晩秋から初冬へ

a0202012_15525326.jpg
翠松苑の白雲木です。5月初めの満開は見事だけどこの季節の風情もいいですね。幹と枝ぶりの雰囲気がすてきです。
a0202012_15521269.jpg
しっとりふっくら。
a0202012_15532420.jpg
我が家にも別嬪さんがさわやかにひとつ花開きました。蕾はいっぱいあるのでこれからが楽しみだわ。
a0202012_15501080.jpg
開きかけのバラは本当に美しい、、、
a0202012_15541349.jpg
まぁ、こんにちは~。大分寒くなったわよねぇ。
a0202012_15544009.jpg
いつまでも夏のエネルギーを放っていたハイビスカスもいよいよラストかなぁ。
a0202012_15550838.jpg
皇帝ダリアはあちこちそちこち満開だけど、うちのはまだこれからのようです。裏庭はぽっかり暖かいので季節の足が遅いのです。中島からやって来たイチョウが色づくのもまだもう少し。
a0202012_15492515.jpg
ユリもぽちぽちと咲きながら、まだ開きそうな蕾もあります。
a0202012_15504354.jpg
「干し柿作り」が私たちの日常に入って来るなんてことは東京にいた頃は考えもしなかったことです。西条の親久爺ちゃんが引っ越した年に植えてくれた時に「おくりものなのになぜ甘柿じゃなくて渋柿??」ってふしぎに思ったくらいでした。そして皆さんに「東京では干し柿は贅沢品で買えなかったわ。」と言うと全然意味がわからない表情をされたものでした。

毎年大きくなって、表側の木には今年は70個程実がなったので、とりあえずそれを収穫。
a0202012_15514115.jpg
倉庫に干しました~。これは第一弾でまだもう少し干し柿作りは続くかな、、たぶん、、、。

お知らせ
12月2日(土)17時より ギャラリー伊万里にて 川畑宜士展オープニング演奏 終了後サンドイッチとコーヒー付きパーティ 無料


[PR]



# by makanaluon | 2017-11-19 17:08 | 日々のつれづれ | Comments(0)

そば打ちの会

a0202012_08225471.jpg
そば打ちの会に誘われて西条に向かいました。コンビニで待ち合わせながら向こうに見る石鎚山です。角度によって全く違う形ですが、この辺まではやはり観音様が仰向いて寝ていらっしゃる姿に見えます。
a0202012_08232888.jpg
初参加の私たちもご夫妻は快く迎えてくださいました。

町田に住んでいた家の近くの一面のソバ畑も懐かしく思い出しました。東京ではソバが主流だったけど愛媛に来てからは圧倒的にうどんなのでこの日はとても嬉しい機会です。
a0202012_08240439.jpg
ナルはこねるのをちょっと試しています。私も一応エプロンを付けたけど全く出る幕はありません。
a0202012_08243725.jpg
すぐにご主人にタッチしてその見事な職人技を眺めます。
a0202012_08251269.jpg
きれいに薄くなりました。「ソバが風邪をひかないように」しっとりした状態を保つためにかなり手早くしなければなりません。乾いてひびが入った状態が「ソバの風邪ひき」なんですねぇ。
a0202012_08254729.jpg
棒を使いながらさらに薄くのして行きます。
a0202012_08262871.jpg
くるくるくる、、、
a0202012_08270425.jpg
反物のようにたたまれました。
a0202012_08273197.jpg
いよいよ細く切られて行きます。
a0202012_08280239.jpg
要領よくまとめる所作も美しい。
a0202012_08283543.jpg
私は二枚プラスちょっと、ナルは三枚もおいしい手打ちそばを堪能しました。昔むか~し、ナルがソバの打ち方を習いに行って出来上がって来たぼそぼそのソバのイメージとは全く違います。
a0202012_08290443.jpg
お庭から見える風景はのどかで、石鎚山の姿もいつも今治の方から見慣れているのとは少し違います。
a0202012_08293301.jpg
お腹いっぱいになった後は、お庭のみかんを採っていいと言ってくださって、みかんに目がない私としては嬉々として外に出ました。ああ、愛媛に来てよかったと思える季節の到来です。

