「ビッグな寄り道」のわけ

a0202012_12213194.jpg
玄関の丸窓に置いたミモザに「行って来まーす、待っててね。」と言って早朝出発して行った先は、、、淡路島。

a0202012_12244544.jpg
目指す諭鶴羽神社は山の頂上。車を走らせながら、「もし対向車が来たら、、、来てもバックなんか不可能、、、」とひやひやしながらひたすら山道をどこまでも進んだが、幸い下りて来る車には出会わなかった。

境内から望む沼島が幻想的に浮かぶ。

a0202012_12272789.jpg
伊邪那美命がまつられていることからか、とても柔らかい女性性的な波動を感じた。神主さんが「何の格式もなくて、母の所にお帰りなさいという神社なんですよ、、」とおっしゃる通り優しい空気に満ちていた。

a0202012_12363730.jpg
ここには大日如来の子宮を象徴する蓮の花の蕾が納められている。

a0202012_1228653.jpg
実は、先回書いた「ビッグな寄り道」とはこのことで、「諭鶴羽の神様がまかなさんとナルさんをお待ちしていますよ。」と言われて、修験道のやり方で執り行われる儀式に参列することが、出発寸前に決まったのだ。

a0202012_12284784.jpg
20人程の行者さんたちがそれぞれ法螺貝を吹きながら境内の重要なポイントを練り歩くことから始まった。

a0202012_1238259.jpg
一連の儀式の最後は護摩の法要。

そして、「なおらい」と呼ばれる食事のひとときを分かち合った後は、ライアー演奏を皆様にたっぷり聴いて頂けた。

昨年出会ったドイツ人の尺八奏者ウベ・ワルターさん他、クリスタルボウル、笙などとの即興コラボはダイナミックにうねりながら盛り上がり、ライアーでのオリジナル曲も織り交ぜてのひととき。即興と展開は「オトコノチョッカンネ」と言うウベさんは日本に造詣も深く、そしてユーモアに溢れた楽しい人だ。即興が一段落するたびに「イマノハ、ハルヨコイデシタ、、」などとタイトルをつけていた。そのうちに「ハル」の付くタイトルが浮かばなくなったらしいので、ライアーで作曲した「春の朝」を演奏したら、後で「ハルノアサ、トテモヨカッタ」と伝えてくれて嬉しかった。84歳の木村幹衛さんの作詞した童謡(CD「しあわせの岸」に収録」)で、とても日本的情緒のある曲ですが、色々演奏した中でウベさんの心に残ったようでした。

その後、この日の大導師を務められた立石光正さんとも思いがけなく即興コラボが実現した。法螺貝製作者、演奏家としても有名な方なので法螺貝とのセッションかと思ったのだが、「言霊のウタ」とでも言うべきものが朗々と延々を続けられて行くのにライアーやナルがディジュリドゥを和していったのだった。

立石さんも「神が降りた」とおっしゃったように、言葉では言い表すことのできない醍醐味のある特別な時間だった。

オープンな雰囲気の中での温かい歓迎を受けて「またぜひいらしてください、、」と言って頂けたことに心から感謝。「ようこそ」と「また、、」が聖なる場所でも自然なあり方で存在することが嬉しい。

愛媛に来てから神社や寺はもちろん身近にあるのだが、形式ではなくその土地にある人たちの心と共にあるということをたびたび実感して来た。

さて、山道を下界へと降りるのだが、、あれーっ、、、来た通りに戻っているのに突然ナビが道なき道をウロウロし始めた。画面の真っ黒な空間に点々がある中をを矢印が右往左往しているのは、まるで星空の宇宙空間をさまよっているみたいだった。どう考えても間違えてはいないのでそのまま降りたが、、、うーむ、スマホも今までなかった不思議な現象を起こしていたので、やはりあそこは異界だったのか、、、。

東への出発を一日早めての「ビッグな寄り道」でエネルギーが満杯になりながら、明石大橋を越えていよいよ、、。その先のリポートは又次回に。
[PR]



by makanaluon | 2013-04-02 14:23 | ライアーとの旅(日本) | Comments(0)

ライアー奏者のつれづれ
by makanaluon
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

プロフィール&リンク

最新のコメント

最新のトラックバック

whilelimitle..
from whilelimitless..
http://www.v..
from http://www.val..
ガウディとグエルが夢見た..
from dezire_photo &..
ライアー奏者・作曲家・ま..
from La Dolce Vita ..
"Keep our Ho..
from La Dolce Vita ..
新しいCD『銀河の岸』完..
from La Dolce Vita ..

検索

ファン

ブログジャンル