2017年 04月 08日 ( 1 )




佐田岬へ

a0202012_11325296.jpg
ロクが今治にいる間にもう少し一緒に旅を続けます。サイドミラーに写るロク、ふふふ、オモシロイ。
a0202012_11332291.jpg
ふたみシーサイド公園の静かな朝です。ここはまだ東京在住の頃来たことがありました。松山の人の運転する車で、皆で三崎からフェリーで大分に渡り、その後南阿蘇の幣立神宮でライアーを奉納演奏すると言う算段を整えていてくれたのでした。

「夕陽が綺麗な所」と聞きながら「見たいけどまた来られることがあるかしら、、」と思ったけれど、その後思いもかけず愛媛に来て、その美しい夕陽を見た時にはとても感慨深かったです。
a0202012_11334580.jpg
長浜大橋、通称赤橋を通ります。東京で馴染みの深かった可動橋と言えば勝鬨橋だけどもう動いていません。これは現在も動いている橋の中では日本最古の橋なんですね。

a0202012_1134768.jpg
本日の目的は佐田岬へのドライブをして四国最西端へ行ってみようというわけで日本一長い半島をひた走ります。あちこちそちこち菜の花が満開!以前にゴーシュさんが来た時は一面の山桜が見事だったようだけど、今回はその季節とは違ってこんな桜が道々咲いてました。
a0202012_11342942.jpg
ピンクの色がとても綺麗です。
a0202012_1135175.jpg
駐車場から灯台までの道はこんな風に整備されているけれど、1.8キロと長いし、アップダウンがあるのでハードです。

a0202012_11352673.jpg
途中、展望台から下を眺めます。
a0202012_11382436.jpg
風に吹かれているロク。
a0202012_11384770.jpg
灯台まではまだまだ、、、。
a0202012_1139769.jpg
遂に四国最西端!後で知ったことだけど、いつもハープを運んでくださるmurakamiさんのお爺さんが何とここの燈台守だったそうな。

半島の先っぽに立つのは格別な思いが沸き上がるものです。初めて房総半島で関東最南端の先っぽに立った時も不思議な感動があったけど、愛媛最北端の大角鼻に立つ時だっていつもワクワクします。こうなったら、そう、四国最南端足摺岬にも行かなきゃね~。
a0202012_11395929.jpg
お腹を満たしてから再びふたみシーサイド公園に戻ると、朝よりも海が青々していました。

a0202012_11411747.jpg
さてゴーシュさん&ロクの歓迎会の始まりです。前日に声かけして10名が集い、あっと言う間にこんなにゴージャスなごちそうが並びました。

a0202012_11414110.jpg
tomikoさんがお庭から採って来てくださったお花が、場とひとときを彩ってくれました。

お知らせ
ようなる春風ライアーコンサート 4月22日(土)午後2時(1時半開場) 1500円(飲み物、お菓子付き)
予約 090-3189-1094(ようなる 伊藤)

a0202012_924367.jpg

[PR]



by makanaluon | 2017-04-08 06:10 | 日々のつれづれ | Comments(0)

ライアー奏者のつれづれ
by makanaluon

プロフィール&リンク

最新のコメント

agrifishさん で..
by makanaluon at 07:09
咲子です。 はるくんの..
by agrifishx at 12:24
遊さん 貴重な展示会をあ..
by makanaluon at 19:11
PR有難うございます 昨..
by ギャラリー遊 at 08:14
チャイナカラーワンピース..
by makanaluon at 13:16
おはようございます~ ..
by チャイナカラーワンピース at 09:27
hamano-akiさん..
by makanaluon at 05:35
agrifishさん ナ..
by makanaluon at 06:35
花を愛でる暇もなく、どん..
by agrifishx at 10:55
agrifishさん あ..
by makanaluon at 05:32

最新のトラックバック

whilelimitle..
from whilelimitless..
http://www.v..
from http://www.val..
ガウディとグエルが夢見た..
from dezire_photo &..
ライアー奏者・作曲家・ま..
from La Dolce Vita ..
"Keep our Ho..
from La Dolce Vita ..
新しいCD『銀河の岸』完..
from La Dolce Vita ..

検索

ファン

ブログジャンル