さらに鈴なりのキウイと、おそばのおみやげまで頂いてにっこにこで帰り道に着きました。お腹も心も満たされる豊かな時間が過ごせたことに感謝です。

この日のことをご紹介くださったのはギャラリー伊万里さんなのですが、大切なお知らせがあります。

実は今年いっぱいでギャラリー伊万里は閉じられることになりました。最後の個展となる「川畑宜士展」(12月2日~10日)では作品のモチーフとなった人形やおおちゃも展示されます。

オープニング演奏(まかな瑠音、NALU)2日(土)17時から 演奏後サンドイッチ、コーヒー付きパーティがあります。 無料


[PR]



# by makanaluon | 2017-11-16 17:56 | 日々のつれづれ | Comments(0)

佐川町からの帰り道に

a0202012_09345583.jpg
高知への往復では紅葉を楽しみながらのドライブでした。道の駅「木の香」の川向こうの風景です。
a0202012_09355855.jpg
たった三日前に見た時よりも紅葉が進んでいます。
a0202012_09375641.jpg
次に車を止めたここはもっと赤く色づいています。
a0202012_09384549.jpg
「田んぼコンサート」の時にはまだだったけど、今年の十月桜は少し遅かったようで丁度見ることができました。
a0202012_09392001.jpg
いつも「田んぼコンサート」の帰りに立ち寄るのを楽しみにしているのです。
a0202012_09395113.jpg
とっても小さくて愛らしい。
a0202012_09401909.jpg
バックの赤とのコラボも美しい。いつもはもっと早い時期に見るのでこの光景は初めてです。

さあ、寒風山トンネルを越えて愛媛へ戻ります。

[PR]



# by makanaluon | 2017-11-14 15:02 | 日々のつれづれ | Comments(0)

再び佐川町へ向かう

a0202012_09035720.jpg
刈り入れの済んだ田んぼの後片づけや畑の作業のお手伝いをするために佐川町へ向かいました。今回の「迎え花」は満開のマルバセンナ。葉の形がきれいな楕円です。
a0202012_09043334.jpg
小春日和の青い空に赤トンボ。
a0202012_09052258.jpg
稲木に刈り入れの済んだ稲わらがずらーーっと並んでいます。
a0202012_09074629.jpg
周り中に張られた長~いネットをくるくる丸める作業はなかなか大変です。私はほんの少~~しだけ参加してすぐに退散して相変わらずの役立たずぶり。この後ナルは杭をす数十本はずしたそうです。
a0202012_09082709.jpg
ゲンノショウコがかわいい。
a0202012_09091279.jpg
よく見るともうレンゲも咲いています。南国ですねぇ。
a0202012_09100053.jpg
アクセサリーみたいな実ね。
a0202012_09124208.jpg
タンポポには季節を問わず一年中出会えます。
a0202012_09104075.jpg
haru君は、ほんの半月前に「田んぼコンサート」で会った時よりあれこれ達者になっていて二歳の成長の速さに目を見張ります。風船と遊ぶ体の使い方が上手です。「アタック!」なんて言葉も使うし、お兄ちゃんに「宿題は?」と言ってみたり、色々な歌も上手になりました。えーっ、「恋なんて、恋なんて~~♪」ですって!?
a0202012_09113164.jpg
畑ではサザンカが綺麗です。
a0202012_09120982.jpg
二日目は畑のサツマイモ堀りに精を出します。
a0202012_09131342.jpg
友人からのグレ、親戚の叔父さんからのツガニ、ひろしさんが捕ったアユを食べて、たくさん子供たちと遊んで、色々な花や虫たちにも会って、さぁ、帰りましょう。(続く)



[PR]



# by makanaluon | 2017-11-12 06:29 | 日々のつれづれ | Comments(2)

芸術の秋

a0202012_08175158.jpg

芸術の秋にふさわしく美術展をあちこち巡っています。玉川近代美術館での「香月泰男美術館展」は画家が身近なものに注ぐ愛情が伝わって来る素晴らしい作品の数々を堪能しました。9月に「竹あかりライアーコンサート」を行った交流館での講演会「香月泰男の生涯と芸術」についての講演会も聞きました。壁には画家の様々な言葉も書かれていて興味深いです。


