぷり楽しみたいです。

[PR]



# by makanaluon | 2017-06-10 06:10 | 日々のつれづれ | Comments(0)

高知からようこそ

a0202012_97455.jpg
上からと下からでサンドイッチマン状態のナルおじちゃん。毎年「田んぼコンサート」を企画してくれているひろしさんが、今回は東温市での「スィーツマラソン」に参加のために寄ってくれたのでした。

a0202012_98633.jpg
階段の踊り場に立つharu君はなっかなか堂々としています。
a0202012_992260.jpg
hiro君とshin君は下で構えます。

a0202012_910226.jpg
黄色いボールを上へ下へと大はしゃぎで長~~いこと飽きもせずに投げ合います。嗚呼、こんなにもうちの階段が「有効利用」されたことはかつてなかった。

子供は階段が好きだけど私はその昔、階段の「踊り場」と言う言葉に不思議さを覚えると共に、廊下でも部屋でもないその空間に何とな~く特別なものを感じていたものでした。トゥシューズを履いたつもりで爪先立ちになってちょっと踊ってみたりとかもね。
a0202012_9111392.jpg
久々桜井の海辺ではしゃぐhiro君
a0202012_91287.jpg
ギャラリー遊の「名刺サイズの作品展」でhiro君の描いたしおりの作品群は注目されたけど、ますます達者になっているわね。haru君2歳がお兄ちゃんの描く色々な虫や動物に「これなーに?」と聞き続けてたけど、これはタガメとスズメバチ。「エリマキトカゲ」は、ちと発音を真似するのは難しかったわね。

hiro君が2歳の頃、ナルおじちゃんに「階段昇って」と言って一緒に三階のお部屋まで行くのが大好きでした。
a0202012_9144848.jpg
後姿の愛らしさに桜井のジジババは目を細めます。
a0202012_9155749.jpg
何かいいもんみーーっけた?皆が帰りの車に行ってもshin君は最後の最後まで階段の昇り降りを機嫌よく繰り返していました。

またね~~。ジジババと階段も待ってますよ。

お知らせ
a0202012_14374486.jpg

[PR]



# by makanaluon | 2017-06-07 10:05 | 日々のつれづれ | Comments(0)

ライアー奏者のつれづれ
by makanaluon
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

プロフィール&リンク

最新のコメント

最新のトラックバック

whilelimitle..
from whilelimitless..
http://www.v..
from http://www.val..
ガウディとグエルが夢見た..
from dezire_photo &..
ライアー奏者・作曲家・ま..
from La Dolce Vita ..
"Keep our Ho..
from La Dolce Vita ..
新しいCD『銀河の岸』完..
from La Dolce Vita ..

検索

ファン

ブログジャンル