「一瞬に一生をかけることもある。一生が一瞬に思える時があるだろう。」


12月3日(日)まで開催しています。

a0202012_08182270.jpg

あれっ、ナルさん、何しているんでしょう??河野美術館での「セコイア展」に行ったのですが、、、まだ準備中でしたぁ。初日は午後からだった案内を見落としてました。今回は「立体」というテーマに沿ってそれぞれの作品を製作とのこと。川畑宜士先生はレコードのジャケットを切って立てる作業中でしたが、うまく立たないとのことでナルがちょっとお手伝いしました。

「ではまた午後来まーす。」と言うことで一旦ランチに出掛けました。すると、以前に川畑先生とお話していたお店にたまたま出くわしたので寄ってみることにしました。

ジブリ映画「風立ちぬ」にも登場した懐かしい昭和なお菓子シベリアのことを話した時に先生が「もしかしてあそこの店ならあるかも、、、」とおっしゃっていたのです。カステラの間に羊羹がはさんである三角形のお菓子は、昔はハイカラだったけどついぞ見かけなくなりました。

a0202012_08184882.jpg

昭和の雰囲気がぷんぷん匂う「カナリヤ」です。「カナリア」でなくて「カナリヤ」と言うのも尚更レトロっぽい。カナリヤという鳥も戦後のささやかな贅沢さのステイタスのようなものでもありました。当時は十姉妹や文鳥を飼ってる家庭が多い中で、カナリヤは黄金色に輝いていたわけです。隣のおじいちゃんが縁側で飼っていたカナリヤが実によく囀っていたことを思い出します。

さて、お店の中は雑多に色々な物が置かれていて、何のお店か一見わかりにくいですが、和菓子が専門のようです。くだんのシベリアはなかったけれど、どら焼き、吹雪、ロールケーキを購入。とっても安くてとってもおいしかった!シベリアが置いてあったら確かに似合いそうな店だけど、ロールケーキ一本550円も有難いお値段。生クリームではなくてうっすらジャムが入っている健やかな味でした。

a0202012_08194444.jpg

ランチの後、河野美術館へ戻る前におなじみのSPACE SACRAへ「智内兄助展」を見に行きました。今治市出身で国際的に活躍なさっている人気作家ですが、今回は市内で作品を愛蔵している方たちのものが出品されました。

a0202012_08200893.jpg
写真は撮ってもオーケーだと言うことでしたが、これは「雪の盆」と言うタイトルのかなり大きいリトグラフです。スペースいっぱいに広がるその独特な世界を味わいました。

さて河野美術館に戻りましょう。

a0202012_08203986.jpg
薦田登志夫先生の作品です。先生のギャラリー「ウッドブロック」では「クリスマスコンサート」をさせて頂いたことがあります。先程は準備中にも拘わらずにこやかに「歓迎です」と言ってくださったことにやさしさを感じました。

イタリアの風景からの版画も出品なさっていました、今回の「立体」のテーマに沿ってその版画の中の兵士が飛び出して立体作品の中に座っているという風に連携させたようです。パソコンの周りにあるものなどを利用して製作した見応えのある作品です。あっ、シルバーになったマウスも!


先生は以前の「セコイア展」のテーマが「響き」だった時に、「残響」と言うタイトルでライアーの音のイメージを版画にしてくださいました。その作品は音が森の中から木漏れ日に乗って響いて来るように感じたので「森の奥から」と題して作曲したのですが、まだ未発表です。そのうちに皆さんに聴いて頂ける機会があればと思います。


この後薦田先生は11月11日から18日までSPACE SACRAで木版画の展示会をなさるのでそれも楽しみです。

a0202012_08210459.jpg
ギャラリー「CHUCHU」の小野穎子さんの作品はいつも明るく楽しいです。そうそうこの日の前日、CHUCHUの展示会でたまたまお会いしたことがきっかけで演奏会を開催してくださった能楽師大亀藤栄先生が、来年二月の「今治総合芸能祭」のコラボの打ち合わせにいらっしゃいました。
a0202012_12080806.jpg
能とライアーの初コラボはどんな風になるでしょうか??普段は自分の呼吸で演奏しているので、能のタイミングと間合いに合わせるのが難しそうです。

芸術の秋はまだまだこの先SACRA、伊万里、遊などでも盛りだくさんに続いて行きます。演奏をしたり聴いたり、展示会にあちこち出掛けたりしながら芸術の秋は深まって行きます。あっ、11月22日からのアンフィールでの「川畑宜士展」にも行かなくては、、、。














[PR]



# by makanaluon | 2017-11-09 06:15 | 日々のつれづれ | Comments(0)

虹の光

a0202012_16092537.jpg
お部屋に虹のかけらがいっぱーい!階段の壁にも、、、
a0202012_16095517.jpg
キッチンの壁にも、、、しあわせな午後の時間です。
a0202012_16103497.jpg
天井にも小さな虹が走る、走る!!!
a0202012_16111432.jpg
ほらっ、ハープにもこんな風にね。ぽろ~んぽろ~んと奏でる指にも虹の光が宿ります。
a0202012_16115692.jpg
楽譜にも、、、
a0202012_16122247.jpg
窓辺のサンキャッチャーがしあわせな虹の光を呼び込んでくれるのです。
a0202012_18214955.jpg
この虹の光は我が家ではありません。どこでしょう?
a0202012_18221322.jpg
くっきり綺麗ですねぇ。
a0202012_18224783.jpg
今治城が見える所ですよ。

ラヂバリ15周年交流会に参加するために「はーばりー」にやって来たのです。
a0202012_18232262.jpg
ラヂバリパーソナリティとしてもおなじみのちろりんさんです。開局半年後からと言う長寿番組を、収録ではなくて生放送で続けています。プログラムのトップで声高らかに歌い上げました。
a0202012_18255752.jpg
パーソナリティ名はほまーゆんの近藤さんです。ほまーゆんってどういう意味かと思ったらペルシャの旋法だったんですねぇ。番組は民族音楽が中心のようですがクラシック曲を美しく奏でました。
a0202012_18263181.jpg
元気よくダンスして歌うゆかさんの番組にも出演させて頂いたことがあります。大野夏織さんのヴァイオリンと共に生でライアーを弾いたのでした。

おいしいお料理の数々には、夢中になって食いしん坊ぶりを発揮したのみで写真はありませ~ん。お腹いっぱい食べてデザートもたっぷり味わったその後にも、メチャうまカレーをお代わり~!

[PR]



# by makanaluon | 2017-11-06 07:15 | 日々のつれづれ | Comments(0)

花たち

a0202012_08013434.jpg
華やかな色合いが部屋に明るさをもたらしてくれます。
a0202012_08021338.jpg
ガーベラだけ集めてみるのもすてき!
a0202012_08024055.jpg
一輪だけでも十分存在感がありますね。
a0202012_08040250.jpg
和の風情のシュウメイギクは障子に似合います。
a0202012_08031185.jpg
ウィンターコスモスは寒さに強いのでしょうね。
a0202012_08050037.jpg
夏の花のテッセンもまだくっきりと美しい色を見せています。
a0202012_08062159.jpg
庭では夏の名残りのハイビスカスが元気色。
a0202012_08070404.jpg
ミニバラたちもまだかわいらしい姿を色とりどりに見せてくれるでしょう。
a0202012_08073649.jpg
裏庭では秋の光を宿したツワブキが満開。
a0202012_08080373.jpg
さていよいよ干し柿作りが始まります。


[PR]



# by makanaluon | 2017-11-04 06:40 | 日々のつれづれ | Comments(0)

ライアー奏者のつれづれ
by makanaluon
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

プロフィール&リンク

最新のコメント

agrifishさん で..
by makanaluon at 07:09
咲子です。 はるくんの..
by agrifishx at 12:24
遊さん 貴重な展示会をあ..
by makanaluon at 19:11
PR有難うございます 昨..
by ギャラリー遊 at 08:14
チャイナカラーワンピース..
by makanaluon at 13:16
おはようございます~ ..
by チャイナカラーワンピース at 09:27
hamano-akiさん..
by makanaluon at 05:35
agrifishさん ナ..
by makanaluon at 06:35
花を愛でる暇もなく、どん..
by agrifishx at 10:55
agrifishさん あ..
by makanaluon at 05:32

最新のトラックバック

whilelimitle..
from whilelimitless..
http://www.v..
from http://www.val..
ガウディとグエルが夢見た..
from dezire_photo &..
ライアー奏者・作曲家・ま..
from La Dolce Vita ..
"Keep our Ho..
from La Dolce Vita ..
新しいCD『銀河の岸』完..
from La Dolce Vita ..

検索

ファン

ブログジャンル